NOTRE MUSIQUE

Elle est retrouvee.
Quoi? - L'Eternitee.
C'est la mer alleee
Avec le soleil.


テーマ:
先日の告知通り本日で(昨日のビートルズを最後に)毎日更新を続けてきた本Blogの更新を停止させていただきます。
奇しくも年末にあたる本日まで(正確にはアルバムレビューは昨日まで)でUpしたアルバムはちょうど合計300枚(約280アーティスト)になりました。

私は音楽とは全く関係ない仕事をしているため、趣味と聞かれて"音楽鑑賞"と答えてしまうことが多いのですが、必ずその後に聞かれる"どんな音楽が好きなのですか?"という質問はもっとも頭を悩ませる質問であり、どんな回答をしてもその後1週間は後悔し続けるほど答えにくい質問であります。
このBlogはもともとほとんど統合不全で分裂症状態である私的でなかなか理解されない音楽嗜好を少しでも分かってもらおうと思って始めたものであり、当初はごく限られた範囲の知人/友人のために書き始めました。そして次第に読者になっていただける方の増加、アクセス数の増加と比例して自然と無意識の内に、文章が硬くなり感想というよりも批評じみた記事が多くなってしまいました。(最初の頃の記事と比べると全然別物ですね) とりあえずBlog開設当初に決めたルールは下記10点です。

1. 取り上げるアルバムは一人のアーティストにつき一枚。
2. 特に思い入れの強いMiles Davis,Stevie Wonder,Serge Gainsbourgについては上記1の例外とする。
3. ライブ等で感動して帰った日の記事も上記1の限りではない。
4. アクセス数稼ぎのためのこちらからの積極的なTrackBackは控える。
5. いただいたTrackBackについては速やかにお返しさせていただく。
6.いただいたコメントに関してはお返事させていただく。(全然出来ていないですね。。。)
7. 2005年現在入手可能なアルバムに限る。(一部例外も書いてしまいました。。。)
8. 利益目的(アフィリエイト)には使用しない。
9. リンクの乱用、不必要な改行はしない。
10. 掲載する画像はアルバムジャケットのみとする。

以上、最低限のルールしか決めず、毎日かなり思いつきで選びました。
とにかく毎日更新すると決めてしまったため、振り返ると自分で読むのも恥ずかしい記事も多数あります。酔っ払いながら書いたものや仕事で疲労困憊して書いたものなども多く、明らかに日本語表現がおかしいものもあります。(そういう記事は引っ込めてしまおうかとも思いましたが、キリがないのでこのままにしておきます。)

これだけのテクストを公の場に残しておきながら、こんなことを言うのも憚れますが、音楽について文章を書くという行為は本来極めて不毛なことであると思っています。実際にこういうものを書いてみようかなと思い始めてから、実際に行動に移すまでにかなり悩みました。
音楽の素晴らしさは理屈通りにはいかないもので、感性に任せた第一印象やその場のインスピレーションが全てとも言えますが、同時にそんなに簡単に一言で言い切れるものでもありません。どんな音楽をどんなふうに出会っても良いものは良い、という考え方は正論ではありますが、情報過多の現代においては、聊か独断的であるといえるでしょう。(こうしたBlogをはじめとするWebサイトにはそれこそ私見に満ちたものや誤情報もたくさんあります。)

また、そうした個人の感性とは別のところで個人が意図しない社会的な意識の埋め込みという行為が知らないうちに行われてしまうというのも商業音楽である以上、仕方のないことでもあります。
20世紀の音楽史を振り返っても、ブラックミュージックの発展は公民権運動の盛衰をなくして語れませんし、ロックという音楽が常にそうしたブラックミュージックの影響を受け続けながら発展してきたというのも事実です。
そして60年代ロック史においてはベトナム戦争への反対と厭世、カウンターカルチャーの一部としてロックが反戦に加担した一方で、第2次大戦時には米大統領のルーズベルトが戦場の兵士の戦意高揚の音楽としてデューク・エリントンやグレン・ミラーの音楽を利用し、ヒトラーがチャイコフスキーやブラームスの音楽をナチスドイツのナショナリズムを高揚させるために利用したという暗い過去も存在したように、使い方如何によっては音楽は必ずしも良い方向にだけ作用するものではありません。
こうした社会意識としての操作に利用されたりする危険の中、また混沌とした情報過多の現代においては、言うまでもなく自分なりの意見を持つことが重要であり、あくまで自分の耳で聴き感性を磨くことを忘れてはいけないと思っています。従って、ここに書いた音楽レビューの数々は私なりのそれぞれの音楽に対する愛と解釈であり、決して一般論でもありません。(性格的に所詮は商業音楽である以上"売れるものは正しい"と思っていますので、結果としてそれほど一般論とはズレていないようです。)

