saburosanのブログ

我が家“ハーミテージ・ウィステリア(藤の木庵)"や明野周辺の季節の様子やニュースなどを画像をまじえて紹介します。

NEW !
テーマ:

こんにちは!

今日は1月17日、明野は朝からこの冬一番の好天気に恵まれました。

正月気分が抜けるのと一緒にこの冬一番の寒気団も通り過ぎたようです!

アルプスの峰も昨日まで雪雲に覆われていましたが、今日は雲一つ無く、すべて過ぎ去ったようです。

日差しも気温もあの冷え込みは何だったのかと思わせるくらい、暖かで穏やかな日差しに包まれていました。

朝9時頃、我が家ハーミテージ・ウィステリアのデッキからのアルプスの峰々が余りにも美しかったので思わずカメラを向けてしまいました。


せっかくなので紹介します。


次の一枚はデッキから全体を見た画角で撮ってみました。

左から薬師岳(2,780m)、観音岳(2,841m)、地蔵岳(2,764m)の三つの峰を持つ鳳凰三山、そして中央左よりの雪に包まれた峰がアサヨ峰(2,799m)、そしてそれにつづき、ひときわ大きく雪を抱いた甲斐駒ヶ岳(2,967m)の峰を一望することが出来ます。


そして甲斐駒ヶ岳から右に更に鋸岳(2,685m)と、峰はつづきます。 


 


次の一枚は、鳳凰三山の三つの峰です。

中央が観音岳の頂、その左、なだらかな尾根を伝って少しポツリ膨らんだところが薬師岳です。

観音岳から右に一旦下がってから上がりきったところ、手前の最初の木の枝が重なったところ、わかりにくいですが、花崗岩のオベリスクが立っているところが地蔵岳の頂です。




次の一枚はアサヨ峰です。

鳳凰三山から稜線続きで、より奥に位置するので雪の量も多くなり、5月中旬頃まで頂は雪に覆われています。

アルペン的で好きな山です。




次の一枚はアサヨ峰の右に鎮座する甲斐駒ヶ岳です。

南アルプスの山々が比較的緩やかな山容であるのに対し、駒ヶ岳は険しく荒々しい山容で、アルピニストに人気の山です。



甲斐駒ヶ岳は山容も大きく独立し、向かって左に峻険な岩の壁を持つ摩利支天(2,820M)、更に右には鋸歯状の峰を持つ鋸岳を従え、見る者に険しさを訴えかけて来ます。


明野からの山容は三角形のピラミッド型ですが、長坂や小淵沢方面から見ると、甲斐駒ヶ岳の左に見える摩利支天の絶壁が切れ落ちて、更に峻険な山容を魅せてくれます。



左からアサヨ峰、摩利支天につづく甲斐駒ヶ岳の頂、更に鋸歯状の鋸岳とつづく・・・


明野から見る南アルプスの山容、如何でしたか?

我が家ハーミテージ・ウィステリアより更に高い場所に位置するハイジの村からの眺めは更に素晴らしく、南に富士、西に南アルプス、北に八ヶ岳連峰、東には眼前に茅ヶ岳の頂と、まさに360度の眺望を楽しむことが出来ます。


ハイジの村からの眺望や、ハイジの村の前を南北に走る茅ヶ岳広域農道からの眺望は他では見られない大パノラマ!

スイスアルプスの様な眺望を楽しむことが出来ますよ。


是非一度訪れてみてください。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年明けましておめでとうございます!


明野は雲一つ無い元旦を迎えました。

小生のブログを見ていただいている方に今年も良きことが沢山有りますように祈願いたします。

今年もよろしくお願いいたします。





さて、今日は1月3日、年が明けてもう3日が過ぎました。


ところで初詣は行かれましたか?


私たちは、今年も性懲りも無く、初詣の梯子をしました。


“初詣”って今年初めて神社に詣でることでは?


そうです!


神社ごとに初めて詣でるのですから、どの神社も初詣でしょ!


って、変な屁理屈こねて行ってきました “初詣”


大晦日!

何でこんな見たこと無いような歌手が歌っているの? 

