フルクラム(FULCRUM)ホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】の店長ブログ

フルクラム(FULCRUM)のホイールに感動して通販ショップ専門店を始めた店長のブログです。
「フルクラムフィールド」を運営しています。


テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

2月も半ば過ぎですね

 

そろそろ、

 

春の足音音符が聞こえてきそうですニコ

 

 

 

 

「春」というと、

 

こんな歌が頭の中を回ります

 

 

 

 

音符春のうららの 隅田川

 

おんぷのぼりくだりの 船人が

 

 

 

 

さて、皆さん、

 

この歌の曲名は何でしょうはてなマーク

 

 

 

意外に言えない人が多いんですよねにやり

 

 

 

 

正解は

 

「花」ですチョキ

 

 

 

 

一日でもはやく、

 

菜の花を見ながら、

 

春の景色の中を走りたいですね自転車

 

 

 

 

 

さて、検品作業を終えて、

 

窓の外を見ながら

 

そんなことを考えていると、

 

今日もお客様からメールを頂きました手紙

 

 

 

 

 

広島県のI.H.さん、

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

今日は、

 

その軽やかダイレクトな走りが、

 

春に走るのにぴったりのホイール、

 

フルクラム レーシングゼロ C17

 

 

 

 

この素晴らしいホイールの

 

インプレキラキラ

 

ご紹介させていただきますウインク

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

 

早速、近所の山へクライムに行きましたが、

 

レーゼロC17のパフォーマンスは絶大でした!

 

平均勾配7%全長7kmのコースで、

 

タイムが1分以上縮みました!

 

 

 

 

ありがとうございますビックリマーク

 

 

 

 

レーシングゼロC17の最大の魅力キラキラは、

 

なんといっても、

 

ダイレクトな反応性ですパー

 

 

 

 

回せば回すだけ、

 

そのパワーが推進力となり

 

グイグイ登っていきますよねだっしゅ

 

 

 

 

私の経験で言うと、

 

グレードの低いホイールの場合は、

 

斜度5%程度までがほぼシッティングで、

 

それ以上になると、どうしても、

 

ダンシングを入れて登るようになります。

 

 

 

 

ところが、レーシングゼロだと、

 

斜度7%ぐらいまでは、

 

ほぼシッティングだけで登れるんですねおねがい

 

 

 

 

どれだけライダーのパワーを

 

効率的音譜に伝えているかという証ですねチョキ

 

 

 

 

もちろん、10%以上の激坂であっても、

 

ライダーの力強いダンシングに、

 

レーシングゼロは、しっかり反応してくれますグッド!

 

 

 

 

 

以前ブログでも書いてあったように、

 

回転を意識したペダリングによって、

 

上半身の力みも取れ、スムーズに

 

高ケイデンスを維持したクライムができました!

 

 

 

なるほど確かに、

 

スムーズなペダリングができると、

 

上半身の無駄な力が取れますよね!!

 

 

 

 

もちろん、上半身を使って、

 

ハンドルを手前に引きつける動作は

 

必要ですが、無駄な力が入ると、

 

力みになってパワーロスになりますあせるあせる

 

 

 

 

無駄な力みを抑え、

 

的確なタイミング必要な筋肉だけを

 

効率的に動かすことができれば、

 

最小限の力でクライムできますドキドキ

 

 

 

 

まあ理想論で実戦はなかなか難しいですがぼけー

 

イメージだけは忘れないように

 

しておきたいですね合格

 

 

 

 

 

また、こちらもブログで書かれていたように、

 

乗り心地をよくするため

 

空気圧を低めにしたのですが、

 

そのせいか路面の食いつきがよく、

 

パワーがしっかり伝わっている感じでした。

 

 

 

 

以前書いたブログの記事はこちらですね

 

⇒レーシングゼロ コンペティツィオーネ 硬いといわれるホイールも、○○や××で乗り心地良くなります

 

 

 

 

空気圧は、

 

本当になかなか侮れませんにやり

 

 

 

 

空気圧だけで、

 

ライディングの快適さも違えば、

 

走りそのもののパフォーマンスも変わりますパー

 

 

 

 

確かに、空気圧を多少下げた方が、

 

路面との摩擦力が上がるので、

 

食い付きが良く感じると思いますドキドキ

 

 

 

 

ただ、これも、

 

レーゼロC17の高剛性がもともと高いからで、

 

剛性が低いホイールで空気圧を低くすると、

 

ヘナる感じが強まるだけになっちゃいますあせるあせる

 

 

 

 

空気圧を下げても、

 

芯の部分での剛性が高いので、

 

ヘナルことなくしっかり進む!!

 

そこがレーゼロの素晴らしさですね合格

 

 

 

 

どんなにトレーニングをしても、

 

超えられなかった目標タイムですが、

 

ホイールをレーゼロにしただけで、

 

こうもあっさり目標越えできてしまうと、

 

うれしいやら、悲しいやら、複雑です!

 

 

 

 

練習でタイム1分短縮するって、

 

相当スゴいことですよねドキドキ

 

 

 

 

それが、

 

ホイール交換で1分短縮できるなんて、

 

確かに複雑な気分ですねガーン

 

 

 

 

でも、

 

それだけのポテンシャルのある

 

凄いホイールなんです!

 

 

 

 

いやいや、

 

レージング ゼロ C17 を使えば

 

さらにここから、もう1分縮められますおねがい!!

 

 

 

 

レーゼロを相棒に練習を積み、

 

特徴や相性をつかみ、

 

しっかり乗りこなしてくださいパー

 

 

 

 

いままで見たこともないようなタイムが、

 

きっと見えてくるはずですよだっしゅ

 

 

 

 

 

でも、

 

それだけの価値あるホイールなんですね。

 

レーシング ゼロ C17、

 

素晴らしいホイールです!

 

 

 

 

ありがとうございます!

 

 

 

 

フルクラム レーシングゼロ C17は、

 

本当に素晴らしいホイールキラキラなんです!

 

 

 

 

本気で走れば走るほど、

 

その期待に応えてくれますウインク

 

 

 

 

 

広島県のI.H.さん、

 

素晴らしいインプレのメール

 

ありがとうございました土下座

 

 

 

これからも、

 

ますます素晴らしい自転車ライフを、

 

レーシングゼロとともにお過ごしくださいニコニコ

 

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

もうすぐ

 

バレンタインデーカナヘイきらきらですねにやり

 

 

 

ホワイトチョコのような

 

スィートな思い出ビックリマーク

 

 

 

ビターチョコのような

 

ほろ苦い思い出汗

 

 

 

いろいろありますね音符

 

 

 

 

皆さまの2月14日

 

ハッピーバレンタイン星になるよう

 

お祈り申し上げておりますウインク

 

 

 

 

さて、昨日もいつも通りに

 

書類作成を忙しくしていると、

 

一通のメールが届きました手紙

 

 

 

 

以前、当ショップでスピード40C

 

ご購入いただいたお客様からの

 

その後の近況メールでしたビックリマーク

 

 

 

 

今日はそのメールを

 

(一部抜粋ですが)

 

お伝えいたしますニコニコ

 

 

 

 

 

FULCRUM SPEED 40C Clincher wheel set

FULCRUM SPEED

 

【2017年新作】フルクラム スピード 40C /SPEED 40Cクリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

 

カーボンディープリムなら、平地だけではなく、クライムも行けちゃいます!

 

 

 

 

平地では、期待通りの巡行性能でした。

 

単独走行だったのですが、

 

まるで誰かに牽いてもらっていようで、

 

時速40km台でも脚をためる余裕があります

 

 

これは、

 

私もスピード40Cを借りて

 

試走したときに強く感じましたドキドキ

 

 

 

 

まずは、ゼロ発進が軽く、

 

スーッと30km/h台まで行けます自転車

 

 

 

 

そしてそこから、

 

さらに40km/h台まで

 

休むことなくスピードが伸びますアップ自転車

 

 

 

 

本当に、

 

誰かに牽いてもらっているかのような、

 

驚きの高速域での伸びですグッド!

