いつもブログをお読みいただきありがとうございます!
   ブログは「 Yu Fukasawa Photography 」に移転しました。




  今すぐクリックして新しいブログを見てください!

     ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


    Yu Fukasawa Photography



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年01月11日(土)

新ブログ(ホームページ)オープン!

テーマ:ブライダル
皆様、あけましておめでとうございます。
なかなか更新が滞ってしまい、年始のご挨拶が実はまだ出来ていませんでした…


さて、今年、2014年は十干と十二支を組み合わせた干支で見ると
甲午」の年となります。

甲午」の年は干支の60年周期の中でも、
ちょうど前半と後半を区切る31年目の年でもあります。

新しいことを始めるにはすごくタイミングが良さそうです。

そこで年末に思い立ち、年始より仕込んできたプロジェクトがついに一区切りしたので、
ついに、ここに公開したいと思います!

 → Yu Fukasawa Photography



アメブロだとどうしてもブログがメインになってしまい、
写真の撮影を請け負っていることがなかなか伝わりづらかったかな…と。

そこで、ブログはブログ、写真の撮影依頼は撮影依頼、で
コンテンツを別々に独立させ、見やすくさせるにはどうしたらよいか…
ということで今回、このように新しいホームページを作るに至った感じです。


これからはブログの更新も、
メインはこちらではなく「 Yu Fukasawa Photography 」にて
行っていこうと思っていますので、
是非お気に入りなどにも登録いただければ嬉しいです!


それでは今年もどうぞよろしくお願いします^^



2013年12月30日(月)

PENTAX K-3レビュー ~六義園編

テーマ:徒然フォト
前回の「 PENTAX K-3レビュー ~殿ヶ谷戸庭園編 」に続き、
本日は「 PENTAX K-3 」と「 HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited
で撮った写真を紹介していきます。


池
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/10秒, F5.6, ISO200 )


突然ですが、皆さんは日々感謝していますでしょうか。

私は写真が撮るのが好きで、ストレス解消方法が
写真撮影というくらいの写真好きですが、
写真を撮りに行くたびに思うことがあります。

紅葉
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/40秒, F4, ISO200 )


それは、今日も写真を撮らせてくれてありがとう。

と、自分への感謝。


と同時に、今日も素敵な景色を見せてくれてありがとう。

と、自然への感謝。

紅葉
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/30秒, F14, ISO200 )


実際、写真を撮るといっても、結構すごいことだと思うんです。

まず必要なのは健康な体。そしてカメラやレンズ。
健康な身体は日々の良質な食事や睡眠のお蔭です。

そしてカメラやレンズはお仕事を頑張った対価から買ったもの。

紅葉
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/13秒, F8, ISO200 )


そして東京という世界でも指折りの近代都市の中に残る、
意外とも思えるほど豊かな自然。

色とりどりの木々を育む母なる大地。
爽やかな空気、永遠に続くかと思える澄み切った空。。

私たちは思いの外「自分以外」の恵みに生かされているんだな、と
感じざるを得ない瞬間です。

紅葉
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/25秒, F6.3, ISO200 )


さて、本日のレビューはHDR機能でも取り上げてみようと思います。

HDRとは「ハイダイナミックレンジ」のことで、
下の様な暗い場所と明るい場所の差が激しい場所でも、
白飛びを抑えつつ、黒潰れも抑えつつ撮ってくれる機能のことです。

六義園
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/60秒, F8, ISO100 )


最近のカメラには大抵HDR機能が付いていますが、
PENTAX K-3 」の素晴らしいところは、
HDR後の画像を、RAWでも保存してくれるところ!

夕方
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/100秒, F8, ISO100 )


世の中によくあるカメラは、JPEGでしか保存してくれない機種もあったりするので、
PENTAX K-3 」は素晴らしい!です。

3色紅葉
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/30秒, F8, ISO200 )


HDRの使いどころを間違えると明暗差の少ないぼやっとした絵になったり
あるいは、明らかに普通の写真ぽく無い劇画調の絵になってしまったりしますが、
うまく使いこなしてあげることで、人間の目で見るのにとても近い、
自然な写真を撮ることができるのが素晴らしいポイントです^^

3色紅葉
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/50秒, F8, ISO100 )




本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



■PENTAX K-3のレビュー記事
PENTAX K-3レビュー ~開封の儀
PENTAX K-3レビュー ~三脚GT3541購入編
PENTAX K-3レビュー ~PENTAX K-3レビュー ~食卓編
PENTAX K-3レビュー ~二つ目の交換レンズ編
PENTAX K-3レビュー ~代々木公園編
PENTAX K-3レビュー ~輝く思い出編



