親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

いくら考えても考えても同じ所をグルグルグルとまわっていて、どうしたらいいのかわからなくなってしまった方、独りで抱え込まずにお問い合わせください。あなたに寄り添い、しっかりサポートさせていただきます。


テーマ:
「どうして ふじたは
親子での読み聞かせを勧めるのか…
理由があります。」




昨日、あさのさんの本から
いくつか抜粋したんですけどね…

応援クリックして頂けると喜びます^^


あれは、何を隠そう、ふじたの中三のべっぴん娘が
小学高学年の時期に毎夜の読み聞かせで
あさのさんの「ガールズ・ブルー」を読んだ時に
印象に残って「好きだ」と思ったところなんですね。


ブログを書くのに
あさのさんの本を引っ張り出していたら

「あ、あさのさんやん。ブログに出すの?」

「うん、せやで」

「私、あさのさんの本で 
”この言葉好きっ!”
…ていうのが何か所かあったんだよね…」




その後 本を奪われてしまい…(^^ゞ




そして 丁寧に教えてくれたのが
昨日のブログでアップした数カ所です。




何を言いたいかって言うと、

本を読むことで
今自分の問題とリンクする箇所に
出会えるということですね…

(問題…っていうとちょっと悪いイメージあるかな?
「宝」にしましょうかね^^)

はい、仕切り直し^^

今迄自分が隠し持ってきている
「宝」と
出会える。

ということなんですね^^


ふじたは 「かわいそう」 って言葉に反応するので
ブログで引っ張り出してきた。



でも、べっぴん娘は
印象に残った部分がふじたとは違いますよね?


あの時の彼女も 今の彼女も変らず

あの箇所が好き!

って言うことは
そこに救われたのかもしれませんね…



ふじたも あさのさんの あの 

「かわいそう」

の部分で胸が すっとしたのを覚えています。



一つ一つの言葉を目で追うことで
脳を刺激して感情と繋がる。



ああ、こういう言葉を自分は欲していたんだなと…



その繰り返しが
言葉に変換する作業を手助けしますよね…




勿論 そこには
自分の心と向き合うことは必須ですけどね…



なので、読み聞かせを時々お勧めしています^^


児童書であれば少しずつ毎夜続けて読むことで、
「夜の読み聞かせタイム」を
楽しみにしてくれていたりしてね…





っま、無理にすることはないですけどね^^

週末だけとかね…


でもね、そうやって約束していたのに、
子供は待ちきれず

全部自分で読んじゃった!

って話も何人かのクライアントさんから
聞いたことがあります。


そうなったら しめたもんですね^^




読み聞かせが好きだった子供は、
自分で読めるようになり、

いわゆる 本の虫…

になったりしますね…



べっぴん娘が幼稚園の頃
よくアンデルセン童話の大きな絵本を
床に広げて、かぶりつくように読んでおりました^^

あの後ろ姿は 可愛らしかったですねぇ~~^^

今 高2のイケメン息子は、
科学の本が大好きで、

地球誕生!

とかね、

恐竜

とかね

進化

とか、、、

それはもう目を皿のようにして読み漁っていました。



静かだなぁ~~

って思ったら…
妄想の世界に入り込んで
本を広げて

ニタリ…


ですわ(笑)








はい。

そんなわけで

今日は
読み聞かせのお勧めでした^^


今日はサクッ!と軽くね^^


いいっすよ!

読み聞かせ^^

やってる方は
もう よくご存じですよね^^


これからの方、悩んでる方、

まぁ、やってみて^^


っね!!



ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^


応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)