1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月20日(月)

ストロベリームーン

テーマ:写真

今日は満月です!

 

しかも、ただの満月ではなく、見ると「好きな人と結ばれる」といわれている

縁起の良い”ストロベリームーン”という名前で呼ばれているようです。

 

 

 

夏至の頃の満月は月の高度が低く、赤みを帯びて見えるから

そういった名前が付いたそうな。

 

今夜の東京は月の出ている方角だけが生憎の曇り空で

写真のように靄がかかっていて上手く撮ることが出来ませんでしたが、、

この後すぐに雲に隠れて見えなくなってしまったので、

撮れただけ良かったのかも?♪

 

それにしても月を撮る時だけでもよいので、

500mm位のレンズが欲しくなりますね。はい(笑)

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月19日(日)

あなたが恐れているものではなく、あなたが知っているものに耳を傾けて

テーマ:写真

本日からはやっと季節も近づき、春に。。

もう梅雨だぞ!というご意見あるかもしれませんが、

ぜひここは、梅雨だからこそ爽やかな春の風を思い出して

気分をすっきりさせていただければ、と♪

 

 

 

さて、写真とは目の前の景色を写すモノ、

と思っている方いませんでしょうか。

 

 

 

実はこの認識、半分正解で、半分は不正解です。

 

目の前の景色をそのまま映すのであれば、

誰が写真を撮っても、誰が絵をかいても全く同じ、もしくは

非常に近しい出来になるはずが、実際は全くと言っていいほど

人によって十人十色の出来になります。

 

 

 

そこが写真や絵の面白いところでもあり、深いところでもあるわけですが、

これは日常生活や人間関係にも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

 

 

例えばありがちなのは、人を疑ってしまうという行為。

 

友達に裏切られるのではないか、

恋人は本当に私を愛してくれているのだろうか、

・・・

 

こうやって、勝手に相手の心の中を想像しては

頭を悩ませてしまいがちなのが人間のエゴではあります。

 

 

 

しかし、よく考えてみてください。

 

このような不安は大抵の場合、単なる”想像”からくるものではないでしょうか。

 

仮に何かきっかけがあったにせよ、

そのきっかけを当の本人以上に深い意味で勝手に捉えてしまっている

ということはありませんでしょうか。

 

これは「あって欲しくないこと」ばかりに焦点を当てているという意味で、

 ・ 相手の想いを無下にしているということ

 ・ 「あって欲しくないこと」を引き寄せてしまうということ

の2重の意味で非常にもったいない考え方のような気がします。

 

 

 

あなたが実際に、見て聞いて知っている友人、恋人は、どんな方でしょうか?

友人、彼女は、どんなことをあなたに言ってくれたでしょうか?

 

不安になってしまった時には、想像ではない、

実際にあなたが知っている友人、彼女のことを思い出してみてください。

 

 

そうすれば、きっと幻想に思い悩まされるのがばからしく思えてくるはずです^^

 

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月18日(土)

受け取るより、与えることのほうがはるかに嬉しい

テーマ:写真

季節外れの昨年のイルミネーションもついに最終回。

最後は関東三大イルミネーションの一つ、東京ドイツ村です。

 

 

さて、本日は”経験”について。

 

たまに勘違いされがちなのは、経験をいくら重ねても、

経験は人を学ばせるけど、強くはさせない、ということ。

 

むしろ個人的にはどんどんと臆病になっていくような気さえしています。

 

 

 

怖いもの知らずだったあの頃が懐かしい…

なんてことまで思ってしまうことも。

 

でも、あの頃には戻ることなんてできないし、

仮に戻れたとしても、やっぱり戻ろうとは思えません。

 

 

 

逆に、臆病者であり、それを自覚するからこそ、

失いたくないものへの強烈な欲望に身を委ねることが

出来るのではないでしょうか。

 

 

 

それはまさに、経験が仕立て上げた、臆病者という名の贅沢な私。

 

 

 

だからこれからも、出し惜しみなく感情を表し、

やりたいことが出来るように、するために、

真っ直ぐに進んでいきたいと思う。

 

出し惜しみした思いは、その側から使い物にならなくなっていって、

やがて賞味期限が切れてしまうと思うんです。

 

そして、そんなものばかりを心に保存していたら、

新しい思いを入れる場所さえも、失くなってしまうような…

そんな気がするから。

 

