富士美薬局のま~先生のブログ(埼玉県入間市・西武池袋線・武蔵藤沢駅前)

病気への不安を本気で取っ払いたいアナタが、ゆっくり相談できる子宝不妊と漢方薬の専門店

心と体を元気にして、アナタを益々輝かせるお手伝いをします!!


テーマ:

病院での不妊検査で分かるのは、

主に、排卵と精子と受精の場である卵管の状態です。


排卵があるかどうかは基礎体温で、ある程度見当がつきます。


さらに、超音波で見れば卵胞の成熟の度合いや、排卵しそうな卵胞、

排卵せずに残った卵胞などがちゃんと見えて、よく分かります。


ただし、

排卵した卵子がちゃんと卵管に取り込まれたかどうかは確認できませんし、

卵の質も分かりません。


卵子と精子が出会う卵管がちゃんと開通しているか、ふさがっていないかは、

子宮卵管造影検査で判断できます。


精子があるかないかは精液検査をすれば分かります。


ただ、その精子が受精能力があるかどうか、

ちゃんと卵の中に入っていけるかどうかは、

正確には判断できません。


つまり検査で分かることは、

排卵があるか、卵管が詰まっていないか、

ちゃんと動く精子が一定数あるか、などで、

ピックアップ障害、受精障害、着床障害の問題などは分からないのです。


ですから、この基本検査で錯覚する人が多いのですが、

精液検査でちゃんと精子がいて、子宮卵管造影検査でちゃんと精子がいて、

子宮卵管造影検査でちゃんと卵管が通っていて、

超音波検査でちゃんと排卵がある…

それは単に妊娠に向けてのスタートラインに着けるかどうかの

基本検査だということです。


「正常です」と言われて

「正常なのに妊娠できない」と思ってしまうのは間違いです。


あくまでも検査結果が正常だっただけで、

子どもができにくい原因のすべてをチェックしたわけではありません。


検査で正常なのにどうして子どもができないの??

と悩むのは、もったいないことです。


検査ですべてが分かるわけではないことを

ぜひ知っていただきたいと思います。


また、検査では分からない部分の改善に

漢方療法が有効なケースが多いことも

知っておいてくださいね。

いつも応援クリックあがとうございます!!

今日もポチっと、お願いいたします!(^^)!

↓↓↓

 

富士美薬局を利用いただいているお客様の多い地域

入間市・狭山市・所沢市

川越市・飯能市・日高市

青梅市・羽村市・あきる野市

東大和市・立川市・西東京市

東久留米市・練馬区・豊島区

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。