1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-05-31 00:08:54

言語のチカラとコミュニケーション

テーマ:日想

先日久々英語まとめてを使う機会があった。


久しぶりに危機感を感じた。


わ、やばいなと。


数ヵ月後、誤魔化しの聞かない英語圏で

ちょいとハードなプログラムを計画している身としては改善が不可欠。


実は学生時代に付き合ってたあるカナダ人に言われたことがある。

言語その他ノンバーバルな能力含めてあなたのコミュニケーション能力はすごいけど、 

話すことと、通じることは違う。私はあなたと話がしたい。


愛や友情や気合は確かに言語の壁を越えられるけど

その壁は決してなくなるわけじゃない。

コトバは人間の一部だし、血だし肉体だ。


そんな時、私はpure Japaneseなんです。

なんて全然言い訳にもならない。


ちょっと頑張ろうっと。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-30 07:10:48

そこに僕はいた

テーマ:
辻 仁成
そこに僕はいた  新潮文庫 1995


心のなかのやらかいぶぶん

こんなことあったなぁ やらかしたなぁ ってこと


ちょっと気恥ずかしい

だけどわりと気に入ってる あのころ


そんなん思いながら読むと こころがほっくりほっくりします


おすすめの“しちゅえーしょん”は、


よく晴れた日の午後

 

海がみえるとこに のんびり自転車引いてって

遊んでる子供見て ポカリスエット飲みながら 一読


きっと帰りの夕陽も 真っ赤なことでしょう 



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-05-28 04:13:57

社会人は・・

テーマ:日想
毎日が一本勝負!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-05-26 08:25:50

焼肉とネクタイと古本屋

テーマ:日常

誕生日プレゼントだということで


中野の韓国料理屋で焼肉を食べた。

だいたいにおいておいしかったが、「スンデ」という腸詰めは、ちょっとだけインパクトが強すぎた。


出し抜けにグッチのネクタイをもらった。


「30年後に似合うようになって♪」


悔しいから明日早速着用してやろう。


帰り道 

いつも 通り過ぎてた古本屋の前で 猫の声がしたので入ってみる。

紫色の着物の店番がちょこんと礼をする。


押し付けがましくない程度に 本を置く人の意思を感じさせる本棚と値段。


久しぶりに あの 本を選ぶとき特有の

妙な高揚感にかられて しばし時を忘れる。


お会計 

店番の女の子が


「私も朔太郎さんすきなんです」


と言いながら詩集に付箋を貼ってくれた。


「すぐ剥がしていいですから♪」


帰り道はなんとなくほくほくでした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-25 00:44:09

「Backside of the Moon(バックサイド・オブ・ザ・ムーン)」

テーマ:アート

ジェームズ・タレル 南寺 建築設計:安藤忠雄 1999年 直島家プロジェクト




上も下もない 暗闇の中にぽっかりとほうりこまれたらどうしますか?


男の子は自分のカラダをつよくつよく抱きしめました

そうすれば 自分の存在だけは確かに感じることが出来るから


月の裏側は そのものよりもむしろ 

実存の不確かさと 固体の存在の確かさを感じるためにある

・・ような気さえする。


1人ぼっち 無限の空間の中で 闇に包まれて 自分の存在を疑いながらもその鼓動を再確認する。

2人ぼっち 決して声は立てず お互いの存在に きっと感謝する。



すぐ外では子供たちが球遊びに夢中。

現実なんて そんな 不確かなもの。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-24 00:28:16

ともだちは海のにおい 

テーマ:

ともだちは海のにおい
工藤 直子, 長 新太(絵)
理論社 1984年



“ひとはみな

心のなかに

海をひとつ もっている

その 濃いみどりの海のうえに

ときどき ちいさな魚がはねて

ときどき ちいさなしぶきがたつ

ひとの心のなかに

いつ 海はうまれたか


おそらく むかし

―なにが悲しいのか

 わからないほど ちいさく

 なにがつらかったか

 忘れてしまうほど むかし”

