1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月21日(土)

美味しいご飯は人生を幸せにするっ!

テーマ:グルメ

美味しいご飯が嫌いな人はいませんが、
でも美味しいご飯を食べるために私ほど真剣な方はあまり多くないのではないでしょうか。
そんなちょっとおかしな私が今回行ってきたのはそごう横浜に入っている「美濃吉」です。



享保といえば享保の改革。
享保の改革といえば徳川吉宗。

享保年間といえば、1716年から1735年ですが、
ざっくりと創業300年が経っているということでしょうか!?



本当の事だったら驚きを隠しきれませんが、
とにかく間違いないのは伝統と老舗の京懐石料理のお店ということでしょうか。



まず、先付は「鮭と水菜のおひたし

続いて前菜は「季節の彩り七種盛り



更に椀として「松茸土瓶蒸し

いや待ってましたこれを!
秋はこれを食べることが本当に生き甲斐です。。



向付は「本日のお造り



そして旬菜として「黒毛和牛ときのこのすき焼き

他の料理は抜群でしたが、このすき焼きのお肉はいただけない!
本当に黒毛和牛だったのかな…?



ご飯の前には鉢物として「豊年蒸し

これもまた絶品でした…



そしてご飯は「釜炊き松茸ご飯



最後に水物甘味をいただきます。


やっぱりご飯はご飯でも、個人的には懐石料理が一番好きです。
その理由は、四季折々の食材を、食材の長所を最大限に生かし
とても繊細で奥深いコクと共に料していただけるからです。

この何十層にも重ねられた奥深い深みは日本の料理ならでは、
といっても過言ではない他国にはあまり見られない特徴ではないでしょうか。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月20日(金)

大桟橋という名の人生の交差点

テーマ:写真

人が集まるところにはドラマが生まれる。

ここ、大さん橋はそれがより強く表れる一つの場所。



人と人とがすれ違っては集い、集っては散っていく…



そこで紡ぎ出されるドラマは十人十色。



まるでこの場所は人生における交差点のようだ。



立ち止まることを余儀なくされる者もいれば、前に進むために来る者もいる。



一人で来る者もいるし、二人で来る者もいる。



すれ違うすべての人はその人自身の物語の上を歩んでいる。



そしてそこに他の人と交わりを通して前に進んでいく。



迷わず行けよ。行けばわかるさ。



こんなことを言っていたプロレスラーもいるが、どうだろう。
迷ったっていいじゃない。立ち止まったっていいじゃない。たまには下を向いたって良い。

そこから這い上がる時間が翼になることもあるはずだ。


さ、今日もみんな頑張った!
今日の自分を褒めてあげよう。

そして明日の自分に期待してあげよう。
明日もきっといいことあるさ、ってね♪

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月19日(木)

全国神社の本宗:伊勢の神宮 ~内宮編

テーマ:写真

昨日の外宮編に続き、本日は伊勢の神宮の”内宮”を巡ってみます。
といっても実は外宮と内宮以外にも伊勢には
沢山の「別宮」と呼ばれる「神宮」に所属する神社があるので、
あまりメジャーではないそれらの神宮についても回ってきました。
というか写真のほとんどはメジャーではない方ばかりでお届けいたします(笑)



月夜見宮(豊受大神宮別宮)







名前が似てますが、
月読宮(皇大神宮別宮)





お次は特に内宮でも外宮でもありませんが、
猿田彦神社





最後にやってきたのは、お待ちかねの内宮





内宮はどうも観光地っぽすぎて、というか人が多すぎて
あまりじっくりと心を落ち着かせて過ごすことができませんでした。
写真にもそれが表れてますね…(^^;

だから写真って面白い。そして写真って怖い

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月18日(水)

全国神社の本宗:伊勢の神宮 ~外宮編

テーマ:写真

本日から2回に渡って、戦前では全国の神社の頂点に位置付けられもした
伊勢にある「神宮」に行って来た時の写真を紹介したいと思います。



伊勢にある「神宮」はよく”伊勢神宮”と呼ばれていますが
実は地名は最初につかず、正しくは「神宮」のようです。
ただ、他と区別をするために伊勢の神宮であったり、
また親しみを込めて「お伊勢さん」と呼ばれたりするとのこと。



衣食住の神様である豊受大御神が外宮に、
太陽の神様である天照大御神が内宮に祀られています。

2つは結構離れているので、多くの方は内宮にしか行かないらしいですが、
本来は外宮から先にお参りするのが正しいようです。



そこでこのブログでもまずは外宮を取り上げ、
次回に内宮を紹介していきたいと思います。



さて、その外宮ですがその日は生憎の雨。

だが、逆に考えるんだ!
雨だからこそ撮れる写真があるんだ、と。



お陰様で、雨に濡れた石の感じとか空の感じが
より一層写真に現れてくれたような気がします。



この日はとても感動的なことがおきまして、
豊受大御神が祭られている外宮の豊受大神宮に手を合わせに行ったとき、
そこは白い布がかかっていて奥が見えないようになっていたのですが、
なんと私が手を合わせようとした瞬間に風がビューっと吹き、
白い布が一瞬、ふわっと舞い上がり、中が見えたのです!



こ、これが神を感じる瞬間か…!



目の前が一瞬真っ白になった感じです。
霊感が全くない私でも感じられるほどの圧倒的な衝撃に
畏怖の念を感じざるを得ませんでした。



写真が小さくてほとんど見えないと思いますが、
実はすべての写真に雨粒が写ってるんですよ!

 

いやはや、とても良い場所ですね。。

次回の内宮もお楽しみに!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月17日(火)

六本木ストリートスナップ

テーマ:写真

ドイツ映画祭のスポンサー企業から招待され向かったのは六本木ヒルズ。

ドイツ映画祭ってなんだろー!

と思ってドキドキしながら行くも、受付どこだろう…?
係の人に聞いても「(・・?」な感じ。。



招待状をよくよく見てみると…



はっ!!

1週間日付を間違えていた―!!!!!!!!!!!



というおバカな私ですが、しょうがないので六本木のスナップを撮ってきました。



タイミングよくヤマハの展示がやっていたので枚数多めでお届けします。



最近、モノクロにちょこっとはまっています。

モノクロなのにカラーバランスを調整することで雰囲気ががらりと変わる…
うーん、奥が深い♪

 

ちょっとおバカな感じになってしまいましたが
そういう時こそ、逆に考えるのが人生を幸せに生きる秘訣です。

なにか嫌なことや失敗したと思ったようなことがあっても
「なんて運がいいんだ!おかげで○○できたじゃん!」
というように前向きに考える癖をつけるように意識しています。

今回も日付を1週間間違えるという大チョンボでしたが、
お陰で普段あまり撮る機会の少ない六本木をじっくり撮れたので
貴重で素敵な時間を結局は過ごすことができましたよ♪

これに懲りずにどんどん写真をアップしていきますので
引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。