1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013年07月05日(金)

フカマチカズマサと袈裟羅、婆裟羅

テーマ:ブログ

都会に憧れた10代。


すっかり嫌になってしまった街の中で鬱々と


この小さな世界から出る事だけを考えて過ごした。




あれから10年。


飛び出した自分の若き衝動は


終を迎えようとしている。




東京と言う街を、自分は第二の故郷と呼びたい。


これから先も、ここで出会えた人達を誇りに思いたい。





いつからだろうか。


長い事、フカマチカズマサをやってきた。


期待に応えたい、ミスは出来ない。


自分の中で違う自分が独り歩きしているようで


それこそが本当の自分なんだと、頑なに洗脳した。




ある日、本当に突然だ。


ある場所で僕は、母の様に優しい人と出会い


まるで母親に縋る様に少しずつ本音を話した。




その場所で僕は、僕になれた。


音楽や、10代から引き摺った見栄も何も関係なく


本当に僕として、過ごす事が出来た。




その時間は掛け替えのないものであり


この空間、ここに居る人達。


どうしても一生守りたいなんて、子供じみた事を考えるような


本当に素敵な時間だったんだ。





広島か、東京か。


本当に悩んだ。半年位毎日悶々と悩んだ。


どんなに考えても、50対50。


どちらかがどちらを上回る事なんて無かった。


どこでもドアでもありゃいいのにと


口癖のように知人に呟いた。




ある日の夜、新宿を歩いてた時。


人混みの中で、不意に思った。


あんなに憧れた大都会。日本で一番の場所。


そう思ってた自分が、そう思わなくなっていた。




もはや地位や名誉、都会である事への奢り、自慢。


そんなものは何一つ無くて、只々


出会えた人間の事だけが、自分をこうしてこの街に


つなぎ止めているのだと分かった。




僕はその時


東京に来て


本当に良かったと思った。




汚い喫煙所でビッグダディのサイン本を持ちながら


涙がボロボロ出て来て、ヒラヒラの黒服を着た女性に


怪訝な顔をされながら、席を譲られた。





19歳の春、バンドを組んだ日。


僕の親友が死んだ日。




償いのため、誰かのため


走り続け、もがき苦しみ、逃げ出し、むせび泣いた10年。




最後に手にしたものは


かけがえのない人間達と本当の自分。


生きるとは素晴らしいと言う事実。





あいつの分も幸せになるんだと意気込んだ10年。


今はそんな事を考えなくなった。




あいつにもらった言葉を使って


自分の大切な仲間たちを笑わせたり、幸せにしたい。




そう、どうしようも無かった自分の青春


そんな中で関わってくれた素晴らしい人達の力で


誰かの口元を緩ませてあげたい。




世の中全員なんて、でかい事は言えんが


すぐ側に、いつも笑顔がありますように。




これから先も、僕の大切な人達に


いつも笑顔がありますように。




東京、大好きだ。


大好きな東京。


大好きな大切な人達が住んでる街、東京。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013年01月01日(火)

フカマチカズマサと今日までそして明日から

テーマ:ブログ

明けました。おめでとうございます。





今年は僕、東京で年を越した。


色々あってそうなったのだが


これ程までに年越した感がまったくない新年もめずらしい。


大晦日を感じる時間すらなく、猛スピードで2013年はやって来た。




大阪で焼き鳥焼いてた以来


7年、8年ぶりの地元外新年。




色んな出来事が沢山あった年末なので


寂しいとかそんなのは無かった。


只々、バタバタ慌ただしく過ぎ去っていって今やっと


家で静かにパソコンを開いている。





吉田拓郎の『制服』『夕べの夢』『流星』


真心ブラザーズの『拝啓、ジョン・レノン』フラワーカンパニーズの『深夜高速』


そして今、小坂明子の『あなた』が流れているところだ。





人の人生をとやかく言うのもね


どちらかが優れてて、どちらかが劣ってて


常に天秤や勝ち負けを用いる価値観もね


僕には要らないや。


何度考えても要らないや。




誰かに合わせて、無理して座る椅子より


自分が座りたい椅子に、自分の意思で座る


そんな人間でありたいや。


ちゃんと自分の心と他人に正直であれる


そんな人間でありたいや。





去年一年、本当に沢山の笑顔に触れる事が出来た。


それはきっとね、自分が少しずつだが本音を出し


そんな自分を好きになってくれた方々に出会えたからだ。




それがどんなに嬉しかった事か


幸せだった事か。


助けられた事か。





今、吉田拓郎の『今日までそして明日から』が流れている。


僕が一番好きな曲だ。そして毎年年の瀬に


必ず聴いてはその一年を振り返る。




何だかんだ色々あったし、これからもあるが


それでも素敵な年だったなぁ。




そしてこんな感じの、のほほんとした言葉がきっと


僕が一番求めていたカタチなのだと思う。





さよなら2012年。


おはよう2013年。


これからも、生きて、生きて、生きて。





フカマチカズマサと鉄人騎兵団
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年12月27日(木)

フカマチカズマサと見たんよ

テーマ:ブログ

駅前のくまざわ書店で


この前本当にこの写真ぐらいの



フカマチカズマサと鉄人騎兵団



角刈りのお兄さんを見ました。





るるぶ見てたんです。


緑のセーター着て。


誰も信じてくれんのよ。


本当に見たんよ。


4度見くらいしたんじゃけぇ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。