1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-03-27 03:34:12

リズム

テーマ:ブログ
{3C927DFE-F04B-436E-A4BF-EB74B9C8DC19}



フジキの裏の公園に、

聞き慣れた、ウサギのリズムのピアノが響きます。


この日はお別れ会のリハーサル??

だったのかもしれません、朝から裏の公園で

うさぎがぴょんぴょん山からぴょん♬

と、お外でリズムをしておりました。



『リズム』は、

フジキ関係者にとっては

もう日常過ぎて当たり前のようになっておりますが

公園でリズムの歌を歌ってみても、

踊り出すのはうちの子たちだけ。

リズム、は、一般的ではないことが

フジキを退園すると痛感します。

しかし、じつは、他の保育園や幼稚園でも

この『リズム』を実践しているところは

結構あるようなのです。

保護者の方々が知らないのが残念ですが、

知らず知らずに(時には先生方も)、

リズムを室内遊びや外遊びで

取り入れているということです。

今日はリズムについて少し書いてみたいと思います。


私たちが『リズム』と呼んでいるのは、

『リズムあそび』というのが本来の呼び方で、

さくら・さくらんぼ保育園を創設された、

斎藤公子さんが提唱、実践されたものだそうです。

リトミックや自由表現、集団あそびなどから発展して作られた、このリズムあそびには、

子供の体だけでなく、心も発達させてくれる、

素晴らしい要素がたくさん含まれています。


フジキのある日もない日も、

家でも外でも、

口ピアノと呼んで居ますがリズムの曲を口ずさむと、

条件反射のようにピョコピョコ踊り出す我が子😄

部屋の中でも外でも走り回り、寝転がり、

音楽を聴き、心が揺さぶられ、

体が動き出す

体に心に働きかけるあそび。

体だけでなく、脳の発達、知的発達にも繋がるとされています。


体を触ってもらうことは、心も、そして、

脳にも刺激をもらってることなんです。

だから本当に気持ちいい。

そして、触っているお母さん、お父さんにも、

その効果は現れます。

触っているこちらも、気持ちいいのです。


そう、フジキ職員の方にうかがいました。

スキンシップの大切さですね。

リズムあそびは、単に体を動かすだけではありません。

体を気持ちよく、無理なく、自然に動かし、

気持ち良く伸ばして撫でて沢山触ってもらいます。

そして、

できたことを褒めてもらう嬉しさ

(リズム中は、指導する方が絶えず、〇〇ちゃんすごい!素敵!足が高く上がってる!カッコいい!、と、声をかけます)


単純な運動やあそびではなく、

スキンシップ、自然な体づくり、出来た喜び

子供の心と体の成長に必要なことが

網羅されていると言っても過言ではない

素晴らしいあそびなのですね。



{7B23CDCF-37BF-46D4-AFEB-860573BF04A4}
初台リズムで持って頂いたお花たち



世の中が変わり、野山を駆け巡ることが

なかなか叶わない現代の子育て環境において、

リズムあそびを保育に取り入れることで、

子供の健やかな成長を促すことが出来ると

期待されているようです。

実際、元フジキっ子の我が家の長男が通う園でも

雨が降って園庭に出られないような日には

園のホールを使ってリズムあそびをさせていると聞きますし、

運動会でも、リズムあそびを基にした演目をやっていました。

フジキであそんでいたことを転園先でも出来るというのは、子供にとっても親にとっても嬉しいことでした。

やはり、リズムは素晴らしいのだなと再確認。

少し残念なことは、

リズムは、0歳から効果があるとされていて

低年齢であればあるほど

その効果が大きいと聞きます。

しかし多くの園では、

走り回ることが出来るようになってから

つまり、年少さん以上(3歳以上)の保育に取り入れる場合が多いらしいのです。

たしかに、ブリッジなどもありますし、

金魚やどんぐりの動きは、股関節の動きや体の作りから把握していないと難しいのだろうなという気がします。

ちゃんとした指導が出来る人が居ないと、

きちんとした実践は厳しいのかもしれません。

こうして記していると、わたしも、さくら・さくらんぼ保育についてもっと勉強したくなってきました。

リズムあそびが、もっともっと注目され、

しっかりとしたかたちで広がることを願います。


さて、今週の火曜日は、

大きな木保育園と一緒に行っているリズムあそびの会(通称 初台リズム)の最終日で、

お別れリズムでした。

わたしも、長男の時同様一緒に参加する予定でしたが、なんとその長男が体調を崩し、参加叶わず……orz

とっても残念(´ω`)

