ご無沙汰しております。

ヴェリテクリニックの藤本です。

 

久しぶりのアップはモニター様の写真です。

鼻と輪郭をすっきりしたいとの希望で来院されました。

では術前写真から

 

鼻先がもう少し伸びて、斜めのフェイスラインと顎が出たらよいかなと考えました。

そこで提案した手術は、鼻中隔延長、顎プロテーゼ(オーダー)、エラ削りです。

 

それでは早速術後です。

 

顎プロテーゼとエラ削りの相乗効果でフェイスラインはかなりシャープに整えることができました。

また、鼻中隔延長によって鼻は斜め下に伸び、結果Eラインが整って口元の突出感がなくなりました。

現在まだ術後1ヵ月ではありますが、完成に近い腫れのひき方でとても良い経過であると思います。

 

鼻中隔延長は鼻中隔軟骨を使用しています。

エラは口腔内切開で切っています。

顎プロテーゼは

このようにあらかじめ作成した骨モデルにフィットするように作成して、かつ骨に固定するので、

ずれるリスクは最小限であると考えています。

 

この患者様のように、輪郭と鼻を同時に改善することで、ダウンタイムも一度で済み、

なおかつ一気に雰囲気を変えたいと考える方はぜひカウンセリングにお越しくださいニコニコ

今なら輪郭モニターに目鼻も同時モニターで可能ですよドクロ目鼻

 

AD