福盛貴弘の脳炎日記

脳炎日記です。
2012年に脳炎になってからの入院や病院通い、日常生活で起きたことを素朴に書き記しています。
まずは、予告編2編をご覧ください。
脳の病気には程度差があると思いますが、一見普通に見える人が後遺症に苛まされているさまを
ご笑覧ください。


テーマ:
週末なにした? ブログネタ:週末なにした? 参加中

先週末の話なんで、4月19日。
池袋にあるトルコのパンが売ってる店に行ってきた。

池袋西口からエチカ池袋を通って、C1出口から徒歩ですぐ。
デギルメン」という店で、トルコ人がやっている。

「DEGIRMEN」となっているが、ひょっとしたら「DEĞIRMEN」では。
粉ひき、水車という意味の単語なんで。

Ğ(ユムシャック ゲー)というトルコ語のアルファベットがなじみがないからか。
そうなると、「デギルメン」じゃなく、「ディールメン」なんだが、まあいいとしよう。

デギルメン





トルコのパンには卵が入っている。それが食パンとの違い。
パンは好きじゃないんだが、トルコのパンは好きなんで買いに行った。

とりあえず、ひき肉入りとチーズ入りのポアチャ(poğaça)。
それから、アチュマ(açma)という甘めのパン。

そして、エブクラビエシ(ev kurabiyesi)という塩味のクッキー。
おまけに、トルコのTAMAK社製のイチゴジュースとアプリコットジュース。

今のところは全面的にトルコ色を出しておらず、日本のパンも。
その中で、トルコ色があるもののみを買ってきた。




帰りに東武百貨店地下の食料品売り場に寄る。
夕食はトルコ風にしようと材料を買ってきた。

トマト(domates)、ほうれん草(ıspanak)、ピーマン(biber)。
牛のひき肉(k
ıyma)、ひよこ豆(nofut)。

そして、
なぜか名古屋コーチンの卵(yumurta)
これらがあれば、なんとなくトルコ料理になる。

で、19日の夕食は、こんな感じのを食べる。
なお、私が作ったわけではないことをことわっておく。

トルコ晩飯


右上がメネメン(menemen)という卵入り野菜炒め。
手前がポアチャとクラビエ。

左上はTAMAKのイチゴジュース、曲がるストロー付。
左はひよこ豆とひき肉とほうれん草のあえもの。

まあ、トルコ料理という感じだろう。
ヒヨコ豆はスープを期待したが、仕方がない。次回に。

そんなこんなで、久しぶりに自宅で外食気分になった。
これで鮒ずしのことはなかったことにすることができた。






















【追記】

エチカ池袋にも立ち食い寿司(立喰寿司)屋がある。
立喰美登利(たちぐい みどり)」。

エチカのサイトでは「カフェ・レストラン」で分類されている。
寿司屋はレストランなんだろうか。まあええか。

パンを買いに行く前に、ちょっとつまんでいった。
ここも値段のわりにものすごく美味い。

池袋は立ち食い寿司に恵まれている。
いいところだ。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

福盛貴弘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。