藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記

和裁所の日々や京都、着物、和に関することなどいろいろ!


テーマ:

こんなんできます


あんなんできます



タンスの中に眠っているキモノございませんか~


って、言ってたら、いつもご利用いただいているお客様より



「あるのよ~、どうにかできるの??


出来るなら、嫁が着たいっていうもんだからね~」



おぉビックリマークまさに これは



タンスあけるプロジェクト音譜



であります。




お持ちいただいたお着物は二点。


紬と色留袖です。


どちらもお母様(姑さん)がとても重宝してお召しになっていたのでしょう、


着用感がのこっている状態。


紬は袖口、袖下などよごれが付きそうなところがきつい汚れになっていたので、


裏表をひっくり返して仕立て直し!


裄など出しても、ぜんぜんわからないように仕立て替え出来ました。


そして、色留袖はなかなかの状態です。。。


薄グレーなので、地色のシミが目立っています。


これは汗のシミでしょうね、黄変していますので汚れ落としするよりは、


染でごまかすほうが仕上がり的にはよいでしょう。



藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記



藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記



色留袖なので、裾周りにだけ柄があります。


このような柄付けのほうがとび柄よりも安価に染が出来ます。



藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記


柄部分には染を入れず、地色に吹雪加工してシミを目立たなくします。


というよりも見えなくなります。


柄と地色の境目には巻きぼかしをして境界線をぼかします。








そして、仕立てあがりました!


こちらです!


藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記


上前部分です。吹雪の地色は元の薄グレー、結構明るく効いています。




藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記



藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記


黄変もどこ?という感じです。




これに紋を入れなおし、お嫁さんが引き続きこのお着物を着装されます。


そして代々このご家族の方が袖を通すことになるのでしょう。



蘇っちゃいましたね、よかったです。ニコニコ





こうやってキモノを通して家紋を引き継ぐというのも日本古来の文化でしょう。


大切にしたい文化ですね。





タンス開けチャイナグー




-----------

無料相談受付中♪

仕立の店 藤工房

info@fujikobo.com










AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。