No13 投資の話(3)

テーマ:

家計が証券に投資する場合の期待リターンは、不確実性を負うことの代償としてのリスクプレミアムを上乗せして、およそ4~5%である。


預貯金で運用することを考えたら、めちゃくちゃ割りのいい話だなぁ。

僕も私も、「貯蓄から投資へ」しようかなぁ。


は、危険だ。


というところまでが前回 の話。

今回は、この続きから進めよう。



ところで、始める前に、これを読むアナタに、ちょっと聞きたいのだが、


ぶっちゃけて言って、


いま年収はどれぐらいで、預貯金はどれくらいありますか?


・・・

不躾な質問で申し訳ない。

コメントに書いてほしいと言ってるわけではない。思い浮かべるだけでいいから。


思い浮かべましたか。


それじゃあ、、、


もしアナタが平均的な年収で、平均的な預貯金しかないとしたら、すなわち、数百万円の年収で、預貯金も数百万円しかないとしたら、

お金を増やすために投資なんて止めた方がいい。


たった数百万円の僅かばかりの資産で、投資しようがしまいが、どうでもいいことだ。



平均的な人にとっては、お金を増やすために投資するくらいなら、他にするべきことがある。


考えて見て欲しい。

仮に100万円投資したとして、収益率5%で運用すると、1年後には105万円。


百万円が元本割れするリスクを負って、5万円のリターンを目指すのであれば、僕はサラリーマンならば残業して残業代を稼いだほうが遥かに確実で割に合ってると思う。


資産がすくないのであれば運用でお金を増やすよりも、残業代で収入を増やした方が安全で確実だ。

ただ、残業で稼ぐ、ということが出来ない職種の人もいるだろう。


そういう場合は、将来時点での収入を増やすために自分自身に投資をすると良い。


僕は中小企業診断士合格のために、ある程度のお金と時間を自分に投資した。

それには、将来の収入を増やしたい、という動機ももちろん含まれていた。



資産を増やすためのシンプルな式は、これだけだ。

資産形成=(収入-支出) + 資産×利回り


自分をキャリアアップさせて収入を増やすことが出来れば、自然と資産が増えてくる。


資産が増えれば、本格的に運用を始めればいい。


ある一定の資産額を超えれば、収入を増やすことよりも、利回りを1%でも高くすることのほうが効率的になる。


それがお金もちの壁かもしれませんね・・・。



僕は、、まだそんな壁など見えてすらいません。


僕が自分の僅かばかりの資産を投資に回しているのは、「社会勉強」くらいのつもりでいて、増やそうとおもってやっているわけじゃないのです。


それは、増えたら嬉しいですが。


僕が買っている商品は、

・日本株投信

・BRICS等新興国投信

・日本REIT

・米国REIT

・個別の上場銘柄(国内のみ)


06年は、インド株、中国株が急騰したので、かなりプラスがでました。でもまぁ、たまたまです・・・。



投資の話はまだ続きます。


深海でした。



AD

コメント(3)