ふくやまくんの行き・当り・バッタリOTL Diary

ただの独り言に加え、海、ボート、釣りに関することなど、行き当たりバッタリな日々の思い付きを綴っていますb


テーマ:

さて、今夜から禁酒も解除した事ですし、この最終章をもってお開きです☆

 

新潟に着岸した【セレ・ミレ】。警備員さんが、誰が乗客か、誰が見学者か分からず混乱してました(苦笑

まずは、この9日8泊のクルーズの旅程をだだーっとお伝えします☆

 

横浜を出て、終日クルージング日を挟んで長崎☆

グラバー亭からの【セレ・ミレ】

チャンポン☆ 人生でBest3の味!☆

長崎の夜景☆

軍艦島。

軍艦島☆

私にとってアジア大陸初上陸☆ 釜山!☆

 

からのぉ・・・新潟のチューリップ畑☆

(【セレ・ミレ】初寄港のために収穫を遅らせたそうです…なんとも恐縮です。

からのぉ…青森・弘前公園☆

水面に散る桜と空に咲き誇る桜…日本で随一の情景です☆

で、宮城県 日本三景 『松島』☆

ま、私は毎年1~2度は行く土地ですから、そんなもんですが、連れは初上陸で、大変喜んでおりました☆

んで、横浜にて帰港。

…連れの名残惜しそうなぐったりした雰囲気ときたら…(苦笑

これにて、クルーズレポートは終了。

 

ですが、ここからは私の独り言w

 

【セレブリティ・ミレニアム】の、ミレニアムというのは、【千年紀】という、記念すべき年。

そんなネーミングの船に、人生50歳、仕事人生30周年、結婚20周年、マイホーム建立10周年…やや、こじつけも多いがw、ここまで区切りの良い数字を並べられる年にこんなバカンスを過ごせた私は、本当に恵まれた人生だったと思います。

 

クルージング中に渡した、連れへの指輪…幸せなのは、彼女ではなく、そんな、贅沢な時間と安らぎを得られた、私、です。

 

如何にもパンフに出てきそうな写真…いえ、私のスマフォの写メですw

手の餌を狙って襲ってくるカモメ(爆

夕陽を見ながらセンチに浸る一瞬・・・・・・

贅沢なのは、【時間】。

優雅ってのは、【金額じゃない】。

【ゆとり】ってーのは、待つものじゃなく、自分で作るものなんだ。

 

そんなこんなで、4日間連続ブログも、これにて終了です☆

 

では、ここまで読み進めて下さいました皆様、ありがとうございました☆

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、禁酒解禁まで、残り20時間☆

3連続でブログを書けていますが、今回は画像盛り沢山で言葉少なく、写真で見せるブログにしたいと思いますので、だだだ~っ!と、スクロールして見て下さいね☆

 

まず前置きなんですが、前々回に乗った【ボイジャー・オブ・ザ・シーズ】は、リーズナブルなクルーズ船ながら、無料の食事は、ディナーやモーニング、ランチに至るまで、アメリカらしく大味で、とても食べられたものじゃありませんでした。

↓そのボイジャーの時のディナー。お肉、パサパサで固ったーいの!ww

それは、ロイヤルカリビアン社という船会社が、兎に角大きな船で、兎に角沢山客を乗せて、安いクルーズ旅行を提供するというコンセプトに基づいているからであり、実際の客層がファミリー…子連れが多い事を考えても、ある程度仕方がない事だと思います。

【博多港】に入港した時、下船して撮影したボイジャー。大きすぎて旅客港に入れず、貨物岸壁へ着岸しました。

 

さて、【セレ・ミレ】は、アメリカ船籍と言えどもプレミアムクラスのクルーズ船(プレミアムクラスは、カジュアルクラスの1つ上のグレード。因みにディズニークルーズは、カジュアルクラス。クイーンエリザベスや、クイーンメリー2は、プレミアムクラスの1つ上)。

子供連れなんて殆ど居ない、オトナのクルーズ船。

 

ミシュラン 三ツ星シェフが監修する無料ディナーは如何なものか。

 

因みにこんなオープンなカフェで航跡を見ながらランチも出来ます。

正に豊かな、非・日常ですね☆

 

では、ここからほとんど文字無しでディナープレートをだだだーっと☆

こんなのとか。こんなの。

あんなとか。

これとか。

デザートはこんな感じ☆

結論から言えば、無料ディナーは、特に有料レストランに行く必要の無い、充分満足いくものでした☆

勿論、ワンプレートではなく、毎夜、しっかりしたコース料理ですよb

 

