フルクラム(FULCRUM)ホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】の店長ブログ

フルクラム(FULCRUM)のホイールに感動して通販ショップ専門店を始めた店長のブログです。
「フルクラムフィールド」を運営しています。


テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

「うわー、タイヤこんなに細いのびっくり!?

 

ロードに乗る人なら誰もが言われる

 

ロードバイクあるあるですねウシシ

 

 

 

 

先日信号待ちの時に、

 

横断歩道を横断中の方のが聞こえましたキョロキョロ

 

 

 

 

たしかに、

 

ママチャリのタイヤ幅約35mmに対し、

 

ロードの23Cタイヤは23mmですので、

 

明らかに細いですよね得意げあせる

 

 

 

 

ロードの走りが軽いのは、

 

このタイヤが細い影響も大きいと

 

いわれています!!

 

 

 

 

ところがロードタイヤの主流が

 

ここ数年、より幅の広い25Cタイヤ

 

なりつつあります口笛!?

 

 

 

 

ちょうど昨日、お客様から

 

次のご質問をいただいております手紙

 

 

 

 

「現在23Cタイヤを履いています

 

レーシングゼロ C17の購入を

 

検討しているのですが、

 

C17のメリットを教えてください

 

また、C17モデルに23Cタイヤは装着できますか?」

 

 

 

 

実は、このようなご質問を、

 

他にもとても多くいただいております手紙

 

 

 

 

そこで今日は、

 

C17ワイドリム化のメリットはどこか

 

C17モデルに23Cタイヤが装着できるか 

 

についてお伝えします!
 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

【2017レーゼロ C17】ワイドリムでスピード・快適性・操作性がアップ

 

 

まずタイヤについてですが、

 

同じ重量・同じ空気圧ならば、

 

タイヤサイズにかかわらず、

 

接地面積はほぼ同じになると言われていますパー

 

 

 

 

もともと横幅がある25Cタイヤ

 

接地面積が丸に近い楕円ですが、

 

23Cタイヤは横幅がないので、

 

縦方向の接地面積が増えます。

 

 

 

タイヤ接地面積の比較

 

 

 

図を見てわかるように、

 

縦方向の接地面積が増えると、

 

タイヤの縦方向の変形を引き起こします!!

 

 

 

 

実はこの縦方向の変形がポイントで、

 

25Cタイヤでは縦方向の変形が少なく

 

真円に近いので、転がり抵抗は少なくなります音譜ウインク

 

 

 

 

これに対し縦方向の変形が多い23Cタイヤ

 

真円から遠ざかるので、転がり抵抗が増えますあせるぼけー

 

当然、抵抗がすくない25Cタイヤの方が、

 

速度がアップするというわけです自転車アップ

 

 

 

 

では、この25Cタイヤを装着するときに、

 

C15モデルC17モデルのどちらがいいのか?

 

 

 

 

25Cタイヤは23Cに比べて横幅があるので

 

25CタイヤをC15リムにはめると、

 

タイヤ部分が膨れ、空気が入り込みますビックリマーク

 

 

 

 

入り込んだ空気はそこに渦を作り、

 

これが空気抵抗となって、

 

せっかくのスピードを失ってしまいますガーンあせる

 

 

 

リムと空気の流れ

 

 

 

 

ですので、C17リムモデルのメリットを

 

最大限にいかすのなら、

 

25Cタイヤがおすすめです音譜ウインク

 

 

 

 

これは逆も同じで、

 

23Cタイヤを17Cリムにはめると、

 

タイヤとリムの間に空間が生じ、

 

やはり空気抵抗が生じてしまいますビックリマーク

 

 

 

 

そこで、23Cタイヤを履かれるのでしたら、


23Cタイヤに最適化された


C15タイプがおすすめですウインク

 

 

 

 

ただ、25Cタイヤ抵抗の少なさ

 

非常に魅力的ラブラブですし、

 

また、25Cタイヤは、横接地面積が多いので、

 

タイヤのグリップ力が増大し、走行時の

 

安定性・操作性につながりますチョキドキドキ

 

 

 

 

思い切ってキラキラ25Cタイヤに変え

 

抵抗の少ない快適性に優れた走り

 

味わってみませんかおねがい

 

 

 

 

そして、

 

その走りをさらに進化させるのが、

 

FULCRUM RACING ZERO C17

 

 

 

 

レーゼロの高い剛性

 

踏み込む力をロス少なく25Cタイヤに伝え、

 

さらなる推進力を生み出しますアップDASH!

 

 

 

 

レーシング ゼロ 17Cモデルに、

 

25Cタイヤで、新たな自分の走りの

 

可能性を見つけませんんかラブラブニコニコ

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

めっきり涼しくなり、もたけなわイチョウ

 

高い青空に、心地よい秋風

 

本当に走るのによい季節ですね自転車

 

 

 

 

ただ、この季節は、

 

日中朝夕の温度差が激しいので、

 

走る時間帯時計ウェア男の子に気をつけて、

 

快適なライドをお楽しみください音譜

 

 

 

 

 

そんな秋景色の中を走るのにピッタリなのが、

 

高剛性で異次元の加速度を発揮し、

 

同時にワイドリム化による快適性も兼ね備えた、

 

2017年モデルのレーシングゼロ C17です!!