 

 

 

 

これはもちろん、

 

ディープリムによる

 

エアロ効果キラキラの恩恵ですよねビックリマーク

 

 

 

 

ある実験では、

 

自転車が受ける抵抗のうち

 

80%~90%が空気抵抗で、

 

その中でもホイールが受ける

 

空気抵抗は10%程度だそうですビックリマーク

 

 

 

これはかなり大きい数字です。

 

 

 

そして、

 

ホイールが受ける抵抗の中でも

 

スポークが空気を巻き込む

 

抵抗がかなり大きいのですパー

 

 

 

 

ディープリムは、

 

リム部分を長くすることにより、

 

スポークを短くし、

 

空気を巻き込まないようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、高速になればなるほど

 

この空気ディープリムのエアロ効果は

 

有効になりますグッド!

 

 

 

 

実際に走ってみると、

 

本当に高速域での伸びが

 

ものすごいですよね照れ

 

 

 

 

驚きは、クライムでの実力です。

 

ディープホイールの恩恵は平地だけ

 

という常識が、一気にひっくり返されました

 

 

 

そうなんですね~!

 

実は、ディープリムにすることで、

 

もう一つの特性が生まれます。

 

 

 

 

それは、

 

リム部分が大きくなれば、

 

その分、ホイール全体の剛性

 

高くなるのですグッド!

 

 

 

 

ただ現実的には、

 

リム部分が大きくなれば、

 

剛性も高くなりますが、

 

重量も重くなるものです。

 

 

 

 

そこで、カーボンを使うことで、

 

剛性を強めながら、

 

軽量化も実現されているのです。

 

 

 

 

軽量でかつ剛性が高いとなれば、

 

クライムで素晴らしい

 

パフォーマンスを示すのも納得キラキラ

 

 

 

 

プロのレースでも、

 

ド平坦コースではない

 

アップダウンのあるコースで

 

ディープリムを履いている選手がいるのは、

 

こういった背景があるのですニコニコ

 

 

 

 

本当にスピード40Cにして正解でした。

 

走ることがますます楽しくなっています。

 

明日はどこへ走りに行こうか、

 

これから計画を立てます!

 

 

 

平地でも速いビックリマーク

 

クライムでも速い!!

 

そりゃ、走っていても楽しいはずですねグッド!

 

 

 

 

カーボンですから、

 

天候は注意しなければなりませんが、

 

どんなコースでも、ズバ抜けて速く

 

そして思いっきり楽しく走ることができます星

 

 

 

 

 

ぜひ、いろいろな所へ行って、

 

また、お話をお知らせくださいねニコニコ

 

 

 

 

すばらしいメールを

 

ありがとうございましたビックリマークラブラブ

 

 

 

 

走ることが楽しくなるホイール

 

これこそが、ホイールにとって、

 

最大級の誉め言葉ですねニコ

 

 

 

 

皆さまも、ぜひ、一度、

 

スピード40Cに乗る機会があったら、

 

その走りの楽しさを味わってみてくださいクラッカー

 

 

 

 

きっと、

 

今までのホイールの概念が崩れ、

 

新しい世界が見えてくると思いますウインク

 

 

 

 

 

 

FULCRUM SPEED 40C Clincher wheel set

FULCRUM SPEED

 

【2017年新作】フルクラム スピード 40C /SPEED 40Cクリンチャー ホイールセット

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

日本ではまだまだ寒い冬雪ですが、

 

南半球のオーストラリアは真夏晴れ

 

 

 

 

ロードバイクでは

 

ツアー・ダウン・アンダーが、

 

そしてテニスでは全豪オープン

 

行われています音譜

 

 

 

 

今年も様々なスポーツ界において、

 

どんなドラマを見せてくれるのでしょうか!

 

楽しみですねニコニコドキドキ

 

 

 

 

 

さて、皆さんは、

 

赤いツノ」と聞いて、

 

何を思い浮かべますかはてなマークはてなマーク

 

 

 

子供なら、

 

赤いツノ」といえば、

 

赤鬼ですね節分

 

 

 

「泣いた赤鬼」は

 

本当に泣けるお話です・・・笑い泣き

 

 

 

 

ちなみに、私ぐらいの世代で

 

赤いツノ」といえば

 

もちろん、機動戦士ガンダム

 

赤い彗星シャア・アズナブルですシャア ザク シャアアズナブル 赤い彗星 ガンダム

 

 

 

 

赤いツノのついたシャー専用ザクシャアザク

 

通常の3倍のスピード

 

接近するのですねウシシ

 

 

 

 

そして、もう一つビックリマーク

 

 

 

ロードバイクホイール界で、

 

赤いツノ」といえば

 

レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT

 

ですよね!

 

 

 

 

 

 

一本だけある赤いスポークが、

 

実にカッコいい!!

 

 

 

まさしく、

 

ホイール界のシャアです!!

 

 

 

 

ただ、このホイールを履けば、

 

通常の3倍のスピードで走れる

 

・・・というわけにはいきませんあせるあせる

 

 

 

 

しかし、少なくとも

 

ベアリングに関して言えば、

 

このCULTベアリングは、

 

通常のベアリングの9倍の回転性能を誇ります爆  笑

 

 

 

 

そして、フルクラム独自の技術による

 

パワーを逃さない高剛性や、

 

バランスのとれたスポーク組み

 

さらに、C17リムによる安定性などで、

 

それまでの平均時速よりも、

 

10%以上キラキラ速くなりますおねがい

 

 

 

 

 

今日は、この

 

RacingZero Competizione C17 CULT

 

をご購入いただいたお客様から頂いた、

 

実際の走行記録と、インプレを

 

ご紹介させていただきます!

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set

RACING ZERO Competizione C17 CULT

【2017新作】 フルクラム レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT/RACING ZERO Competizione C17 カルト 2ウェイフィット ホイールセット

 

 

 

レーゼロコンペでギヤが一枚軽くなる♪

 

 

先日、いつものように、

 

ホイールの荷受けをした後で

 

検品作業をしていると、

 

一通のメールが来ました手紙

 

 

 

 

「東尋坊まで、20キロほど走ってきました。


確実にギヤを一枚軽く踏めますね。」

 

 

 

先日、

 

レーゼロコンペCULTをご購入いただいた

 

お客様からのメールで、

 

どうやら現在進行形で走行中のようです自転車

 

 

 

 

このような実況中継風のメールは、

 

なかなかわくわくキラキラしますね音譜

 

 

 

心の中で、

 

精一杯応援ドキドキしていました爆  笑

 

 

 

 

 

さて、その後、夕方過ぎて、

 

ふたたびメールを頂きましたパソコン

 

 

 

 

今回は、都合で

 

お客様から頂きました走行インプレの文面を、


私が書き下ろす形にさせていただいております。

 

 

 

 

 

「天気も良く快適に走ってきました。

 

東尋坊、吉崎御坊を廻って、

 

走行距離は59キロ、

 

平均速度24,4キロでした。」

 

 

 

お疲れさまでした音譜

 

アップダウンがあるコースの中で、

 

平均速度24.4kmは素晴らしいですねおねがい

 

 

 

 

「これまでこのコースの平均速度は

 

22,1キロだったので、

 

かなり早くなったと思います。」

 

 

 

これはスゴイビックリマーク

 

ちょうど10%速くなっていますよねチョキ

 

 

 

 

もちろん、ホイールを

 

レーゼロコンペに変えたことも要因でしょうが、

 

それ以上に、

 

そのホイールをしっかりと乗りこなすだけの

 

ペダリングと体力があったからだと思いますおねがい

 

 

 

 

「東尋坊からはアップダウンの連続ですが、

 

登りはじめに速度維持しやすく、

 

坂を上り切るのが楽でした。」

 

 

 

これは、

 

まさしくその通りだと思いますパー

 

 

 

 

アップダウンが多い場面では、

 

パワーを逃さない剛性と、

 

重力の影響を受けにくい軽量性が、

 

非常に大きなカギを握ります!