個人の音楽嗜好に対して唯一絶対的な影響力を持つものがあるとすれば、それはまさに音楽との出会い方に尽きると思います。
新しい音楽との出会いがさらに新しい音楽との出会いを生むという普遍の定義は、アーティストとアーティストの出会いが新しい音楽を生むということと同義であり、広義においてはビートルズによってポップ・ミュージックが発展したり、マイルス・デイビスの活動がジャズ史を牽引し続けたという歴史的事実とも同義だと言えるでしょう。

本Blogをこれで完全に終わりにしてしまうかどうかはまだわかりませんが、最後にこんなに無駄に長く偏見に満ちた音楽評を読んで下さった皆様にお礼を述べさせていただきます。これまでBookmarkに登録して毎日読んで下さった皆様、読者登録をしてくださった51人のAmebloユーザの皆様、コメントを残して下さった皆様(お返事返せず申し訳ありませんでした)、TrackBackして下さった皆様、Mixiからのリンクで訪問して下さった皆様、更新を応援してくれたご友人の皆様、誤字脱字を指摘して下さった皆様、本当に有り難う御座いました。

皆様にこれからも素敵な音楽との出会いがたくさんありますように。
そしてその出会いがこのBlogで書いた300枚の中にあれば、こんなに嬉しいことはありません。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も残りわずかとなりましたが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。

誠に勝手ながら、本連載(Blog)の更新を年度末で一旦終了とさせていただきたいと思います。
まだまだ書きたいアルバムは死ぬほどあるのですが、諸々の事情で今のペースで書き続けることが困難になりました。来年も不定期ながら更新自体は続けていきたいと思いますが、どのくらいのペースでUPできるかは未定です。

残りの後数日は書き残した名盤だけを書きたいと思います。(といっても、今までも名盤しか書いていませんが)

突然のお知らせで申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Filippa GiordanoFilippa Giordanoの3枚目のアルバム。既に200枚以上のアルバムについて書いてきたが、一応これが本Blogで取り上げる初のクラシック作品。(正式にクラシックと呼べるかはわかりませんが、クラシックコーナーにおいてあります。)
千年に一度の歌姫というキャッチコピーで、鮮烈なデビューを飾ったフィリッパ・ジョルダーノの最新作で、レコード会社をあのavexの新規クラシックレーベル"avex casa"に移籍しての第1弾アルバムである。彼女はデビュー時からオペラやクラシックの有名曲を5オクターブの美声で歌い上げ、自らの声をポップ・ソプラノと称した歌唱力であのエンニオ・モリコーネも絶賛したという実力派である。
フィリッパ・ジョルダーノはイタリアのシチリア島のパレルモ生まれ。システィーナ礼拝堂聖歌隊のバリトン歌手である父、メゾ・ソプラノ歌手で声楽教師の母、チェリストで指揮者の兄という絵に描いたような音楽一家の中で育つ。祖父も、シチリア島の"カントーレ"と呼ばれる吟遊詩人の最後の世代の一人でありイタリアの伝統音楽である正統なカンツォーネの流れを汲むアーティストである。1999年10月にヴァチカンのサン・ピエトロ広場で行われたミレニアム前夜祭で、前ローマ法王 ヨハネ・パウロ二世と15万人の前で熱唱したシューベルトの"アヴェ・マリア"が、世界中で話題となり、セレブリティを中心にその名声と人気はイタリア音楽、クラシック音楽というジャンルを超越し大衆的な人気をも獲得した。
今回のアルバムは、ローマとロサンゼルスで録音され、はじめて曲作りからアレンジ、プロデュースまで手がけ、クラシック以外のオリジナル曲も充実している。お馴染みのオペラの名曲からはシューベルト、プッチーニ、ロッシーニたちの曲をセレクトし、その他にも2006年のワールドカップの"Vincerai Per Me(凱旋行進曲)"などクラシックというカテゴリーに収まりきれない幅広い音楽性を披露している。そして後半部分のオリジナル曲も、前半のロマン派の巨匠たちの名曲に負けないくらい質の高い楽曲で、クラシックとオリジナルの境界線は良い意味で極めて曖昧である。クラシックなスタイルの中にイタリア音楽の伝統やポップな新しい感性を含む彼女の音楽と、そのキュートでコケティッシュな声は今のところ唯一無二のものである。
そういった彼女の音楽に潜むポピュラリティーに目をつけたのがavexである。ご存知、大量消費的なユーロビートを得意とする日本のユーロビートの草分け的なレーベルである。抱えているアーティストはお世辞にも優秀なアーティストばかりとは言えないが、最近のOZONEのヒット曲の発掘など、こういう新しいものへの着眼力は優れている。フィリッパ・ジョルダーノの曲はポップ・ソプラノと呼ばれているが、音楽形態的には完全に古典的な弦楽を中心としたもので、当然そこにはエレクトロビートなど存在しない。90年代に大きな盛り上がりをみせた日本のユーロビートの流行も下降し、新たなマーケットを獲得しようとするavexのビジネス戦略に利用されているとも言える。
avexというレーベルの中で、音楽的品質向上と商業主義的な成功の両方を手にするのか、それともavexの得意とする陳腐で軽薄なポップミュージックに堕落してしまうのか、これから自分のサウンドをどう展開させていくかの本当の実力の見せどころである。そして彼女のこれからの活動次第は、クラシックと大衆音楽という相反する価値観に一石を投じることにも成りえるだろう。純粋なオペラファンやクラシックファンには物足りない内容かもしれないが、クラシックに馴染みのない音楽ファンにも受け入れやすい内容で、カテゴライズされない音楽性や楽曲の素晴らしさなど総合的なクオリティは高い。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
NOTRE MUSIQUE諸般の事情により当Blogのタイトルを"Music of My Mind"から"NOTRE MUSIC"に変更させていただきました。

