【乳酸菌は、胃酸で死なないのか】
?
おはようございます。ふじわら動物病院、藤原です。
?
小腸は、弱酸性になっているという話をした。
小腸内は、弱酸性になっていることで悪玉菌が増えないようになっている。
弱酸性になるためには、十二指腸の腺組織からでるアルカリ液で胃酸を中和して弱酸性になっている。
?
弱酸性になっていることで乳酸菌が優位になっている。
乳酸菌が減ると便が緩くなったり、下痢になったりする。
その為、乳酸菌は体にいいといわれて、人でもいろんなものに入っている。
乳酸菌飲料やヨーグルトなどいろんなものに入っていたり、サプリメントもいっぱい売っている。
?
ここで注意しなければいけないのが、乳酸菌を口から取ったときに食道から流れていくのが胃になる。
胃の中には、胃酸が入っていて、胃酸は強酸性になっている。
その強酸性に乳酸菌が死なないかどうか疑問が湧く。
?
最後まで読んでいただきありがとうございます。


AD