 

 

 

 

グレードの低いホイールに乗ると、

 

こういうアップダウンは本当に疲れますあせるあせる

 

 

 

 

そして、その後の平地では、

 

よく回るCULTベアリングで、

 

脚をためながらの高速巡航ができますクラッカー

 

 

 

 

これこそ、

 

レーゼロコンペの強さですね照れ

 

 

 

 

 

「フルクラムのホイールは

 

固いとの評価があるみたいですが、

 

振動が抑えられていて

 

硬いとは感じませんでした。」

 

 

 

 

この辺が

 

やはりフルクラムの技術力ですねドキドキ

 

 

 

 

本来アルミはカーボンよりも

 

振動吸収率が低い素材です。

 

 

 

 

ただ、すべてが素材で

 

決まるわけではありませんにやり

 

 

 

 

例えば、ロードバイクでも、

 

キャノンデールのCAAD10は、

 

アルミでありながらも、

 

非常に乗り心地がいいことで有名です目

 

 

 

 

振動吸収に限らず、

 

製品のパフォーマンスは、

 

素材のみで決まるのではなく、

 

全体の設計や実際の制作過程で、

 

大きく変わってきますグッド!

 

 

 

 

アルミでありながら、

 

高い振動吸収率を持つのは、

 

フルクラムの卓越した技術キラキラのおかげですねおねがい

 

 

 

 

もちろん、

 

25Cタイヤのメリットによる部分も

 

大きいと思いますビックリマーク

 

 

 

 

 

「コーナーリングも向上しました。」

 

 

 

25Cタイヤに最適されたC17リムは、

 

実に素晴らしい安定性と操作性

 

実現しました!

 

 

 

お客様のように、

 

コーナーで思った通りのラインを走れる!

 

という声も多く頂いております音譜

 

 

 

 

しかも、横接地面積が多いので、

 

無理しなくても、ある程度コーナーを

 

攻めることができるのではないでしょうかウインク

 

 

 

 

 

「リヤホイールのスポークは

 

等間隔ではないですが、

 

これはタイヤにかかる荷重と振動を

 

推進力に変えているのでしょうね。」

 

 

 

 

この点は、2 to 1 スポークレシオという、

 

フルクラム独自のスポーク組みが

 

大きく影響を与えていますチョキ

 

 

 

 

先ほども書きましたが、

 

大事な点は、全体のバランスです。

 

 

 

 

リアの場合は特に、

 

スプロケの部分があるので、

 

全体のバランスが難しくなるんですよね爆弾

 

 

 

 

おっしゃるように、

 

そのバランスをうまく

 

2 to 1 スポークレシオで調整し、

 

推進力に変えていますクラッカー

 

 

 

 

硬さとバランスにより、

 

与えられたパワーを

 

最大限に利用することができる

 

素晴らしいホイールです乙女のトキメキ

 

 

 

 

 

「良いホイールに巡り会えたと思います。

 

有難うございました。」

 

 

 

いえいえ!

 

レーシングゼロコンペの魅力を

 

余すところなく引き出し、楽しんでいただいて、

 

こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいですおねがいドキドキ

 

 

 

 

 

そして、写真もいただきましたので、

 

ご紹介しますね!

 

 

 

レーシングゼロ_コンペティツィオーネ_CULT_画像

 

 

さりげなく、赤いツノが効いています晴れ

 

 

 

 

TREK乗り様、

 

本当に詳しいインプレキラキラありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

ぜひ、これからも、

 

レーゼロコンペと

 

すばらしいロードバイクライフをお過ごしくださいニコニコ!!

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set

RACING ZERO Competizione C17 CULT

【2017新作】 フルクラム レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT/RACING ZERO Competizione C17 カルト 2ウェイフィット ホイールセット

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

鏡餅正月三が日も過ぎ、

 

今日あたりから仕事初めの方

 

多いのではないでしょうかニコ

 

 

 

 

私は、

 

すでに自主的仕事初めをして、

 

ホイールと一緒の日々を過ごしておりますドキドキ

 

 

 

 

 

さて、

 

皆さまのお正月

 

いかがでしたでしょうか音譜

 

 

 

 

私は、

 

今年はまとまった時間が取れず汗

 

昼間に走りに出かけられず、

 

夕方以降は暴飲日本酒暴食寿司の日々あせる

 

 

 

 

しっかりと栄養摂取したので、

 

身体が重いですおーっ!

 

 

 

 

外は寒いですが、

 

走りに出かけて、心も身体も

 

リフレッシュしなければいけませんねウインク

 

 

 

 

 

さて今日は、昨年の12月に

 

レーシングゼロ C17 クリンチャー

 

をご購入いただいたお客様からの

 

うれしいメール手紙をご紹介しますビックリマーク

 

 

 

 

乗った人だけがわかる率直な印象と、

 

自転車愛あふれる詳しいインプレ

 

書いていただいた、素敵なメールですキラキラ

 

 

 

 

東京都のT.S.様

 

ありがとうございましたニコニコ

 

 

 

 

 

ぜひ、

 

皆さまがホイールを選ぶ時に、

 

参考にしてくださいね音譜

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

レーシングゼロ C17 クリンチャーのお客様の声インプレ

 

 

たいして走り込んでいませんが

 

間違いなく良いホイールだとすぐ分かります!

 

 

   東京都 T.S.様

 

 

 

レーシングゼロ_C17_レビュー

 

 

 

入金確認後翌日(当日?)には

 

発送していただき大変感謝しております。

 

 

 

買い物って、

 

その品物が欲しいドキドキ

 

だから買うんですよねニコニコ

 

 

 

 

もし自分ならば・・・

 

ネット通販でもテレビ、買い物をしたら、

 

すぐに品物を手に入れたいと思いますビックリマーク

 

 

 

 

ですから、

 

当ショップでは、

 

可能な限りで迅速に発送していますウインク

 

 

 

 

もし自分ならば・・・

 

 

いつでもお客様の立場になって考えて、

 

できることを当たり前にしているだけです照れ

 

 

 

 

 

【2】決め手・理由

 

・継続的にブログを更新され

 

有用な情報を発信し続けておられる事

 

 

 

ありがとうございますおじぎ

 

 

 

 

これからも、

 

フルクラムホイールの素晴らしい点

 

ロードバイクの楽しい世界を、

 

皆さまにお伝えしたいと思っていますグーキラキラ

 

 

 

 

 

【4】インプレ


加速は噂通りで30、40km/hと

 

前のホイールより早く、

 

少ない力で到達できます。

 

 

 

レーシングゼロの高い剛性は

 

踏み込むパワー最大限に推進力に変えますので、

 

少ない力で高速域まで到達しちゃいます!!

 

 

 

 

・・・って文章でいくら説明しても、

 

頭では理解してもらえるのですが、

 

なかなか実感を伝えるの難しいですあせる

 

 

 

 

この凄さは、T.S.様のように

 

実際に乗ってもらうしかありません。

 

 

 

 

スッと40km/hまで加速する

 

その瞬間を体験してくださいウインク

 

 

 

 

ダンシングもとても軽快でした。

 

 

 

これは、T.S.様のペダリングが

 

上手なんだと思います音譜

 

 

 

 

ペダリングが上手ではない場合、

 

右足で踏んで、左足で踏んで・・・と、

 

交互に踏みこむことだけに意識が行きます。

 

 

 

 

このペダリングだと、硬いホイールでは、

 

ストンとクランクが落ちるので、

 

しっかりとした引き足を意識できていないと、

 

下死点付近で、踏み込む力が無駄になってしまいますあせる

 

 

 

 

ただ、逆に引き足を意識した

 

ペダリングができていれば、

 

このレーシングゼロ C17では、

 

回転を意識しながら踏み込んでいく力を、

 

余さず推進力に変えてくれますドキドキパー

 

 

 

 

この感覚を味わえるのは、

 

フルクラムならではですよね~照れ

 

 

 

 

 

前のホイールより脚は疲れません。

 

加速しても足が売り切れる

 

感じもしませんでした。

 

 

 

そうなんです!!

