富士美薬局のま~先生のブログ(埼玉県入間市・西武池袋線・武蔵藤沢駅前)

病気への不安を本気で取っ払いたいアナタが、ゆっくり相談できる子宝不妊と漢方薬の専門店

心と体を元気にして、アナタを益々輝かせるお手伝いをします!!


テーマ:

排卵期


約2週間で直径20mmほどに成長した主席細胞が弾け、


卵巣から卵子が出ていく時期を排卵期といいます。


十分に大きくなった卵胞は、脳の司令塔に向けて、


「大きくなったよ!」と伝えます。


これを受けた司令塔は、「では最後の仕上げに!」と、


これまでとは違う刺激を卵胞に与えます。



この刺激を受けて、卵胞は十分に育つことができ、


卵巣から卵子が出ていくことができるようになります。



これと同じ頃、卵巣は子宮に対して


「もうすぐ胚がいくよ。だから、ふかふかのベッドにして!」と子宮に伝え、


子宮はこれを受けてベッドの準備をします。



卵巣の成長に伴い、卵巣でつくられる卵胞が直径20mmほどになると、


卵胞ホルモンは視床下部に向けて卵子が排卵できるまでに育ったことを知らせ、


これにより視床下部は下垂体に卵胞刺激ホルモン(FSH)を抑えさせます。



これと同時に下垂体は、


卵巣に向けて大量の黄体化ホルモン(LH)を分泌し、


卵巣の成熟を促します。


これをLHサージ(黄体化ホルモンの大放出)といい、


LHサージの約36時間後に排卵するといわれています。



また、卵胞の発育に伴って、


卵巣でつくられる卵胞ホルモン(エストロゲン)は子宮内膜を刺激し、


これを受けて子宮内膜が増殖していきます。



わかりやすい月経のしくみ(6)につづく



ブログランキング、おかげさまで上位キープ
今日も1回、クリックをお願いいたします(^。^)
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング










漢方、不妊症の安心相談は

ま~先生のお店、富士美薬局にご相談ください。

                                        http://www.fujimittel.com/

いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「ま~先生の独り言」 の記事

[PR]気になるキーワード