■PENTAX K-3体験イベントの記事
K-3体験イベント ~紹介編
K-3体験イベント ~高感度ノイズリダクション比較編
K-3体験イベント ~モデル撮影編
K-3体験イベント ~K-3体験イベント ~テクノロジー編(1)
K-3体験イベント ~K-3体験イベント ~テクノロジー編(2)
K-3体験イベント ~K-3体験イベント ~テクノロジー編(3)
K-3体験イベント ~K-3体験イベント ~テクノロジー編(4)



PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-3 ボディ ブラック ローパスセレクタ 最高約8.3.../ペンタックス
¥価格不明
Amazon.co.jp



PENTAX リミテッドレンズ 超広角単焦点レンズ HD PENTAX-DA15mmF4ED .../ペンタックス
¥価格不明
Amazon.co.jp



17644-3782-294071
17644-3782-294071



2013年12月28日(土)

XF23mmF1.4 R実写 ~旧古河庭園編

テーマ:徒然フォト
前回の「 XF23mmF1.4 R実写 ~殿ヶ谷戸庭園編 」に続き
本日も「 フジノンレンズ XF23mmF1.4 R 」で撮影した
写真を紹介していきます。


今日の舞台は「旧古河庭園」です!

旧古河庭園
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/500s, F8, ISO400)


旧古河庭園は11月中旬~下旬頃に行くのがベストシーズンです。
この時期に行けば、秋バラと紅葉の両方が楽しめちゃうのです^^

バラ
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/500s, F4, ISO400)


こんなに贅沢なコラボレーションが味わえるのは
東京でも旧古河庭園くらいなのではないでしょうか。

旧古河庭園
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/350s, F8, ISO400)


香りも豊かな秋のバラは見るだけでなく、
五感全てで楽しむことができます。

バラ
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/150s, F8, ISO200)


こういうときは、すぐに花のそばに行ったり、
写真を撮り始めたり、歩き回ったりする前に、
まずは大きく深呼吸してみましょう。

紅葉
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/56s, F4.5, ISO400)


秋の爽やかな空気が肺を満たし、気持ちがスッと楽になるはずです。
自然との一体感を感じられたら、いざ、出発!です^^

紅葉
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/120s, F7.1, ISO400)


するとどうでしょう。
不思議なことに、普段の何気ない景色が、
いつもと違って見えることに気が付くはずです。

日本画
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/38s, F7.1, ISO800)


さて、本日もレビューを忘れそうになりますが、
ちゃんと覚えているのでご安心を(笑)

今日は「 フジノンレンズ XF23mmF1.4 R 」の逆光での描写を見てみましょう。

逆光
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/120s, F16, ISO200)


若干ゴーストが出ていますが、複数枚撮った写真の中には
ゴーストがほとんど目立たないものもあり、
やはりHT-EBCコーティングの実力の高さを感じます。

それにしても光芒の形が特徴的ですね。

光のシャワーのように光源から全方向に淡く伸びていきます。
なかなか今まで使ってきたレンズでは出ない面白い描写です。

逆光
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/480s, F8, ISO200)


さて、もう2013年も終わりが近づいてきました。

今年は雪が見れるでしょうか。
紅色の雪で今日は締めくくりましょう^^

紅雪
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/2500s, F2, ISO200)




本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



フジノンレンズ XF23mmF1.4 R 」レビュー記事
フジノンレンズ XF23mmF1.4 R ~開封の儀
Bistro COLORIS @新宿
XF23mmF1.4 R実写 ~神戸屋レストラン
古民家食事処 ちわき @奥多摩
XF23mmF1.4 R実写 ~秋の実り編
XF23mmF1.4 R実写 ~代々木公園編
XF23mmF1.4 R実写 ~殿ヶ谷戸庭園編



FUJIFILM X-M1 」レビュー記事
FUJIFILM X-M1レビュー ~開封の儀
FUJIFILM X-M1レビュー ~X-E1との比較 スペック編
FUJIFILM X-M1レビュー ~X-E1との比較 外観編
FUJIFILM X-M1レビュー ~アドバンストSRオート編
FUJIFILM X-M1レビュー ~フィルムシミュレーション編
FUJIFILM X-M1レビュー ~アドバンストフィルター編(1)
FUJIFILM X-M1レビュー ~アドバンストフィルター編(2)
さ和長 @虎ノ門)
風雲児 @新宿
FUJIFILM X-M1レビュー ~秋の色づき編



■「 フジノンレンズ XF27mmF2.8 」レビュー記事
フジノンレンズ XF27mmF2.8 ~開封の儀
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~秋の香り編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~大雨の世界遺産編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~満腹編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~駅伝編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~黄金町スナップ編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~悲しい思い出編
金子半之助 @日本橋



FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-E1 レンズキット ズームレンズ付属 ブラック X.../富士フイルム
¥価格不明
Amazon.co.jp



FUJIFILM XFレンズ FUJINON F XF23mmF1.4R 単焦点 広角/富士フイルム
¥価格不明
Amazon.co.jp



17590-3782-294058
17590-3782-294058



2013年12月26日(木)

