最後だとわかっていたなら

テーマ:
最後だとわかっていたなら/ノーマ コーネット マレック
平均寿命までの差が、残りの時間ではない。


わかっていても、ほんとうに実感していなかった

7月28日に駅で倒れて、私立病院から大学病院へと移送され
激痛の中で、医師から言われた
「不幸中の幸いというより、チョ~ラッキーですよ」


もし一人でいたら、電話もできないし、
もしかい離部分から出血していたら、
どうなっていたか・・・


それくらい危なかったらしい


大動脈かい離

かい離部分が、肩口から腰のあたりまで長く
どこが破れてもおかしくない状態だったそう


入院して2日目くらいだったか
痛みの中で思いだしたのが
何年か前、話題になった
「最後だとわかっていたなら」という詩。


倒れる少し前に、この本のことを
北斗晶さんがブログに書いていたことを思い出した


今年は、後半の半年、なにもできなかった

けど、再びいただいた
「この命、何のために使うか」


生かされていることに、
心配してくれる人がいることに、
心から感謝して、
1日1日を精一杯生きる


そう決意したのに・・・

日々の生活の中で、体が思うように動かないと
イライラしている


今年もあと11日
あらためてこの詩を読んでいろいろと考えました






「最後だとわかっていたなら」
作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦




あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
わかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたなら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でも もしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから



サンクチュアリ出版ホームページ
より

AD

「なんのために」

テーマ:

「なんのために」


迷うのは、子供ばかりではないかもしれません。
与えられたものに感謝し、

次は誰かになにかを与えられるようになりたいですね


あさがくると
まど みちお


朝がくると とび起きて
ぼくが作ったものでもない
水道で 顔をあらうと
ぼくが作ったものでもない
洋服を きて
ぼくが作ったものでもない
ごはんを むしゃむしゃたべる
それから ぼくが作ったものでもない
本やノートを
ぼくが作ったものでもない
ランドセルに つめて
せなかに しょって

さて ぼくが作ったものでもない
靴を はくと
たったか たったか でかけていく
ぼくが作ったものでもない
道路を

ぼくが作ったものでもない
学校へと
ああ なんのために

いまに おとなになったら
ぼくだって ぼくたって
なにかを 作ることが
できるように なるために

AD

「ありのまま」

テーマ:


ありのまま


「ありのまま」


「ありのままでいい」「そのままでいいよ」最近とてもよく聞く言葉。


「そのままでいい」と言われても、どこかしっくりこないところがあった。


今の自分が嫌、自分を変えたい、変わりたいと思い続けてきたから・・・


「そのままでいい」と言われても
「そのままじゃ嫌なんだ」と感じていた。


「こんな風になりたい」「あの人みたいになりたい」という欲求や理想があり、
頭の中で理想の自分を作り上げてきた。



他人から評価されたいという承認欲求もある。


自分の理想に近づくために「頑張って努力しなければいけない」

と思い込んできた。「変わりたい」と思い続けてきた。



そんなとき芳村思風の講演で

「変わらなくてもいい、成長すればいい」
という言葉を聞いて、
「ありのままでいい」「そのままでいい」という言葉の意味が腑に落ちた。


頑張る子は良い子、頑張らない子はダメな子というレッテルがある。
「今のままではダメだ」「もっと頑張らなければ」と
自分の「ありのまま」「そのまま」よりもムリして頑張って

理想的な自分になろうとしてきた。


子どものころは両親や先生から期待され、

それに応えることができる子どもが良い子だと言われてきた。

「愛されたい」という思いがあるから。


小さいころ両親から「これをしてはダメ」「そんなことしたらダメ」と言われて、

言うことをよく聞く良い子は、両親にほめられたい、好かれたいために、

自分のしたいことをせず「良い子」を演じていることがあります。


言うことを聞いているときは愛してくれ、言うことを聞かなければ叱られる。
「条件付きの愛」。親の思うとおりになれば、とか「こうしたら愛してあげる」という条件がつく。

愛されるために、ありのままの自分ではなく努力して良い子を演じる。
そのうち演じている自分が、ほんとうの自分と思い込んでしまう。
大人になっても自分のしたいことがわからない、ということになってしまう。


「ありのままに生きる」「そのままの自分を生きる」とは、
どのような生き方なのか。


現実を受け入れる。


できない自分を受け入れる。

欠点や短所を許すことから始まる。


ありのままの状態にOKを出す。


どんな人間も短所半分・長所半分。


努力しなければいけない、頑張らなければいけない、

という思い込み・固定観念を捨てる。


努力できないこともある。


頑張れないときもある。


それでも愛してくれる。

「ありのままで、なければいけない」

「ありのままになろう」という思いは必要ない。


「ありのままの私になろう」と思うことは、

「今の自分はありのままではない」と認めていること。


何かにならなくてもいい。


できないことを受け入れる。


できない自分でもいい。


「ありのままでいい」「そのままでいい」を言い訳にしない。


ありのまま、そのままを受け入れ、認めて、
変わらなくてもいい、成長すればいい。



AD