2011.10.17.

明日から晴天続き、仕事を遣り繰るし午後4時に自宅を発って一路お気に入りの乗鞍高原へ、途中のスーパーで食材を買い求め乗鞍高原到着は夜の7時。
先ずは無料のせせらぎの湯を浴び夕食を済ませ車中泊、相変わらず普段着の侭の車中泊は旅慣れたスタイル。

2011.10.18.

朝の乗鞍高原は快晴で駐車場からは頂上がくっきり見える、朝風呂を浴び朝食を済ませ以前に下見した三本滝から牛留め池や善五郎の滝を見て回る。乗鞍高原の紅葉は今が盛り。


気侭なぶらり旅-乗鞍高原へ


気侭なぶらり旅-三本滝


気侭なぶらり旅-牛留池


気侭なぶらり旅-滝へ


気侭なぶらり旅-紅葉01


気侭なぶらり旅-善五郎の滝


気侭なぶらり旅-紅葉02


乗鞍高原の散策を終え帰路は安曇野から白馬山麓を眺めて糸魚川出る積りが、明日も快晴もう一晩車中泊と老夫婦は松本市から嬬恋村を経て草津温泉で車中泊を決め込んだ。

2011.10.19.

道の駅草津の朝は快晴、此処もふじまるお気に入りの車中泊地である。
湯畑駐車場へ移動して朝風呂は白旗の湯を浴びる、今朝の白旗の湯は特に熱くかぶり湯を何杯も掛けての入浴だ。


気侭なぶらり旅-草津温泉

快晴の草津を後に孫とコマクサ群生地へと登った本白根山2171mへ女房道連れに火口を一周トレッキングとロープウェー山麓駅駐車場で朝食を済ませ9時始発のロープウエーに乗り込で殺生河原を眺め山頂駅へ。
紅葉はすでに終りナナカマドは落葉していたが木道沿いにハイ松林を過ぎ本白根火口へ出る、一周3時間コースをゆっくりと巡り山頂からは浅間山や草津温泉街を一望し途中鏡池で休憩しながら目的を達成した。


気侭なぶらり旅-ロープウェー


気侭なぶらり旅-元白根


気侭なぶらり旅-記念


気侭なぶらり旅-眺望


気侭なぶらり旅-鏡池



観光客で賑う白根山湯釜駐車場を横目に山歩きの疲れは一風呂と万座温泉湯の花館へ、万座温泉では最上部にありながら鄙びた湯治宿で此処もお気に入り。


気侭なぶらり旅-万座温泉


気侭なぶらり旅-湯の花館露天


気侭なぶらり旅-湯の花館


一風呂浴びて見晴らしが好く風通しの好い道路脇に駐車し食事は車中泊旅ならでは出来ない楽しみの一つ、湯上りのビールが美味しく夫婦で缶ビール飲んで仮眠。車内での仮眠は4時過ぎまでグッスリ寝込んで仕舞い慌てて信州中野で土産のブドウとリンゴを買い求め帰路は高速道を休憩もせずに3時間走って無事8時半過ぎに帰宅した。





AD

晴れ2011.09.27.

天気予報を頼りに新潟県白馬蓮華温泉野湯巡りと妙高山燕温泉で川原の湯と黄金の湯と隠れ湯?惣滝下の野湯へと出掛けた。

目指す蓮華温泉は例年6月初旬に訪れるお気に入りの湯なのに今年は道路補修で開通が遅れ残雪を頂く白馬の山々を眺める名高い薬師の露天風呂へは訪ねる事も出来ずに9月になって訪れる機会が来た。
空は快晴、リュックにはタオルに弁当と飲み物を詰め込みロッジで入山料¥500を支払えば4ヶ所に存在する野湯(脱衣所無・混浴露天)を浴びる事が出来る。

今日は眺めも最高と三国一の湯は手を入れて通り過ぎ一番上の薬師の湯へ、先客が居たが写真を撮らせて貰い薬師の湯を浴びて、下着だけで仙気の湯へと渡り歩く、最後に一番お気に入りの黄金の湯を浴る白馬蓮華温泉露天風呂巡り。

気侭なぶらり旅-三国


気侭なぶらり旅-蓮華


気侭なぶらり旅-薬師


気侭なぶらり旅-仙気


気侭なぶらり旅-黄金01


午前11時から午後2時迄の3時間蓮華温泉野天の露天風呂巡りで過ごしたが明日予定の湯巡り妙高高原燕温泉に向け高速道を走り4時半到着しした。


晴れ2011.09.28.
人出の少ない内に燕温泉河原の湯へと9時に宿を発ち温泉街から15分程総滝遊歩道を進み吊橋を渡り燕温泉野湯河原の湯へ辿り着く、露天風呂には先客が居たが男女別の脱衣所も整備され爺と婆は混浴の白濁の湯を浴びた。

