福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。


テーマ:

その1その2その3のつづき。

とある大阪弁サイトに出てくる大阪弁の内省。

 

「私は理解できる」「私は使える/使えない」をだらだらと。

この内省が引用されるほど、学者はこのサイトを読んでないかもしれないが。

 

面白い大阪弁(関西弁)まとめ 五十音順

 

61.じゃまくさい:理解○、使用○    HHHLL

 世の中じゃまくさいことが多い。よそ行きの大阪弁の時には「めんどくさい」だが、ぞんざいになると「じゃまくさい」。大学の雑務はじゃまくさいが、研究はじゃまくさくない。

 

62.しょうみ:理解○、使用×   LHL

 本音を聞くのに「しょうみ、どないやねん」と聞けば、本音が返ってくるものかは難しい。それは大阪弁だけの問題ではないだろう。

 

63.しょうもない:理解○、使用○    LLHLL

 「しょうもない」イコール面白くないは誤りである。「しょうもない」は「どうしようもない」。面白くないものもさすが、しょうもなくても「ドゥーン」や「ゲッツ」は面白い。

 

64.しらこい:理解○、使用△    HHLL

 「しらじらしい」から来ているのだが、もう少しこすさがある。嘘っぽさより、本音の隠し方に狡猾さがある時に「しらこい」が似合う。

 

→ 「脳と方言と私」その2 39.こすい

 

 

65.しんどい:理解○、使用◎    HHLL

 共通語に借入してあげたとまではいかないが、比較的多くの地域で理解される語彙であろう。ただ、疲れた時に「ああ、しんど」と言うのは近畿以外では抵抗があるかも。

 

66.ずっこい:理解○、使用△    HLLL

 なんか子どもっぽい言い方。なんかかいらしい言い方。

 アメトーークの妄想ドラマで安田美沙子さんが言ったら、はまってしまいそう。

 

67.せぇだい:理解×、使用×    LHHH

 文字で書くと理解しにくいが、話し言葉で「せえだいやあ」と言われたら文脈で「精出しやあ」と分かるかも。ただ、一度も聞いたことがないんで。

 

68.せぇへん:理解○、使用◎    HLLL

 「しない」「したくない」を包括している。「したくない」の時は音量が上がる。人を誘う時には通常「しない」だが、強調したら「したくないんか」になる。

 

69.せたらう:理解×、使用×    HHHH

 これも「せぇだい」同様に場面と文脈があっての話し言葉であれば理解できるかもしれないが、単独で背負うの意味は浮かばない。

 

70.せやから:理解○、使用△    HLLL

 使っているかもしれないが、頻度は少ないと思う。これもいかにもっぽい言い方なんで、よそ行きの時にはまず出てこない。

 

71.せんど:理解×、使用×    LLH

 「せんど言うたやろ」は、「千度→何回も」という派生か。

 言われたことがないし、聞いたこともない。

 

72.そない:理解○、使用○    HHH

 これもいかにもっぽいので、よそ行きの時は言わないが、普段はたまに使っている気がする。ただ、これを言うと私でさえもっちゃり感が生じる。

 

73.○○○たる:理解○、使用○    HH

 「してあげる」ほど下手ではなく、若干上から目線なので、目上の相手には使いにくい。「したった」「したろか」という活用はできるが、「したらない」は言えない。

 

74.ちゃう:理解○、使用×    HH

 「ちゃう」単独だと冷たい感じがするので、「ちゃうわ」「ちゃうやろ」の方が自然。「ちゃうちゃうちゃう」「ちゃうちゃう」は、「チャウチャウ犬と違うの」「違う違う」である。

 

→ 「脳とシャンプーとリンス」

 

 

75.ちゃりんこ:理解○、使用○    HHHH

 最近自転車に乗ってないから使う頻度が減ってるが、普段の会話ならこっちの方が自然。よそ行きの時には使わない。

 

76.ちょろまかす:理解○、使用○    HHHHH

 金がらみでこすい奴に使う。それ以外にごまかすには使いにくい。「お釣りをちょろまかす」はいいが、「年齢をちょろまかす」「不明な点をちょろまかす」とは言えない。

 

77.チンコロ:理解×、使用×    ? HHHH~LLHL  

 告げ口するの隠語であろうから、一般人は使わない。

 日常で使われると、よくて博打、そうでなきゃ下ネタとしか思えない。

 

78.つっかけ:理解○、使用×    LLLH

 座敷の店でトイレに行く時はつっかけを履いていく。もちろん、サンダルと言えるが、なんかはいからすぎて、俗っぽさが薄れる。

 

79.つれ:理解○、使用○    HH

 友達の意味で使っているが、人によっては彼女限定の解釈になる。だから、男を連れて「つれや」っていうと、違う方向で考えられることがあるそうだ。

 

80.てんこ:理解○、使用○   LLH

 単独では使わない。私は「てんこ盛り」以外思いつかない。少食の私は自分の飯をてんこ盛りにしてもらいたくないが、てんこ盛りで食ってる人を見ると微笑ましい。

 

 

 

 

 

その5につづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

【追記】

「じゃまくさくない」は「じゃまくさない」「じゃまくそない」とゆれがある。

人に聞く時は「じゃまくさない?」が自然。

 

「しらじらしい」を「しらこい」と言うのに、「そらぞらしい」は「そらこい」と言わない。

哀愁トゥナイト」が「そーらーこいよー」やと味気ないが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

福盛貴弘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。