2011年04月13日(水)

Dropboxの2つの落とし穴とその対策

テーマ:テクノロジー
Dropbox 」といえば代表的なオンラインストレージサービスとして名を馳せています。
特徴としては自分のPC内のフォルダ(ファイル)の内、
共有させたいものだけを共有設定することも出来るし
その共有設定として自分だけ/招待した人だけ/誰でもといったように権限設定も行えるし、
当然データはクラウド(ウェブ)上にあるので
Dropboxがインストールされていない環境でも問題ありません。

自分の持っている複数のデバイス
(自宅の部屋PC、自宅リビングPC、モバイル用ノートPC、携帯/スマートフォン)
等の間で面倒な設定をすることなく全てで最新の全く同じ環境を実現するといったことから、
友人と写真やファイルを共有して楽しめばいちいちメールなどで送る必要もないなど
今までのデータ管理の常識からは考えられないほどの利便性が得られてしまいます!

もちろん、全て無料!!
(無料版は保存できる容量に限界がありますが友達招待などによって増えていきます。)


さて、そんな最強?の「 Dropbox 」ですが、先日ちょっとした落とし穴にはまってしまったので
今後同じ現象が起きた人向けに対策をメモしておきたいと思います。

■CPU使用率の上昇
機能(ファイルの共有、削除など)的には問題ないのですが、
ある日を境になぜか急にフォルダ操作が異常に重くなってしまいました。
調べてみると、どうも「 Dropbox 」が悪さをしているよう・・・

なんと、「 Dropbox 」のCPU使用率が常に50%前後を推移しているではありませんか!
普段はほぼ0%のはずなので、どうしたことでしょう・・・

というわけで私が今回行った解決方法は以下の通りです。

(1) 「 Dropbox 」をアンインストール

(2) 関連データの削除(普通の人は以下のフォルダ(場所)を消してください。)
⇒C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Dropbox
 もしフォルダが消せないなどあればパソコンを再起動してみてください。

(3) 「 Dropbox 」の最新版(現在時点では1.0.28が最新です)をインストール


これで改めてCPU使用率を調べてみて、数値が下がっていれば完璧です♪
なお、CPU使用率の調べ方は以下の通りです。

(1) 画面左下にある「スタート(ウィンドウズ)」をクリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択。
(2) 「taskmgr」と入力し「OK」を押すとタスクマネージャーが起動します。
(3) 「プロセス」タブを選択し、その中の「CPU」を2度クリックする。
(4) すると、CPU使用率が高い順番に並べ替えされますので、目的のプロセスを探します。
 ⇒今回の場合、探すのは「Dropbox.exe」です。


■キャッシュフォルダの肥大化
CPU使用率の他、「 Dropbox 」を長く使っているとキャッシュフォルダが肥大化することがあります。
最新のパソコンやハードディスク容量が十分なパソコンであれば特に問題はないのですが、
あまり容量が大きくなりすぎるとCPUやメモリやHDDにストレスをかけてしまうため、
マシンパワーが強くないパソコンの場合は一つの可能性として疑ってみるのも良いかもしれません。

具体的には、以下のフォルダを丸ごと消すだけです。簡単ですね!
⇒C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Dropbox\cache



パソコンの調子は良くなりましたでしょうか?
これを機に「 Dropbox 」を上手に使いこなして快適パソコン生活を楽しみましょう♪



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ゆうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。