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月16日(木)

ヴァニティ ~強く儚く、強かな女性たち

テーマ:読書感想文

ヴァニティ

 

日本語で言うと、虚栄心

 

あの時、辰也は理不尽にも、私に不運を押し付けた。
だから、私も辰也に不運のお返しをした。
これでおあいこのはずだ。
結果として、私はボストン転勤になり、辰也はファミレスの店長になった。しかし、それは私のせいだけじゃない。私は努力したし、辰也は投げ出した。そういうことだ。
それなのに、あれからずっと気が晴れない日々を重ねてきた。これは辰也の自業自得、私を裏切った報い、そう思いながら、胸の中に燻り続ける苦い思いを払拭できずにいた。
(中略)
ごめん。
いつか、この三文字で、辰也に、そして自分に、ケリをつけられる時が来るのだろうか。

『ごめん。』

 

恋愛における女性性の心の機微、

恋愛に対する男女の見解の相違に起因するすれ違いなどを

繊細に描写した一冊だと思う。

 

惹かれるというのは、自分のなかの螺子がひとつずつ抜き取られてゆくことに似ている。あの時から、恐れと恍惚に揺れながら、沙恵子は各務に傾いてゆく自分を呆気にとられる思いで眺めていた。各務を目で追い、各務の声に耳をそばだて、そうして気がつくと、もう後戻りできなくなっていた。

『プラチナ・リング』

 

人生は、「こんなはずじゃなかった」の連続。

 

でも「こんなはずじゃなかった」をひきつけているのは結局、自分でもある。

 

今だって、何もかもが揃っているわけじゃない。こんなはずじゃなかった、と思うことはたくさんある。人生は、たぶん、一生それとの戦いなのだろう。
それがわかっただけでも、タフになったということかもしれない。
(中略)
「子供の頃、夏休みが待ち遠しくて仕方なかったな。夏休みになったら、あれもしようこれもしようって、そんなことばかり考えてた」
「私も、夏休みになったら楽しいことがいっぱいあるって信じてた」
「でも、大人になったら夏休みってないのよね」
英子がふと口調を変えた。
「私ね」
「ん?」
「あの時、来るはずもない夏休みをずっと待ってたような気がする」
「あの時? ああ、あの時ね」
莉沙が頷く。
「かなり、恥ずかしいけれど」
「私だって同じ」
英子と莉沙は顔を見合わせた。
「でも今は毎日が夏休みみたいなものかな。好きなことが目一杯できるんだもの」
「そうね、ま、宿題いっぱい抱えた夏休みだけどね」

『あしたまでの距離』

 

 

そんな中でも現実に根差してに生きていけるのが女性の強いところ

 

そして、自分が一番大事だと思っているところが女性の強かなところ

でも、そんな自分が酷いということも同時に知っているのが 儚いところでもある。

 

 

 

ところで、この本を読んでいて思い出したのが、

藍坊主の『鞄の中、心の中

 

全く「Vanity」と関係なさそうなのに、不思議ね(笑)

きっと、千葉さな子さんの亡霊ね^^

 

何気ない日の帰り道 帰宅ラッシュの電車乗り
鞄から教科書取り出し見ていると
無意識に計算する僕の頭は君に会う確率出してる

藍坊主『鞄の中、心の中』

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月13日(月)

何も心配することはない

テーマ:人生

本当の大人になるには、いつだって何かに迷い、何かを選ばなくてはならない。

 

 

 

でも何かを選ぶってことは、何かを失うこと。

 

あなたにはその覚悟がおあり?

 

 

 

そんなとき重要なのは、世間体でも他人との相対比較でもなく、

自分自身がどうしたいか、ということじゃないだろうか。

 

 

 

人生やり直しがきかない、なんて嘘。

 

人生、死ぬまでやり直しはきくと思う。

そこに意志という力さえあれば。

 

でもこれはもちろん、「隣の芝生が青い」と感じてしまうから

その場の感情で動くということとはもちろん違う。

少なくともあとから”今”を振り返った時、

後悔しないだろうと感じられる”今”を過ごしたいものだ。

 

 

 

今を生きることによって暗闇の荒野に一筋の道を切り開くことは

未来を創り上げることと同義ではないだろうか。

 

 

 

もし私がその場にいたのであれば、

かけられる言葉はただ一つ。

 

 

 

何も心配することはない

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。