福岡西支部広報部会のブログ

福岡宅建協会福岡西支部広報部会のブログです。


テーマ:

平成の市町村合併により平成22年(2010年)に誕生した糸島市。

 

合併前の旧志摩町、「にぎの浜」の近くに、居を移して14年になります。

 

ジブリ作品「となりのトトロ」のような引越しで、まだ小さかった子供達も

自然豊かな地域で、伸び伸びと育っていきました。

 

夏休みには、早朝から近くの里山へカブトムシ、クワガタを捕りに行き、

 「にぎの浜」へ泳ぎに行くような日々でした。

 

しかし、一番下の子供でさえ、中学生となった今では・・・・・・・・

 

子供達も部活動や友達と遊ぶ事が忙しく、父親と一緒に遊ぶ事はなくなりました。

 

 そこで! 久しぶりに「にぎの浜」まで、一人でのんびり散歩です。

 

最近は、あまり行く事もなくなった「にぎの浜」。

 

波の良い時には。サーファーで一杯になります。

 

海はとてもきれいで。「芥屋の大門」が望めます。(※但し、海水浴場ではなく離岸流に要注意です※)

 

昔は週3で、ジョギングをしていた頃も有りましたが、今はゆっくりとお散歩です。

 

糸島富士の愛称の可也山。

 

夜飲んで帰る時には、不便さを嘆く時もありますが、

 

空がとっても広く、星がきれいで、私の大好きな場所です。

 

福岡西支部管内で気軽に行ける場所です。

 

特に、365メートルの可也山の頂上から見る

眺望は、お勧めです(笑)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

瞬く間に通り過ぎる時よ ゆえに私は今も過去をふりかえり

 

現実に生きるこの瞬間こそが、最も大切だと思うのです

 

出張先では人材派遣会社から応援を呼ぶことになっていて

 

分かっているのは男性1名来ますとのこと

 

あえて年齢や容姿については聞くこともない

 

あくまで派遣会社の判断で、当日全く予定していなかった人が

 

来ることもあるのだ

 

当日、現場で待機していると男性が来た

 

もちろん知らない人物だ

 

簡単な作業のため、別にいろいろコミュニケーションもとる必要も無い

 

緊張しているのか会釈後は下を向いている

 

まあ~なんだ あれだ 声をかけてみよう

 

仕事の要領の他、どうでもいいことで話をしていた

 

数日間、気がつくと普通に知り合いのようになっていた

とりあえずそのワイルドな風貌の彼を「バイトメン1号」と命名しよう

 

出張期間の最終日、 祝日で天候も悪いのが予想される、仕事はかなり慌ただしくなる日

 

もう一人応援を呼ぶことになっていた

 

派遣からのもう一人応援の男性が来た

 

するとバイトメン1号は

 

「おおおっ? ああコイツは俺の可愛い後輩です!! 高校も一緒だったですし

大学ではなんと学部までたまたま一緒だったんですよ・・・だから仲良くなったのは

 大学にコイツが来てからです バイトまでかぶるなんて不思議~」

 

と説明してくれた

 

後輩はバイトメン1号の服をみている

 

後輩「あれ~?これは僕があげた服じゃないですか~? 白のジーンズなんて恥ずかしくて着れんとか言ってたくせに」

 

僕 「え?そうなの? 彼はこの数日ずっと、この白のジーンズやったよ」

 

バイトメン1号「あ、もう言わんで~すまん 俺服買う金もたんのや はいてるウチになじんで気に入ってしまって 今後は気をつけるから~」

 

後輩 「いや、嬉しいっす 勢いで買ったものの白のジーンズなんて逆に合わせづらいし

 服いっぱいでクローゼットに入らないし ぶっちゃけ そんな いらん奴メッチャ大事に着てもらって嬉しいです」

 

バイトメン1号「たは~言うね~ でも助かってるよ 本当にありがとうな」

 

後輩 「先輩、まだまだ沢山着なくなった服があるんですよ このバイト終わったらウチに来ませんか? 服をとりにきてください」

 

バイトメン1号 「いや~悪いよ~ もらってばかりで 俺なんも持たんぜ~」

 

後輩 「いやクローゼットもういっぱいで そろそろ新しいの買おうとおもうから あげます、とりに来てください」

 