 

 

 

 

T.S.様のように、

 

しっかりとしたペダリング技術があれば、

 

硬い/柔らかいはあまり関係ありませんにひひ

 

 

 

 

硬いホイールで脚に来る理由は、

 

下死点で行き場がなくなった力が、

 

反作用で脚にかえってくるからです汗

 

 

 

 

引き足を上手に使えば、

 

その力がすべて反発せず、

 

回転へとつながりますから、

 

脚に来ることなく、速く進むんですねおねがい

 

 

 

 

ただ、最高のホイールキラキラに乗ると、

 

流すつもりでも、あまりにも走りがよく、

 

いつの間にやら本気走りになり、

 

疲れてしまうこともあるので、ご注意ですゾチュー

 

 

 

 

 

東京都のT.S.様、

 

ありがとうございましたビックリマーク

 

 

 

 

このブログを読み、

 

これからホイールを買おうとしている

 

お客様の参考にとてもなったと思いますおねがい

 

 

 

 

このような素晴らしいインプレキラキラをいただき、

 

本当に感謝しておりますラブラブ

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

あれ!?

 

いつの間にやらクリスマス終わってますびっくり

 

確かにケーキは食べたんですけどね・・・

 

 

 

 

私のところにサンタクロースキラキラ

 

来てくれなかったようで、

 

靴下の中にプレゼントプレゼントはありませんでしたチュー

 

 

 

 

でも、冬になっても相変わらず

 

多くのホイールのご注文を多くいただき、

 

これこそがプレゼントだと感謝しておりますドキドキ

 

 

 

 

ご注文いただいたお客様、

 

そしてこのブログをお読みいただいているお客様、

 

ありがとうございますおねがいラブラブ

 

 

 

 

 

さて、

 

先日のことですが、

 

友人からスピード40Cをお借りしましたビックリマーク

 

 

 

 

これは、ワクワクしましたね~。

 

クリスマス前の子どもくらい、

 

ワクワクソワソワでしたチョキ

 

 

 

 

実はこの間の小春日和ライドも

 

このスピード40Cで行ったのです自転車

 

 

 

 

ちょこっとブラブラしただけですが、

 

少しでもこちらが本気を出した時に見せる、

 

その圧倒的な走りは、スゴイですね!!

 

 

 

 

今日は、

 

そんなスピード40Cに実際に乗った

 

インプレをご紹介します音譜

 

 

 

 

 

 

FULCRUM SPEED 40C Clincher wheel set

FULCRUM SPEED

 

【2017年新作】フルクラム スピード 40C /SPEED 40Cクリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

 

40km/hオーバーの高速巡航でも脚をためることができる

 

 

 

スピード40Cをおすすめする

 

まず1番の理由は、なんといっても、

 

そのカッコよさですラブ

 

 

 

 

ぱっと人目を引き付ける

 

40mmハイトのディープリム

 

迫力満点のカッコよさですビックリマーク

 

 

 

 

逆に言うと、

 

これで平地が遅かったらカッコ悪いという

 

妙なプレッシャーも感じますあせる

 

 

 

 

これがまた、近くで見ると、

 

カーボンの織り目

 

きれいなんですよラブラブ

 

 

 

 

そこに浮かび上がる

 

FURCLUM SPEED

 

という赤い文字が、たまりません笑い泣き

 

 

 

 

スピード40C_SPEED40C

 

 

 

 

 

ただ、実際に乗る前は、

 

この40mmのリムが重いのではないか

 

という心配もありましたパー

 

 

 

 

しかし、実際に乗ってみると

 

そんなことはなく、

 

ゼロ発進や低速域でも、

 

重さを感じることはありませんでした合格

 

 

 

 

 

もともとカーボンホイールで、

 

重量1420gですから、

 

当たり前といえば当たり前ですが・・・

 

 

 

 

ということで、

 

発進から30km/hオーバーまでは、

 

ストレスなくしっかりと走ってくれますニコニコ

 

 

 

 

ただ、ここからです!

 

スピード40Cは35km/h過ぎから

 

真価が発揮されますチョキ

 

 

 

 

スピード40Cをおすすめする理由の

 

2番目は、時速35km/h過ぎからの

 

鮮やかな加速度です!

 

 

 

 

私のような貧脚ライダーの場合は、

 

発進後に30~35km/hまで加速してあせる

 

そこでいったんスピードを保ちつつ、

 

そこからもうひと踏みしながらあせる

 

時速40km/h台へと到達しますガーン

 

 

 

 

ところが、このスピード40Cの場合は、

 

発進後から一気に

 

時速40km/h台へと到達しちゃいますゲラゲラ

 

 

 

 

 

もちろん、私の貧脚(貧心肺機能)が

 

改善されるわけではないので、

 

余裕しゃくしゃくというわけではなく、

 

ヒーコラいってますが汗

 

 

 

 

 

それでも、ストレスなく、

 

一気に40km/h台まで加速できる

 

この性能はスゴイですよねドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

スピード40Cをおすすめする理由の

 

3番目は、時速40km/hオーバーでの

 

高速巡航が非常に楽なことです。

 

 

 

 

これはもちろん、

 

40mmハイトリムによる

 

優れたエアロ性能のおかげですねラブラブ

 

 

 

 

この日は一人で走りに行って、

 

単独走行だったので、普通なら

 

大きく空気抵抗を受けるところです。

 

 

 

 

でも、このスピード40Cを履くと、

 

誰かの後ろに付いて走っている感覚ビックリマーク

 

それくらい高速域での走りが楽でしたニコ

 

 

 

 

これはスゴイ!

 

時速40km/hオーバーでも、

 

脚をためることができるんですもんパー

 

 

 

 

ちなみに、スピード40Cでは

 

リム幅がトレンドのC17になっています。

 

私も推奨の25Cタイヤで走りました。

 

 

 

 

ここに関して言うと、

 

おそらく25Cタイヤの影響でしょうが

 

乗り心地は非常によかったですニコニコ

 

 

 

 

カーボンホイールの場合は、

 

ちょっとした段差でもムダに気を使ったりしますが、

 

乗り心地がいいので、気は楽になりますねラブラブ

 

 

 

 

また、タイヤの横接地面積の増大により

 

操縦性や安定性が進化していると

 

言われていますが、

 

まさに、その通りですグッド!

 

 

 

 

ただ、それがC17に起因するのか、

 

もともとのスピード40Cの

 

ポテンシャルかどうかは

 

はっきりしませんでしたが・・・

 

 

 

 

 

それと、低速域では

 

しっかりと地面をとらえる感覚があり、

 

好印象でしたラブラブ

 

 

 

 

逆に、スプリントでもがく感じになると

 

つまり、上半身をハンドル上にかぶせ、

 

体重を乗せた時は、

 

タイヤが縦変形しないので、

 

C15に比べるとおそらく

 

地面をとらえる感覚が少ないかもしれません。

 

 

 

 

ただ、

 

C17のメリットの方が圧倒的ですので

 

全く問題にする必要はないと思いますウインク

 

 

 

 

 

最後に少しだけ山も登ったのですが、

 

クライムも実にそつなくこなしてくれますチョキ

 

 

 

 

 

重量自体が軽いですし、

 

リムハイトも40mmという絶妙な程度で、

 

横風抵抗も最小限に抑えられています。

 

 

 

 

やはり、単独での高速巡航に

 

最適化されたホイールですが、

 

オールラウンドに使えるホイールでもありますニコニコ

 

 

 

 

 

一昔前までは、

 

カーボンホイールなんて

 

高嶺の花ブーケ1で、

 

とても手が届かない商品でしたよねハートブレイク

 

 

 

 

でも、ここのところは、

 

ずいぶんお求め安くなってきましたドキドキ

 

 

 

 

 

私も大人になってからは、

 

なかなかクリスマスに

 

サンタクロースが来てれくないんですよね・・・あせる

 

 

 

 

このスピード40C

 

自分へのクリスマスプレゼント

 

してみようかな・・・ラブ

 

 

 

 

そのくらい

 

魅力的なホイールですドキドキドキドキドキドキ

 

 

 

 

 

FULCRUM SPEED 40C Clincher wheel set

FULCRUM SPEED

 

【2017年新作】フルクラム スピード 40C /SPEED 40Cクリンチャー ホイールセット

 

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

冬といえばこたつですね。

 

こたつといえばみかんですねビックリマーク

 

こたつで食べるみかんは美味しいですニコ

 

 

 

 

さて、皆さんは

 

みかんオレンジといえばどこを思い浮かべますはてなマーク

 

 

 

 

生産量でいうと、全国1位が和歌山

 

2位が愛媛、3位が静岡ですが

 

私の場合は、

 

みかんといえば広島愛媛ですウインク

 

 

 

 

というのは、今年の3月に

 

しまなみ海道カナヘイきらきらを走ってきたからです音譜

 

 

 

 

温州みかんの時期は

 

過ぎていましたが、

 

柑橘系の実がなる様子を

 

あちらこちらで見ました!!