卒業ということで、子供は花束を💐頂いて帰ってきました。

うう、温かい心配りに泣けます大きな木の関係者の方々、フジキの皆様、ありがとうございました!!😂


さて、今日は、フジキラストday

フジキを満喫してくれていることでしょう。

親は、すでにフライングフジキロスで

心が折れそうですが、

そうは言ってられません。

明日はとうとう、お別れ会。

フジキとの六年間の二人三脚の子育て。

フジキには、感謝しかありません。

これ以上書くと泣いてしまうので(もう泣いてるけど

今日はここまで。

お別れ会報告は、

次に書きます^^



{2AEF0807-CF6F-4418-B707-5E2F5B8C4B71}





2018-03-23 11:51:30

フジキの一日

テーマ:ブログ
{E4AC6277-BB7E-400B-ABF7-4E16B6AA056A}

フジキの裏の公園の隣の公園の様子…
3月16日の写真で、今朝は先日の春雨に
だいぶ散っておりました。
この木は、周りの桜が咲くより早く、
3月には毎年満開になり、とても美しいのです。
早咲きの桜だなぁと思って、この景色を見ると、
年度の移り変わりだなとしみじみ感じておりました。
ら、
『あれ、杏(アンズ)なんですよ^^』
先日、職員のKさんに教えてもらってびっくり!笑
私、六年間 桜だと思ってましたww
6月くらいに、しっかり熟した実を取って
みんなで味わっているそうです。
とっても甘いんだって。
いいですね〜〜❤️

東京のど真ん中だけど、
周りには味わえる自然があることを
フジキは教えてくれます。
逞しく、頼もしい自然の力ですね。


{1F7C6D0A-ED65-476C-B1D5-5A0D5DAE02B9}
レトロに咲くフジキ中庭の木瓜(ぼけ)


{0362B425-14BE-43FD-BA26-B13D4AEFFC13}
フジキお父さんが手入れをしてくださっている
花壇は、一年中花が絶えない


ちょっと前に、裏の公園にあったみかんの木やバナナ虫がたくさん住んで居た低木が剪定され、切られて無くなってしまい、みんなでがっかりしたところでしたが、道端に生えている野蒜(のびる)を取ってむしゃむしゃ…
ホトケノザの蜜をちうちうと吸う様子を見ていると、
まだまだ、味わえる自然は残されている!と
希望が湧いてきました。
『みかんも、また生えてくるんじゃないかな^^』
職員さんも心強いコメント✨
フジキの周りの自然!ガンバレ!

さて今回は、
フジキの一日を
改めてお送りしたいと思います。
フジキで、子供達がどんなふうに一日を過ごしているのか。
お昼寝までの流れを記したいと思います。

写真は去年、保育参加した日のものです。
12月のよく晴れた寒い日でしたが、
子供達は朝から元気いっぱい!
{B12F23E5-B177-4E84-A3A3-D6BA707D12F3}


お部屋ではもちろん裸足。
今日はさんぽに行くので、
帽子とリュックを背負ってさんぽの身支度してます。


{D65106A2-A7B8-4DF3-9647-F7CB6B80B97A}
このリュックは、
フジキの職員さんの手作りですよ❤️
中身は、
着替えのシャツ、ズボン、パンツが一揃え。
朝、子供達がそれぞれ自分で荷造りします。

それでは、しゅっぱーつ!
えいっえいっ、おー!


{F4681D22-FB74-42AC-BD81-0C278B17BE20}
この日は、『ラッコの公園』を目指しておさんぽスタート。
途中、甲州街道の歩道で、長〜〜ぃ木の棒をゲットした子供達。
道端には、宝物がいっぱい。



{1BD1718A-E1A2-47B3-8D1F-51C80C09947F}
甲州街道から、少し入ったところから折り返すように、川を見下ろす遊歩道をどんどん歩きます。
この冬は降水量が少なくて、かなり川が細くなって居ました。

川縁は木が多く植わっていて、鳥たちがたくさん。甲州街道の喧騒が嘘のよう。

途中、座り込んでしまう子供や、
葉っぱ取りに夢中になる子供達。
職員さんたちはその都度、一緒に立ち止まり、
子供の発見を一緒に楽しみます。
亀はいないかなぁ
あ、鳥さんがいるよ!
これは何の木かな
職員さんの一言一言で、
さんぽがさらに豊かに感じられてきます。

