NEW !
テーマ:

こんにちは!


働く女性の幸せな人生をサポートする
トモコミュ 福地 朋子です。



転職、退職、結婚、離婚、出産、再婚、産後復帰・・・


色々な経験を積んできたこともあり、
周りの女性から様々な質問を受けます。

「産後/小学校入学後に仕事を続けられるか?」
は鉄板の質問です。

これは環境によるところが大きく影響します。
どれくらい仕事を続けたいか?の意思の強さにもよります。

なので、お一人おひとりの環境や意思をお尋ねし方向性を導きます。


逆に、一度専業主婦になった方は
「専業主婦と共働き、どちらが大変ですか?」と聞かれます。

お子さんが少し大きくなって

社会復帰を考えていらっしゃる方々です。

 


初めての社会復帰は、
先の不安があり一歩を踏み出しにくいと感じるのかもしれません。


私のこれまでの経験は
独身時代に実家通いで働いた6年。
シングルで働きながら子育てをした6年。

専業主婦を経験したのは、通算6年くらい。
社会復帰、共働き現在6年目です。



ふり返ってみて、


「共働きより専業主婦の方がラクですか?」と質問されると


私の答えは「NO」です。

 


産後間もない赤ちゃんと、低学年の子どもと向き合いながら、
家事を仕事として取り組む毎日。
休む時間をもつことができなかったという印象です。

家事は、永遠に終わりのない仕事ですから、
家にいる以上、いつも仕事中なのです(笑)

もちろん共働きの今より、家の中は整っていましたし
食事にも手をかけていました。

時間や家事の精度をうまく調整できる人にとっては、
休む時間もあると思いますが、私は休めないタイプだったと思います。。

プロ専業主婦である以上(笑)という自負があったのか
夫に手伝ってもらうことも気が進みませんでした。


専業主婦は「私がしなきゃ」と、ひとりで抱えてしまう、
又は夫が非協力的な傾向になりがちです。

そして、お給料も発生しませんから、
承認欲求を満たされにくい職業と言えるでしょう。





では「専業主婦より、共働きの方がラクですか?」と質問されると


これも私の答えは「NO」です。



子どもの送迎や、PTAの役員、出張もあれば多くの調整が必要となります。
極力家族で何とかしようとしますが、時には周りに協力をお願いすることも必要です。

そしていつも時間とのにらめっこです。

仕事が終わってダッシュで家に帰っても、家事という仕事が待っています。

家族がくつろいでいる傍らで、炊事・洗濯をしていると
「私ばっかり、仕事も家事もしなきゃいけない・・・」と感じる女性は多いものです。

でも、働いていると対価を得ることができ、
一人の人として、承認欲求が満たされる場面があるでしょう。
 

 

 



じゃあ、何がいったいベストなのでしょうか?





色々な立場を経験してわかったことは1つ。


 


自分が「やらされている」と思えば大変だと感じ、

自分が「やりたい」と思えば大変には感じない。

ということです。




今、私は自ら「共働き」を選んでいます。

志をもって、社会貢献できる仕事をしたいという明確な動機があるからです。
そのために必要な調整や時間の効率化は能動的に取り組みます。

もちろんお声かけ頂いても、家族の都合上、断らざるを得ない仕事もあります。
また、家族も私の都合に合わせ調整してくれていることもあります。

正直「自分ひとりだったら好きに働けるのに・・・」そんな気持ちになることもありました。

望む望まないは別として、今の状況を選んだのは自分自身ですから
「タラレバ・・・」と考えた時点で、自分の人生に責任を持てていないと気づいてからは
「タラレバ」を考えることは辞めにしました。