 

 

 

 

特に、生口島(広島県)の景色は

 

きれいでしたね~ラブラブ照れ

 

 

 

 

しまなみ海道_生口島

 

 

 

 

さて、サイクリストならば

 

必ず一度は行ってみたい

 

しまなみ海道!!

 

 

 

 

実はこのとき使ったホイールは、

 

フルクラム レーシングゼロ C15でした!

 

 

 

 

というのも、

 

C17の発売が夏からだったので、

 

この時点ではC15を履いていたわけですあせる

 

 

 

 

もちろん、レーシングゼロC15

 

もともと素晴らしいホイールですがグッド!

 

本当にしまなみ海道を走るのに

 

ぴったり適したホイールでしたニコニコ

 

 

 

 

でも、今は、

 

C17が発売されています星

 

 

 

 

このC17で、

 

しまなみ海道を走ったことは

 

まだないのですが、間違いなく、

 

ベストチョイスになるはずです!!

 

 

 

 

 

ということで、今日は、

 

しまなみ海道の最適ホイール、

 

フルクラム レーシングゼロ C17

 

を紹介させていただきますウインク

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

 

細かなアップダウンを軽く走る剛性と快適性のC17の奏でるハーモニー

 

 

しまなみ海道に行ったのは

 

今年の3月初旬で、

 

尾道側から走りました自転車

 

 

 

 

「しまなみ海道」と聞くと、海沿いの船

 

平坦路をイメージすると思いますが、

 

実際はそうでもないんですガーン

 

 

 

 

距離は70km~80kmですが、

 

獲得標高700~800mほどあり、

 

なかなかのアップダウンです。

 

 

 

 

しまなみ海道では、

 

島と島をつなぐの部分つり橋だけは、

 

高速道路の脇の自転車道を走りますが、

 

それぞれの島では一般道を走りますニコ

 

 

 

 

ところが、このが、

 

船が下を通ることもあるので、

 

かなり高い位置にかかっていますあせる

 

 

 

 

ですから、海岸沿いの一般道から、

 

自転車専用道路で橋の入り口まで登り

 

橋を渡ると、また自転車専用道路で

 

海岸沿いの一般道へ降りることになります汗

 

 

 

 

しまなみ海道_自転車専用道路

 

 

 

 

これが、なかなか応えますゲッソリ

 

 

 

 

あとは、向島や大島では、

 

島の中央の山の部分を走りますが、

 

ここはちょっとしたヒルクライム感覚ですあし

 

 

 

 

そいういうわけで、

 

アップダウンが意外に多いのですが、

 

ここで大事になるのは、

 

どうやってゆっくり楽しく登るか

 

ですよね。

 

 

 

 

レース感覚でしまなみを走る方も

 

いらっしゃるかもしれませんが、

 

美しい景色美味しい食べ物がいっぱいの

 

せっかくのしまなみ海道ですから、

 

ゆっくり楽しく走りたいですよね照れ

 

 

 

 

そこでおすすめなのが

 

フルクラム レーシングゼロ C17

 

なのですラブラブ音譜

 

 

 

 

おすすめする1つ目の理由は、

 

その剛性から生まれる

 

ダイレクトな反応性です。

 

 

 

 

剛性が高いからこそ、

 

パワーを余さず伝え、

 

踏んだ分だけ前に進みます!!

 

 

 

 

やわらかいホイールだと、

 

剛性が弱く変形して、しなるので、

 

オイッチニ、オイッチニと、

 

しなりのリズムに合わせて

 

走ることになりますあせる

 

 

 

 

そういうのも悪くないですが、

 

周囲の景色を見て、

 

のんびり走るには、

 

もっと軽快にさわやかに走りたいですよねニコニコ

 

 

 

 

アルミ最高峰と評判の高い

 

レーシングゼロなら、

 

キビキビした動きキラキラの中で、

 

すっと星前に進み、

 

余裕のある軽快な走りが実現しますウシシ

 

 

 

 

そして、

 

レーシングゼロ C17をお勧めする

 

もう一つの理由は、

 

その快適性ですチョキ

 

 

 

 

私自身は、このレーゼロC17で

 

しまなみ海道を走ったことはないですが、

 

それ以外での走行経験から言って、

 

この快適性は素晴らしいですウインク音譜

 

 

 

 

まず17Cワイドリムの採用により、

 

横接地面積の増大と、

 

エアーボリューム増加によって、

 

快適性が格段に向上していますビックリマーク

 

 

 

さらに、

 

安定性や操縦性もにもすぐれ、

 

アップダウンの多い路面では、

 

安心感のある走行ができますドキドキ

 

 

 

 

楽しむためのライドだからこそ、

 

こういった快適性や安心性は、

 

なお一層重要ですよねクラッカー

 

 

 

 

もちろん、レーシングゼロ C17は、

 

アルミでは走行性能ピカイチですので、

 

決戦レースで自己記録を超えられる

 

高いパフォーマンスを発揮できます。

 

 

 

ファンライドでも決戦レースでも

 

卓越した走行性能を示す、

 

私自身お気に入りのホイールキラキラですおねがい

 

 

 

 

これからの冬の時期も、

 

しまなみ海道はいいですよ!!

 

 

 

 

みかん類も美味しいですし、

 

脂の乗った瀬戸内の魚もありますラブ

 

 

 

しまなみ海道_海鮮丼

 

 

 

 

美しい景色を見て、

 

美味しい物を食べて、

 

そんなしまなみ海道を、

 

フルクラム レーシングゼロC17

 

楽しく快適に走ってみませんか!

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

 

「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 


 

ふと気付くと、もう12月師走ですあせる

 

ほんと、時間が経つのは速いですねビックリマーク

 

きっと貧脚の私よりも速いと思われますチュー

 

 

 

 

さて、寒くなり、

 

師走になり、年の瀬も近づいていますが、

 

おかげさまでホイールのご注文を

 

たくさんいただいております照れ

 

 

 

 

ありがたいことですドキドキ

 

感謝いっぱいの気持ちですラブラブ

 

 

 

 

そして、それ以上にたくさんの、

 

メールパソコンお便りポストもいただいております。

 

ありがとうございますニコ

 

 

 

 

その中で多いのは、やはり

 

レーシングゼロC17の硬さに関する

 

ご質問が多いですパー

 

 

 

 

例えば、

 

硬いそうですが大丈夫ですか?

 

硬くても乗りこなせますか?

 

といった内容です。

 

 

 

 

確かにネットなどを見ても、

 

「レーシングゼロは硬い!」という

 

記述が多いので、

 

心配な部分はありますよねキョロキョロ

 

 

 

 

そこで今日は、

 

レーシングゼロC17の硬さについて、

 

お話しをしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

 

高剛性レーシングゼロC17を乗りこなすためには、ペダリング習得をするべし

 

 

 

 

レ―シングゼロC17の購入を検討中なのですが、

 

一番の心配はその硬さです。

 

本当にそれほど硬いのでしょうか?

 

硬くて膝を壊すということはないのでしょうか?

 

 

       山梨県 Y.K.様

 

 

 

 

Y.K.様、

 

ご質問いただきましてありがとうございますラブラブ

 

また、ここではご紹介できませんが、

 

同様のご質問いただいたお客様も

 

ありがとうございますラブラブ

 

 

 

 

ご一緒にここで説明させていただきますねニコニコ!!