寒さもへっちゃら、ラッコの公園に向けて
ずんずん歩く子供達。
ほんとに、よく歩きます。

{A8A32AE7-C5F5-4D1C-8831-15AC216B2D06}
遊歩道の途中にあった、トンネル?!
ここも、しっかり探検したひまわりさんたち!
ザリガニや亀が住んでるらしいんだけど、
この日は水が少なくて、どこかへ避難してしまっていたみたい。
{8603EA41-EF61-469B-B5F5-136FAC97FE0B}



ラッコの公園に到着!!
公園では、砂場の周りの杭に、霜柱が持ち上げて剥がれていた苔生した土の表面を並べてお店やさんごっこを始めるひまわりさんたち。
霜柱の歌を歌いながら、
もりもりお店の品物を剥がしては並べていきます。
霜柱が立った冷たい土も、
子供達の楽しい遊びになるんですね。


{79196A0D-36E0-4BF2-B68A-77B95F2C951B}

そして、フジキ恒例の、のびるタイム!笑


{E95184D3-E65C-4EA2-ABD6-20D7452E6E92}



{E55F78CD-A1E1-4AC8-9AE9-1BDF9C07FFED}

私もお相伴にあずかりました。
ちょっとピリリとカラいのですが、
そのからさもしっかり味わうフジキっ子たち。
のびるって、ほんといろんなところに沢山あるんですよ!
時々は下を見て歩くことも大事だなぁと
学びました。

2時間以上たっぷり歩いてフジキへ帰りました。

{4CB6B8A7-B48C-454C-BA78-871375DB363E}

{E6703E03-3216-4705-BF84-C69247BCD2D9}

前にも出してたらごめんなさいw
この日のご飯はシチューです❤️
フジキのご飯には、
アレルギー源になりやすい
卵と牛乳は使われていません。
3歳までの子供の腸は未発達で、
アレルギー源となる卵や牛乳を上手に消化出来ないとされているそうで、
3歳までのB型保育園であるフジキ保育室では、
二つとも除去された食事が提供されています。
なので、うちも上の子が三歳になるまで
三年間ほとんど卵も牛乳も使いませんでした。
このシチューには豆乳が使われているそうです。
みんなでワイワイお食事。
ワイワイと書きましたが、
子供達はみんな食べることにとても集中するので、実はかなり静かなのです。
フジキでの
赤ちゃんの離乳食は
重湯や野菜の煮汁スープから始まり
茹で野菜を手で握らせ
お粥を掴み食べさせて
自ら口に運ぶことを大切に進められます。
赤ちゃんたちの食べっぷりと
汚しっぷりは見事なもの!
フジキでの洗濯物三大要因の一つはこの
食べこぼし!笑

手で握って食べることをしっかりさせてもらった子供たち。
フジキっ子はみんな、
本当にもりもりご飯を食べます。
さて。ご飯の後はフジキ名物、露天風呂❤️
{493267BD-01EB-4D33-9D5C-E31D189B3752}

12月の冬晴れの下。
湯気の立つベビーバスに気持ちよさそうに入る
子供達…にやり
いつもながら、びっくりしてしまいますねぇ。
でもみんな気持ちいいことを知ってるので、
真冬でもすっぽんぽんでニコニコ入りにきます。
大雪だった日も、雪見風呂を楽しんでおりました。

この日は、ここまでで、子供を連れて帰宅しましたが、子供達はこの後、しっかり昼寝をし、
午後も外でもりもり遊びます。

これが、フジキの一日です。
生きる力の基礎を作る日々。
フジキっ子のたくましさは、
こういう毎日の積み重ねから生まれるのですね。

さて、
そんなフジキの逞しいひまわりさんも、
来週でいよいよ卒園です。
う。もう泣きそう

2018-03-15 14:17:29

おひなまつりと、フジキと歌

テーマ:ブログ
三月ももう半ば…
卒園が、目の前に見えてきました。

桜の蕾が、もう弾けそうに膨らんでいます。
今年は開花が早いのかもしれません。
ここのところ暖かい日が続き、
元フジキっこの息子は半袖半ズボンで登園。
それに習って娘も半袖に、ミサトっこ(フジキっ子御用達の草履です)のいでたちで