当初あくまで個人的なメモ程度に音楽に対する感想等を書く予定でしたが、予想外に盛り上がり調子にのって評論じみた記事も多くなってしまいました。
そこでもう少し汎用性のある名前という意味でこのタイトルに変更させて頂きます。
内容的にはなにも変わらないでしょう。たぶん。

タイトルはゴダールの新作からの引用というか、映画のタイトルそのままですが、英訳すると“Our Music”で"私たちの音楽"という意味深かつ単純なものです。

急な変更で大変申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Alfred Reed現代の吹奏楽の最高権威であり、“博士”と呼ばれたAlfred Reedが9月17日、臓器不全のため米国フロリダ州で死去したとのニュースが入ってきた。おそらく吹奏楽という音楽体系になにかしらの思い入れがない人以外は聴くことは少ないし、知名度も極めて局地的なものである感は否めない。
吹奏楽の作曲家の中では最も傑出した存在で、“The Hounds of Spring”“Armenian Dances”といった名曲の数々を生み出し、作曲だけではなく自ら指揮をとり吹奏楽という閉鎖的な音楽に希望を持たせ、シーンに絶大な影響を与え続けた。近年では指導者として贔屓目で見ていた日本をはじめ世界各国を旅しながら後進の育成に情熱を傾けていたとのことである。
このアルバムは彼の生涯の中でも最高傑作のひとつである“Armenian Dances”のバリエーションを中心としたアルバム。アルメニア地方の舞曲を題材にし、エキゾチックな戦慄と華麗で躍動感溢れるリズムを弦楽器を使わず管楽器とパーカッションだけで描き切った名作といえる。調べたところ吹奏楽のオリジナル曲の人気ランキングでは2位に大差をつけての1位に選ばれたらしい。
彼の作品は音楽的な水準が高いの言うまでもなく、構成や主題の整合性も見事である。凝ったアレンジで難易度の高い曲も多いが、どの曲も親しみやすく良い意味でキャッチーな曲ばかりである。彼の音楽に対する情熱や愛情は死しても波及し続ける。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
表参道のスキンの写真が変わってしまったため

暫定で“皇帝ペンギン”のスキンに変更しました。

今後ともよろしくお願いいたします。

7/12
黒背景は見にくいと不評のため
新しい沖縄のスキンに変更しました。
落ち着くまでしばらく流動的に変更するかもしれません。m(._.*)mペコッ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日メンテナンスをしたばかりのアメブロですが、現在パフォーマンス劣化とのことでまともに見ることも難しい状況です。
残念ながら本日のUPは控えます。