 

 

 

 

まず最初に、

 

本当にそれほど硬いのでしょうか?

 

という質問ですが、

 

はい、硬いですニコ!!

 

 

 

 

これは、もちろん、欠点ではなく、

 

この硬さこそが、レーシングゼロの

 

最大のメリットなのですチョキ

 

 

 

 

硬い、すなわち剛性が高いからこそ、

 

力をしっかりと伝達し!

 

踏みこんだパワーを逃がさないのです。

 

 

 

 

柔らかいホイールは、

 

どうしてもしなってよじれるために、

 

力が逃げてしまいますDASH!

 

 

 

 

ですから、走行性能で言えば、

 

硬いホイールこそ、

 

パワー伝達性に優れていて、

 

驚くほどの加速性能や推進力など、

 

卓越したパフォーマンスキラキラを示してくれます音譜

 

 

 

 

そのような長所を生みだすのが、

 

レーシングゼロの高い剛性であり、

 

レーシングセロの硬さなのです!!

 

 

 

 

 

そして、2番目に

 

硬くて膝を壊すということはないのでしょうか?

 

というご質問ですが、

 

硬いから膝を壊すということは、

 

絶対にありませんチュー!

 

 

 

 

実際に自転車で膝を壊す人はいます。

 

でも、それは硬いホイールのせいではなく、

 

ペダリング技術のせいなんです。

 

 

 

 

ここで、基本的なペダリングについて、

 

説明しておきますねウインク

 

 

 

ペダリングは、

 

つま先に向けながら

 

内股の状態で

 

③片脚を2時から4時までを踏みこみ

 

④過ぎたら力を抜き後ろ側へスライドさせ

 

⑤反対の脚を引き上げつつ

 

⑥前側へスライドさせ2時から踏みこむ

 

ということを行ないます。

 

 

 

 

ペダリング技術

 

 

 

 

ペダリングが上手な人は、

 

踏みこんだ片脚が下死点に付く前に、

 

その脚の力を抜き

 

逆側の片脚に力を入れ、引き脚をします。

 

 

 

 

こうすることで、

 

スムーズな円運動うずまきとして

 

ペダリングができるのですウインク

 

 

 

 

逆に言うと、

 

スムーズなペダリングができない人は、

 

力を下死点までかけてしまうので

 

下死点で力が行き場を失い、

 

衝撃として脚に帰ってきてしまうのです。

 

 

 

 

この衝撃が膝に来て、

 

膝を壊すことがと多いいのですあせる

 

 

 

 

ですから、しっかりとしたペダリングさえできれば、

 

衝撃もないですし、膝も壊しません!

 

 

 

 

 

では、ペダリングが上手になるには、

 

どうしたらよいのでしょうかはてなマークキョロキョロ

 

 

 

 

それは意外と簡単なんです。

 

 

 

普段から最初の30分程度、

 

通常の8割程度の巡航速度で、

 

このペダリングを意識して走るだけで、

 

効果抜群です!

 

 

 

 

このように意識して走るだけで、

 

確実にペダリングが上達しますチョキ

 

 

 

 

ただ、この方法だと、

 

自分が本当に上達しているのか、

 

客観的にわからないんですね

 

 

 

 

そこで、実はもっといい方法があるのです。

 

 

 

 

それは、ローラーを使うことです。

 

三本ローラーですねウインク

 

 

 

 

えっはてなマーク と思う人もいるでしょう。

 

「ローラーって体力を身につけるんじゃないの?」

 

「ローラーでペダリング上手になるの?

 

と思う人もいますよね。

 

 

 

 

なるんですビックリマーク

 

三本ローラーは本当に上達します!!

 

 

 

 

ローラーには、

 

固定ローラー三本ローラー

 

2種類がありますチョキ

 

 

 

 

よく、どちらがいいのですかと聞かれますが、

 

静音性お気軽さでいえば、

 

固定ローラーですウインク

 

 

 

 

でも、本気でトレーニングするなら、

 

絶対三本ローラーですウインク!!

 

 

 

 

三本ローラー

 

 

 

 

この写真のように、

 

三本ローラーは支えがないので、

 

バランス感覚が非常に大事なんですパー

 

 

 

 

そして、そのバランス感覚は、

 

ペダリングと大いに関係があるのです音譜

 

 

 

 

ペダリングが下手な人は、

 

バランスが悪いので、

 

三本ローラーで高速でもがくと、

 

跳ねてしまうんですねDASH!

 

 

 

 

ペダリングが下手だと、

 

脚が2~4時の所は瞬間的に速くなり、

 

下死点のところで瞬間的に遅くなります。

 

 

 

 

このスピードのムラが、

 

バランスの悪さを引き起こし、

 

跳ねてしまうわけですぼけー

 

 

 

そして、必ず誰でも、

 

左右の脚の力の強さが異なりますあせる

 

これもバランスを崩して、

 

跳ねる要因です。

 

 

 

 

左右の脚が均等にパワーを出力するように、

 

意識してローラーに乗ることが重要です。

 

 

 

 

とにかく、三本ローラーを回し、

 

跳ねないように走り込むチュー

 

 

 

 

ローラー上で跳ねれば、

 

まだ不足点があるということなので、

 

自分の上達度が客観的にわかりますおねがい

 

 

 

 

ちなみに、私も経験ありますが、

 

ひと冬みっちりと、

 

三本ローラーでペダリングの練習をすると、

 

春先の自分の実力アップに驚きますポーン

 

 

 

 

それほど重要なペダリングが、

 

室内で使える三本ローラーで

 

身に付きます!!

 

 

 

 

雪が降ったり、寒かったりする冬に

 

ちょうどピッタリですよねにひひ

 

 

 

 

 

ということで、

 

このようなペダリング技術が身に付けば、

 

膝を壊すことなどないですニコニコラブラブ

 

 

 

 

むしろ、

 

ペダリングをしっかり身につけるためにも、

 

硬いホイールにした方がいいと言えますウインク

 

 

 

 

 

フルクラムのホイール、

 

特にレーシングゼロの硬さ

 

最大のメリットキラキラです。

 

 

 

 

ぜひ、そのメリットを最大限に生かし、

 

時の流れの速さに負けぬ、

 

走りの速さを身につけて下さいニコニコ

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero C17 Clincher wheel set

Racing-Zero-C17-Clincher-wheel-set

【2017新作】レーシングゼロ C17/RACING ZERO C17 クリンチャー ホイールセット

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

この季節になると、恋しくなるのは・・・

 

ハートおでんですよねウシシ

 

 

 

 

冬の寒い夜

 

こたつに入りながら食べる熱々おでん音譜

 

暖かくて、おいしくて、幸せですね照れ

 

 

 

そして、なんといっても

 

おでんは安上りグッド!

 

 

 

大根、玉子、ちくわ、こんにゃく・・・

 

大根は高い時もありますが、

 

どれもお手頃なお値段の食材ですね!!

 

 

 

 

私も学生の頃は、

 

よく冬場におでんを作りましたチョキ

 

 

 

 

最後の方は、

 

冷蔵庫にあるいろいろな余り物を入れて、

 

おでんか、寄せ鍋か、

 

区別がつかない感じでしたが・・・チュー

 

 

 

 

でも、おいしくて安い

 

まさに冬のコスパ大王メニューですね合格

 

 

 

 

 

さてさて、コスパといえば、

 

フルクラムのホイール

 

どれも費用対効果が高く、

 

走行性能に優れています!!

