もう一つの真田氏ゆかりの地を訪ねました!

テーマ:

こんにちは!


今日は8月21日、8月も残りあと10日となりました。

夏休みを利用して来庵されるお客様のおもてなしに追われ、あっという間に3週間ほどが過ぎ去ってしまいました。


今年は例年に無く暑い日が続きましたね。

おまけに毎日のようにリオ・オリンピック参加選手達の活躍を知らせるニュース映像!

“熱い” 戦いを観る度に、“暑さ” 倍増です!!


我が家ハーミテージ・ウィステリアの夏のお客様が途切れた翌日、今年も家内の姪のちゃんが夏休みを使って2連泊で来庵しました。


毎年恒例で、夏休みのひととき、南アルプスや中央アルプス、八ヶ岳周辺などをドライブし、“高原の涼” を楽しんでいます。

今年は天気が良ければ、北アルプス方面まで足をのばし、周辺のドライブ旅行を楽しもうと思っていましたが、この連日の異常な天気、雲が多くて山旅は楽しさ半減なので諦めました。


そこで先日寄ることが出来なかったもう一つの真田氏ゆかりの地、“松代” を、Kちゃんと歩いてみようということになりました。


松代は長野市の善光寺の南に位置する小さな城下町、徳川幕府となってから1622年(元和8年)、関ヶ原の戦いで徳川方に組した真田昌幸の長男信之(信幸)が上田城から移封されて以来、明治維新まで真田氏が治めた地です。


町の一角には真田氏と関わりのある史跡が沢山の残されています。


前回と同様、141号線で佐久経由で松代まで直行することにしました。

佐久から中部横断道に入って、今回はそのまま上信越道に合流し、長野方面に向かって更埴JCTで長野道に入り、長野ICで降りました。


ICを降りればもう松代町内です。


実は、長野県は20代の頃から幾度となく車で走り込んだ地、特に長野市周辺、松本市周辺は地図が無くとも地形を頼りに走れば行けない所はないほど走り込んだ場所でした。


しかしこの数十年足は途絶え、久しぶりに訪れてみてビックリしました。・・・あまりの変わりように!


長野オリンピック以前、高速道路は無く、道と言えば一般国道、県道のみ、更埴、松代、須坂、小布施、その周辺のスキー場、どこへ行くにも一般道路のみの時代でした。


松代の町も様変わりしていました。

初めて訪れたのは30代前半の頃だったように記憶しています。

もう40年近く前のことです。


高速を出て最初に松代町内に入ったのですが、高速が出来て、あたらしい道が増えて、昔たどった道がどこだったのかさっぱり見分けがつきませんでした。


松代に入って最初に見つけた旧松代藩鐘楼


旧松代藩鐘楼・・・初代藩主・信之が1624年(寛永元年)に設置されたもので、その後3度の火災で焼失し、現在のものは1801年(享和元年)に再建され、2012年に修復工事されたものだそうです。


真田邸近くに来たとき、周辺のお屋敷に植えられている台杉など、背の高い樹木の全体風景に懐かしさを覚え、

「あっ、ここだ!ここだ!」 って、一瞬叫んでました。


真田邸近くの駐車場(記憶にあるのはもっと鄙びたひろい原っぱのような場所だった)に車を置いて、先ずお昼をいただくことにしました。


駐車場のすぐ脇、松代城跡(海津城跡)公園前に立派な和風レストラン“竹風堂”が建っていたのにまたビックリ!

竹風堂は、栗菓子で有名な小布施が本店、松本市内などにも支店を持つ、老舗です。



3人一緒にお店自慢の栗おこわのセットをいただきました。


美味しい和風ランチをいただき、最初に訪れたのは松代城跡公園(海津城跡公園)







松代城跡公園(海津城跡公園)

松代城は、もとは海津城と呼ばれ、戦国時代武田信玄が上杉謙信との戦に備え山本勘助に築城させたと言われています。

NHKの大河ドラマ“真田丸”でも前半のお話に登場した場所ですが、徳川幕府になって後、1622年、真田信之が初代城主となって以来、明治維新まで真田氏の居城となってきました。


廃城後は城としての景観を失ってきましたが、昭和56年に現存する真田邸(新御殿)とともに国の史跡に指定され、櫓門、木橋、石垣、土塁、堀などの修理復元が進められ、平成16年から江戸時代後期の姿で一般公開されたということです。


私たちが初めて訪れた頃はこれほど立派な姿でなかった様に記憶しています。

真田邸は訪れていましたが、城跡はどこなのか分からなったように記憶しています。)