「スキーップきっぷ、きっぷ跳ねてチョン!」

歌いながら、元気にフジキに行きました。


残り少ないフジキ生活ですが、
去年ほとんど更新できなかったので、
フジキへの感謝と愛を込めて、
あと何回かは更新したいと思います。



今回は、
フジキでの唄と、
三月のひな祭り🎎の
ご報告です^^

{4F7A2A63-4141-4210-B5EB-008417682073}


おひなまつりバージョンのランチ❤️
彩りも美しく、美味しそう〜✨


{0EA619B7-0E62-4521-82B5-85D469EAD7C1}


フジキでのごはんは、
どんなものだったのか、
毎日コメントも添えて掲示して下さっています。


{1782FB5C-D55C-4E69-B362-DF94C2580781}



フジキのおひなさま❤️


二月の終わり頃から、
娘がおひなさまの歌を口ずさむようになり…
(あ、フジキで歌ってるのね…ということは、
もう今年もおひなさまの季節だねぇ……
あ。ヤバイ、うちも早く出さなきゃ…!)笑
と、娘の歌に急かされ、
やっとおひなさまを出した、三月初日でしたw

3月2日、朝娘と登園すると、
職員さんが子供達を集めて
お雛人形のお話をしていました。
そして、みんなでおひなさまの歌を合唱。
その後、職員さんが作って下さった冠とお扇子、
烏帽子と尺をみんなが付けて、
クラスごとに写真撮影🤳✨
神妙な顔つきの子も、笑顔の子も、
みんな素敵なおひなさまに変身したのでした❤️
いつものんびり登園の我が家は、
こんな感じで朝イチのイベントに遭遇できることがよくありましたが、
フルで見守るのは初めてで、
最後にいい経験が出来ました^^

職員さんたち、みなさん本当にお忙しい中、
イベントごとに色々と頑張って下さって、
本当に頭が下がります。


ちなみに、二月の節分には
職員さん手作りのかわいい鬼のパンツも頂いてます!!
(ラストなので写真出し惜しみませんバンバン入れて行きますw)
{EE8E6045-F79D-454D-8E74-0BEC0CACF38A}

トラ柄のパンツ❤️
とってもかわいいですね💕
職員さんたちには、本当に、
いつも感謝感謝なのです(´;🙏;`)✨

かわいいフジキのおひなまつりでした🎎



さて、今日はもう一つ、

今朝娘が歌っていた
すきーっぷきっぷ♬の歌。
まどみちおさんが作詞をされている
すきっぷきっぷ、という歌だそうです。

暖かくなってきて、
この歌を歌う日も増えてきました。
ちょっと前までは、
「とっびはっねろ〜〜とっびはっねろ〜〜
北風吹いても寒くはない ジャーンプ!」
と、寒空の下、
歌いながら走っておりましたのに。


フジキでは、みんな、本当によく歌を歌います。
職員さんも、子供達も、
たぶん、お父さんお母さんも、
子供達につられていろんな曲を
口ずさんでいることでしょう。

息子がゼロちゃんのとき、
職員のYさんが、お部屋のおもちゃ箱から
おもむろにささらを出してきて
ささらを打ち鳴らしつつ、
こきりこ節を歌うのを見たときは
ほんとにセンセーショナルで、
感動しましたよね。
ささらがおもちゃ箱にある保育園は、
なかなかないんじゃないかしら?!あるかな?

とにかく、みんな歌が大好き。
そして不思議なのですが、
フジキで普段子供達が聞いている歌は、
今はあまり歌われなくなった歌も多いようなのですね。
例えば、
『ほうほけきょ』
小さい子、小さい子、お前は何をしています
と、ウグイスに語りかけるように始まるこの歌。
フジキ関係者なら、皆さんご存知かましれません。
しかし、周りのママさんたちはみんな知らない……💦照れ


息子が初めてこの歌を覚えてきたとき、
小さな息子が、ちいさいこ〜ちいさいこ〜と
歌うのが可愛くて可愛くて、
是非ともこの歌を覚えたい!と
職員さんに歌ってもらった記憶があります。
親が職員さんに歌詞を聞くというのは、
フジキあるあるだと思います^^

この歌は、作詞作曲、滝廉太郎さんで、
子供のために作られた、優しい歌詞と、
こぎみよい言葉のテンポで紡がれる
素敵な一曲です。

フジキで歌われる歌たちは、
優しくて暖かくて、懐かしい歌が多いですね。
なぜ、このように素敵な歌を私自身知らないのか、不思議でなりません。
幼稚園で歌わなかったし、親からも教わりませんでした。残念なことですが。
子守唄や、童謡には、すごい力があるといいます。
滝廉太郎、アメアメフレフレの北原白秋、まどみちおさん、
素晴らしい詩人が作り上げた素晴らしい世界に触れることで、
子供の心は踊ります。
心が動くから、体が動くのだと、
こどものともを創られた松居直さんはおっしゃっています。