ひとはみな

はじめてまるい口をあけて泣いた

あのときの涙の粒が

海の はじまり


泣くたびに流れた

塩からい涙は

だれにも知られぬ場所に

あふれあふれ

―それはたしかに 悲しみの波

 それはたしかに つらさのうねり

それはたしかに そうなのだが

ごらん いつのまにか

涙の海に 生まれてそだった

泳ぐものたち

笑い 歌い そして遊ぶ

泳ぐものたち


ひとはみな いつだって

塩からくて にぎやかな

海を 抱いて いるのだ”

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-05-23 07:45:15

ジャングル・イグアス・フルムーン

テーマ:南米への旅

南米の3つの国の境目にジャングルがあって

さらに奥に分け入ると唐突に滝があらわれます。


それがイグアスの滝

ちょっとしたレンズと腕をもっていないとこの通り、滝の全景すらファインダーに収められない巨大さ。



イグアス2



普段は昼間しか入れないイグアスは

実はフルムーンの日に限り

夜入ることができます。



出国が19日

フルムーンが21日

卒業式が23日


そんなこんなで後ろ髪を引かれながら

また来るよねって諦めたイグアス・フルムーン




そしてふと思い出しました

今日は23日 5月のフルムーン



ジャングルは月明かりに照らされて

イグアスがぽっかりと浮かび上がる日




せめても今日は満月の夜空を眺めてそんなイグアスに思いを馳せたいな


イグアス1



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-22 16:07:35

冷静と情熱の間にある日常

テーマ:日想

道標



“恋人と呼び合える時間の中で

特別な言葉を幾つ話そう・・・”


って歌ったのはMISIAだったっけ?


気紛れに・・

時には世の中に特別な言葉しか話せない二人がいたとしたら?


あまりにも密度の濃い酸素ばかり吸ってきた彼らにとって、

本当に必要なのは「ありふれた日常」なのかもしれない。


お茶飲んで、映画見て、くだらない話で何時間も笑い転げて・・


当たり前の日常を生きていく怖さ、安易さ、難しさ、素晴らしさ、悲しみ、喜び、

そんなのを全部受け入れられるしなやかさを持ったオトナになりたいと思う、


そんな今日この頃です。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-05-21 13:22:48

NPO/NGOに対する一考察

テーマ:日想

 

基本的に、日本においてNPO/NGO(含む学生団体)に対する世間一般のイメージやドメイン(事業領域)の不確かさの背景には、それぞれの団体がターゲットの存在を定義しきれていないことがあげられるように思う。

 

ごく単純化していえば、これは「誰のための組織なのか」という議論に終始する。

例えば、株式会社という組織は株主のために存在しているし※、政府機関は国民のために存在している。而してその目的は明確であべきである(しばしばそうとも言い切れない組織も存在するが)。

 

即ち、株式会社は株主に利益を還元するための方策が会社の指針策定の際にも最重要視されるのであるし、政府機関の場合は国民がその被益者の最たるものとなるのである※。

 

凡そ全ての組織にとって「誰のために存在しているか」という問いかけは常に為されねばならぬものである。それが、時に「自己満足のため」あるいは「発展途上国の人のため」などと漠とした存在意義しか定義できないのであれば、その公共性が確保されないのは当然のことである。

             

※ CSRという概念はこの単純構造に対しての疑問を投げかけている点で非常に興味深い。即ち、CSRは、企業を株主と会社の関係の構図として捉えるのみでは不十分であり、「企業市民」として社会の中でどのような役割を果たしていけるのかその社会的責任の果たし方を問うている。社会は多層構造であり、個々人も組織もその存在は一義ではないのである。

 

※ 諸政府機関については税金を預かる主体として、今後どれだけ被益者を明確化できるかが厳しく問われることを期待したい。公共性の確保されていない政府機関というのは、存在自体がすでに自己矛盾を孕んでいる。

 

※ この議論は、ふと先日企業経営をしている友人と話していたときに「NPO/NGOと事業として提携するのはリスキー」という話になった際にちょっと考えたことです。

決して正しいと答えとかが出るものではないので悪しからず。にゃあ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-20 01:03:08

ポジティブ

テーマ:日想

太平洋



自分が生きてると思う瞬間!
身体中にエネルギーが満ち溢れてくる


夢溢れ
言葉溢れ
心が踊り出す!


今日も全力で生きた。
明日はどう生きようかな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。