【浮気調査・不倫調査のプロ】総合探偵社フルスピード

浮気調査・不倫調査・素行調査のプロフェッショナル 総合探偵社フルスピードのブログです。

ようこそ!総合探偵社フルスピードのブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

当ブログでは、これまでに体験した、探偵ならではのエピソードや感じた事を気ままに書き連ねています。

「へーえ」とか「ふーん」とか思っていただけたら幸いです。

気に入っていただけたら、ぜひ読者登録をおねがいします。

総合探偵社Full Speed

浮気調査・不倫調査のプロフェッショナル
わかりやすい値段設定で、納得の調査!!

依頼者様のご相談に対して全力でバックアップ致します!
365日24時間ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

【TEL】0120-960-353
【MAIL】info@fullspeed-inc.com
【HP】http://www.fullspeed-inc.com


テーマ:

みなさん、こんにちは。

 

前回、思いつきでタイトルを付けてしまったので

 

何の事かわからなくなってしまいました。(焦)

 

深く考えないで下さい。(笑)

 

 

前回の続きです

 

控訴審での、夫側の言い分は

 

「配偶者のある者が配偶者意外と性的関係を持つことが、

 

不貞行為であって、その行為は自由意志を必要とするが、

 

今回の件は、強姦で関係を持ったから、

 

被害者側の自由意志ではないので、

 

被害者側からすれば不貞行為とは言えない。

 

また、妻とは恋愛結婚で、

 

妻の父の反対を押し切り一緒になり、夫婦円満であったのに、

 

子供が生まれてからHを拒否され、

 

欲求不満になってたところに、友人Sに誘惑され強姦をしてしまった。

 

服役した当初は、愛情を示していてくれたのに、

 

父親にそそのかされて離婚を言いだし、

 

承諾無しに貯金を引出し、家財道具も持ち出して実家に帰っている。

 

もうすぐ仮釈放をされるし、妻が更生した事を認めてくれるなら、

 

子供を中心に明るい家庭を作れる。

 

これらの事情を考慮すると、

 

民法770条1項2号(悪意の遺棄)により、

 

妻側の請求は認めるべきでない。」

 

と、こんな感じです。

 

(それで「自由な意思ではない」という事か、何ともすごい理屈やな。しかし、拒否されたからって強姦はアカンやろ。そりゃ、実家に帰るで)

 

果たして、夫側の言い分は退けられました。

 

この件はまだ続きます。

 


夫側は上告し、舞台は最高裁へ

 

夫側の上告理由の一つに

 

「原判決は法の解釈が間違っているから違法である。

 

不貞行為とは配偶者のある者が配偶者以外の者と、

 

お互いに自由意志で性的関係を持つことで、

 

自由意志を欠く時は不貞行為とは言えない。

 

本件の相手の女性は暴行によって性的関係を持ったので

 

自由意志ではない。

 

よって不貞行為とは言えない。

 

夫の暴行は民法上の貞操義務違反では無く、

 

犯罪行為として刑事責任を追及されるものである。

 

この主張が認められなくても、

 

原判決では、

 

配偶者のある者が配偶者以外の者と性的関係を持っても、

 

自由意志が無ければ、不貞行為があったとは言いにくいと

 

示しているにも関わらず、

 

夫の暴力によって一方的に性的行為をした場合でも

 

不貞行為が成立するとするのは矛盾している。

 

更に検討すると原判決は、

 

夫の一方的暴力があれば相手の女性は被害者であっても

 

自由意志に基く行為であると示している。

 

このような暴力行為を、自由意志に基く行為であると言うなら、

 

具体的な理由を示さなければならない。

 

夫の暴行行為は、

 

民事上の不貞行為だと示すだけで、何も理由を示していない。

 

明らかに理由を附していないか不備なので、これは違法である。」

 

(私の読解力が至らないのか、主張の要旨がいまいち理解できなく、うまくまとめられない。笑い泣き

 

で、最高裁の判断が

 

「配偶者に不貞の行為があったとき」とは、

 

配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、

 

配偶者以外の者と性的関係を結ぶことをいうのであって、この場合、

 

相手方の自由な意思に基づくものであるか否かは

 

問わないものと解するのが相当である。

 

したがって、夫が婦女三名を強いて姦淫し、性的関係を結んだのは、

 

「配偶者に不貞の行為があったとき」に該当する。

 

原判決に違法はなく、夫側の論旨は採用できないとしています。

 

(当然といえば、当然の気がしますが‥)

 

昭和48年11月15日の最高裁判決です。

 

 

ちなみに、慰謝料額は100万円

 

当時のサラリーマン年収が、140万100円(賃金構造基本統計調査)

 

提訴時(昭和45年)、87万1千900円

 

高度成長期で、右肩上がりの時代です。

 

(当時の年収額を考えれば、慰謝料額はけっこうな金額ですが

3年でこんなにも上昇。かなり目減りしたような‥)

 

 

この年、こんな曲が流行ってました。

 

 

☆☆☆総合探偵社Full Speed☆☆☆
浮気調査・不倫調査のプロフェッショナル
わかりやすい値段設定で、納得の調査!! 
私たちフルスピードにお任せください!

ドア調査や費用については
こちらの公式HPをご覧ください
http://www.fullspeed-inc.com

電話お電話
0120-960-353

かおお問い合わせ
http://www.fullspeed-inc.com/contact/

ぺこFacebooktwitterもやっています♪

依頼者様のご相談に対して全力でバックアップ致します!
365日24時間ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

  ペタしてね   読者登録してね


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。