気侭なぶらり旅-歩道


気侭なぶらり旅-河原



気侭なぶらり旅-入浴

総滝直下の辿り着けない秘湯?…惣滝の湯へは落石防止工事中で遊歩道も閉鎖され立ち入り禁止の立て札に此れでは辿り着く事も出来ぬと断念し、せめては日本の滝百選の一つ落差80mの惣滝をと展望台から眺め次の入浴先へ、燕温泉黄金の湯は男女別で観光客専用の無料露天風呂、此処でも一風呂浴びて妙高高原をドライブした。


気侭なぶらり旅-惣滝


気侭なぶらり旅-黄金02



気侭なぶらり旅-妙高


マイフレさんがバイクで走った笹ヶ峰から長野県小谷村へ抜ける未舗装の林道名付て戸隠・雨飾緑の回廊を行き交う車も少なくブナ林を抜け火打山と笹ヶ峰ダム湖を眺望し峠のトンネルを抜け長野県小谷村へ、日本百名山の雨飾山を眺め湯巡り最後の立ち寄り露天風呂はブナ林に囲まれた雨飾温泉露天風呂を浴び糸魚川インターから北陸高速道で帰路に尽いた。


気侭なぶらり旅-乙見


気侭なぶらり旅-雨飾



気侭なぶらり旅-露天

気侭なぶらり旅-記念

旅の記念の一枚は落差80mの惣滝をバックに








乗鞍高原散策記

テーマ:

 晴れ  9月13日

女房いわく、「晴天続きが三日も・・・」と週間天気予報を眺めひとり言、沖釣りも暑さで出航する気にもならずに骨折した手首のリハビリを兼ね乗鞍高原へと市内の商用を済ませ午後から手際好く車中泊使用に改造し出掛けた。
富山市内で今夜と明日の食材を買い込み通い慣れた乗鞍高原に4時半過ぎに到着し早速お気に入りの「せせらぎの湯」を浴びる、骨折した手首は温泉に浸かり暖めて解すと具合が好いらしい?。


気侭なぶらり旅


気侭なぶらり旅


晴れ9月14日朝早く4時過ぎからご来光号の乗車で外が騒がしく目覚め早朝の一番のせせらぎの湯を浴びる、朝食を終え観光センターで散策ガイドブックを貰い紅葉の下見と乗鞍高原エコーライン一般車乗り入れ禁止のゲート駐車場まで登り「日本の滝百選・三本滝コース」を歩く、ガイドブックにが写真撮影等で往復2時間を費やす。


気侭なぶらり旅


気侭なぶらり旅


気侭なぶらり旅


気侭なぶらり旅

休暇村へ戻り次のコースは「牛留池を周遊し善五郎滝コース」を歩く、所要時間2時間を歩く、牛留池からは青空に浮かぶ乗鞍山頂を眺め、善五郎の滝見台から落差30mの滝を眺め滝壺へ降りる。額から流れる汗を冷水で拭き夏を惜しむ蝉の声を聞きながら散策コースを歩き駐車場へ戻る。

気侭なぶらり旅


気侭なぶらり旅


気侭なぶらり旅


気侭なぶらり旅


気侭なぶらり旅

時計は正午を過ぎてはいたが汗ばんだ下着を着替えにとお気に入りの「せせらぎ湯」を浴びて木陰で湯上りのビールと昼食を済ませて4時過ぎまで車内で一眠り、車中泊ならではの午後の一時を過ごし帰路に着いた。記念の一枚は牛留池で乗鞍岳を背に一枚。


気侭なぶらり旅




2011.09.07.晴れ
温泉 台風一過快晴との予報で一度は訪ねたいと願う富山県宇奈月温泉郷の源泉をまかなう黒部の秘湯黒薙温泉へと出掛けた。

朝一番電車に乗り込もうと道の駅うなずきで車中泊し7時30分発のトロッコ電車に乗り込む、人出の少ない内に黒部川沿いに涌く鐘釣温泉で一浴と予定を変更し黒薙温泉駅を通過し鐘釣温泉へ。


$気侭なぶらり旅-道の駅


$気侭なぶらり旅-発車


$気侭なぶらり旅-乗車


トロッコ電車は黒部川沿いに断崖絶壁やダム湖に浮かぶモダンな地下発電所を眺めながら鐘釣温泉へ、電車を降りたのはふじまる夫婦だけで急な坂道を下れば河原の露天風呂と岩穴に涌く洞窟風呂は勿論無料。河原を吹き抜ける風は冷たく天敵のアブもオロロも誰も居ない野天風呂だ。

$気侭なぶらり旅-ダム


$気侭なぶらり旅-鐘釣


$気侭なぶらり旅-崖下


早速湯着に着替えて岩穴の洞窟風呂へ、涌き出す温泉は少し温めで長湯が出来最高、30分遅れの電車で富山へ嫁いだ娘の出産見舞いに来て婿さんに教えられ通勤前に宇奈月駅迄送って貰ったと言う千葉県の夫妻と洞窟風呂で温泉談義、平日だからか観光客もまばらでアブの飛来も無く2時過ぎ迄鐘釣温泉に長居をして仕舞い目的の黒薙温泉には入浴せずに鐘釣温泉発3時半過ぎの電車に乗り込んだ。