因みに、スイートルームではなく、私達の様なスタンダードクラスの乗客はテーブルが固定されており、毎日同じ乗船者と夕食を共にします。

最初はよそよそしかったテーブルも、クルーズ後半ともなると、笑いの絶えないグループとなりました。

テーブルとその周辺を見てもらえば、まったくもって一般的な、ブルジョアーな人などいない、アットホームな雰囲気を感じ取ってもらえると思います。

そう、決して贅沢な旅行ではないのですよ。

 

因みにクルーズ船内には、イタリア料理や寿司バーなど、有料レストランも幾つか備えており、無料ディナーとは少し指向を変えたい場合、そちらに出向く事もできます(どんなクルーズ船もほぼ同様です)。

 

無料ディナーが美味しいと、有料ディナーを選択する人が少ないのか、有料レストランのオーナーは、船内あちこちにスタッフを派遣し、ディスカウントを呼びかけながら【客引】をしてます(笑

 

画像2枚は、イタリアレストランと、寿司バーのプレゼンの画像。

なに、有料と言っても、コースで¥5,000程度のリーズナブルなものですb(私は大丈夫ですが、連れには食べきれない量が食べ放題ですw)

 

私たちは1日だけ、創作的な盛り付けで話題のあったオリジナルレストラン【クイジーヌ】を、30%ディスカウントで楽しんできました☆

ま、確かに創作的(笑 いや、美味かったですよ、マジで☆

↓大理石の引き出しを12区画に区切って12種類の料理。オモロいw

こんな感じで楽しめましたw

因みに、この写真の斜め前には、あのクルーズ評論家【上田寿美子】女史がワインを飲みながら談笑してましたww

 

さて、ここから先は船内施設をランダムに、やはり言葉少なめに、だんだんだん!と紹介していきます☆

 

船内最大施設の3層ぶち抜きのライブシアター☆

毎日ミュージカルやらマジックやらのエンタメが開催されており、飽きません☆

ジャグジー。気持ちいいっす♪

屋内塩温水プール。これも気持ちいいっす。

実はこの時、スーパーモデル並みのスタイル(いや、少なくとも間違いなくモデルと分かる)のビキニの女性が傍にいて、ちょードキドキした!☆(≧∇≦)

屋外デッキ11のオープンプール。左下の女性…ほんとオープン(爆

デッキ11。デッキに赤く見えるラインは、いわゆるジョギングコースライン。

深夜に撮ったので人が居ませんが、いわゆるショッピングモール。

結構ね、魅力的な商品が一杯ですし、毎日どこかのショップがディスカウントセールしています。

いわずもがな、カジノ☆

日本沿岸を離れると、ギャンブル解除となり、オープンしますb

ピアノコンサートなどが行われるユーティリティラウンジ。

この時は、絵画のオークションが行われており、周りに画が見えますね☆

クルーズ中、船内厨房ツアーに入り込む事が出来ました☆

いやー、巨大でしたね、厨房☆

デッキ11の大型ビジョン。寝転んで鑑賞を楽しめます。

こんな感じでww

メインレストラン…私たちがいつもディナーを食べていたところです。

ディスコダンスや、ミニライブ、催し事にも使われるラウンジ。

この時は【東北利き酒セミナー】やってまして、めっさ酔いましたww

ブレックファスト&ランチバイキングブース☆

メニューは超豊富ですが、フレッシュかどうかは、タイミング次第w

床が抜けてて下から海が見えます。連れがビビってたwww

なお、下は煙草を吸っている私ですが、クルーズ船は客室内は禁煙の上、この11階もある巨大クルーズ船の4階と10階、11階に僅か1か所づつあるのみで、1本吸うにも往生する人も居ると思います

(私の部屋は9階でしたので、10階喫煙場まで近くて問題ありませんでしたが)。

これは何かあった時の火災被害が分散しない措置でもあるのでしょうねb

 

では、次回は、言い残した事とか、少しは寄港地上陸レポも軽く交えてエンディングにしたいと思います☆

--------------------------- to be continue

 

【船内情景あれこれ…ではなく、私のファッションww】

朝、軽くウォーキングする時の姿w

運動性より、ややファッション性重視のトレーニングウェア。

日頃はウォーキングなんぞしないのに、クルーズ船上では、何故か軽く運動してしまいますw

あ、写真はありませんが、船内施設にはトレーニングジムも当然備わっています。

スィムウェア。プールを出ると凍える場合もあるので、上も必要です。

イエローとブラックの見事な配色(爆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、クルーズレポート第2弾です。

 

今回は念願の、横浜大さん橋からの出港です。

隣に『飛鳥Ⅱ』も同時入港してますね。

大さん橋のくじらの背中から見た【セレ・ミレ】。

 