復元された本丸跡の土橋前で



本丸の周囲を囲む内堀、城跡を示す図に表された外堀は埋め立てられて現在はありません。


城跡公園周辺が驚くほど綺麗に整備されていました。

道路は昔の城郭を思わせるような大きな平石が敷き詰められていたり、細かい砂利が敷かれていたりして、昔の面影が全くありませんでした。(昔の方がノスタルジックで味が有ったように思いました・・・)


城跡公園を一巡りしてから真田邸(新御殿)へ向かいました。


現在の真田邸は江戸後期1864年(元治元年)に建てられたもので、江戸末期参勤交代制度が緩められ、江戸住まいの9代藩主真田幸孝の義母、貞松院が松代に帰ることなり、その居宅として建てられたものとのことです。

明治維新後は真田家の別邸として使われ、昭和41年に長野市に譲渡されたとのことです。



真田邸は昔訪れたときと同じ姿で私たちを迎えてくれました。

こちらも上田と同様、真田丸ブームで、“信州 松代 真田大博覧会”なる催しを開催していました。


以前訪れたときは屋敷の外からだけ見たように記憶していましたが、今回建物内部も公開され、生活用具なども適所に配置され、武家社会の生活が体感できるよう工夫されていました。



奥座敷から庭園を望む。








真田邸を出て、文武学校へと進みました。

以前は真田邸内から直接文武学校内に入れたように思いましたが、一旦屋敷を出て学校への道をたどりました。



文武学校へと続く、真田邸を取り囲む白い漆喰の塀



文武学校

松代藩が設けた文武併習の学校として1855年(安政2年)に開校され、修学所や剣道場、柔術場、弓道場などが設けられており、一時、松代小学校校舎としても使われた時代があったとのこと。


畳の部屋が幾つも続く修学所の長い廊下


ふすまを隔てて広い畳の部屋が幾つも続く修学所内部



高い天井を持つ、板張りの広い剣道場



剣道場の脇に建つ東序の上がり框でちょっと一休み!




剣道場と別棟の弓道場


文武学校を出てから観光案内図を頼りにこの地に来たもう一つの場所、矢沢家を訪ねました。


それは文武学校から10分ほど歩いた場所にありました。




矢沢家は上田を紹介したときにもお話しましたが、NHK大河ドラマ“真田丸”にも登場する真田氏の重臣矢沢頼綱・三十郎(頼幸)の直系、関ヶ原の戦いの後は当主となった真田信之に仕え、上田から松代への移封に伴い随行し、明治維新まで代々松代藩筆頭家老を務め、藩中最高位の家格であったとのこと。


現在表門のみ外部から観ることが出来、間口13メートル余り有る長屋門の大きさから格式の高さをしのぶことが出来ます。


両翼に白い漆喰壁の塀を設えた門構えは見事としか言いようのない風格が感じられます。



鬼瓦や破風に配された六文銭や白い漆喰壁などが堅固な城門を思わせる




現在の表門は2005年に起きた火災の類焼被害を受け、修復工事でよみがえったもので、当時の部材がそのまま使われている箇所が数カ所認められ、当時の被害の様子を垣間見ることが出来ました。

庇の桁などの一部に焼け焦げた部材がそのまま使われているのを見つけました。






さて、前回上田を紹介したときにちょっぴり触れた矢沢家との関わりについてですが、今度こそお話ししたいと思います。


私たちが長野方面を訪れるようになったきっかけからお話します。


30代前半頃、今でも発刊されている旅の雑誌、“るるぶ”に掲載されていたペンション“樹里庵”に初めて行ったのがきっかけです。

10月10日結婚記念日の小旅行に行ったのがきっかけでした。

秋の紅葉の美しさに魅了され、それからフルシーズン、幾度となく行くようになりました。

冬のスキー、春の山菜、夏の涼を求め、秋のピンと身の締まるような冷たさと秋の恵みを求め・・・



何よりもオーナーご夫婦の人柄とおもてなし料理のおいしさに惹かれたのかもしれません。


そんな何度目かのある日、

到着してキーをいただいたときにオーナーがポツリと言いました。


「今日は、3組様とも矢沢さんですよ!」 て、最初訳が分からず聞き返したら、


「お客様は3組様だけで、3組様みなさん矢沢さんです」 と、おっしゃいました。


何組もお客様がいて、その中に3組も同じ姓の方がいらっしゃるならともかく、

たった3組のお客様、それが全て同じ名字だなんて! ・・・ビックリでした。

それも鈴木や田中、木下ならともかく、矢沢なんてそんなにある名字でもないので・・・


夕食後、プレイルームで休んでいたとき、そのうちの一組の矢沢さんとお話しする機会を見つけ、お話ししたら、同じくらいの年格好のご夫婦で、お住まいは長野市内とのこと、そして松代の矢沢家の末裔とのことでした。