$気侭なぶらり旅-河原


$気侭なぶらり旅-洞窟


$気侭なぶらり旅-記念


格安無料の温泉巡り、黒部峡谷トロッコ電車は宇奈月~鐘釣温泉駅往復一人¥2400は仕方が無いが初秋の一日をのんびり野天の河原の露天風呂を浴びた。

温泉 夏はぬる湯が好い」と8月13日~16日迄群馬県・長野県・岐阜県と車中泊しながらの湯巡りです。

13日晴れ
早朝金沢を発って北陸道~信越道中野インターを降り国道292号線志賀草津ルートで群馬県に入る、旅の一番は万座温泉湯の花館で名物「猿の腰掛(霊芝)」を浸す内湯を浴び谷間を吹き抜けるそよ風の中車内で一眠りした。

$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅


白根山は午後からは霧で視界が悪く散策せずに草津温泉へ、夏休みとお盆が重なり湯畑は人出が多く駐車場確保も侭ならず大滝の湯へ。運良く駐車スペースが空き大滝の湯に浸かる、合わせ湯は男性専用時間帯でぬる湯の浴槽でゆったり草津の湯を堪能し今夜は道の駅草津で車中泊。

$気侭なぶらり旅


14日晴れ
朝一番にと道の駅草津を離れ草津温泉湯畑へ、駐車料金を支払い目の前の白旗の湯を浴びコンビニで氷とお握りを買い求め六合村から尻焼温泉へ急ぐ。

$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅


尻焼温泉駐車場は前日からのキャンプ客等ですでに満車では仕方なく路肩に車を止めたがアブが飛来し窓を閉めクラーを掛けながらの食事だ、尻焼温泉川の湯は天然の温泉プールで子供連れで賑わっている、上流の洞窟風呂で着替えし早速川の湯を浴びた家内はアブが恐いと洞窟風呂を浴びたが湯加減は最高。

$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅


「夏はぬる湯が好い」とマイフレさんの奨めで吾妻線沿いに中之条町までひた走り大塚温泉金井館へ、旅館と言う依りは民宿ではと思う小さな宿、玄関脇には霊泉と書かれ温泉とは書かれていないが34度のヌル湯は湯量は豊富で2時間300円。長時間浴びる夏場は最高に好い気分、湯上り気分も最高で体が暖かくて気持ちが好い。

$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅


大塚温泉に長湯をしていまい予定の四万温泉に着いたのが4時過ぎでは駐車場は満車でお目当ての共同浴場は何処も3時迄と入浴出来ずに仕方なく沢渡温泉共同浴場に入浴した、今夜は沢渡温泉せせらぎ公園で車中泊。
温泉街は寂れてはいたが共同浴場は地元の入浴客が温泉汲みに、10リットル100円で皆さんポり缶に汲んでいた。(写真は他のページから借用しました。)


$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅
           
15日晴れ
今回の湯巡り目的八ッ場ダム建設で湖底に沈む川原湯温泉聖天様露天風呂を目指す、吾妻線川原温泉駅から温泉街を何度も行き交いし聖天様の露天風呂を探すが判らない。
如何にか辿り着けた聖天様露天風呂は高台に続く細い道に鉄の門で閉められ初めての訪問者には判り辛い、鍵が無く扉を開け登ると聖天様の湯は簡単な脱衣所だけで混浴露天風呂だ、夫婦和合の神様聖天様はふじまる夫婦だけの貸切風呂を提供したのかも?。


$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅


話題の八ヶ場ダム建設予定地の状況を見ながら立ち寄り温泉は嬬恋館は立ち寄り客は午後1時からと断われ半出来温泉で一浴びし、鳥居峠を越え群馬県から長野県へ出る、お気に入りの宿泊地乗鞍高原せせらぎの湯へと上田市から松本市を抜け5時過ぎに到着し一風呂浴び夕食後に又一風呂浴び眠った。

$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅


16日晴れ
乗鞍高原で車中泊し朝一番にのせせらぎの湯へ出掛け帰り際に又入浴と無料とはありがたい。安房トンネを抜けずに十数年振りに安房峠越へ、山道を走行途中に道路脇に熊の親子と遭遇、カメラを取り出す内に笹薮へ逃げ込まれた。
寂れた峠の小屋を写し長野県から岐阜県平湯温泉へ、此処で平湯温泉で湯本に近い神ノ湯を浴び湯巡りの締め括りは新穂高栃尾温泉荒神の湯を浴び通い慣れた飛騨路を下り富山インターから高速通勤割引を利用し帰宅した。


$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅


$気侭なぶらり旅