クルーズ旅行では、まず事前申し込みで、随分前から客室など決まっているのですが、乗船直前にも幾つかの手続きをして、乗船します。

事前にクレジットカード登録をネットで行っていれば、大体受付が開始されれば、5分程度で済みます。

国外に出るので、パスポート登録とIDカードの発行です。

このIDカード、【ドアキー 兼 船内ショッピングカード 兼 身分証明書】を兼ねております。国内であろうとも、寄港地でこれを無くしてしまうと乗船出来ません。

逆にこれさえあれば、船内では、カジノ以外は現金不要。

そして、クレジットカードを登録していますので、下船時に清算処理等必要ない訳です(カード登録せずとも、現金精算も可能ですが、下船で限りなく時間が掛かりますので、お勧めしません)。

ドアキーを兼ねているのに、よく見ると部屋Noが書かれてませんよね。

セキュリティ上、部屋Noは書かれておりません。

ですから、VOL.1に書いたように、部屋のドアの目印は重要なんですね☆

 

遂に出港。飛鳥Ⅱも同時出港しているのが、見えますね☆

そして大型客船が大さん橋から出港しての早速の醍醐味が【ベイブリッジぎりぎり潜り】(笑

ギリっギリの煙突w 歓声が上がります。

飛鳥Ⅱも遅れてベイブリッジを潜りますが…余裕ですねww

出港後に早速行われるのが、国際法で義務付けられている【避難訓練】です。

んで、それが終わればみな、あちこち施設探索。

そして夕食が終わればウェルカムパーティーやミュージカルなど初日早々からイベント盛り沢山で、とてもすべて消化しきれないイベントメニュー☆

【セレ・ミレ】は外国船籍ですから、船内はほぼ日本語が通じません。

日本人(正確には日本語が通じる)添乗員が居ない訳ではありませんが、1日に一度すれ違えるかどうか、くらいの確率です(笑

だから、英語のトレーニングをするのにも、外国人と積極的にコミュニケーションをとるのにも、良い機会となります。

 

なお、その日1日のイベントメニューは毎朝、ちゃんと日本語新聞が用意されているので大丈夫ですよb

(日本発着であれば、外国クルーズ船でも必ずあります)

【夜のイベント】…見て下さい。

3時間で15ものイベントが数えられます。

こんな量のイベントが早朝から深夜までずーーーーっと催されているワケですから…部屋に戻る暇がないの、分かりますよね?ww

そうそう、IDカードを持ってれば、現金不要、と言いましたが、この【セレ・ミレ】は、アメリカ船会社のフネ。

『外国クルーズ船って、チップって渡すの?どうするの?』

という疑問をお持ちの方。

「大丈夫です。履いてますよ!☆」…じゃなKてw、

「大丈夫です。クルーズ代金に含まれていますよ!☆」ww

 

今回の場合は、クルーズ代金¥190,000/人の内、¥11,000がチップ代金としてインクルードされていますから、何かスタッフから親切にサービスを受ける度にビクビクする必要はありませんb

これは、全世界のクルーズで恐らく共通です。

さもなきゃIDカード決済の意味がありませんb

 

では、次回は船内施設や、どんなディナーや食事ができるのかを紹介しましょう。

 

【船内情景あれこれ】

初日の夜、後方を走っていたはずの【飛鳥Ⅱ】に追い抜かれているのを、みんな写真を撮っているの図。

【セレ・ミレ】クラスであれば、リピーターはかなり多く、船の灯だけで飛鳥Ⅱである事は皆が知るところですw

夕陽の中の連れ(笑

船旅には絵になる情景が多くあります。

ただ、私の最も好きな情景はコレ! 『航跡』。

一日見てても本当に飽きませんw

クルーズ船には、【ドレスコード】なるものが指定される事があります。

『何日と何日は、正装してくださいよー☆』

というものですが、【セレ・ミレ】では、プレミアムクラスという、クルーズ船では、最上級に値する船でありながら、【イブニングシック】という、男性はジャケットにジーンズ、女性はワンピース程度の服以上は、用意しなくてもよい、という制度が取り入れられました。

時代とともに堅苦しさも和らいでいるのでしょう。

 

ですが、それでも、女性はここぞとばかり、イブニングシックタイムには、豪華に着飾り、肩出し、胸の谷間出しバリバリだったりします:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ですか、非日常であるからこその許されるおしゃれ、なんですね☆

船内には、色んな画や美術品などが装飾されていますが、これもその一つ・・・

『オットは荷物持ち、ツマは、カメラパシャパシャ観光堪能』

…アメリカ船会社のフネですが…それは万国共通の様ですbwww

では、VOL.3をお楽しみに☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。