 

 

 

 

しかしその中でも、

 

ハイコストパフォーマンスモデルキラキラとして、

 

皆様からも大人気なのが

 

フルクラム レーシング3 クリンチャー

 

ですよねおねがい

 

 

 

 

当ショップでも、

 

鉄下駄からの乗り換えホイールとして、

 

特に初心者~中級者の方から、

 

多くのお問い合わせをいただいています手紙

 

 

 

 

そこで本日は、

 

そのレーシング3 クリンチャー

 

素晴らしい性能について

 

ご紹介いたしますニコニコラブラブ

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing3 Clincher wheel set

フルクラム_レーシング3

レーシング3/RACING3 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

1550gという超軽量ながら、力強いレスポンスを持つ、ミドルクラス最強ホイール

 

 

 

レーシング3で最も特筆すべき点は、

 

ミドルクラスのアルミホイールながら、

 

重量1550gひらめき電球という超軽量性ですドキドキ

 

 

 

 

ホイールにおいて、軽量性は、

 

絶対的なメリットになりますパー

 

 

 

 

特にこのレーシング3は、

 

ロープロファイルのリムや、

 

切削加工によるリム周辺部などにより、

 

特に外周部で重量が軽減されています!!

 

 

 

 

ご存知のように、円運動をする物体では

 

外周部の重量は、慣性モーメントに対して、

 

回転半径の2乗で影響します音譜

 

 

 

 

ですから、レーシング3の軽量性は、

 

1550gという数字以上に、

 

非常に軽さを実感できるんですねおねがい

 

 

 

 

 

そして、その軽さのメリット

 

最も発揮されるのが、

 

ヒルクライム富士山ですよね。

 

 

 

 

今までヒルクライムを、

 

敬遠していた方は、

 

このレーシング3を履いて、

 

ぜひ山登りに挑戦してみて下さいおねがい

 

 

 

 

きっと驚くと思います音符

 

目からウロコが落ちポーン

 

ホイールから楽しさがあふれ出しますラブ

 

 

 

 

 

 

レーシング3

 

 

 

 

 

 

もちろん、まずはその軽さです!

 

よく使う表現ですが、今までの

 

ホイールが鉄下駄ならば、

 

レーシング3は素足・裸足です!

 

 

 

 

そして、もう一つは、

 

高い剛性による、

 

ダイレクトな反応性です!!

 

 

 

 

これもよく使う表現ですが、

 

力をかければすぐに進む!

 

踏めば踏んだ分だけ前に進むバイバイ

 

 

 

 

当たり前のように聞こえますが、

 

剛性の弱いホイールの場合は、

 

ねじれてしなってしまうので、

 

踏んでも前に進まないんですね。

 

 

 

 

レーシング3のホイールは、

 

余分な重さは全く感じない軽さと、

 

踏めば進むダイレクトな感覚で、

 

まさに、素足・裸足感覚のホイールです。

 

 

 

 

これが、ミドルクラスホイールで、

 

価格的にもお手頃になっているのですチョキ

 

 

 

 

まさしくハイコストパフォーマンス

 

フルクラム恐るべしですチュー

 

 

 

 

 

ちなみに、カンパニョーロのZonda

 

よく比較されますが、

 

その軽さ剛性から言って、

 

レースや記録を意識して乗るなら、

 

はっきり言ってレーシング3です合格

 

 

 

 

先ほど述べたような、

 

素足で駆け上がる感覚

 

レーシング3ならではですねグッド!

 

 

 

 

このレーシング3にすることで、

 

今までの自己記録を超え、

 

新しい走りができるようになりますドキドキ

 

 

 

 

ぜひ、レーシング3で、

 

新たな世界を体感してほしいと思いますラブラブ

 

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing3 Clincher wheel set

フルクラム_レーシング3

レーシング3/RACING3 クリンチャー ホイールセット

 

 

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

まだまだ11月だというのに、

 

東日本では、雪がずいぶん降ったようですね雪

 

皆様がお住みになっている場所では、

 

いかがだったでしょうかはてなマーク

 

 

 

 

日本は南北に長い国ですから、

 

今回雪雪の結晶で大変だった場所もあれば、

 

雪の降らなかった場所クローバーもありますよねニコ

 

 

 

 

いつも、ホイールを発送するときに、

 

ここはもう寒くなったのかな」とか、

 

ここはまだまだ暖かいのかな」なんて、

 

住所見ながら考えたりしていますニコニコ

 

 

 

 

ちなみに、

 

私が住んでいる場所では、

 

雪は降りませんでしたにやり

 

 

 

 

もちろん、ずいぶん寒くなりましたが、

 

それでもまだまだライド自転車

 

走りに行ける気候です合格

 

 

 

 

本当の冬になる前に、

 

走れるだけ走っておきましょうウインク

 

 

 

 

というわけで、先日

 

レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT

 

で、ライドに行った時の、インプレ後編ですウインク音譜

 

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set

RACING ZERO Competizione C17 CULT

【2017新作】 フルクラム レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT/RACING ZERO Competizione C17 カルト 2ウェイフィット ホイールセット

 

 

 

 

 

 

素足で軽く駆け抜ける感覚のヒルクライム

 

 

 

今回ヒルクライムで登った峠は、

 

前半が3~4%の緩斜面ニコで、

 

その後5~8%のつづら折りびっくりが続き、

 

最後に10%超えの激坂ゲッソリが待ち構えています。

 

 

 

 

 

まず最初の3~4%の緩斜面ですが、、

 

ここはCULTのおかげで、

 

本当に楽に登れましたドキドキグッド!

 

 

 

このような緩い坂道では、

 

基本シッティングで走り音譜

 

脚の疲労を抜くため

 

スピードを維持するために、

 

軽いダンシングを織り交ぜ登りますドキドキ

 

 

 

そして、軽めのギアで、

 

ハイ・ケイデンスで登って行くのですが、

 

この時に、CULTが、

 

実によく働いてくれますクラッカー

 

 

 

 

コンペティツィオーネ_CULTベアリング

 

 


 

CULT(カルト)ストレスのない

 

回転性能で回していると、

 

まるで平地を走っているような

 

印象すらありましたゲラゲラ

 

 

 

 

実際のレースなら、

 

ここで十分に脚をためて

 

中盤以降にアタックをかけられるほど、

 

楽に登れちゃったという感想ですウインク

 

 

 

 

 

さて、クライムはそこから、中盤に差し掛かり、

 

5~8%のつづら折りあせるの坂道になるのですが、

 

このあたりのレーシングゼロコンペの走りは

 

なんていうか、独特な感じドキドキですよねウインク

 

 

 

 

まず第1に感じるのは、力強さです筋肉

 

踏めば踏むほど走る加速度と推進力

 

まさに超一級品で特筆すべき性能です!!

 

 

 

 

そして第2にに感じるのは、軽さですグッド!

 

これは「ただひたすら軽い」のではなく、

 

「不要なものがない軽さ」なんです音譜

 

 

 

 

重さ以上にバランスに優れているという

 

言い方でも良いのかもしれませんにやり

 

 

 

 

そして第3に感じるのは、ダイレクト性ですチョキ

 

路面の感触がダイレクトに感じられ

 

逆にパワーがダイレクトに

 

路面に伝わっている感触がありますウインク

 

 

 

 

 

他のホイールだと、

 

クッション性の高い靴を履いて、

 

そのクッションの反発力で飛び跳ねながら、

 

ふわふわっと進む感じなんですねUFO

 

 

 

 

 

それに対して、

 

レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULTは、

 

軽い素足で直接地面を蹴って駆け抜ける

 

そんな走りの感触がありますあし

 

 

 

 

コンペティツィオーネ_フロント

 

 

 

 

これは、本当にクライム好きには、

 

たまらない醍醐味乙女のトキメキの感触です爆  笑

 

 

 

自分の力で、しっかり登れている!!

 

そんな実感があるホイールですグッド!

 

 

 

 

 

さて、最後に10%超えの激坂ゲッソリですが、

 

10%を超えてくると

 

やはり前傾ダンシングですね。

 

 

 

 

このダンシングは、上体を前傾し、

 

重心を前に出し、体重をフロントに

 

しっかりと乗せることが大事です!!

 

 

 

これは、身体構造として屈伸時に

 

パワーを十分に発揮できる体制で、

 

重心を前に出し、フロントに

 

摩擦(トラクション)をかけるためですグッド!

