フルクラム(FULCRUM)ホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】の店長ブログ

フルクラム(FULCRUM)のホイールに感動して通販ショップ専門店を始めた店長のブログです。
「フルクラムフィールド」を運営しています。


テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

晴れといえば、

 

夕立が付き物ですね雨

 

 

 

 

皆さんも、

 

ライドの途中に雨に遇って、

 

びしょびしょ汗汗になった経験が

 

ありませんかはてなマーク

 

 

 

 

私の場合、夏の雨ですと、

 

どうせウェアは汗でびしょびしょですし

 

ほてった体を冷やしてくれて涼しいので、

 

かえって雨ライドを楽しんじゃうこともありますチョキ

 

 

 

 

ただ最近は、夕立どころか、

 

深刻な被害をもたらす、

 

ゲリラ豪雨集中豪雨も多くなっています。

 

 

 

 

ライドでお出かけの際には、

 

あるいはライド中でも時々

 

天気予報をチェックして、

 

深刻な雨にならないか確認して下さいねおじぎ

 

 

 

 

さて、ツール・ド・フランスキラキラ

 

中盤戦へとさしかかっていますニコニコ

 

 

 

 

例年通り、

 

序盤で多くのリタイア者が出ています。

 

 

 

 

特に、

 

ポイント賞雷の本命だったペーター・サガン

 

総合優勝キラキラを狙ってたリッチー・ポート

 

この両者の活躍が、

 

この先見られなくなるのは残念ですあせるあせる

 

 

 

 

でもここから先、中盤から後半戦へと、

 

熱い男とたちの戦い雷

 

ますますヒートアップしてきますビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

ぜひ、ツール・ド・フランス

 

そしてサイクルロードレースの面白さを、

 

思う存分お味わい下さい照れ

 

 

 

 

 

FULCRUM SPEED

フルクラム スピード40C

 

 

 

 

 

選手は、何を狙って、どういう目的で走っているのか? それこそが醍醐味♪

 

 

 

さて前回は、それぞれのチームが

 

総合優勝か、あるいはステージ優勝を、

 

狙ってレースに臨んでいることまでお話しましたチョキ

 

 

 

 

ところが、実際には、

 

優勝以外にもいくつかの賞がありますニコニコ

 

 

 

 

具体的には、

 

ポイント賞(スプリンター賞)、山岳賞、新人賞、

 

チーム賞、そして敢闘賞ですドキドキ

 

 

 

 

この中で、

 

多くのチームや選手が狙っているのが、

 

ポイント賞キラキラ山岳賞キラキラになります。

 

 

 

 

各ステージのコース上には、

 

途中の平坦地スプリントポイント

 

山岳頂上山岳ポイントと呼ばれる、

 

ポイントが設定されています。

 

 

 

 

ここを通過した順に、

 

それぞれのポイントを獲得し、

 

21ステージ通算で合計ポイントの多い選手が、

 

それぞれの賞を獲得するのです音譜

 

 

 

 

特に、

 

総合系の選手を擁していないチームは、

 

この各賞を狙って取りに来ますニコ

 

 

 

 

そして、この、

 

ポイントが設置してある部分で、

 

誰が狙いにいってどのような結果になるのか

 

そこを見るのも、面白さの一つなんです音譜

 

 

 

 

山岳賞を狙いに、

 

激坂をダンシングで駆け抜ける姿ビックリマーク

 

ポイント賞を狙いに、

 

驚異のハイスピードで駆け抜ける姿ビックリマーク

 

カッコよく、見ていてワクワクしますラブ

 

 

 

 

また、もう1つの

 

サイクルロードレースの醍醐味が、

 

「逃げ」です自転車自転車自転車

 

 

 

ロードバイクは、

 

空気抵抗との闘いですので、

 

集団走行した方が圧倒的に速くなり、

 

スタミナも温存できますパー

 

 

 

 

そこで、基本的には、

 

全チームが1つの集団になり、

 

メイン集団を作って走行しますだっしゅ

 

 

 

 

ところが、レース序盤に、

 

このメイン集団を抜けて、

 

前方へ逃げていく選手が現れます。

 

これが「逃げ」乙女のトキメキですねチョキ

 

 

 

 

そして、

 

逃げる選手の目的を考えるのも、

 

サイクルロードレースの面白さです。

 

 

 

 

まず、逃げる選手の目的としては、

 

いちかばちかのステージ優勝狙いですビックリマーク

 

 

 

 

当然、数名で逃げるわけですから、

 

空気抵抗やスタミナの関係で

 

メイン集団に比べて圧倒的不利です汗汗

 

 

 

 

それでも、

 

ツール・ド・フランスでは1~2ステージ、

 

この逃げが決まることがあります

 

これは見ていて痛快ですね爆  笑

 

 

 

 

ただし、逃げが決まるのは、

 

逃げた選手と総合トップの選手の間に、

 

大きなタイム差がある場合です。

 

 

 

 

タイム差が少ない選手が逃げようとしても、

 

メイン集団は必ず捕まえに来ますからね、

 

怖いです・・・ショック

 

 

 

 

 

次に、逃げる選手の目的としては、

 

他のチームメイトを休ませる場合です。

 

 

 

・・・?

