フルクラム(FULCRUM)ホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】の店長ブログ

フルクラム(FULCRUM)のホイールに感動して通販ショップ専門店を始めた店長のブログです。
「フルクラムフィールド」を運営しています。


テーマ:

自転車先進国イタリアのホイールブランド

 

フルクラム(FULCRUM)の

 

ホイール通販専門店

 

フルクラムフィールド店長の川内です^^

 

 

 

 

まだまだ11月だというのに、

 

東日本では、雪がずいぶん降ったようですね雪

 

皆様がお住みになっている場所では、

 

いかがだったでしょうかはてなマーク

 

 

 

 

日本は南北に長い国ですから、

 

今回雪雪の結晶で大変だった場所もあれば、

 

雪の降らなかった場所クローバーもありますよねニコ

 

 

 

 

いつも、ホイールを発送するときに、

 

ここはもう寒くなったのかな」とか、

 

ここはまだまだ暖かいのかな」なんて、

 

住所見ながら考えたりしていますニコニコ

 

 

 

 

ちなみに、

 

私が住んでいる場所では、

 

雪は降りませんでしたにやり

 

 

 

 

もちろん、ずいぶん寒くなりましたが、

 

それでもまだまだライド自転車

 

走りに行ける気候です合格

 

 

 

 

本当の冬になる前に、

 

走れるだけ走っておきましょうウインク

 

 

 

 

というわけで、先日

 

レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT

 

で、ライドに行った時の、インプレ後編ですウインク音譜

 

 

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set

RACING ZERO Competizione C17 CULT

【2017新作】 フルクラム レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT/RACING ZERO Competizione C17 カルト 2ウェイフィット ホイールセット

 

 

 

 

 

 

素足で軽く駆け抜ける感覚のヒルクライム

 

 

 

今回ヒルクライムで登った峠は、

 

前半が3~4%の緩斜面ニコで、

 

その後5~8%のつづら折りびっくりが続き、

 

最後に10%超えの激坂ゲッソリが待ち構えています。

 

 

 

 

 

まず最初の3~4%の緩斜面ですが、、

 

ここはCULTのおかげで、

 

本当に楽に登れましたドキドキグッド!

 

 

 

このような緩い坂道では、

 

基本シッティングで走り音譜

 

脚の疲労を抜くため

 

スピードを維持するために、

 

軽いダンシングを織り交ぜ登りますドキドキ

 

 

 

そして、軽めのギアで、

 

ハイ・ケイデンスで登って行くのですが、

 

この時に、CULTが、

 

実によく働いてくれますクラッカー

 

 

 

 

コンペティツィオーネ_CULTベアリング

 

 


 

CULT(カルト)ストレスのない

 

回転性能で回していると、

 

まるで平地を走っているような

 

印象すらありましたゲラゲラ

 

 

 

 

実際のレースなら、

 

ここで十分に脚をためて

 

中盤以降にアタックをかけられるほど、

 

楽に登れちゃったという感想ですウインク

 

 

 

 

 

さて、クライムはそこから、中盤に差し掛かり、

 

5~8%のつづら折りあせるの坂道になるのですが、

 

このあたりのレーシングゼロコンペの走りは

 

なんていうか、独特な感じドキドキですよねウインク

 

 

 

 

まず第1に感じるのは、力強さです筋肉

 

踏めば踏むほど走る加速度と推進力

 

まさに超一級品で特筆すべき性能です!!

 

 

 

 

そして第2にに感じるのは、軽さですグッド!

