建設業許可をとりたい!神奈川県 相模原市、座間市、海老名市、大和市、厚木市、伊勢原市

5年に一度の許可更新、1年に一度の決算変更届、会社設立、労働保険や社会保険、政策金融公庫の融資の申し込みたいetc. その他お気軽にご相談ください。



建設業許可 虎の巻  無料で差し上げます!

難しいとされる建設業許可。でも、ご心配はいりません。
とにかく分かりやすく解説しています。


さらに!


これから初めて建設業許可をとろうとされる業者さんが
3分で分かるようにまとめた自己診断チェックもご用意しております。




PUSHボタンをクリックして、ぜひご入手・ご覧くださいませ。

テーマ:

商品を販売する小売業であれ、

従業員が数人で施工する建設業であれ、

「人」の営みであることは同じです。

ところで、社長さんは自社の従業員をどう思っていますか。

 

「従業員に考えさせるとロクなことない」

「ウチの従業員は馬鹿だから、俺がしっかり教育しないと」

と、社長さんからはこんな答えが返ってきそうです。

 

・・・私としては、

「考えてやってみる楽しさを教えていない」

ように感じられるのです。

 

 

従業員教育とは、高い受講料を会社が支払ってあげて

資格をとらせるだけではないのです。

 

例えば、建設業の場合でしたら、施工の技術を与え、

考える訓練をさせ、従業員自ら実践し、一人前の仕事が

できるようにする一連の環境づくり。

 

 

これが大切だと存じます。

 

 

もし社長さんが「人」に焦点を当てた従業員教育をされて

いないのでしたら、通りいっぺんのことを教えるのみで、

 

「何でできないんだよ、俺は教えたぞ。ヤル気あんのか?」

 

・・・と、こうなります。

 

 

「教えたから、ちゃんとやれ」的な教育だと、きょうびの従業員

は社長さんに”ついて来なくなる”かもしれません。

 

輓近の従業員は

「仕事でうつになった」「社長から暴言を言われて辞めた」

というケースが増えています。

 

 

それだけではありません。

 

 

現場を任せられる職長クラスが離反(部下を引き連れて大量

退職)することだって、起こります。

 

コンプライアンスとは法令を守るという意味ですが、

社長さんはご自分の会社をも守らなければなりません。

「人」に焦点を当てた従業員教育は、その一環なのです。

 

ポチッとクリックをお願いします

      ↓


人気ブログランキング

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

従業員が居つかない理由

 

今回はふたつ目の理由です。

 

その前に、今の時代はどんなことなのか、

前回の復習もかねてサラッとおさらいをしましょう。

 

 

現代は、モノが売れない時代と言われています。

 

売れ筋商品を仕入れても、さほどは売れない。

商品回転率やら機会損失やら、いろんな指標を

繰り出しても、売り上げが伸びない・・・。

 

今までとは商売の状況が変わってきているのに、

社長さんの感覚は今までのまま。

 

 

このことは、商店のお客さんだけでなく、会社の

従業員についても同じことが言えるのです。

 

「過去では、このやり方でうまく行っていた。

だから、ずっと同じやり方でやるんだ」

・・・といった、成功例が通じない時代になっているのです。

 

 

では、どうすればいいのか?

 

 

 

商店におけるお客さん。

会社における従業員。

 

「人」というものが変わってきているのだから、そこに焦点

を当てて、注視することが大切なのです。

 

(次回に続く)

 

 

ポチッとクリックをお願いします

        ↓


人気ブログランキング

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

前回お伝えしたのは、

「待遇を良くしても、従業員が居つかない」

ことでした。

 

 

今回は、その理由について。

 

理由は、大きく2つあります。

 

ひとつ目は、「仕事や会社に対する意識が今までとは違う」

ということです。

 

 

今の時代、食べていくだけならあくせく働く必要はありません。

例えば、私が独立前に補助者をしていた頃はパート勤務でし

たので、給料は高くなく、10万円ほどでした。

 

当時はJR相模原駅近くのアパート暮らしで、近くにダイエー

相模原店があったので、食費もさほどかからなかったです。

 

本が読みたければ、古本屋のブックオフで安く買えましたし、

たまに低貸しのパチンコ店で遊ぶこともできました。

 

 

そんな環境にあって、

「人の3倍働け」だの

「お施主様は神様だと思え」だの・・・

 
若い新人従業員にとっては、ピンとこない話ではないでしょうか。
 
さらに言うと、給料が多少いい、休みが多い(同業他社比)と
いった待遇面の引き上げは、彼らにとっては動機づけになり
にくい・・・。
 
もっと新人従業員の心のひだに分け入ってみると、次のよう
に言えるのではないでしょうか。
 
 
「別に社長さんの会社でなくとも、建設業でなくてもいい」
 
 
・・・やはり、仕事に対する考え・会社に対する考えが
今までとは違ってきている、ということです。
 
 
(次回に続く)
 
 
ポチッとクリックをお願いします
   ↓


人気ブログランキング

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。