フジモクの家 富士・三島・御殿場の工務店~新築・リフォーム~

フジモクは、静岡県東部を拠点に富士ひのきを使用した木造注文住宅をつくっている工務店です。

富士市 注文住宅

富士市 新築一戸建て

住宅を建築するとき、希望を挙げたらきりがありません。

家族全員がストレスなく動ける、ゆったりと過ごせる、片付けやすい、モノがたくさん仕舞える、冬暖かく夏涼しい、風が通る、明るい…などなど。

全てかなって「住み心地の良い家」と言えるのではないでしょうか?
そしてこれらに大きくかかわるのが設計です。

私たちは住み心地の良い家に住んでほしい、住み心地の良い家を提供したいという強い思いがあります。

家の中での動きを考え、豊かな空間のつくり方を学び、様々な収納のアイデアを発想し、熱や湿気のことを理解し、風や光の性質を知ることに努める。

そうしてフジモクの家のご提案に至るのです。

このブログを通してフジモクの家づくりの考え方などを共有できればと思っています。

富士市注文住宅

テーマ:

【初公開♪私たちがフジモクの家SNSを発信しています!・フジモクの家SNSコンテンツ制作現場レポート①】

 

こんにちは、インタビュアー・Kです。いつもフジモクの家の投稿をご覧いただきましてありがとうございます。富士ヒノキの家づくりのフジモクからもみなさんへ感謝の気持ちを届けよう、と今回の企画は「フジモクの家SNSコンテンツ制作現場レポート」です。

 

インタビューを申し込んだきっかけは「Facebookやブログ、Instagramは誰がやってるの?」「施工事例をFacebookでみてますよ」という声をスタッフの方から常々聞いていたからなんです。

今日はみなさんにとって顔見知りの方が登場しますよ。それでは、インタビュースタートです。

 

—(K)今日はフジモクの家SNS企画運営のスタッフの方へお集まりいただきました。川口(社長)、大塩さん(工務現場)、川口昌子さん(キト暮ラスカ担当、総務全般)、よろしくお願いします。

 

 

Q. ソーシャルメディア(Facebook、ブログ、Instagram)を使って、発信を始めようと思ったきっかけどんなことですか?

A. (川口社長)私たち自身、まだまだ家づくりをしていることや、会社そのものの存在が知られていない。これからも一人でも多くの方にそんな私たちのことを知ってもらいたい、そんな思いからのスタートです。

私は「いい家づくり」のためには、お互いの「共感」がとても大切でそれが一番いい家づくりにつながると思ってます。こんなはずではなかった、ということもなくなりますからね。私たちのような作り手がしっかりと想いを伝え、それに共感してくれる方とつながるには、ソーシャルメディアがツールとして向いているとも思いましたし、ショールーム「キト暮ラスカ」での“共感体験“のお誘いもしやすいですね。

 

(大塩)SNSスタート時はホームページのリニューアルも同時進行で、どうやって裾野を広げていくか、悩みながらやってました。SNSでは、自分たちで文章を書くことに正直抵抗がありましたけど、自分たちが想うことを率直に出すことが大事だからやっていかなきゃ、と。

 

−(K)富士山の麓でお仕事をするフジモクさんが、当初はまさに「裾野を広げる」ことを目的に、会社一丸で新しいことにチャレンジしていったんですね。

 

インタビューは次回に続きます。お楽しみに!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)