 

 

 

 

グレードの高い走りで、

 

ヒルクライム富士山にも、ロングライド地球にも、

 

ベストチョイスなホイールとなっています爆  笑

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

 


発売開始からまだ間がありませんが、

 

ものすごい売れ行きでアップ

 

お問い合わせやご注文、発送の対応で、

 

当ショップも大忙しDASH!の毎日ですウインク

 

 

 

 

 

今日も午前中にレーシングゼロC17を

 

ご検討中のお客様から、

 

お電話でご相談がありました携帯

 

 

 

 

 「23Cタイヤを履いています。

 

C17ワイドリムになって、

 

25Cタイヤが

 

 私の愛車に取り付けられるか心配です。」

 

 

 

 

 

 

そうですね汗

 

おっしゃるように、確かに心配ですあせる

 

 

 

 

レーシングゼロ C17に限らず、

 

2017最新モデルの

 

ナイトやコンペティツィオーネは、

 

25Cタイヤに最適化された

 

ワイドリム設計となっております。

 

 

 

 

このワイドリム化により

 

優れた快適性操作性を実現したのですが、

 

 

 

特にエアロバイクの場合は、

 

ナロータイヤ向けの設計になっているので、

 

ブレーキに干渉しないか

 

あるいはフレームと干渉しないか

 

ご心配ですよねシラー

 

 

 

 

 

 

そこで今日は、お電話でお客様にお伝えした、

 

「このワイドリム化されたレーシングゼロ C17に、

 

25Cタイヤをはめて、

 

あなたの愛車に取り付けられるのか

 

 

 

そこを見分けるポイント!!

 

シェアしたいと思いますウインク

 

 

 

 

 

25Cタイヤで23Cから大きさがどう変わるの? 

 

 

まず、C17ワイドリム化により、

 

リムそのものが

 

幅2mmほど広がります。

 

RacinZeroC15C17Compare

(右がC15、左がC17)

 

 

 

また、そこに25Cタイヤを装着すると、

 

23Cタイヤ時に比べ、

 

タイヤの幅も2mm程度広がり、


高さも3mm程度高くなります。

 

(タイヤメーカーにより多少異なります)

 

 

 

 

愛車を実際に測ってみましょう!

 

 

では、まず現状の23Cタイヤに

 

適正空気圧をしっかりと入れて下さい!

 

そして、クリアランスをチェックしていきます

 

 

 

 

クリアランスって専門用語ですね。

 

クリアランスとは、

 

物と物とのあいだの間隔すきまのことです。

 

 

 

ちょっと会話に混ぜると、「」に聞こえますね音譜

 

例) ここのクリアランスがさぁ・・・

 

お試しくださいウシシ

 

 

 

 

(話をもどします)

 

まずは、ブレーキシューとリムのクリアランス

 

ここは1.5㎜~2mm程度必要です。

 

 

それより少ないと、

 

走る時にはタイヤがたわみ変形しますので、

 

干渉の可能性があります。

 

 

 

ただし、もちろん、

 

ここはブレーキ側で間隔調整できますので、

 

問題となることはほぼないと思いますビックリマーク

 

 

 

お気になるようでしたら、

 

通常より高さが1㎜低いブレーキシューなるものも

 

ありますので、いろいろ試してみると

 

ベストチューニングができると思います。

 

 

 

 

 

次に、タイヤとフレームのクリアランスです。

 

タイヤとフレームの横の間隔、

 

そしてタイヤとフレーム、シートステイ、ブレーキの

 

縦の間隔をチェックして下さい。

 

 

 

 

 

25Cタイヤを装着した時でも、

 

できれば余裕を持って

 

3mmのクリアランスが欲しいところです。

 

 

 

 

ですので、23Cタイヤを装着した状態で、

 

タイヤとフレームの横のクリアランスが4mm

 

タイヤとフレーム、ブレーキの縦のクリアランスが6mm

 

程度以上あるでしょうか?

 

 

 

 

フレームの場合は間隔を調整できないので、

 

ここが一番のポイントになります!!

 

 

 

 

 

25Cタイヤを装着した実際の画像をご覧いただきましょう。

 

 

C17 クリアランス 計測

 

 

C17 フレーム 干渉

 

 

 

見てわかるように、上の画像は、

 

クリアランスに余裕がなくアウトですあせる

 

 

 

下の画像では、

 

縦のクリアランスは十分にありますね。

 

見えづらいですが、

 

横のクリアランスも3mm程度ありセーフでしたドキドキ

 

 

 

 

ギリギリの場合には、

 

同じ25Cタイヤでも細い目を選ぶなど、

 

タイヤ選びにも気を使いましょう。

 

 

 

 

 

いかがでしょう?