レスポンスが重いところをせっかく見にきてくれた方、申し訳ありません。

予定では明日には回復するようなので明日からまた再開させます。
よろしくお願いいたします。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
職場の同僚の優さんから“Musical Baton”なるものが回ってきました。

これは音楽に関する4つの質問に答え、それを友人5人にTrackBackして回していくというもの。
いわゆるチェーンメールのように広がっていくものらしい。

なので今日はイレギュラーですが、この4つの質問に答えます。
 
----------------------------------------------------------------------------------------
Q1.Total volume of music files on my computer:
 (今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)


  合計 約660GB

  [内訳] MP3 - 約250GB (そのうち40GはiPod同期用)
       動画 - 約420GB (主にライブ関係の動画)


----------------------------------------------------------------------------------------
Q2.Song playing right now:
 (今聞いている曲)


  Jamiroquaiの新譜から“Starchild”

----------------------------------------------------------------------------------------
Q3.The last CD I bought
 (最後に買ったCD)


  Seawind - Light The Light

  私の大先輩がBlogで書いてくれたバンドで、よく知らなかったので購入しました。
  
----------------------------------------------------------------------------------------   
Q4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me:
 (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)


1 Jealous Guy / John Lennon 

やはりビートルズ、特にジョンの歌には特別な思い入れがある。
一般的にはイマジンや平和運動なんかのイメージで、非常に強い英雄的なイメージがあるが、本当はすごく繊細で弱いひとで、それを正直に歌に託してきたひとである。
この曲はジョンのそうしたセンシティブな面がよく表れている曲で、ジョンの切ない歌声が胸につきささる。
ジョンは中学高校と多感な時代に精神的な支えとなった恩人である。
   
2 Stairway To Heaven / Led Zeppelin 

この曲と収録されたアルバム“Four Symbols”の渋谷陽一氏のライナーはその後の私のリスナー人生を決めるほどの影響力があった。
ロックがここまで確信的で肯定的で奥の深いものであることを思い知らされたと同時に、ロックの持つ無限の可能性を感じた曲である。
ドラマチックに盛り上がる曲で、最後の“To be a Rock , Not to Roll”というRock'n Rollという言葉をかけたフレーズには今もしびれっぱなしである。
ベタな動機ではありますが、私はこの曲のアルペジオが弾きたくてギターを始めました。
 
3 Ahh... The Name Is Bootsy, Baby / Bootsy Collins 

音楽の好みが変わっていく過程で、何度か転機になる曲が存在するが、これは当時ハードロック少年であった私をファンクやブラックミュージックの虜にさせた曲。
実際には誘われていったBootys New Rubber Bandのライブで聴いたのだが、とにかくぶっとんだ。
ほとんどメンバー紹介だけのための曲で、ライブではかならず最初にやるお決まりの曲。
バンドメンバーを順番に紹介していくのだが、Bootsy本人は一番最後でそれまではずっと後ろを向いている。
そして振り向いたときの満面の笑み、ド派手な衣装、歪みまくりでオートワウのかかったベース。すべてが衝撃的。
ドーム公演しか見たことがなかったロック少年は、六本木Jungle bassという狭い会場が熱気で揺れていることにもカルチャーショックを受けた。
なおこの日のライブは後日ライブ盤として正式リリースされたときには嬉しさ倍増だったな。
(Keepin Dah Funk Alive 4-1995というタイトルでリリースされている)
   
4 Fat Time / Miles Davis     
 
これは21歳当時興味がなかったJazzにハマる契機となった曲。
“The Man With The Horns”というマイルスの復帰後の1981年のアルバムに収録されている。
Jazzといえば4ビートだと思っていたし、Fusionはプレイヤー志向的でオタクな雰囲気が好きになれなかったが、ここでのMike Sternの破天荒なギターはとにかく今までのJazzに対する価値観をぶっ壊してくれた。(これをJazzと呼ぶかどうかは別の話だが)
クリーンなサウンドでクロマチックなフレーズを弾いたかと思ったら、突然思いっきり歪ませて今時ロック系のギタリストでもやらないほどのチョーキングの嵐。
マイルスはMike Sternにジミヘンのように弾けと言ったそうだが、こんな風に豪快に弾いて応えたマイクは凄い。マクラフリンやピートコージーなどこれまでのマイルスバンドのギタリストのプレイを総括した演奏になっている。
そしてこのひとは、プロにしては珍しいほどの練習好き。ツアー中でも自宅でもとにかくいつでも練習している。
練習といってもフィンガリングやスケール練習とか極めて地味で退屈な練習が中心とのこと。見習わないとね。。。
   
