富士美薬局のま~先生のブログ(埼玉県入間市・西武池袋線・武蔵藤沢駅前)

病気への不安を本気で取っ払いたいアナタが、ゆっくり相談できる子宝不妊と漢方薬の専門店

心と体を元気にして、アナタを益々輝かせるお手伝いをします!!


テーマ:

【日本経済新聞の記事より】


NTTドコモ、KDDIなど通信各社と東北大学は


大きな災害時でもつながりやすい通信技術を開発します。


東日本大震災では基地局の損壊や安否確認の集中で


携帯電話が通信不能に陥ったが、


新技術は損壊を免れた設備が壊れた設備を代替し、


防災や救急など被害拡大防止に不可欠な情報の通信手段を


優先的に確保する仕組みを導入します。


被災地で実証実験を始め、3年後にも実用化を目指します。


東日本大震災でドコモが最大90%、


KDDI(au)は95%の音声通話の規制を迫られ、


大災害時に携帯での通話が困難になる問題が表面化。


災害に強い通信回線の確保は各社共通の経営課題です。


各社は個別に災害に強い技術の研究を進めているが、


総務省はより広範な通信網の連携を促したい考え。


新技術の研究では通信会社の枠を超えて連携する手法も検討します。


研究開発にはドコモや東北大のほかNTT、スカパーJSATなどが参加。


NEC、富士通といったメーカーも加わります。


数社ごとのグループに分かれ主要な研究テーマを分担し、


研究成果を共有します。


ソフトバンクは今回の実証実験には加わらず、独自に技術開発を進めるとのこと。


研究テーマは


(1)損壊した携帯基地局から、


別の基地局や無線LANに自動的に切り替える技術


(2)主要な回線が切れた場合、


衛星回線が代替する技術


(3)被災した電話局に代わり


非常用の電話局を早期に構成する技術


(4)生き残った様々な通信網を連携させる情報処理技術――など。


通信容量を需要に応じて通話やデータに自在に割り当てるほか、


重要な通信を維持するため動画などの娯楽データを規制する研究も進めます。


総務省が災害に強い通信ネットワークの整備を進めるため


2011年度第3次補正予算で措置した約75億円を開発費として活用します。


東北大は独立行政法人の情報通信研究機構と共同で学内に


「耐災害ICT研究センター」を設置しました。


総務省の予算約84億円で通信技術を評価・検証する試験設備を整備します。


ここに産学連携の研究テーマを持ち寄り、成果は各社が共有します。




すばらしい研究開発ですね!!


国と企業が共同して進めるというのが、さらに意味のあることだと思います。


税金の有効活用にホッとするのは、私だけでしょうかあせる




ブログランキング、おかげさまで上位をキープ
今日も1回、クリックをお願いいたします(^。^)

↓↓↓

人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。