岡田カレン
岡田カレン

岡田栄次
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-18 23:37:32

三浦基『おもしろければOKか?:現代演劇考』から,抜粋

テーマ:音楽&演劇理論ほか

三浦基『おもしろければOKか?:現代演劇考』は,吉祥寺シアター・観劇後抱いた「チェーホフをどう演出するか」について持っていた疑問に少し回答を与えてくれそうである。

 

古典再生の名のもとに,演出家がどれほど演劇そのものを形骸化してきたか。

もし今日,宗教に取って代わるものとして芸術があるのだとすれば,演劇とは信者を養成しないところに凄みがあるのではないか。

私の演出したチェーホフ作品のほとんどで,観客が入場して来る前から俳優が舞台上に動かずに居る。

私がほとんどの演出作品で戯曲をそのまま原作通りにやらず,再構成し,特に古典の場合はその分量を半分近くまで削ぎ落す。

 

舞台における言葉とは,すべて外国語のようなものとして扱うべきなのである。

その作家を消化することで,初めて作家の言葉を生きたものとして舞台にのせることが可能になる。

言葉を口にする俳優の身体が問題となるとき,衣装は俳優の姿と切っても切り離せない重大な要素。

演劇はナマモノであると改めて言いたい。・・・このとき,身体=生の時間は取りこぼされる。堕落する。誰かがと言えば,俳優と観客の両者である。なぜならば,「見る-見られる」の関係自体が危うくなっている。

 

再演について

 

私の舞台を見た人から,「原作の通りのものを見てみたい」「カットしないでやってほしい」と言われる。

ここにおよそ百年前の近代の作劇術のひとつの形式がある。

今,演劇で映画と同じことをやっても仕方ない。

果たして,再演ということがどういうことなのか。

初演のときほど,追い込みに差しかかると変身する傾向がある。

何週間後に別の劇場で上演するという場合も,もはや本質的には再演である。

私が毎回すべての本番を見る演出家である理由。

フランスの巨匠演出家,クロード・レジは,再演をほとんどしない。

再演をどうするかということは,「今,ここ」でしか成立し得ない演劇の宿命を考え抜くことであり,過去に対する挑戦を示すことであり,さらに未来を見ようと決意することだ。

 

以上,本の中から,気になる部分を抜粋。
 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-15 15:17:27

尾白の湯

テーマ:山梨県


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-14 15:08:08

さぶとん役者の会、下北沢にて

テーマ:ゆうなっち








 

五人の演目は,以下のとおり

 

まずは,結婚式での,裏話満載のもの。これは,いくつかの面白い事実をどこかで発見し,見事につないだようでさすがです。お互いの出会いは,交通事故での救急車とか,花嫁の友人スピーチがまたおかしい・・・

 

次は,すりがどのようにして詐欺をおこなうか。はては,そのような軽い気持ちでおこなった事件によって,罪もない子どもが窮地に陥る。はては,すり犯人そのものが利き腕を自傷して詫びるが,実は利き手は逆だった「落ち」。

 

妾を囲った主人は,ロウソクの灯も一つ点灯すればよいと下男に諭す。しかし,彼は,黙ってはいない。女房は,一人持てば十分なのに,ご主人は,あっちにもこっちにも女性を囲っている。そんな莫大な無駄をなんと説明するのか?

 

四つの話題は,だだっこが,純朴な父親に,なにか買って欲しいとせがむ。あの手,この手で,親のすねをかじる。それに対し,わかっていても,親ばかな父は振り回されていく。その二人の駆け引き,やり取りが愉快である。

 

退職に近づくと,かつての夢であったギター演奏に熱中する。しかし,会社の社長は,経営では優秀であっても,ミュージシャンとしてはサイテー。そのような男の身勝手に,会社やら,地域は,かき回されていく。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。