 

これは「ただひたすら軽い」のではなく、

 

「不要なものがない軽さ」なんです音譜

 

 

 

 

重さ以上にバランスに優れているという

 

言い方でも良いのかもしれませんにやり

 

 

 

 

そして第3に感じるのは、ダイレクト性ですチョキ

 

路面の感触がダイレクトに感じられ

 

逆にパワーがダイレクトに

 

路面に伝わっている感触がありますウインク

 

 

 

 

 

他のホイールだと、

 

クッション性の高い靴を履いて、

 

そのクッションの反発力で飛び跳ねながら、

 

ふわふわっと進む感じなんですねUFO

 

 

 

 

 

それに対して、

 

レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULTは、

 

軽い素足で直接地面を蹴って駆け抜ける

 

そんな走りの感触がありますあし

 

 

 

 

コンペティツィオーネ_フロント

 

 

 

 

これは、本当にクライム好きには、

 

たまらない醍醐味乙女のトキメキの感触です爆  笑

 

 

 

自分の力で、しっかり登れている!!

 

そんな実感があるホイールですグッド!

 

 

 

 

 

さて、最後に10%超えの激坂ゲッソリですが、

 

10%を超えてくると

 

やはり前傾ダンシングですね。

 

 

 

 

このダンシングは、上体を前傾し、

 

重心を前に出し、体重をフロントに

 

しっかりと乗せることが大事です!!

 

 

 

これは、身体構造として屈伸時に

 

パワーを十分に発揮できる体制で、

 

重心を前に出し、フロントに

 

摩擦(トラクション)をかけるためですグッド!

 

 

 

 

そんな中で、素晴らしく感じたのは、

 

レーゼロコンペのC17のワイドリム乙女のトキメキです

 

 

 

コンペティツィオーネ_C17ワイドリム

 

 

これは、やはりワイドリムにより、

 

横方向の設置面積が増えたので、

 

前傾姿勢時にしっかりと

 

トラクションがかかるんですねニコ

 

 

 

 

もともと、とても剛性があり、

 

ダンシング時に踏み込んだパワーが、

 

ロス少なく伝達されていきますチョキ

 

 

 

 

それが最後の路面との接地部分で、

 

滑ることなく、しっかり引っかかり

 

パワーを伝えるためには、

 

接地面積が大きいほうがいいのですね照れ

 

 

 

 

その点でC17のワイドリムは、

 

理想的なトラクションがかかりますドキドキ

 

 

 

 

 

激坂ですので、前傾ダンシングで、

 

あせることなく、一脚一脚ずつ

 

しっかりとパワーを出して

 

そのパワーを無駄にせず進むことが

 

大事になります。

 

 

 

 

確かに、C17ワイドリムは、

 

C15に比べると、多少重いのですが、

 

そこを補っても余りある、

 

十分のメリットがあります音譜爆  笑

 

 

 

 

 

今回感じたのは、

 

レーシングゼロ コンペティツィオーネキラキラで走ると、

 

「素足で走っている音譜印象があることですニコ

 

 

 

 

それはただ重量的に軽いだけでなく、

 

ダイレクト性やパワー伝達性で、

 

他のホイールでは味わえない

 

すばらしい感覚でした爆  笑ドキドキ

 

 

 

この感覚は、

 

皆さんにも味わってほしいですねニコ音譜

 

 

 

 

FULCRUM Racing Zero Competizione C17 CLUT 2Way-Fit wheel set

RACING ZERO Competizione C17 CULT

【2017新作】 フルクラム レーシングゼロ コンペティツィオーネ C17 CULT/RACING ZERO Competizione C17 カルト 2ウェイフィット ホイールセット

 

 

 

 


「こんなことが不安」「ここが知りたい」など、

 

お気になることがありましたら、

 

お気軽にご連絡くださいませ(^^)

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

 

Fulcrum-field-bar

 

当店おすすめ
イメージと違っても返品・交換できます♪

 

安心してお買い物をお楽しみ頂ける

 

嬉しいサービスをご用意しております。

 

安心の返品・交換保証

 

 

 

どんなことでも構いませんので、

 

お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

 

 

 

お問い合わせはこちら ⇒ お問い合わせ

 

ショップはこちら ⇒ フルクラム | FULCRUMホイールの通販店舗【フルクラムフィールド】


店長よりごあいさつ

 

今後ともフルクラムフィールドをどうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

フルクラム大好き店長!おすすめホイール、インプレを紹介♪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。