福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。


テーマ:
シルバーウィークは何してた?【黒毛和牛カルビが当たる】 ブログネタ:シルバーウィークは何してた?【黒毛和牛カルビが当たる】 参加中

連休前に2日間ずつ2週間で集中講義をやってきた。
脳への負担を考慮すると、4日連続の15コマは無理だと判断したため。

だが、それでも疲れた。
脳に過度な負荷がかかると、身体の機能もかなり劣ってくる。

その前に岩手で、史跡探訪湯治わんこそば
せっかく休みでのんびりしてたのに、ふっとんでしまった。

まあ、仕事だから仕方ないんだが。
ちょうど連休があったので、ものすごく助かった感じ。

唯一行ったのは、東武の北海道展。23日が最終日で、24日が休みだったんで。
この秋の分は、なんやかんやで3回行った。(1 2

1回目で珍しくラーメンを食ったし、2回目で弁当買って家で食べた。
ということで、残るは寿司のイートインなんで、積丹のふじ鮨に。


ふじ鮨1




限定品に弱い私は招福握りを注文した。
小樽店で招福握りが3,890円だが、まあ東京価格ということで。



ふじ鮨2

※招福握り
奥左から  あわび、本マグロ、シャコ
中左から  そい、にしん、時鮭、ぼたんえび
手前左から 数の子、花咲ガニフレーク、うに、いくら 
小皿に入ってるのは、北の珍味として鰊切込み





値段にあった美味さ。私の脳と舌なら十分な美味しさ。
弾力があって軟らかいあわび。私が好きな触感である。

にしんの鮨はめったに食うことがないんだが、今回美味さを実感。
白身好きにはそいはたまらない。

鰊切込みは、にしんを米麹でつけた塩辛。これは絶品。
ごはんのおかずとして買って帰ればよかった。

よし、これで魚は十分に満足した。
あとはカルビが送られてくるのを待つだけである。













Ameba11周年大感謝キャンペーン






おまけ記事はこちら








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

福盛貴弘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「物産展」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。