ここでは、私の例をだしましたが
日常的にもよく見られることだと思います。
 


例えば
会社で雑用を「やらされている」と感じている人は、不満も多く時間がかかる。

一方で、雑用を自ら「きっちりやろう」と自分の意思で動いている人に不満はなく、
効率よく気持ちよく取り組んでおられます。



「やらされている」行動の人は、受動的で効率が悪い。

「やりたい」行動の人は、能動的で効率がいい。


「やりたい」行動の人は、
地図上で自分でゴールを決め、旗を立てそれに向かって動いている人。
何のために、そこへ向かっているのかも自分で認識している人です。

「やらされている」行動の人は、
自分のゴールがどこなのか?決めずに動いている人。
ゴールが決まっていないから、目印もなく、進む方向も曖昧で
何のために動いているのかわかっていない人です。


ゴールへ向かうために

専業主婦をしたいのか?

共働きをしたいのか?


これが一番重要であり

”大変ではない”ことを選択することは、
質問した方が幸せになる選択ではないと感じています。

 

 



あなたはどう感じましたか?


よろしければ、ご意見聞かせてくださいね。
→  info@tomocommu.info






IMG_20170726_094822072.jpg
本日の学童弁当は鶏の唐揚げと明石のタコを入れてみました。

 







本日も最後までご覧いただき ありがとうございますふく

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

こんにちは!

働く女性の幸せな人生をサポートする
トモコミュ 福地 朋子です。


暑い毎日が続いておりますね。
暑中お見舞い申し上げます。

みなさまご自愛くださいね。


えー、この時期になりますと
ビールが美味しくて、
ついつい 「プハーsei」 と言ってしまいそうな
オッチャン朋子が出没の毎日です。


本日まだビールは飲んでいませんが、
オッチャン朋子バージョンでお届けします。

このキャラご存知ない方へ💦
お目にかかった事のある方はご存知だと思いますが
わたくし、たま~に中にいるオッチャンが出てくるのですよ。



ご興味のある方は、
美人をご覧いただきお涼み頂ければと思います(笑)

 



さて先週末は美人三昧で、
ついつい鼻の下がゆるみっぱなしで
結構な頻度オッチャンモードだったと思います。




そこで美人三昧をふり返ります。





まず、美人クライエントのYさまと個別面談。
この日は、はやめのランチもご一緒しました。

わたくしは自称 晴れ女とよくこちらにも書いていますが、
もう一つ自称するのが、美味しい飲食店運がいい女です
※あくまで自称です。


もっとも周りにグルメさんが多いおかげなのですが、
クライエントもご一緒する先々喜んで下さいます。
ありがとうございます。


こちらは、オシャレなお蕎麦屋さん(個室)です。

お蕎麦屋さんなので、お蕎麦が美味しいのですが、ランチタイムは親子丼がイチ押しメニュー!
IMG_20170725_132927862.jpg
クライエントが召し上がった地鶏の特上親子丼、玉子の色が輝いていました✨

今までにない、鶏肉・玉子たっぷりの親子丼に
彼女曰く、親子丼の概念が変わったそうです!

さすがおススメの逸品、期待を上回るお品。


私は、涼しく夏の逸品をセレクト。
IMG_20170725_132928071.jpg
醸し鳥とすだちの冷たい塩蕎麦です。

普段は温かいお蕎麦が大好きですが、この日は暑くて暑くて・・・
めずらしく冷たいお蕎麦を頂きたい気分になりました。


氷出汁がのっていてフォトジェニックなお蕎麦。
特製の柚子胡椒が最高の相性です。
 


ごちそうさまの後は場所を変えて面談をしました。

Yさま、個別面談2回目にして、
スイッチが入り、行動を起こされる様子。

能動的に幸せな人生を選ぶ女性として
未来に向かってシフトチェンジ中です。

 

個別面談は、デートみたいな時間です。

もちろん
目的をもってお話を聞き解決へとお導きいたしますが
まずは、クライエントにリラックスして喜んで頂ける時間を提供したいと思い
事前準備をしております。


人生の未来を変えたいと思われるのであれば、
私と同じ時間を共有することが一番の近道です。

ご興味のある方はこちらからどうぞ↓
https://pro.form-mailer.jp/fms/8bcb902f117107

 