リズムの曲もそう。
フジキで行われるリズムの曲たちも、
優しかったり、力強かったり、
印象的な曲ばかりですが、
フジキに来るまで知らなかった曲も多くて、
リズムの歌を歌って外で遊んでいると、
それ、なんていう曲?!ってお母さんたちによく聞かれました。笑

心が動くと、体が動く、
心と体が気持ちいい歌を、大人が伝え、
子供が体で覚える。

フジキで学んだ優しくて素晴らしい子供の歌は
私たち親子を、これからも励まし、
支えてくれるだろうと思います。

そして、こういう素敵な、力のある歌が
もっともっと育児の場で広まってくれることを
期待しますアップ
ちなみに、私が好きなフジキで子供に教わった大好きな曲ベスト3は
『ほうほけきょ』
『糸ぐるま』
『どどめジャム』
です!!たんぽぽひらいた、は次点❤️

{33B6EB51-1D7C-45BF-9DA6-52BE51F25CF1}

ファイル漁っていたら出てきました。
いつかのフジキごはん❤️
お腹すきました…照れ




実は、今日はお別れ遠足。
ゼロちゃんクラスのお友達も一緒に
フジキ全員で、タカ兄の車で遠足なのです。

どんなお土産と、お土産話が聞けるかな?
お迎えが楽しみな母です😊






2018-02-11 01:38:03

いつの間にやら(;ω;)

テーマ:ブログ
{555F4336-61F0-4C0F-88BB-62EB7BE068E6}



{185234BA-D504-470B-AD49-9F0DA958AF74}


これも、先月の写真ですね…

四年ぶりのドカ雪が降った、先月末。
遠方から通ってくるメンバーのみなさんは
自転車も乗れないし、大変な数日間でしたね。
お疲れ様でした。

フジキっ子たちはいつも通り、
真っ白な裏の公園で遊び、
水場で雪見露天沐浴を楽しみ、
雪を思う存分食べておりました…笑

さすがに、吹雪いた初日は、
裏の公園から帰って来た
ちゅーりっぷさんやたんぽぽちゃんたちは
冷たい雪の風に「さむい〜冷たい〜」と
涙する様子も見られましたが、
そんな中きゃっきゃと水遊びに興じる、
ひまわりさん数名…さすが!!🌻(我が子含む)

あれから数日、
裏の公園は冷蔵庫のような冷たさでしたが、
雪が氷になり、他の園では外遊びを控えるような日も
フジキっ子と職員さんは、もりもり雪遊び!
かまくらもあったし、ソリもしてました。
滑らないように上手に歩くんですよねぇ子供達^^
すごいなぁ。
そんなこんなで、
徒歩で何十分もかかる送り迎えに必死な日々も
子供達は元気に楽しく逞しく過ごしたのでした✨




半年くらい更新が出来ずにおりました。
怪我の絶えない我が子が、秋にまた大きな怪我をし、親の私が精神的に参ってしまったり、冬は個人的に驚くほど多忙で更新する余裕がなかったりで、今日に至ります。スミマセンでした。
本人はそれはそれは元気に、笑顔いっぱい、フジキを満喫しておりました。
今年度もあとわずか。
この半年に溜まっていたフジキ話を、一つでも多くここに残すべく、あと何回かは更新していこうと思っています。

 


