福井の中心?からコトバを投げかけるブログ

医者になるんだと思った高校生から
医学を学ぶ医学生にむけた情報発信ページ

      

         熊本地震で被災されたすべての方が、一刻も早く日常に戻れますように



テーマ:
7月21日から、福井民医連の「2016年 夏の高校生1日医療体験」が始まります!

医師、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護士、
歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士 の体験ができる医療体験です。
※体験希望締め切りは終わっております。ご了承ください。

春、夏、冬と年に3回開催していますが、夏の応募者が一番多いですね。
そして昨日!高校生1日医療体験の名簿打ち込み完了しました!
今年の夏は過去最高!?の合計458名の応募がありましたよー!
内看護体験希望がこの写真の量。

{E854E778-F524-4D3C-99EE-28C37BA7E2BB}

総申し込みの約半数以上を占める人気っぷりです。つまり、この2倍くらいの体験希望申し込み書が届いたということ…
医師体験希望も30名近く。ありがたいですね!

ただ、毎年大変心苦しいのが、この全員を受け入れるのは難しいということです。
医療従事者への道への第一歩と考えてくれている高校生や、
興味を持ってくれて医療の世界を覗いてみようと思ってくれている高校生。
みなさんのご希望に添いたい気持ちは山々も山々なんですが、
あまり大きくない私たちの病院では受け入れ可能人数があるので、お断りせざるをえないことが多いです。申し訳ありません。
特に看護体験では、今年の夏は気合を入れて!受け入れ数を93名枠設けましたが、申し込み数は250名です。oh…
どうかめげずに、春休みや冬休みに再チャレンジして欲しいと思います。

今年の医師体験では、オペ見学コースが復活しました!応募された方は乞うご期待です(*^o^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

そば派?うどん派? ブログネタ:そば派?うどん派? 参加中

私はそば派派!


2016年6月24日(金)に、お休みを使って平和行進に参加してきました。


平和行進ってなに…?
毎年、北は北海道、南は沖縄から広島、長崎へ、核兵器廃絶と平和への願いを運んで
すべての都道府県を結ぶ日本最大規模の平和運動です。

平和行進

あいにくの雨でしたが、石川県からの“平和への願い”のバトンを引き継ぐことができました。


お昼ご飯は、近所のおそば屋さんへ

福井はお蕎麦が自慢です。越前おろしそば、ご存知ないでしょうか?
特徴は、大根おろしが入っていることです。

ただ大根おろしを入れる、と言ってもお店や地域によって食べ方が変わってくるのです。
私は、
○ダシに浸かったそばに大根おろしが盛られ、かつおぶしをトッピング
が普通だと思っていたのですが、
そのほかにも

○ダシに大根おろしが混ざっている
○ダシに大根おろしの汁(のみ)を入れる

という合計3つのパターンがあるそうです。(はじめて知った)
 →参考URL「旬の里ふくい」

私がお昼に行ったお蕎麦屋さんは、○3番目の、
大根おろしの汁でダシを割ったものにそばを入れ、かつおぶしをトッピングするタイプでした。

辛味大根のおろし汁なので、辛い!
食べログの感想も辛いという意見がありましたが、なるほど辛かったです。
辛味大根だからね。でもおいしい。

おそばは十割そばなので、ちゃんとおそばの風味がします。

一緒に食べていたその地域出身の方が、「おろしが別盛りなんて邪道だ」とおっしゃってました。いうほどそうか?
このおろし汁でダシを割る食べ方に誇りをもっているんですね。
お蕎麦、とってもおいしかったです!

そば処 みの吉

ちなみに私は、冷やしならそば派。温ならうどん派です。(ブログネタ)
今回はおろし蕎麦でしたので、そば派の記事にしてみました!!





そば派?うどん派?
  • そば派
  • うどん派

気になる投票結果は!?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
下書きにしたまま、記事を投稿していませんでした……!!
なんたる失態!しったい!なんてこったい!



失礼しました。
今回は長いぜ!!!

2016年6月12日(日)

第25回 Medical Scrambled Egg(以下メディスク)が石川で開催されました!
今年は、学生26人と北陸3県の医療・福祉従事23名の約50人が参加しました。

メディスク

メイン企画は、「熊本震災支援リレートーク」。
先日のYahoo!ニュースで、今なお避難所には6431人が避難所に身を寄せ、
575人の方が車中泊されているという記事がでていました。
(この記事を書いた6/14当日は“今日”ということで話を進めていたのでした…)
仮設住宅の建設が、なかなか進んでいないみたいですね。

そして、今現在は大雨が。。。
東日本のときもそうでしたが、天災は無情にも、立ち上がろうとする人を挫こうとするものですね。まけてなるものか。一日でも早く日常をとりもどす。
民医連の被災地支援は続いています。


さて、会では、今回の熊本震災に関して、私たち民医連が
全国的に、もしくは各県レベルで、はたまた個人として
どのような支援活動を行ったかをリレートーク形式で話していただきました。
支援自体はまだ終わったわけではないですが、
今回は早々に、実際に被災地に行って支援活動をしてきた、医師・看護師・作業療法士・介護福祉士がお話をしてくれました。
参加者の感想としては

「普段は考えない視点(別の職種)で震災の現状を知れた」

「患者さんと医療従事者や医療従事者同士、大切なのはコミュニケーション。非常時だからこそ大切」

「メディアからは得られなかった、医療支援という視点を知れてよかった」

などです。
個人的に印象に残っているのは、介護福祉士さんの「利用者さんの笑顔を引き出す役者に徹する事」。ということです。

認知症の方、不安を抱えている方、様々な状態の利用者さんがいる中で、“自分”として接するのではなく、相手が求めている“役”を演じて接することが時には必要なんだそうで。

それは、息子だったり、友達だったり、恋人だったり。
恋人にまで…!と驚きました。言い切っちゃうところがかっこいいなぁと思いました。

リレートークを受けて、被災地に必要な支援とは?そのニーズに医療者の立場からできるアプローチとは?を考えるワークショップをしました。

ワークショップ

ある班では、「私が被災したら、〇〇(芸能人)にお見舞いにきてほしい。。。」
という意見もありました。素直でいいなぁとなごなご

感想文を読んでいると、いろんな職種を目指す学生、幅広い学年、現役の医療従事者など、普段はなかなか交流しない人とディスカッションすることで、新たな視点の気づきや、多様な考えの面白さを学んでくれたんだな、と感じることができました。

私は職員として、初めて分科会(学習会)を出したのですが、参加者の感想が怖くてまだその部分だけ読んでいません。
だって、本番当日は、質問が出なかったんだもん。
辛うじて他県の職員がひねり出してくれた質問しか出なかったんだもん。
ちょっとウトウトしてる人がいたんだもん。
質問が出るって、ちゃんと聞いてくれているってことだから、嬉しいことなんだね。
寝ちゃう人がいると、悲しいね。
もっと面白い発表にしなきゃな、と思いました。
そんでもって、学習会で質問できる人間になろうと思いましたとさ…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。