 

 

さて、この次は・・・
ウェディングにご招待いただき
ザ・リッツカールトン大阪にて
紳士淑女とお時間を共にしました。


IMG_20170725_132927815.jpg

 



稀に見る美男美女の新郎新婦。
そして明るいお人柄の有名シェフ。

IMG_20170725_132927797.jpg

イタリアンで陽気なパーティ♪
音楽と幸せの溢れる素晴らしい時間
新郎新婦とスタッフのみなさんから
ホスピタリティを学ぶ時間でもありました。


美しい、楽しい、美味しい、幸せ♪

幸せは分かち合うと、より幸せになれる。

とっても幸せな時間、ありがとうございます。

Facebookでお写真動画ご覧いただけます
https://www.facebook.com/natsuko1206/posts/849937438486991?pnref=story

 






さて、まだまだ続く美人との時間。


最後にご紹介するのは、美人デザイナーNさん。

のみながら、打合せ。


もちろん打合せすることがあるので

お目にかかるのですが、話は脱線するのが前提です(笑)

IMG_20170725_132829780.jpg

別れ際は、まるで恋人同士か!というくらい
名残惜しくハグハグ💓

新しい名刺を依頼しました。



なんでこんなにも美人率が高いのか!

とても幸せなオッチャン朋子の週末でした。






あらためまして、暑中お見舞い申し上げます  ふく


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■中学生のお子さんがいるお母さんはまずこちらをご覧ください
 http://ameblo.jp/fukufukuspice/entry-12293964971.html
 読み終えたら戻ってきてね!



こんにちは!

 



「幸せになりたい」と言いながら、

目の前にある「幸せ」を選ばない女性が結構多いのではないか?

そんな風に感じているトモコミュ 福地 朋子です。



目の前の幸せを選ばないなんて

 「幸せを拒む脳をもつ女」と名付けよう。



実はこの「幸せを拒む脳をもつ女」は

私のクライエントにも数名いらっしゃいますが

ホント多い!!


どれくらい多いかというと、10人に7人以上の確率で出会うくらい多いんです!




目の前にある選択肢の中から、「選ばないこと」を選択してきた女性です。




みなさん「あーなればいいな」「こうしたいな」という願望はあるのですが


いざ目の前に「選択できる場面」がきても選択しない女性たちです。






ご本人からすると「選べない」のかもしれませんが、


「選べない」と潜在的に思っているから「選ばない」のです。

※決してそれが悪いわけではありません(念のため)





例えば、仕事で・・・

・今いる部署の仕事になじめない。

・自分の能力がいかせない。

・苦痛さえ感じる。





こんな毎日を送っている場合、

中小企業であれば、その部署で頑張るか退職するかの2択ですが


大企業であればもう一つの選択肢があります。




大企業であれば「異動届」を出すことができる会社も多いのです。




「異動届」を出すタイミングは年に何度かあります。


査定の時期、面談の時期など、いくつかのタイミングで申し出ることは可能です。






あなたなら「異動届」出しますか?




意外と、異動を選ばない女性がいます。




そこで理由を聞くと、こう答えが返ってきます。


・「今の仕事が落ち着いてからにしよう」 → いつ落ち着くの?「さぁ・・・」


・「次の部署の上司がどんな人かわからないから、もう少し様子をみよう」 




などなど、

もっともらしい理由をつけて、異動届を出さない選択を自分でしています。







でも、やはり毎日なじめないし、自分の能力をいかせないし、苦痛・・・・・




とにかく無難に毎日を過ごすことだけを考え、

いかに会社に貢献するかなんて考えられない。




職場へ行くのが苦痛で仕方ない。
 

 

 



そんな状態だから、

できればラクしたいというスタンスで仕事に取り組む。



そして、ちょっとしんどいことがあると休む。


できればラクしたいから、仕事を渡されると愚痴を言う。




そして、ついつい社外で職場の悪口を言ってしまう。

社章をつけたまま、新幹線や居酒屋で話している人々よく見かけます。
(いいのかな・・・と聞いていてこちらが不安になる)





だったら、異動すればいいのに・・・と思いますよね?