もう一組の矢沢さんとはお話しする機会はありませんでしたが、オーナーの話では、お住まいは沼田とのことでした。


沼田真田氏の領地だったところ、そして沼田城は一時、矢沢頼綱・頼幸親子が城代をつとめた城でもあり、沼田に矢沢の姓が残っていても不思議ではない所。


目に見えない糸に引かれて樹里庵に集まったような、何か不思議な気分に浸ったのを覚えています。


それなら我が家の実家、藤沢の矢沢は何なんだ?


実家は藤沢の弥勒寺に400年前からつづく家、実家の寺“弥勒寺”に残る過去帳では実家の隣の矢沢家とは途中で分家したようで、弥勒寺町内ではその2軒だけで、どこから来たのかが不明。

隣の鎌倉には古くから何軒か矢沢姓が残っているようなので、そちらからの流れをくむのかなあと、いまは漠然と思っているところです。


真田丸が、矢沢氏のことを久しぶりに思い出させてくれて、矢沢という姓のルーツがもっと詳しく分かれば更に面白いのになあと、思うこの頃です。



さて、そんなことを思いながらそろそろ駐車場に向かおうと城跡の方へ歩いていたとき、小山田という表札を見つけました。


大きな門の脇に掲げられた案内板を観てビックリ!


お屋敷は、真田丸にも登場する昌幸の娘、が嫁いだ小山田茂誠の直系の方のお住まいでした。


真田信之に随行し、松代藩では次席家老を務めていたとされています。


小山田家の門前で記念にパチリ!




真田邸や、松代城跡の方から振り返って矢沢家表門、小山田家の在るまっすぐな通りを望むと、後方に見える山の形が昔の記憶を呼び戻してくれました。



夏の観光は暑さとの戦い!


同じ道を戻るのはつまらないからと、大きく道を変え、松代から長野善光寺の方へ進路を変え、善光寺の裏山から戸隠神社中社へと向かいました。



戸隠神社中社の鳥居・・・気温23℃ しかし、湿度高くあまり涼しさは感じられなかった。



戸隠神社はおそばが有名!

でもお昼に食べた竹風堂の栗おこわがまだお腹にあって・・・




代わりに、中社近くの喫茶店で、コーヒーとそばクレープをいただきました。


そして、県道36号線で鬼無里に出て、国道406号線で白馬まで、雨のそぼ降る曲がりくねった山道をひたすら走り、白馬から大糸線に沿って大町まで、そして豊科で長野自動車道に入り、須玉まで一直線に帰ってきました。


走行距離は350キロほどのドライブコースでした。


天気は今一でしたが、今年もKちゃんとの小旅行を楽しむことが出来ました。


来年は、どこへ行こうか? 走ろうか!














AD

ブラックベリージャムを作りました!

テーマ:

こんにちは!


今日は8月17日、8月に入って初めてのブログです。

前回から2週間以上が経ち、その間にお盆も行ってしまいました。

例年になく蒸し暑い日が毎日のように続いていましたが、明野の丘のサンフラワーフェスティバルは、今年は夏につきものの台風到来による風の被害も無く、ひまわりの咲きも人出もまずまず盛況のようです。


次の写真は、8月11日、丘の様子を見に出かけたときの様子です。



一番人出が見込まれるお盆に合わせて植え付けられた畑のひまわりがちょうど良い見頃を迎えていました。

残念だったのは、例年より湿度が高く、背景の南アルプスの山々が美しく撮れなかったことです。


中にはご覧の様な “いたずら者の作品” が見られました。



“ポケモンGO” に夢中になるより、この方がずっと空想力もあって楽しいんじゃないかって思いますけどね!


我が家ハーミテージ・ウィステリアのガーデンにもひまわりが咲いています。


ちょっぴりですがね!


北杜市からいただいた種をアトリエガーデンに蒔きました。

小さいですが可愛く咲きました。



ひまわりは夏の風物詩!


ひまわりは日に向かって咲いていると思っている方もいらっしゃるようですが、そうじゃありませんよ!

朝東を向いて、昼には南、夕方西なんてことはありません。


明るい方を向いて咲くことは間違い有りません!