 

一つの目安になったのではないでしょうかウインク

 

 

 

 

 

 

ネットでの買い物となると、

 

私もそうですが、心配な部分は多いと思いますうーん

 

 

そんな時私はどうしてるかというと、

 

とりあえず、心配事をそのショップに問い合わせています!!

 

 

 

 

その時に、どれだけ真摯に対応してくれるかで、

 

そのショップの信頼性がわかります照れ

 

 

 

 

 

当ショップでは、皆さまからのお問い合わせ、大歓迎です!!

 

 

 

 

「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

全国的に梅雨も明けて、

 

暑さが本番を迎えています晴れ

 

 

 

こんな日は、いい景色を見ながら

 

走り回りたいところですが、

 

昨日たくさんお問合せやご注文をいただいておりますので、

 

今日はショップ運営に精を出しています。

 

とてもありがたいことですニコ

 

 

 

その分、週末に走ろうと思っていますビックリマーク

 

 

 

 

 

 

さて、頂いたご質問のやりとりの中で、

 

こちらでシェアしておきたい内容がありましたので、

 

ご紹介しようと思います。

 

 

 

お問合せ

 

 

 

 

「23Cタイヤと、25Cタイヤの長所短所をご教示お願いいたします。」

 

 

 

というお問合せです。

 

 

これは、

 

2017年新作の レーシングゼロ C17

 

を受けてのご質問です。

 

 

 

 

 

オリジナルのレーシングゼロはC15リムで、

 

23Cタイヤに適しています。

 

 

 

一方、新作のレーシングゼロはC17リムで、

 

25Cタイヤ(28Cも)に適しています。

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

23Cタイヤと25Cタイヤの比較 ~ワイド化の検証~

 

 

23C、25Cタイヤはいずれも

 

よく使われるタイヤですが、

 

比較しましたら一長一短あります。

 

 

 


昨今のワイドリム化の流れは、

 

同じ空気圧の場合、太いタイヤの方が

 

変形率が少なく、

 

エネルギーロス(転がり抵抗)が

 

少ないことが分かってきたから

 

と言われております。

 

 

 


ただ、一般には細いタイヤは

 

高気圧で使用するので、

 

同一空気圧の比較結果が

 

そのまま当てはまるわけではありません

 

 

 


それを前提に比較の形で簡単にまとめました。

 

 

スペック的なところは、カタログを見ていただくとして、

 

レーシングゼロに装着する想定で、

 

感覚的な表現でまとめています。

 

 

 

  表 23Cタイヤと25Cタイヤの比較

  23C 25C
走り キレがある グリップが高い
乗り心地 よい 非常によい
タイヤ重量 ほぼ同等 ほぼ同等
対応ホイール重量 非常に軽い 軽い
対応ホイール剛性 高い 非常に高い
対応フレーム ほぼ全てのバイク 対応しないバイクあり

 

 

 

 

 

 

 

 

その中からいくつかピックアップしてみます。

 

ホイールの重量は、

 

レーシングゼロでしたら、

 

23C対応のオリジナルバージョン(C15)は

 

1438g

 

25Cに最適化された新製品のC17は

 

1518g

 

と、23Cと25Cで、80gの差があります。

(ホイールの重量差)

 

 

 

この違いをどうとるかは

 

人それぞれなのですが、

 

特にヒルクライムでは結構大きい差

 

かもしれません。

 

 

 

 

 

また、一番最後の取り付けに関してですが、

 

ホイール選びで最も気を付けたいポイントです。

 

 

 

 

 

最近のバイクはワイド対応全盛の感じですが、

 

まだ25Cタイヤに非対応の、

 

クリアランスの小さいバイクに乗られる方も多く、

 

困惑されているお客様もいらっしゃるのも事実です。

 

 

 

 

 

そんなときは、

 

一長一短ありますので、

 

特にこだわりがない限り、

 

オリジナルバージョン(C15)を

 

迷わず選ぶことをおすすめします。

 

 

 

すでに入手困難になりつつあります・・・

 

 

 

 

 

 

 

結論として、

 

ワイドタイヤの走りがいいかどうか、

 

という点については、

 

いいのは間違いありません

 

 

 

 

でも、万能ではない、ということです。

 

両方試されて、結局23Cに戻られたお客様も

 

結構いらっしゃいます。

 

 

 

 

 

乗り心地を向上したい、あるいは、

 

コーナーでの更なるグリップ性能が必要なほど

 

攻め込む場合は、

 

新作のC17がおすすめですし、

 

 

 

レーシングゼロには元々

 

十分な剛性がありますので、

 

軽さに起因する走行性能を重視されるなら、

 

C15リム―23Cタイヤの組み合わせが

 

おすすめです。

 

 

 

 

簡単ですが、ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero Clincher wheel set

Racing-Zero-Clincher-wheel-set

【ダントツ人気】 レーシングゼロ/RACING ZERO クリンチャー ホイールセット

 

希少なC15モデル、今なら即納できます!

 

 

 

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。