でも異動を選ばない。




どうしてか?






ここで「幸せを拒む脳」が働いているのです。






「幸せを拒む脳」 = 「変化を拒む脳」 です。







脳は、今のまま変化しないことを一番ラクだと認識します。





新たな環境へ一歩踏み出すには、大きななエネルギーがいるし


色々考えて動かなきゃいけないです。




そのエネルギーを出し惜しむのです。





その先にある「幸せ」が不確実であればあるほど、

変化を選ぶことに「勇気」が必要となります。




そして自分で選んだ結果には自分で「責任」を負うことになります。





働く女性が一歩を踏み出せずにいるときは、



「勇気」 と 「責任」


この2つが潜在的に持てず、つまずいているケースが非常に多いです。






ここでは、仕事について例をあげましたが



これは結婚についても同じことが言えます。



引っ越したくても引越できない場合もそうかもしれません。






「選択しない」ということは


流れや周りの人に「選択をゆだねている」ことにもなります。

※決してそれが悪いわけではありません。念のため。





日本人(女性は特に)は「自分の意見をもたない人が多い」と耳にしますが

意見をもたないと同じくらい「自分で選択できる自由がある場面でも選択しない人が多い」と感じます。




お食事に誘われて「何食べたい?」と聞かれて選べないのはまだしも







自分の人生において「選択しない」選択をしている女性があまりにも多いのではないか?と感じます。






「勇気」 「責任」 


そこには 必ず


「覚悟」 「決断」がセットでついてくるのです。






このセットを避けている人に多いのは、



・失敗をしたくない(失敗はダメなこと)

・人の目が気になる(人より勝っていたい)


自分が求める人生よりも、

目の前の失敗や人の目が気になるケースが多いです。


肩書や年収や目に見えるものに固執している人も多いように思います。







人生の致命傷にならない限り、失敗は成功の素です。




失敗しない方法をしっておくことは大事ですが、

確実に失敗しないことを求めるのは少し違います。



100%失敗しないのは、何もせずにじっとしていることです。




それでも、失敗をしたことない人などいないでしょう。

 

 



大成した方ほど、たくさんの失敗をしたと語っておられます。




命をとられない限り、失敗は次に生かせばいいのです。





もしかして・・・

 

失敗を恐れて、チャンスを逃していませんか?
 

 

 





「幸せを拒む脳」についてあなたはどう感じますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もご覧いただきありがとうございますふく












本日も最後までご覧いただき ありがとうございます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!



働く女性の幸せな人生をサポートする
トモコミュ 福地 朋子です。



家族とぶつかってばかりいると

 

幸せとは程遠い気持ちになります。

 

なぜなら「負」のエネルギー全開になるから。

 


最近自らに「負」のエネルギーを感じる方はこの先をお読みくださいね。

 

 


モヤモヤ「負」のエネルギーを溜めていくと・・・



お母さんは、ある日突然、大噴火噴火を起こします。






大噴火したら止まらなくなっちゃって、

子どもの売り言葉に買い言葉、

いらないことまで言ってしまって





言いすぎて後で後悔する・・・






こんなお母さん、たくさんいます。


私もかつてはそうでした。




この大噴火噴火は、自分にとっても子どもにとっても

デメリットが大きいものです。




思春期の売り言葉は、また親を刺激するものばかり。



でも、親も同じくらい子どもに対して挑発的に

売り言葉を発してしまっている可能性は高いです。




「親として」


この正義感と権威は、中2息子に通じません。

小学生までと同じ対応では炎上します。



 

 

まず、

思春期の息子には、真正面から戦わないことです。


 


親が対応を工夫するしかありません。





気持ちはまっすぐ子どもに向けても、

”親の想い”をまっすぐぶつけないことが重要です。





一人の 「人として」

接することが大切です。




もちろん、お母さんだって一人の人。


親としてどうすればいいのか・・・

一人の「人として」しんどい時も、辛いこともありますよね。



中2息子とぶつかって、ちょっとお疲れ気味のお母さん

一緒にランチしながら、お話しませんか?

https://pro.form-mailer.jp/fms/6cb2f402126602



話してスッキリして、一緒に夏休みを乗り越えましょう!