広い畑で咲いているひまわりは殆ど、日が上がって来る東の方を向いて咲いています。

でも、東や南側が山の斜面で陰になってしまうような所では、反対側を向いて咲いているのをよく見ることが出来ますよ。


さて、ひまわりのお話はそのくらいにして、ハーミテージ・ウィステリアの夏のお客様がやっと途切れた今日、もっと早くにブログに載せようと思っていた “ジャム作り” のお話をさせてください。


ブラックベリージャム作りのお話です!


ハーミテージ・ウィステリアのガーデンにはブラックベリーの木が3株ほど植わっています。


今年、その3本の木から沢山のブラックベリーを収穫出来ました。


2日置きぐらいで何回か収穫しましたが、4~5キロくらい収穫出来たように思います


ブラックベリーがなっている様子です。はじめは赤みを帯びていますが、熟すと真っ黒くなります。




ブラックベリーは、フランスのフランボワーズで有名なラズベリー(木イチゴ)と同じ仲間です。


果実は熟すと、中心に一つずつ種を持つ、真っ黒なつぶ状の果実が集まった集合果を形成します。


黒く見えるのは赤い色素が極めて濃い為で、果汁を薄めるととても綺麗な赤色に変化しますよ!


形は桑の実に似ていて、大きなものでは直径2センチ、長さ3センチくらいになり、ラズベリーの仲間では一番大きな実を結ぶ方かと思います。


完熟すると、糖度も高く、酸味もほど良く、香りも良く、生食でも美味しくいただけます。

但し、が邪魔になるのが “難” ですが・・・



大きく綺麗に熟したものは、生食用としてそのままお客様のデザートに添えたりして、多くはジャムソースに加工しました。


今年初めて保存用に瓶詰めジャムを作りました。


去年まではそのまま砂糖で煮込んでソースとしてデザートにかけたりして食していましたが、種を除けばもっと美味しくいただけないかと考えて、種取りに挑戦しました!




綺麗にヘタを取り、洗浄し、若干の水と、砂糖を加えてソース状に煮込んでからミキサーで潰し、裏ごしして種を除き、さらに煮詰めます。


適度にとろみが出てきたところで火から下ろし、熱くて流動性のある内に瓶に詰め軽く蓋をします。

すべて瓶詰めできたらもう一度、蓋付きの瓶ごと蒸し器に入れて加熱処理し、熱いうちに蓋を固く締めて完成です。


ひっくり返しにして冷めるまで静置し、蓋から中身が染み出てこなければ瓶詰め完了です!




自家製ジャムのラベルを貼って、お客様のお土産用として今年デビューをはたしました!


明野産のリンゴを使った、当庵自慢のリンゴジャムのお仲間が出来ました。



この夏、ご来庵されたお客様にソース、ジャムをお出ししたら、皆さん大絶賛!!


香り良く、


甘みも酸味もほど良い、


すてきなお土産が出来ました!


いかがです!?



AD

真田の郷に行ってきました!

テーマ:

こんにちは!


今日は7月31日、7月も今日で終わり!

先日梅雨が明けたと聞きましたが、今日やっと梅雨明けらしい天気に恵まれました。

久しぶりに雲一つ無い南アルプスを望むことが出来ました。


明野の夏は、例年ならば気温は上がっても湿気の無いさっぱりした陽気なのに、今年は何時までもむしむししたはっきりしない天気が続いていました。

それでもお客様は涼しいと言ってくださいます。下界はさぞかし暑いのでしょうね!


さて今日は旅の話です。


先日28日、お客様の間を縫って、仕事の用事も兼ねて、NHK大河ドラマ“真田丸”の舞台でもある信州上田まで行ってきました。


信州上田は真田氏三代ゆかりの地、真田氏発祥の地である“真田の郷”や、上田城跡などを訪ねました。

朝9時明野を発ち、国道141号線を北上し、小諸で国道18号線に入り、東御で県道4号線に入って、菅平方面に向かってひた走り、途中で左折して真田の郷に向かいました。


上田市街から延びる国道144号線と県道4号線が交わる南側一帯が真田の郷



真田氏館跡真田本城跡砥石・米山城址矢沢城址(矢沢公園)など真田氏ゆかりの史跡を訪ねることが出来ます。


最初に立ち寄ったのが真田氏歴史館



館内には幸隆から続く真田氏三代の歴史を紹介、古文書や武具、写真などが展示されていました。


現在放映中の大河ドラマ“真田丸”はもちろん、1985年、NHKで放送されたテレビドラマ“真田太平記”で使われた、昌幸、信之、信繁の甲冑も展示されていました。


当館は“鶴瓶の家族に乾杯”でも紹介されていたのを、敷地内に入ってすぐに気付きました。


館を出るとすぐ前に、私たちを待っているかのように、食事処、“真田庵” が建っていたので、誘われるように入ってしまいました。(・・・単にお腹がすいていただけ!)