と、文句言いながら不思議と最後まで見てしまった “紅白歌合戦” と、

毎年おなじみ “行く年来る年” を見て年を明かし・・・


元旦!

寝不足で町内の元旦早々“家族全員集合記念写真撮影” の行事に顔を出し・・・


先ず出掛けたのが “金櫻神社”


この数年お参りしているこの神社、昨年の熊手を返納し、新しい熊手をいただいて帰ってきました。


「さあ今年一年、一杯お金をかき集め、一年経ったらお飾り外して、ガーデンのゴミ落ち葉をかきあつめるのに使ったるか!」


なんぞと、罰当たりなこと言いながら帰ってきました。


金櫻神社は、甲府盆地の北、昇仙峡の更に奥に位置し、市街へ出る途中、市街を見渡せる丘から元旦の富士を仰ぐことが出来ました。


甲府盆地を取り囲む山々の向こうに雪を抱いた富士を望むことが出来ました。




そして一日が過ぎ、翌二日

朝餉を済ませ、今度は小淵沢にある “身曾岐神社” を詣でました。


この二つの神社は何としても今年詣でようと思っていた神社!


身曾岐神社は、我が家ハーミテージ・ウィステリアのリピーターMさんが巫女を務めていらっしゃる神社!

紅白歌合戦にも出られた “ゆず” 北川悠仁さんのお母上が教主をされている神社でもあります。


詣でるのは昨年秋の観月祭以来です。


好天続きに恵まれ、沢山の初詣客が露店の並ぶ参道を埋めていました。




参道を抜けて広々とした境内に入ると、正面に社殿、右側に立派な能舞台が設えられています。


能舞台の方から社殿を望む。 ・・・広々とした境内に鎮座しています。


能舞台・・・池の中に浮かぶように優美な姿で佇んでいます。

       昨秋、この前で観月祭が執りおこなわれました。



拝殿にお参りしてからMさんを探しました。


いらっしゃいました! 


巫女スタイルでご祈祷の申し込み受付をしていらっしゃいました。


そっと近づいてお声を掛けたら ビックリ!


「テレビCMで巫女の舞をしているのMさんでしょう?」 と、確認したら、


やはりそうでした。


ちょっとはにかんで 「そうです!」


って、言ってました。 





「お仕事のお邪魔して申し訳ありません! 今年もよろしくね!」


「此方こそ、よろしくお願いします!」


・・・なんて、言っているのかな?


お忙しそうなので、エールを送ってお別れしました。



今年は酉年!


境内では天然記念物の烏骨鶏が飼育されており、元気よく餌をついばんでいました。








金櫻神社では商売の神様なので熊手


身曾岐神社は “ゆず”さんゆかりの神社なので、幸福のゆず矢 を求め、帰路につきました。


小淵沢から明野まで、八ヶ岳を巻くように走る八ヶ岳広域農道からのパノラマは素晴らしく、八ヶ岳から瑞牆山金峰山など秩父連山茅ヶ岳富士南アルプス甲斐駒ヶ岳などを一望することが出来ます。


ちょっぴり、その山々を紹介しますね!