私自身の失敗から学んだ たくさんのヒントもお伝えできます。


とにかく、一人で抱えないでくださいね。






本日も最後までご覧いただきありがとうございますふく

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!


働く女性の幸せな人生をサポートする
トモコミュ 福地 朋子です。


いよいよ子どもたちは夏休み!

最近、中学生の息子クンがいるお母さんからの相談がたえません。


そう、この夏休み前の時期、成長が著しくなるのか

男子は様子が急変しやすいのです。

ついこの前まで可愛かった男の子が、声変わりをして男性に近づく時期。


母親のことが、特にうっとおしく感じる頃です。

 

わが家の長男も、そうでした。

 


家のルール、学校のルールを守らなくなったり

息子の言動が目に余ることばかりで、

母も、中学生息子にやるせない思いを抱く時期。



「これは、成長過程において正常な反応ですので、安心なんですよ。」



と、言われても納得できないことばかりで、気持ちのやり場がないのが中二息子の母です。



小学生の頃までは、子どものことや学校のことを話せるママ友もいたけれど

中学生になると、それも少なくなってくる。



特に男子の場合は、そんなにぺらぺらしゃべらなくなるので

何を考えているのかさえわからないというお母さんは多いのです。

こんなことありませんか?

 

☑ 別にウザイ!ほっといて!!の連呼

(思わず言い返してしまう)

 

☑ お弁当箱・水筒を出さない

(夏はキツイ)

 

☑ ゲームばかりして勉強しない

(受験できるのか)


☑ 常にダラダラしている・スマホばかり触っている

(でもとりあげられない)


☑ 部屋に洗濯物をためこんでいる

(誰が洗うのよ!!)


☑ 朝きてこない、起こしても起きない

(このまま起きられない子になったらどうしよう)

 

☑ 塾や部活を無断で遅刻したり休むようになった

(こんなことする子じゃなかったのに)


☑ 部屋に足の踏み場がない

(掃除もできない、汚くてぞーっとする)

 

 

うちではありませんが・・・

だいたいこんな感じ? 


 


 

このまま夏休みを迎えたら、どうなることやら・・・

(お母さん不安)



そこで、緊急開催決定!

中二息子にため息がとまらないお母さんへ
夏休み思春期対策座談会

同じ地域のお母さんには話しにくいことも
知らない人同士なら話せることってありますよね。

中学生の息子さんの対応に困りはじめた

先に不安があるお母さんは

ぜひ、お母さんの不安を解消しにきてください。


中学生は、大人に反発する生き物です。

なので、大人が”余裕”をもっておく必要があります。

今、心に余裕をなくしている方、ぜひ時間を捻出してご参加ください。


この夏休みが、一番の山場ですからね。


 

 

 

中学生の息子さんをもつ「お母さんのお役に立ちたい」と思いお手紙を書きました↓




お申込みはこちらからどうぞ
https://pro.form-mailer.jp/fms/6cb2f402126602


緊急開催のため、日程が迫っております。
ご覧になりましたらスグお申込みされることをおススメします。

 



中学生は急成長、日々大人の階段を昇っています。

お母さんもそれに合わせ、すばやい決断と行動を迫られるようになります。

夏休み中、開催は今回限りの予定です。


 

 

どうぞこの機会をお見逃しなく!




本日もご覧くださり ありがとうございますふく

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。