 

なぜ、逃げる選手がいると、

 

他のチームメイトは休めるのでしょうはてなマークはてなマーク

 

 

 

 

それは、

 

自分のチーム内に逃げの選手がいれば、

 

チームとしてその選手を優勝させたい

 

と考えて当然ですね。

 

 

 

 

そうすると、

 

そのチームの他の選手たちは、

 

後方のメイン集団で先頭を引く理由がないので、

 

先頭交代を拒否し、集団後方で休めるんですポーン

 

 

 

 

これは、なかなか戦略的ビックリマーク

 

こういう、心理的な駆け引きも、

 

想像しながら見ていると、おもしろいビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

 

次に、逃げる選手の目的としては、

 

自分のポイント稼ぎのためや、

 

他のチームのポイント阻止のためです。

 

 

 

 

例えば、スプリンターでも、

 

山岳にわりに強いをスプリンターもいれば、

 

山岳は全然ダメというスプリンターもいます。

 

 

 

もし、

 

山岳を越えた後にポイント賞が設置されていたら、

 

山岳が全然ダメというスプリンターは、

 

ポイント争いに加わることは難しくなりますあせるあせる

 

 

 

 

そこで、そのチームの他の選手が、

 

ライバル選手にポイントを取られないように、

 

ポイント阻止に向かうというわけですうーん

 

 

 

 

他にも、逃げる選手の目的としては、

 

逃げで先行しておいて、

 

あとあとのリーダーのアタックを前方で待って、

 

合流してからリーダーを引くためなど、

 

本当にいろいろな意味合いがありますビックリマーク

 

 

 

 

ツール・ド・フランス、

 

サイクルロードレースの面白さは、

 

陸状競技のように「単純に速ければ勝ち」と、

 

ならない点にありますパー

 

 

 

 

さまざまな選手が、

 

さまざまな思惑を持って、

 

ざまざまな役割をこなし、

 

さまざまな目的のために走っていますDASH!DASH!

 

 

 

この選手が、このチームが、

 

どういう目的で走っているのか

 

想像しながら見るのも、醍醐味ですねウインクパー

 

 

 

 

 

あともうひとつ、

 

ツール・ド・フランスの楽しみ方ですが、

 

画面に、しばしばスピード傾斜が表示されますチョキ

 

 

 

 

何日も走り続け、

 

その日も峠をいくつも越え、

 

150km以上走って、

 

ゴール前数キロを60km/h巡航びっくり

 

 

 

 

あるいは、

 

10%以上の激坂を30km/hでクライムびっくり

 

 

 

 

ほんと、見ていて、

 

「アホか!」とツッコミいれたくなりますチューチュー

 

 

 

 

やはり、ツール・ド・フランスに出る選手は、

 

日本人の新城選手も含めて、

 

みんな凄すぎますキラキラ

 

 

 

 

ひょっとして、

 

スーパーサイヤ人スーパーサイヤ人なんじゃないかと

 

思っちゃいますよね・・・爆  笑

 

 

 

 

でも実は、

 

そのプロ選手の気分が味わえちゃうという、

 

ホイールがあるんですチョキ

 

 

 

 

それが、

 

フルクラム スピード40C

 

 

 

 

このホイールは、新城選手が所属する、

 

バーレーン・メリダの前身チームである、

 

ランプレ・メリダフルクラムとの、

 

共同開発で生まれましたドキドキ

 

 

 

 

プロユースのパフォーマンスキラキラを携えながら、

 

クリンチャータイヤで使用可能雷という

 

うれしいモデルです照れ

 

 

 

 

さすがに、チューブラーとなると

 

なかなか扱いが大変ですが、

 

クリンチャーなら安心ですねパー

 

 

 

 

もちろん、走りは最高ビックリマークビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

私も試走したことがありますが、

 

重さを感じさせない軽量性

 

全てのバランスの良さと安定性

 

そして空気抵抗を感じないエアロ性能

 

全てが最上級ですおねがい

 

 

 

 

私の脚が貧脚だったのが、

 

唯一残念でしたあせるあせる

 

 

 

 

ぜひ、この夏は、

 

ツール・ド・フランスを見て、

 

その面白さに夢中になって下さい音譜音譜

 

 

 

 

そして、

 

プロ選手の走りを参考に、

 

トレーニングに励んでみて下さいねウインク

 

 

 

 

FULCRUM SPEED

商品の詳細はこちら⇒フルクラム スピード40C

 

 

 

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

フルクラム大好き店長!おすすめホイール、インプレを紹介♪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。