農道の脇に車を駐めて360度、北から東、南、西へとカメラを向けてみました。



広域農道の北に聳える八ヶ岳連峰、白く雪を抱いているのは主峰赤岳


八ヶ岳連峰から右に目をやると、瑞牆山、それに続く金峰山の頂を望むことが出来ます。



そして更に右に向かうと、我が家ハーミテージ・ウィステリアが建つ茅ヶ岳方面




茅ヶ岳から右に目を移すと南に霊峰富士が聳えています。




更に右に目を転ずると南アルプス鳳凰三山、アサヨ峰、甲斐駒ヶ岳、鋸岳の連なりが望めます。


富士につづいて二番目の標高を誇る北岳も雪を抱いた頂を望むことが出来ます。

そして広域農道から離れて長坂に近づくと甲斐駒ヶ岳は更にその大きさを鼓舞するように眼前に聳えてきます。



中央は南アルプス一番の険しさを鼓舞するように聳える甲斐駒ヶ岳、左はアサヨ峰、右は鋸岳の峰々。


長坂から須玉、明野へと近づくと、八ヶ岳連峰は次第に遠のき、偽八(にせやつ)の異名を持つ茅ヶ岳の山塊が大きく近づいてきます。



須玉と長坂の中間、黒沢辺りから眺めた茅ヶ岳の山塊、この中腹に我が家があります。


そして明野に着いて、明野の丘のブドウ畑から八ヶ岳連峰を望むとこんな感じになります。


ミサワワイナリーの西洋品種のぶどう園から望む八ヶ岳連峰




如何でしたか。


小淵沢の身曾岐神社初詣の帰り道、望める山々を撮ったものを順に紹介しました。


望む場所、時間によっていろいろに趣を変える山々の美しさ、その魅力を十分お伝えできないのが残念です。


是非一度、ご自分の目で確かめに訪れていただければ嬉しいです!



・・・この日、帰宅してからもう一つ詣でた場所があります!


明野、永井区の氏神様!


氏子総代でありながら、氏神様をお参りせずして浮気するとは、何たることか!


焼き餅焼いて、罰が当たるといけないと、


早速行ってきました!


ココアと家内と3人(?)で・・・


・・・!?


・・・さて、次は何処へ参ろうか!!









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!


今日は12月27日、昨夜から降り続いた雨が昼に止んで、午後には綺麗な晴れ間が現れました。

関東の海岸寄りは大分強風が吹き荒れたようですが、明野は穏やかな日和に包まれました。


あっという間にクリスマスも通り過ぎてしまいましたが、良いクリスマスを迎えられましたか?


我が家のクリスマスはと言うと、

今年も昨年一昨年と連続ご予約されているお客様がイブにご来庵され、それはもう大変楽しく過ごされ、昨年同様、来年のご予約もして帰っていかれました。


イルミに、そしてお出しするお料理一つ一つに感激され、おもてなしする私たちにとっても嬉しい、楽しい一夜でした。


クリスマスのお客様が、ハーミテージ・ウィステリアの今年最後のお客様になりました。


今年も、春・夏・秋・冬・・・沢山のお客様がハーミテージ・ウィステリアに集い、ひとときの楽しさや喜びを感じ取っていただき、癒されて、帰って行かれました。


客室に置かれたノートに書かれた感謝の言葉、喜びの言葉、そしてお帰りになられる時、掛けていただく言葉にこの上ない喜びを感じ、それを励みにまた頑張って、そして気がつけば一年の終わり!

・・・明野に移って、この仕事を始め、「良かったなあ!」 っと思う瞬間です!


新しい年を迎えて、最初のお客様をお迎えするまでの束の間の自由な時間!

お正月は自分たちの時間として思う存分楽しみます!!



さて今日は、今年最後の物作りに時間を費やしました。


何を作ったかって?


午後の半日、切り干しダイコン作りに費やしました!


ダイコンは11月24日のブログで紹介したSさんからいただいた青首ダイコンです。


裏のガーデンの片隅に埋めて保存しておいたあのダイコンです。





20本もの大根、春までとても食べ切れないので、その半分を切り干しダイコンにすることにしました。


昨年購入した切り干しダイコン作り用の専用器具(切り干し突き)を使って作ります。


ダイコンを綺麗に洗って、皮をピーラーで剥き、切り干し突きに掛けると、ダイコンを細長く切ることが出来ます。


鰹節を削る要領です。


カンナ状の “鰹節削り” を大きくしたようなものが “切り干し突き” です。


そして切り上げたものを干し網に広げて干し上げます。


ウッドデッキ一杯に干し上げました。



干し網や梅干し用のザルを使ってデッキのテーブル一杯に広げ、干しました。


干し網は、昨年切り干しダイコン用に自作したものです。



またまたバッファロー君登場です!


小鳥が近寄らないように真ん中でバッファロー君が、“にらみ” を効かせています!?


今日からお正月まで好天が続くそうです。


大晦日辺りまで干せば、


      真っ白くて綺麗な切り干し大根が出来そうです!


干し柿に続いてまた一つ、


      田舎のお正月の、


            お年始のお土産が


                   増えそうです!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。