さて、先週は、大きな木保育園が主催の
恒例の梅まつりが、羽根木公園で行われ、
フジキっ子も参加して来ましたね!
ひまわりさんは毎年、なんと!歩いて!
会場である羽根木公園まで行くのが
通例になっているんですよね〜👣
調べましたら、フジキから羽根木公園は
約2キロ🌳🌳
三歳児が歩くと考えるとなかなかですよね。
そしてもちろん今年も、
気持ちのいい冬晴れのお日様の下
出発して行きましたひまわりさん!🌻✨
2時間半かけて、羽根木公園に到着したそうです!
みんな頑張った〜〜✨。゚(゚´ω`゚)゚。✨
途中、みかんと煮干しで休憩タイムを取りながら…🍊
長旅の終盤、羽根木公園の近く、
タカ兄のブーブで来る際に通る見知った道に出た時、
「もうすぐ着くぞ〜!」「夢みた〜い❤️」
と、喜びもひとしおのひまわりさんの言葉が(職員さんの手記より)
フジキ生活の集大成ともいえる、
徒歩で梅まつり!
今年も無事に、楽しむことができたようです。
お迎えのとき、職員さんの手記を拝読し、
子供の成長に、私たち親も思わず胸が熱くなります。
思いっきり抱っこして、がんばったね〜〜!!✨
と伝えましたが、ケロリとした顔で、
うん!オユどん(梅まつりで振舞われるうどん)は全部食べられなかった〜!(持参したお弁当は空っぽ🍙でしたw)お迎え早いよぉ。もっと遊びたかったぁ!と、裏の公園帰りのいつもの台詞 笑
本人たちは疲れなんて気にならない様子で、
午後もお外でもりもり遊んでいたのでした^^

子供達のたくましい成長に、
改めて、フジキ生活に感謝する母でした🙏✨




2017-08-21 10:23:30

長雨の夏

テーマ:ブログ
どんよりした雲の多い日が続きますね。
こんな夏は初めてで、
子供達との遊びや場所選びにも悩む日々です。


長く更新を怠っておりました。
申し訳ありません。
個人的な事ですが、夏前に子供が怪我をし、
しばらくここを更新する余裕がありませんでした。
スミマセンでした。


最近の医療技術の進歩、そして、
偶然かかった病院が素晴らしく、
娘は日に日に素晴らしい回復を
見せてくれています。 

子供は元気が一番!健康は何よりの宝。
身にしみたこの夏です。

娘は、本当に個人的な事故で怪我をしましたが、
フジキでしっかりご飯を食べて、
しっかりと体を動かし、
精神的にも肉体的にもガッチリと
育ってきていました。
そのおかげもあってか、
回復は早い早い……本当に、驚いています。

この夏は、大好きな水遊びもなかなか出来ないのかな…と、憂いていましたが、
怪我から一ヶ月半、先生からOKが出てからは
もりもりプールに行きまくっています。

雨も多いし、怪我からしばらくは療養生活で、
室内での活動が必然的に増えました。

しかし、フジキで培われた、
毎日クタクタになるまで遊ぶ!アソぶ!あそぶ!
精神のおかげか、
家の中でも、リズムや、ごっこ遊び、お風呂プールで
同じくフジキ精神を宿した兄ときゃぁきゃぁ遊んでおりました。

親のわたしは、この怪我を機に、
仕事も減らして、この夏は子供と沢山過ごす!
と決め、フジキも休み休みで過ごしてきました。
やはり親子で、しかも室内で過ごしているだけだと全く足りず、食事の量も減る状態…
普段、フジキでどれだけしっかり運動させてもらってるか、実感しますね!
普段は安心で美味しいフジキの台所に助けられいる食育も、
当たり前ですが、家に居れば三食、私の担当。これが地味に大変 笑
でも、フジキから教わった、
素材を大切に、簡単で楽しく美味しく!
をモットーにわたしも救われながら、私も子供も楽しめる食を心掛けました。


子育てのノウハウは、ほとんど、
フジキから学んでいます。
そして、それ以上のことを子供達から教わっています。

親になるということは、毎日が学びの連続ですね。

私は子供を産んで、本当に人生が180°変わりました。
そして、人生がものすごく豊かになりました。
そう考えられるのも、幼い子供を尊重し、認め、子供から学ぼうという心を教えてくれた、
フジキ保育室のおかげです。

出会いは偶然ですが、選択には意志があります。
フジキを選び、信じてきたことは、
私達の大きな大きな財産だと思っています。

フジキを離れてしまっても、
フジキの恩恵は、わたしたち、そして子供達の中に息づいて、これからの人生を支えてくれるに違いありません。
フジキから貰った、【生きる力】。

自分を信じ、生きるを楽しむウインクキラキラ

生き辛い世の中ではありますが、
この、生きる力を糧に、
今日も張り切って参りたいと思います!^^


休みが長く、フジキライフを振り返るちょっと個人的なブログになってしまいました💦
次は、フジキでの生活をお伝えできる内容にしたいです!^^
お付き合い、ありがとうございました!

蒸し暑い夏ですが、
フジキっ子たちは元気ですよ〜音譜ラブラブ



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。