 

 

 

 

そんな中で、素晴らしく感じたのは、

 

レーゼロコンペのC17のワイドリム乙女のトキメキです

 

 

 

コンペティツィオーネ_C17ワイドリム

 

 

これは、やはりワイドリムにより、

 

横方向の設置面積が増えたので、

 

前傾姿勢時にしっかりと

 

トラクションがかかるんですねニコ

 

 

 

 

もともと、とても剛性があり、

 

ダンシング時に踏み込んだパワーが、

 

ロス少なく伝達されていきますチョキ

 

 

 

 

それが最後の路面との接地部分で、

 

滑ることなく、しっかり引っかかり

 

パワーを伝えるためには、

 

接地面積が大きいほうがいいのですね照れ

 

 

 

 

その点でC17のワイドリムは、

 

理想的なトラクションがかかりますドキドキ

 

 

 

 

 

激坂ですので、前傾ダンシングで、

 

あせることなく、一脚一脚ずつ

 

しっかりとパワーを出して

 

そのパワーを無駄にせず進むことが

 

大事になります。

 

 

 

 

確かに、C17ワイドリムは、

 

C15に比べると、多少重いのですが、

 

そこを補っても余りある、

 

十分のメリットがあります音譜爆  笑

 

 

 

 

 

今回感じたのは、

 

レーシングゼロ コンペティツィオーネキラキラで走ると、

 

「素足で走っている音譜印象があることですニコ

 

 

 

 

それはただ重量的に軽いだけでなく、

 

ダイレクト性やパワー伝達性で、

 

他のホイールでは味わえない

 

すばらしい感覚でした爆  笑ドキドキ

 

 

 

この感覚は、

 

皆さんにも味わってほしいですねニコ音譜

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set

RACING ZERO Competizione C17 CULT

【2017新作】 フルクラム レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT/RACING ZERO Competizione C17 カルト 2ウェイフィット ホイールセット

 

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

11月23日といえば勤労感謝の日星ですね音譜

 

私も、自分へのご褒美として、

 

半日ちょっとのお休みをいただいて

 

自転車ライド富士山へ出かけてきました音符

 

 

 

 

いやぁ、楽しかったです照れ

 

そして、いやぁ寒かったですショック!

 

もちろん、長袖ジャージに

 

冬物グローブですビックリマーク

 

 

 

 

余談になりますが、

 

ヒートテック系のインナー

 

冬場ライドでNGですドンッ

 

 

 

 

ある一定量以上の汗をかくと、

 

吸水率が飽和して乾くのが遅くなり

 

かえって寒くなるんです汗

 

 

 

 

ですから、

 

スポーツ用のシャツをインナーにして、

 

そこから長袖ジャージを着て、

 

ダウンヒル用のウィンブレを持って行きました音譜

 

 

 

 

そして、愛車の足元には・・・・ジャジャーン、

 

レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT

 

を履いて、ライドをしてきました!!

 

 

 

やはり、素晴らしいホイールですねラブ

 

 

 

貧脚の私のタイムはともかくとしてあせる

 

その性能の高さ一つ一つに感激し、

 

大満足のライドラブラブでした。

 

 

 

 

というわけで、せっかくですから、

 

レーゼロコンペに実際に乗ったインプレ

 

皆様にご紹介しましょうウインク音譜

 

 

 

 

レーゼロコンペの素晴らしさキラキラを語ると、

 

どうしても長くなるので、

 

本日は平地部分でのインプレをお伝えしますネ!!

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set

RACING ZERO Competizione C17 CULT

【2017新作】 フルクラム レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT/RACING ZERO Competizione C17 カルト 2ウェイフィット ホイールセット

 

 

 

 

高速巡航時からの速度変化に劇的なパフォーマンスを示すCULT(カルト)

 

 

今日は、まず街中を走り抜け、

 

交通量が少ない平地直線道路

 

高速巡航した後で、

 

ヒルクライムをしてきましたニコニコ

 

 

 

 

まず、

 

街中での走行についてのインプレです!!

 

 

 

 

Stop & Goが多い街中の走行では、

 

フルクラムらしい反応性の高さドキドキ

 

よく感じられます音譜

 

 

 

 

特に、ゼロ発進時に、

 

軽く踏み込んだ瞬間に動き出す

 

ダイレクトな感覚は気持ちいいですねビックリマーク

 

 

 

 

「軽くスーッと動き出す」という表現よりも、

 

「きびきびと鋭く動き出す」という感じです。

 

 

 

 

これは、

 

ロスの少ないパワー伝達のための、

 

硬く、しならない設計によります。

 

 

 

 

ゼロ発進時に

 

ペダルを真下に踏み込みすぎると、

 

そのダイレクトな反応性から、

 

クランクが予想外にストンと落ちてダウン

 

スムーズにペダリングできないこともあり

 

ちょっと慣れが必要かもしれませんニコ

 

 

 

 

ただ、それは欠点ではなく、

 

むしろ長所であるゆえの特徴ですパー

 

 

 

 

この「きびきびと鋭く動き出す」感覚

 

レーゼロコンペでは常に感じる印象です音譜

 

 

 

 

きちんとしたペダリングがあれば、

 

自分の走りの実力を最大限に

 

発揮してくれるはずです照れ

 

 

 

 

もうひとつ、

 

街中での走行では、段差が多く

 

路面状況が悪い場合がありますよねあせる

 

 

 

 

そんな場面で威力を発揮するのが、

 

C17ワイドリム&25Cタイヤですクラッカー

 

 

 

 

やはり、横接地面積が増え

 

路面のグリップ力が増しているので、

 

走行時に安定性と快適性がありますニコ

 

 

 

 


 

さて、ここから街中を抜け、

 

交通量が少ない平地を

 

高速巡航しますロケット

 

 

 

 

この高速巡航域では、

 

とにかくCULT(カルト)の恩恵乙女のトキメキ

 

非常に強く感じますおねがい

 

 

 

 

 

CULT_カルト_ベアリング

 

 

 

 

 

特に素晴らしく、驚いた目のは、

 

時速35km/hぐらいの高速巡航時から、

 

さらにスピードアップした時の反応です!!

 

 

 

 

この瞬間においても、さきほどの

 

「きびきびと鋭く動き出す」感覚があるのは、

 

まさに驚き、衝撃爆弾ですパー

 

 

 

 

もちろん、硬さからくる反応性による

 

部分も大きいのですが、

 

それ以上に、カルトベアリングの

 

性能の高さがうかがえます合格

 

 

 

 

高速巡航時、

 

ケイデンスを高い走りでも、

 

トルクをかけた走りでも、

 

とにかくストレスなく回るんですねおーっ!

 

 

回る! 回る! 回る!

 

 

「それでも地球は回る」といった

 

ガリレオもびっくりポーンするくらい

 

よく回りますニコニコ

 

 

 

 

レーゼロコンペ最大のウリである

 

CULT(カルト)ベアリングのメリットは

 

通常ベアリングの9倍を誇る回転性能です!!

 

 

 

 

当然、回転数が上がれば上がるほど

 

そのメリットは増えるわけですから、

 

このような高速巡航域では、

 

そのメリットは最大限に活かされますねチョキ

 

 

 

さらに、その回転性能が、

 

ダイレクトな反応性と組み合わされ、

 

高速巡航域での速度変化

 

すばらしい結果を示してくれますドキドキ

 

 

 

ですから、レースで、高速巡航時に、

 

アタックを仕掛けたり仕掛けられたりする時

 

抜群のパフォーマンス音譜をすることができますねニコ

 

 

 

 

時速35km/hから、ちょっともがくと

 

あっというまに42~43km/hになって、

 

「追い風かな?」て感じるほどでしたびっくり

 

 

 

 

ぜひぜひ、

 

これは実際に乗って

 

体験してほしいです音譜

 

 

 

 

 

さて、高速巡航の後に

 

いよいよヒルクライムなのですが、

 

そこのインプレは次回で

 

お伝えしたいと思いますニコニコ

 

 

 

お楽しみにしてくださいチョキ

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set

RACING ZERO Competizione C17 CULT

【2017新作】 フルクラム レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT/RACING ZERO Competizione C17 カルト 2ウェイフィット ホイールセット

 

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。