PENTAX K-3レビュー ~殿ヶ谷戸庭園編

テーマ:徒然フォト
前回の「 PENTAX K-3レビュー ~輝く思い出編 」に続き、
本日は「 PENTAX K-3 」と「 HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited
で撮った写真を紹介していきます。

庭園
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/6秒, F8, ISO100 )


一昨日の「 XF23mmF1.4 R実写 ~殿ヶ谷戸庭園編 」と同じ舞台なので、
カメラやレンズの違いによる風景の切り取り方の違いも
楽しみながらご覧いただければ幸いです^^

庭園
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/20秒, F8, ISO100 )


写真を撮るときに大切なこと、
それは「心で感じる」こと。

自分は何に対して「美しい」と感じるか。
何に対して「綺麗」と感じ、
何に対して「格好いい」と感じるか。

何に対して「心を動かされる」か。

紅
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/15秒, F8, ISO100 )


矛盾するようだけど、
写真を上手に撮りたい!なら、「写真を上手に撮ろうとしない」
ことが重要。

上手に撮ろうとすると、心が鈍感になり、感じにくくなることが多いから。

紅
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/20秒, F8, ISO100 )


紅葉なんて、誰しもが写真を撮りたがる被写体。
だからって、「人と違う写真を」なんて考えなくても良い。

だって、あなたの心は、他人とは絶対に違うから。

竹
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/10秒, F7.1, ISO100 )


自分の心に従えば、自然と他人と違う絵が撮れるのが
写真の面白いところ。

だって、写真って「真実を写す」ものだから。

竹
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/4秒, F8, ISO100 )


もう一つ、よくありがちな間違いが、
カメラに詳しくないと良い写真が撮れない、こと。

そして、高いカメラやレンズじゃないと良い写真が撮れない、こと。


これも要はさっきと同じ。

上手な写真は「心がこもった写真」だから、
深い知識も、高い技術も、素晴らしいカメラやレンズも
必要不可欠ではありません。

池
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/3秒, F8, ISO100 )


もちろん、知識や技術や機材のレベルが上がれば、
感情を写真に変換する精度」は上がりますし、
物理的な限界もそれらで補うことができるのは間違いありません。

しかしそれは、写真の割合で言えば、10%とか20%くらいの話でしかないんです。

紅葉
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/8秒, F8, ISO100 )


っと、またまた本来のレビューから外れるところでした(汗

今回は、「 HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited 」の
絞りによる光芒の出方の違いについて見てみましょう。

まずは通常使用する絞りのぎりぎりの位置、F10から。
といっても「 PENTAX K-3 」はセンサーの大きさがAPS-Cと小さく、
かつ画素数も多いので実際の上限はF8までが良いかと思います。

夕日F10
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/6秒, F10, ISO100 )


良い感じで光芒が出ていますね!
本来14本のはずがもう少し多く出ている感じなので、
絞りの間から光が漏れている?のでしょうか。

それはそれで良い表現なので、気にはなりませんが^^


次に、「 HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited 」の最大絞りであるF22で。

夕日F22
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1秒, F22, ISO100 )


F10の時よりさらに光芒がはっきり、しっかり、力強くなりましたね!
どちらがお好みでしょうか・・・?

F22にするとわかりますが、光芒が沢山見えていたのは、
1本の光芒がさらに複数の光芒に分かれて見えるからっぽいですね。

紅葉邸
( K-3 + HD PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited, 1/6秒, F5.6, ISO100 )



本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



■PENTAX K-3のレビュー記事
PENTAX K-3レビュー ~開封の儀
PENTAX K-3レビュー ~三脚GT3541購入編
PENTAX K-3レビュー ~PENTAX K-3レビュー ~食卓編
PENTAX K-3レビュー ~二つ目の交換レンズ編
PENTAX K-3レビュー ~代々木公園編
PENTAX K-3レビュー ~輝く思い出編



■PENTAX K-3体験イベントの記事
K-3体験イベント ~紹介編
K-3体験イベント ~高感度ノイズリダクション比較編
K-3体験イベント ~モデル撮影編
K-3体験イベント ~K-3体験イベント ~テクノロジー編(1)
K-3体験イベント ~K-3体験イベント ~テクノロジー編(2)
K-3体験イベント ~K-3体験イベント ~テクノロジー編(3)
K-3体験イベント ~K-3体験イベント ~テクノロジー編(4)



PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-3 ボディ ブラック ローパスセレクタ 最高約8.3.../ペンタックス
¥価格不明
Amazon.co.jp



PENTAX リミテッドレンズ 超広角単焦点レンズ HD PENTAX-DA15mmF4ED .../ペンタックス
¥価格不明
Amazon.co.jp



17644-3782-294043
17644-3782-294043



2013年12月24日(火)

XF23mmF1.4 R実写 ~殿ヶ谷戸庭園編

テーマ:徒然フォト
前回の「 XF23mmF1.4 R実写 ~代々木公園編 」に続き
本日も「 フジノンレンズ XF23mmF1.4 R 」で撮影した
写真を紹介していきます。


今日の舞台は「殿ヶ谷戸庭園」です!


