藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記

和裁所の日々や京都、着物、和に関することなどいろいろ!


テーマ:

七五三のシーズン、終了ですね。




今年も沢山の七五三のお着物に出会いました。


家族の楽しいやり取り、3代にわたっての思い入れなど本当に


それぞれのご家庭の幸せな様子をお伺いできてこの時期は本当に


いつもやり甲斐を感じることが多いです。




今日、お便りを頂きました。


先日七五三のお直しにご相談頂いたお母様からでした。


このお直しは、ご自身が七五三のときに着せてもらったお着物を


是非自分の子供の三歳のお祝いに着せて母親(おばあちゃん)に見せてあげたいというご依頼でした。


持ち込んでいただいたお着物は確かに子供ものですが三歳には大きい?


寸法を計ってみたところ、七歳の子が着る大きめのお着物でした。


しかも今回お召しになるお子さんは三歳でも小さめなので、余計にこのお着物は


大きめになってしまいます。


ここまで大きめだと普通に揚げを取るだけでは長すぎますので、腰は二重で揚げ、


肩もぐいっと袖付がほぼ衿に近いところまでつまみました。


襦袢ですが、おそらくお宮参り用の着物をあつらえたときに比翼で付いていたものが


外してあったのでしょう、それをおばあちゃんが大事に取っておいたものが


ありましたので、それを使い身頃はさらしで半襦袢を作ってあげました。


これなら着物も二重揚げ、被布も着ていてだいぶあったかくなってるところにでも


ちょうど良い感じにできました。おそらく市販のポリ襦袢ではあっつくってたまらなかったでしょう。


被布はお母様も悩みましたが、思い切ってうちの無地被布をあつらえて頂きました。


もちろん、丈も揚げがでない+二重でもこもこの身頃も入るようにちょうど良い感じに


仕立てさせていただけたのでよかったです。



藤工房(和裁士うりぼーと店長かめさん)の徒然日記


とはいえ、当日は着ていただいてどんなになるか、皆に褒められたかな、と


実は心配しておりました。




そこに今日は吉報が入りました。


ご丁寧に当日のお写真を入れていただき、綺麗に着付けていただいているゆりちゃんが笑顔で


写っておりました。


ほっとしたのと嬉しかったので今日は本当に1日ハッピーな気分で過ごすことが出来ました。



しかも、このお祝い着と一緒に袖丈直しをしたお着物とお襦袢がございました。


それは当日お母様が着用する付下げでした。


実はこれは、おばあちゃんがその当時同じように七五三のときにお母様として


お召しになったものだったんです。


今年の七五三はまさに娘からその娘へ受け継ぐことが出来た、とっても素晴らしい行事として


思い出に残すことが出来たのです。


自分がしてもらったことをわが子にしてあげることができた喜び、


「娘の手を引いて歩くとき、感無量だった」とお手紙にかかれてあります。


さぞおばあちゃんも当時のことを懐かしく思い、いつまでも良い思い出としてこのご家庭に残り、


ゆりちゃんにもとても大切な財産ができて幸せだな、と思いました。




着物が出来ることは着て楽しいだけでなく、そこに家族の思い出として残すことが出来る、


それがとっても好きです。


改めてお客様に感謝いたします。


ありがとうございました。ニコニコ





捨てたらあかん、直しCHAINA


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

お茶のお稽古仲間でのお食事会。


聞くところによると、一番年上でした

いちばんペーペーですが・・・・



池坊大学のイタリアンルーコラにてめちゃおしゃれなイタリア~ン


サプライズでやぎさんのお誕生会で、お店の方の粋なサービスでおもてなし♪


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。