いよいよ1月に突入! 今月にはいよいよ発売となる「車NEXT(カーネクスト)シリーズ」

 

その第一弾は、現行タイプの「トヨタ:ヴェルファイア」です!

 

 

 

まず、このシリーズとは・・・・

 

【多色成型】 【接着剤不要】の組立キットであることがコンセプトで、

 

【簡単に組み立てられつつ】 【リアルな形状を追及】 と

 

【ライトユーザー】 から 【こだわりのマニア】 までを網羅したクオリティを仕様とした

 

シリーズとしています。

 

 

 

わかりやすく~簡単に言えば 「1/24スケール・カーモデル界のガンプラ」 ですね!

 

 

今回は、試作品を写真で紹介しながら、製品の部品分割や作り方を~少しですが

 

アップしていきます!

 

 

(一部、試作品なので多色成型はまだ行われていません:本製品と色調が異なります)

 

 

 

 

車体はいままでのような構体・外板が一体とはならず。

 

形状をリアルに再現するため、フロントや、屋根などは別部品で設計、

 

構体には「圧入」という、ボスを差し込み固定する様式になっています。

 

 

 

 

透明部分のガラスは、車体内側の溝にパチッとはめ込む固定方法。

 

 

また、ステップアップ工作として、できるようであればチャレンジしやすいよう窓辺縁のブラック処理用、マスキングシールが付属すます。

マジックペンなどで裏から塗ってみてください。

 

 

 

 

もちろん、カーモデルに慣れた方には、マスキングシールを活用してエアブラシで仕上げることができます。

 

 

 

 

車体にガラスを組み込んだら、次は車体外装に進みます。

 

フロントは色調の違いを再現するのと、形状をリアルにするため、4ピースの部品を

 

積層していきます。

 

 

もちろんここも固定方式は圧入のみで簡単に済ませられます。

 

屋根は、取説の押し込み場所と順序が書いてあるので、焦らず順に進めてくださいね。

 

 

 

本製品では、ボディ系の成型色は艶のあるブラックで、フジミ模型のプラ成型色としても

 

専用の新色を予定しています。

 

 

 

引き続きフロント周囲の艤装を進めます。

 

フロントタイヤハウス上部の外板、ライトレンズ、フロントメッキパーツと取り付けていきます。

 

 

 

 

 

サイドミラーに埋め込まれたウィンカーランプは別部品としてリアルな再現度を目指しました。

 

この先にでてくる、リアのハイマウントストップライトも同様、今までのカーモデルでは一体表現としていたものを別パーツ化しています。

 

 

 

 

フロイント部の組立が終わると、リアの組立へ。

 

ブレーキランプを表現するリアルシールを貼り、その上から透明部品、リアガラス、外板、バンパーと続けて積層組立をしていきます。

 

 

 

 

 

ホイールはヴェルファイアに合わせた新規金型で、固定方式はポリキャップ式。

 

 

 

 

 

内装に進みます。

 

今まで外装より劣りがちな表現だったシートやコンソールも、イメージを刷新する仕様。

 

シートはバケット部と背面を別部品とすることで、両面の凹凸や形状意匠を的確に再現。

 

 

 

 

 

インパネ・コンソール周囲は塗装での再現ではなく、カット済みリアルシールを張り付ける様式へ。

 

塗装では表現が難しい化粧板の模様も手軽に手に入れられますよ。

 

 

このリアルシール

 

これまでのデカール式ナンバーは、シール式に。簡単貼り付けと文字の一体化。

 

ウィンド周囲のメッキやプラ部品の質感表現部。シールに収録します。

 

いずれもカット済み。素材は表面追従性のよいタイプ。

 

という特徴があります。

 

 

 

シャシー、インテリア、ボディと3ブロックを最後に組み合わせて完成です!

 

 

部品構成はこのような形になっています。

 

 

 

いかがでしたか!?

 

駆け足で車NEXTの特徴を紹介してきましたが、手軽に簡単に作ることができる

 

新しい仕様であることがご覧いただけましたでしょうか~

 

 

 

 

1月末には出荷の予定で、鋭意開発進行中の「カーネクストシリーズ トヨタ ヴェルファイア」

 

お楽しみに! 案内はシュトルゲでした!

AD