つっつるのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

商品の撮影テクニックと機材を紹介したいと思います。

皆さんは商品を撮影する時はどうしていますか?もちろん商品撮影のプロにまかせれば、すばらしい撮影をしてくれるのはまちがいありませんよね。でも、撮影のための費用がかかってしまいます。ここぞ!!っていう場合には費用がかかるのはしかたありませんが、普段から商品撮影をしている場合はその撮影費用がバカになりません。もし、簡単に自宅でプロほどの撮影でないにしても、簡単にできるのであればどうでしょうか?

飲食店を経営されている方ブログやフェイスブック、ツイッターなどに載せる画像はやはり美味しく撮影できているほうがいいですよね!飲食店ですから。

オークションの撮影やショップさんのショッピングページの撮影など簡単に比較的綺麗に撮影できたらマメに更新するのもあまり苦にならないんではないでしょうか。

ストロボアダプターピカリピカリの撮影機材セットはそんな方々に簡単に比較的綺麗に撮影する商品撮影機材セットです。





それでは、商品撮影テクニックの前に機材を紹介していきましょう。

コンパクトデジタルカメラ又はミラーレス



デジタルカメラがないと撮影はできませんからね。撮影するための機材としては一番ないとどうにもならないものです。ストロボアダプターピカリピカリはコンパクトデジタルカメラ、いわゆるコンデジまたは、一部のミラーレスカメラで商品撮影するための機材です。なのでここでの画像はコンデジを使っています。

デジタルカメラストロボアダプター



デジタルカメラストロボアダプターピカリピカリはコンパクトデジカメに取り付けるアダプターです。それぞれのコンパクトデジカメの内蔵フラッシュを利用します。内蔵フラッシュの前面に効果が発揮する位置(重要)にディフェーザーを展開します。46mm径のマクロレンズとセットの場合は小さな商品を撮影する時にマクロレンズを取り付ける事による撮影距離と適正な位置に設置したディフェーザーの相乗効果により撮影します。被写体が20㎝~の場合はマクロレンズをはずして撮影します。その時に他のフィルターを使用する事も可能です(PLフィルターや特殊フィルターなど)。

デジタルカメラの設定としては露出を+側に設定して撮影します。

商品撮影は明るめが絶対条件になりますね。適切な位置に設置したディフェーザー効果により面の光になります。そうする事によって嫌な影がはいらなくなります。その状態にしてからデジタルカメラの露出を+側にあげて撮影します。デジタルカメラに光量調整できるのもあります。その場合も光量+側にシフトして撮影してもいいでしょう。

ストロボアダプターピカリピカリ取り付け例




グラデーションペーパー(背景紙)




グラデーションペーパーとは撮影する被写体の背景紙です。

背景紙を使用する事により撮影する商品を引き立てさせる事ができ、余計な物が撮影されるのを防ぐこともできます。また、ストロボアダプターピカリピカリでの撮影ではデジタルカメラの内蔵フラッシュは強制発光なのでグラデーションペーパー(背景紙)は商品に対するレフ版代わりにもなります。




上記撮影画像でもわかるようにグラデーションペーパーは名前の通りグラデーションになっています。色がついている所から徐々に白になっています。白色になっている所をうまく利用すればレフ版代わりになって撮影できます。使いたくない場合は白色がすくないグラデーション部分で撮影すれば問題ありません。

背景紙台



背景紙台はグラデーションペーパーを支えるための台紙です。

グラデーションペーパーをしっかり支えるために必要です。台紙自体はペットボトルなどに水をいれて重りとして、洗濯バサミで固定します。台座のくぼみ位置で固定できるようになっているので台紙の角度が二段階に調節できます。そしてグラデーションペーパーも洗濯バサミで挟んで固定します。

ダブルねじ

デジタルカメラストロボアダプターピカリピカリとコンパクトデジカメを止めるねじはねじ山がダブルに切ってあります。これは付属品のミニ三脚など三脚を固定するためのねじ山です。小さな商品を撮影する場合などは付属品のミニ三脚を使用して手振れを防いで撮影しましょう。


上記商品撮影機材がそろった状態なら自宅でも簡単に商品撮影をする事ができます。

ストロボアダプターピカリピカリを使って撮影とデジタルカメラ単体での撮影比較してみましょう。

ピカリピカリ未使用

ピカリピカリ使用(露出+補正)

まったく同じデジタルカメラを使用していてもこれだけの差がでてしまいます。他に何かライティングしているわけではありませんよ。デジタルカメラの設定もオート撮影と露出+2?補正だけです。

デジタルカメラに光量の補正もあるなら+に補正してみてもいいです。

適正な位置に設置するディフェーザーと適正な位置でないディフェーザーは効果が全然違ってきます。ピカリピカリはそれぞれのデジタルカメラの適正な位置にディフェーザーが来るように設置するようになっています。なので最も効果があるディフェーザー撮影ができるのです。





http://www.pikaripikari.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

つっつるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。