殿ヶ谷戸庭園
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/9s, F2.8, ISO800)


今回も同じ舞台をカメラやレンズを変えながら
色々と撮ってきましたので、その違いを楽しんでもらえるかと思います。

紅葉
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/40s, F5.6, ISO400)


個人的に、紅葉シーズンには都立庭園に行くことが多いのですが、
第一弾は毎年ここ「殿ヶ谷戸庭園」になります。

9つの都立庭園の中でも、紅葉の本数は190本と4番目の規模にはなりますが、
個人的には最も好きな紅葉スポットの一つです。

それはおそらく、高低差があるので色々な表現が楽しめる、
ということかな、と思っています。

紅葉
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/10s, F4, ISO800)


ちなみに富士フィルムの単焦点レンズは
手ぶれ補正が付いたモデルはありませんので、
夕方以降は手ぶれとの戦いになります。

下の写真も、なんとシャッター速度1/5秒

一般的な手ぶれ限界が1/35秒なので、約3段分頑張った計算になります(笑)

殿ヶ谷戸庭園
(X-E1 + XF23mmF1.4 R, 1/5s, F2, ISO800)


こういうとき、少しでもブラさないように撮るコツは、

・ どこかに肘をついたりよっかかったりする
・ 首にかけたストラップをピンと伸ばし、首と手で引っ張り合う

こんな感じで、最後はやはり連射するしかありません。


しかしこの富士フィルムのカメラ、連射が凄く使いづらいです。。
正確には、連射するのは当然簡単なんですが、
その後、ベストの1枚を選ぶのが難しい、という意味です。

連射モードなるものが当然あるのですが、
連射をすると、一連の連射画像が一括りとなって、
連続再生モードみたくなってしまいます。

もちろん解除もでき、1枚1枚ピント(ブレ)チェックをしていくのですが、
ダメな画像を消そうとするのも直感的にできません。。
しかも、なぜかファイル名が今までのルールから外れるため、
家に帰ってから編集するときも、時間軸順にならばないという罠(^^;

なんで世の中のカメラはこんな仕様になってるモデルは少ないのに、
富士フィルムだけこんな仕様になってしまったのか・・・
恐らく、ピント(ブレ)チェック用途ではなく、

動きやポーズが変わっていくものを連射で撮ることを想定していて、
それを連続再生で楽しむ!

というのがコンセプトなんでしょうが、
それにしては動体追尾AFも使えるレベルではないし、
ちょっとコンセプト負けしているような。。


というわけで本日は
画質は素晴らしいのに、ちょっと惜しいな…と思ったポイントでした。




本日も最後までお読みいただきありがとうございました。



フジノンレンズ XF23mmF1.4 R 」レビュー記事
フジノンレンズ XF23mmF1.4 R ~開封の儀
Bistro COLORIS @新宿
XF23mmF1.4 R実写 ~神戸屋レストラン
古民家食事処 ちわき @奥多摩
XF23mmF1.4 R実写 ~秋の実り編
XF23mmF1.4 R実写 ~代々木公園編



FUJIFILM X-M1 」レビュー記事
FUJIFILM X-M1レビュー ~開封の儀
FUJIFILM X-M1レビュー ~X-E1との比較 スペック編
FUJIFILM X-M1レビュー ~X-E1との比較 外観編
FUJIFILM X-M1レビュー ~アドバンストSRオート編
FUJIFILM X-M1レビュー ~フィルムシミュレーション編
FUJIFILM X-M1レビュー ~アドバンストフィルター編(1)
FUJIFILM X-M1レビュー ~アドバンストフィルター編(2)
さ和長 @虎ノ門)
風雲児 @新宿
FUJIFILM X-M1レビュー ~秋の色づき編



■「 フジノンレンズ XF27mmF2.8 」レビュー記事
フジノンレンズ XF27mmF2.8 ~開封の儀
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~秋の香り編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~大雨の世界遺産編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~満腹編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~駅伝編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~黄金町スナップ編
フジノンレンズ XF27mmF2.8実写 ~悲しい思い出編
金子半之助 @日本橋



FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-E1 レンズキット ズームレンズ付属 ブラック X.../富士フイルム
¥価格不明
Amazon.co.jp



FUJIFILM XFレンズ FUJINON F XF23mmF1.4R 単焦点 広角/富士フイルム
¥価格不明
Amazon.co.jp



17590-3782-294027
17590-3782-294027



[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>