冬の土用

テーマ:

今年もよろしくお願い致します

 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
皆様のおかげで今年も無事に新しい年を迎えることができました。
本年もスタッフ一同、皆様の抱える痛みを少しでも減らせるよう努力して参りたいと思います。
   

冬にも土用がある

今や、夏の風物詩の一つとなっている「土用の丑の日」
「この日はうなぎを食べよう!」とスーパーやコンビニエンスストアが宣伝に力を入れていますね
暑い時期を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるこの行事
実は 安永・天明の頃(1772年 - 1788年)からの風習なんですって

この「土用」ですが、1日を指すのではなく期間だってご存知でしたか?
しかも、夏だけではなく各季節にあります

「冬の土用」が 1月17日頃から
「春の土用」が 4月17日頃から
「夏の土用」が 7月20日頃から 
「秋の土用」が10月20日頃から

では、冬の土用は何を食べると良いのでしょう
所説ありますが、冬の土用には夏(未)を取り込むため「未の日」に「ひ」のつく食べ物、または赤い食べ物を食べると良いといわれています。

ただ、スーパーなどでは「冬土用の丑の日」としてうなぎが売り出されることもあります。
「土用の丑の日」で夏のイメージが強いウナギですが、実は旬は晩秋から初冬にかけて
冬眠に備えて身に養分を貯えるそうです
せっかくですから、旬の美味しいうなぎを食べるのもいいかもしれませんね。
AD