5 Deep French Kiss / Original Love 

社会人生活約8年のあいだで、唯一仕事でお会いしたMusicianがOriginal Loveの田島貴男氏である。
学生時代からOriginal Loveは大好きだったので、お会いしたときの感激は忘れられない。
この曲は初期Original Loveの中でも特に好きな曲で、2枚組のデビューアルバムに収録されている。音楽性はかなり変化したが、いまでもコンスタントにクオリティーの高い作品を出していて、どれも好きなのだが1曲選ぶとなると初期のこの曲になるかな。
今でこそ日本にもR&Bというジャンルが根付いたが、当時はこの手の音楽は渋谷系と呼ばれていて、いわゆる通好みの音楽として一般的なヒットチャートとは別なところで人気を集めていた。
Original Loveは当時その先駆者であり中心にいたバンドである。(いまは田島氏一人だが当時はバンドだった)
営業でお会いしたので、ファンだと最初に言ったときはただの営業トークにしか思えなかっただろうけど、いろんな話をしていくうちにわかってくれて、当時の新譜“ビッグクランチ”への思い入れを語ってくれた。
そのときにサインを入れてもらった“The Very Best Of Original Love”は私の宝である。

----------------------------------------------------------------------------------------

以上、最後の質問はすべて“よく聴く曲”ではなく“思い入れのある曲”になってしまった。
内容的にいつもよりかなりパーソナルなものだが、ご容赦いただきたい。

そしてこの“Musical Baton”を日頃お世話になっている方たちにも回します。

きっとこういう企画には賛同してくれそうな方ばかりだと思いますが、よかったら参加してみてください。
当然、強制ではないので無理のない範囲で結構です。

よろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
SavignacBlogの主旨とズレますが、今日は音楽ではなく絵(画集)のお話。

先日Blue Noteに行くついでに、表参道の某インテリアショップで購入したレイモン・サヴィニャックの画集です。
2002年のサヴィニャックの回顧展の際に出版された作品集らしく、初期のめずらしいものから代表的なものまでほぼコンプリートに近い数の作品が掲載されています。なにしろ500ページ以上もある本で、かなり見ごたえがあります。ところどころ解説も書かれていますが、フランス語なんで全くわかりません・・・
以前から洋書を扱う書店で立ち読みで眺めながらいつかは欲しいと思っていながらも価格の高さでなかなか買えずにいた本で、その店の店員と社長に絶版になったことを聞かされ購入しました。

値段は税込み約9000円。(書店によっては1万円以上の価格設定がされているとのこと)
もう一冊、現在大阪天保山で行われている展覧会の画集もあり、東京ではそこでしか手に入らないと言われどっちを買うか悩みに悩み、結局そっちの画集は相方が買いました。そちらは日本語の解説付きなのです。


サヴィニャックのほとんどの作品はフランスの商業用広告ポスターです。

カラフルでどこかとぼけていながら、風刺さえ感じさせる彼のポスターは古き良きパリの高度成長期を連想させます。
題材となった商品はチョコレート、文房具などの小さなものからエールフランス、映画など多岐にわたります。その中でも、ごく日常にありふれた小さなものを描いた作品に彼の真価が表れているような気がします。

BIC社のボールペンひとつとっても、彼のポスターを見ることによりなぜか魅力的なものに見えてくるのです。

おそらく彼はモデルとなる商品についてはどんなものにでも愛着をもってキャンパスに向かっていたのではないかと思います。

普段見慣れたなにげない光景の中にもアートがあり、常に一方的なモノの見方ではなくいろんな角度から見ることが重要ってことでしょうか。


以前、誰かが

「詩を書くときには男の気持ち、女の気持ちどちらか一方の視点で書くと平面的な世界しか描けないが、詞の世界に男女両方を登場させて、ずれた両者の観点から描くことによって詩の世界が立体的になり奥行きがでる」

というようなことを言っていたのを思い出しました。(ユーミンだったかな・・・)


一方的な見方、考え方をせず常にいろんな視点でいろんな人の立場になって物事を考える・・・
新しいアートや音楽を生み出すために限らず、すべてにおいて大事なことですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。