浄化呼吸法 【動画解説】

テーマ:
龍村式指ヨガとあわせて行いたい!
浄化呼吸法


みなさんこんにちは。涼しい日中から暑い日中が戻ってきましたね。

熱中症対策に梅干を携帯するといいかも。それも昔ながらのすっぱい梅干。

賞味期限のある梅干はオススメできません。だって梅干って本来は腐りません。


あとは、龍村式指ヨガで体調管理を!!

内臓機能を高めるには、手のひらを吐く息と同時に揉みほぐすことです。まんべんなく揉んでみて、硬いところや痛いところを中心によ~くもみほぐすこと!

パソコンに向かって冷房にあたっている時間が長い、という方は、中指を中心に吐く息と同時に揉み解したり捻ったりさすったりします。首や背骨を中心にほぐすことになりますね。

あとは肩。それぞれに対応する第三関節を吐く息と同時に回したり捻ったりしてほぐします。詳細⇒肩こり解説編を参照


【右手】
人差し指の第三関節⇒左肩
くすり指の第三関節⇒右肩

【左手】
くすり指の第三関節⇒左肩
人差し指の第三関節⇒右肩

今回は龍村式指ヨガと同時に行いたい、浄化呼吸法を動画にてUPしました。


【浄化呼吸法】
<ポイント>
①患部の老廃物・痛み・ストレス・凝りなどを黒いゲジゲジやツブツブとしてイメージし、吐息で吹き飛ばす。
②吸息で大自然の癒しの氣・エネルギー・酸素などを取り込み、患部が癒され細胞がキラキラしてゆくことをイメージする。
※保留息は、癒しの氣がじわ~っと染み込んでいくことをイメージ。

<呼吸と動作と意識集中>
(1)背筋を伸ばし、いったんある息をすべて吐ききる。
(2)6秒間で吸う息と同時に大自然の癒しの氣を取り入れる
(3)6秒間息とを留めている間に、癒しの氣を患部にしみこませる
(4)3回に分けて息を吐く。このときに患部の痛みや凝り、つまりイメージした黒いゲジゲジやツブツブを吐き出す。


※6秒間吐いたり留めたりと記しましたが、あくまで目安です。色々試してご自分にあった感覚を発見してくださいね


AD