クルミのたれと黒ごまのおはぎと、蕎麦のすいとんセットをいただくことにしました。


真田庵の座敷の窓から遙か山の中腹に真田本城跡を見ることが出来ました。

(お店の方に教えていただきました。)




懐かしい味のセットをいただき、お腹がいっぱいになったところで、歴史館を後に、国道144号線を南に下り、上田城跡のある上田市街へと向かいました。


立ち寄ってみたい史跡は他にもありましたが、仕事の都合上、次回のたのしみに残すことにしました。


上田城跡は国道18号線から上田駅前通りに入った所に位置し、過去幾度となくその前を通ったことは有りましたが、立ち寄ったのは今回が初めてです。


これも大河ドラマ“真田丸”効果なのでしょうか。

上田市街も至る所“真田丸”一色! 三つの丸が二列並んだ六文銭の“幟”が乱立状態!


城跡の駐車場を探し当てたら“満車”!


諦めようと思ったら警備員の方が、 「入れ!」 「入れ!」 の指示!?

誘導されるがままに場内に入ったら丁度運良く空いた一台分のスペース!

それも木陰に空いた一台分のスペース!

順番待たずしてすんなりゲット!


駐車場は、今春1月2日に放送された“ブラタモリ”“鶴瓶の家族に乾杯”のコラボ番組の中でタモリが石垣の積み方に関心を示していたあの石垣のすぐ南に面した広場にありました。


当時は千曲川が流れていて、自然の堀を形成していたと言われていた、その場所です。




上の写真の赤く現在地と書かれている近くに車を置き、復元された西櫓の西側に作られた急な階段を上って城跡内に入りました。


駐車場から西櫓を望む・・・櫓に向かって左側に急な上り階段があります。


西櫓の西側の階段途中から城の南側の石垣東虎口櫓門の南櫓を望む


階段を登りきって右に進むとすぐ、左側にたいらな広場、本丸跡に出ます。




そして、本丸跡の脇には真田昌幸、信繁親子を祀る真田神社が建てられていました。



真田神社の参道を逆に進むと、城の表城門、復元された東虎口櫓門に至ります。


城門をくぐり抜け、一旦外に出て、真田丸大河ドラマ館に向かいました。


 



北櫓南櫓、二つの櫓を持つ、東虎口櫓門を出るとすぐ、北側の石垣に真田石と呼ばれる城内一と言われる長径3mの大石が組まれています。


真田石・・・真田信之公が松代移封のとき持ち去ろうとしたが、微動だにしなかったとの逸話が残されています。


東虎口櫓門から本丸を、東から北、西へ、西櫓まで取り囲むようにめぐらされた内堀


真田丸大河ドラマ館は2016年1月17日から2017年1月15日までの期間限定ミュージアム。



ドラマ館内には出演者が着用した衣装や小道具、ドラマのセットなどが並び、真田丸ファンで賑わっていました。


展示館を出て、再び城跡内から元来た道をたどり、駐車場へと戻りました。

次に立ち寄りたかったのは松代市街


松代は真田氏が徳川幕府によって移封された地であり、城主となった真田信之公松代城跡真田邸文武学校など、江戸幕府以降の真田氏の史跡が数多く残っている場所です。


真田邸の周りには武家屋敷が数多く残っており、我が家と同じ姓、矢沢邸も現存しています。


大河ドラマ“真田丸”の中にも登場する、矢沢頼綱・三十郎親子のご子孫になられるお宅です。

矢沢氏は真田氏の重鎮、真田の郷の矢沢城址も当家のお城だった所です。


いつぞや真田氏に絡んだお話で、「えー!!」 って、驚くようなお話があると、ブログでも書きましたが、それがこちらの方とのお話なんです。


松代に立ち寄ったときに是非ご紹介したいと思ってましたが、今回は次に行かねばならない場所があって、時間的にも無理なので、諦めることにしました。


なので、このお話も次に譲ることにいたします。


いつかまたの機会を是非お楽しみに! (・・・必ず書きますよ!)


ではまた、ごきげんよう!!





AD