僕 「もらっとけ もらっとけ 後輩がこうまでいうんやから もらっとけ」

 

バイトメン1号「実はこのマフラーも後輩からもらってて気に入ってます ありがとう じゃあバイト終わったら」

 

後輩  「ぎゃはははは!! そうそうその変な女子っぽいマフラーも!!使ってる!! じゃあ そういうことで」

 

そしてバイトが終わり夕陽とともに 一気に気温がさがってくる たまらない寒さだった

 

出勤表みたいなものに 僕のサインやら もろもろ書き込み

 

最終日の仕事は終了

 

遠方で、ふだんここには用事はなく

 

また、いつか依頼するとしても何年も先

 

もう彼らに会うことはないだろう

 

ここからコインパーキングが遠いため 思い荷物をいったん路上においてとりに行こうとした

 

バイトメン1号 「あっ 俺、荷物見ときますよ! 車とりに行ってる間みときますよ!」

 

僕「いやいやいや  派遣会社との契約でピタッと契約時間内でおわらせないと  ほらもう時間になってる!!帰っていいよ! ありがとう! じゃあね!」

 

そう、言い残して車を取りに行った

 

もうとっくに帰っていると思ったので

 

トイレもずっと我慢していたので

 

近くのコンビニによって

 

しばらくしてから荷物を取りに行った

 

車で信号待ちをしていると

 

 

あれ、バイトメン1号まだいる? いる!荷物を見ている

 

彼は、時計をみやると うつむいてニコニコしながら駅のほうに歩き出した

 

僕には気づいていない

 

僕「あああ待っててくれたんや  ありがたい  でも今声かけたら 彼をもっと時間的に拘束してしまう  彼のことだ 荷物の搬入も手伝ってしまうかもしれない」

それであえて クラクションは鳴らさず 見ている  

 

バイトメン1号はちょうど信号の目の前の白いラインの歩道エリアを渡っていった

 

心の中で「荷物みていてくれてありがとう、電車の時間だろ、遅れないように、、ね」

 

帰り際、高速にのりながら

最初のあのとき 声をかけててよかったと思った

 

でなければ、こんなに楽しい出張はなかったかもしれない

 

ニヤニヤしながら僕はアクセルを踏み込んだ   

 

 

 P S 又吉の新作「劇場」制作に密着取材するテレビを見て

 

ああこんなふうにドロドロに悩みながら、凄まじいエネルギーをつぎ込んで一行一行つむぎ出される様は

 

身震いするばかりであった

 

まさに又吉にしか描けない物語

 

若かりし日のお金も何もない

 

 

ひとりの無名な劇団員時代

 

一番くるしかった原点となる地に身を置いて

 

編集からダメだしを喰らっても

 

真正面から逃げずに悩み

 

またそれをエネルギーにして描かれてゆく

 

苦しみながら書いてゆくうちに

 

その当時の思いでに鼓舞されながら書いたという

 

「ありがとう」とか 「ごめんな」とか

 

昔、大切だったその人に

 

声を出して

 

語りかけながら書いたという

 

苦しいだろう 辛いだろう なんだか気持ちがわかるのです

 

それでも描きたいのは太宰治、芥川龍之介やその他の作家の小説を読むことによって

 

自分が救われたから

 

苦しい心が救われたから

 

ひょっとすると僕(又吉)が描く小説で

 

だれかが救われることがあるなら

 

たいへんだけど

 

それでも描きたいと彼はしんみりと語ったのだ

 

その一言が忘れられない

 

七隈不動産 出田秀浩 記

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

我が家には、子猫がいます。

 

名前は 「小夏・コナツ」。

 

今年の8月に生まれたばかりの状態で、親類から譲り受けました。

 

我が家に来た頃は、小さくて弱弱しい子猫でしたが、

 

現在は走るのも早くなり、まるで小さな子供のように

 

家の中で暴れまわります。とってもやんちゃな子猫に成長しました。

 

目が合うとうれしそうによじ登ってきます。(爪が痛い・・・)

 

カーテンをよじ登る事も大好きでリビングのカーテンがボロボロに

なりました。(泣)

 

今年も残りわずかとなりました。

来年も皆様にとって良い一年になりますようお祈りを致しながら

 

今年の広報部ブログの筆をおきたいと思います。

 

今年一年ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。