てんてこまい vol.1

テーマ:
ばったばったするのは、いつものことですよ、ええ。

いつものこと。

でもね。

今日のてんてこまいは命がかかってるの。



そうねー。

源頼朝の前で舞うことになった静御殿の舞くらい、せっぱつまったてんてこまい?


しずやしず しずのおだまき くりかえし


…今年は伊達巻食べてないわね…。

うちの卵で作ろうかしら…。



優雅に舞い踊る 静御殿に謝ります。

私の方が激しく踊っているに違いありません。



BGMはボンバーヘッドで。






ご存じの方々もいらっしゃると 思います。


今さらでございますが。


私、経営計画をおおやけの機関に提出しておりまして。

ひも付きと呼んでくださって結構です。

ワンワンワン


金を出すけど、口も出すスポンサー様が天下国家でございます。



いっぱしの農業者として食えるようにならないと、いかんわけですよ。

そのためには、着々と鶏を増やさねばならぬ。

産むまでのただ飯食いの期間も、慈しんで育てなければいけんとよ。

ばたばた死んじゃうのにも耐えなければいけないの。



でもね。

生き物が死ぬのを見るのはとても忍びないので、産むちょっと前の『栃木しゃも』を導入しようと昨年中に算段しました。



今年の春に、ピチピチの若鶏が来る、はずだったの。

だったの…。




「秋の大雨で水害にあって
、うちの鶏、5000羽死んだんだ。」



あらー、大変だわ。



で?


「だから、雛がいないんだわよ。」


ほげ?



………!

うわーん!

俺んちの計画も丸つぶれじゃーん?



のんのん!

こんなの、トラブルのうちにも入らない。

今まで通り、雛を発注すればいいだけ。




しかーし、雛の導入期として、この時期は控えるのが鉄則。


…まあ、しゃあないな…。


最初の雛の到着時期も寒波に見舞われながらどうにかなったから、祈ればどうにかなるべ!

…祈るんだ…。(笑)

ここまでが昨年12月頭の話。





今まで通り、生まれたての雛を発注しておいて、それをすっかり忘れていた私。


1月の金曜日ってことは覚えていたけど…。

今日だったのよ。



先週、納品日が8日だということに気がついた時の天気予報では、この週末は春並みの暖かさって言ってた…。


うーそーつーきっ!



ここ何日か、すげー冷え込みじゃん?


毎朝、凍ってんぞ!



昨日、業者さんから電話があって

「手違いがありまして、業者留めではなくて、直送になります。」

はあ…。

ただ、私、明日留守にしちゃうんですが。

「朝、7時から8時にお伺いします。」

はあ…。

朝の7時に岐阜から来るのか…?

それもまた、てんてこまいだわね。




これが昨日の19時までの話。

さあ、命をかけてのてんてこまい、どうなるっ?



今朝もかなーり冷え込んでいました。

さあ、私と雛の運命はっ?









このところ、とちまるくんのコスプレっぷりが目に余るけれど、山下清じゃあるまいし、真冬にタンクトップ、ハーフパンツは児童虐待もはなはだしいので、見て見ぬふりをするのが大人ってもんよね。


ヒトと同じ身体の比率だったら、ブリュッセルの小便小僧みたいにリアルな衣装持ちになれたのに、残念だなっ!






AD

コメント(6)