谷田病院事務部長ブログ 藤井将志『いい病院をひとつでも多く』

熊本の甲佐町という片田舎にある小さな谷田病院ですが、キラッと輝く病院を目ざします。
国内外の医療業界でイノヴェーティブなことを良い仲間と楽しくやりたい人!募集中です。


テーマ:

大学時代の先輩がある地域で市議会議員をされています

ご多分に漏れず、その市でも公立病院が大変な状況のようで

 

情報をもらい、どう思うか意見を聞かせてくれ、とのこと

良いケーススタディになるので、うちの事務職で興味ある人にも共有し

早速Skypeミーティングをしました

 

ディスカッションしていると結構いろいろなアイデアも生まれてきて

きっとこうするともっと良くなるんだろうなぁ、というプランができていきます

 

自分の今までやってきたことが、こういう形でためになるのは

とても嬉しいですね

 

経営改善入れないのかと聞かれましたが、

私自身が行くのは難しいです、、、

今、そうしたことができる事務職員を育成中で

あと2~3年はかかるかなと

 

今すぐに、の場合はコラボレーションしている人たちと

タイアップで支援するしかないかなぁ

 

 

{480C1B9A-5B57-4277-A6CD-760454C6B270}

 

これは、来年度採用希望のマネジメント職のプレゼンテーション

縁あって、高校生なのですが、やる気はバッチリ!

 

必ず複数回の説明会や面談、プレゼン、課題などを実施してもらう

入職試験を昨年から始めています

 

 

現在、谷田病院で募集中の職種

今はマネジメント職は募集していませんが、興味ある人はご連絡ください

 

・医師(内科常勤医、精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
熊本県の薬剤師会さんが主催してくれる
薬剤師さん向けの就職説明会にブースを出展
谷田病院には2人の薬剤師がいますがもう1人は欲しいと思っています

二人だと薬剤に関する必須業務しか余裕がなく
3名体制になったら、退院後訪問やチーム医療なんかにも
もっと参加してもらい、診療報酬でも評価が始まったポリファーマシーへの
対応もしていきたいところです

そんなこんなで、初めて参加しましたが、
県の薬剤師会が開催してくれていて、費用もかからず
とてもありがたい機会でした

{475E6D43-0894-49D8-9ABD-1E26CF2A9153}


去年はもう一つ違う企画で薬剤師向けに説明会を行ったのですが、
その後の採用に至らず、反省

今年はアピールするポイントを変えて説明しました
ブースには足を運んでもらえましたが、病院にまで見学にきてもらい
面談、採用までたどり着けたらいいのですが!

早速連絡を入れないといけません




現在、谷田病院で募集中の職種

自由にチャレンジしたい薬剤師さん、募集してます!

 

・医師(内科常勤医、精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp


言語聴覚士、社会福祉士、調理師は採用が決まってきました。ありがとうございます


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
谷田病院にはリハビリに関連する部署が
病院のリハ、通所リハ、デイサービスと3ヶ所あります

それらの部署の今後の戦略策定と具体的なPDCAの支援に
理学療法士で自らデイサービスもやっていて、リハビリのコンサルもしている三好貴之さんに来ていただいてます

3ヶ月前に方針を検討して、院長も交えて、やるやらないを判断してます
それから院内で毎月進捗状況のチェックをして3ヶ月経って三好さんにお越しいただきました

思ったよりも進んでるねと褒められたこともありますし、
まだまだ進んでないね、と指摘されたところもあります

また、デイサービスの中途半端な立ち位置について、どういった戦略にすべきか
も明確になりそうです
 
谷田病院にくるまでは介護報酬のところがいまいちピンと来てなくて
つかめていない感じでしたが、こうした取り組みを進めて何となくわかってきました
まだまだ学ぶとところ多いですが…

{E2956FED-7BCF-492B-B807-CAB47B4E7E0C}


夕方からはセラピスト向けに、今後のセラピストのあり方や
先駆的な病院でのリハビリ方法について講義してもらいました
とっても贅沢な内容でした

今後はセラピストが余る時代に突入しそうです
そうした環境でどう生き延びるのか、
経営面でももちろん考えますが、個人としても考えないとなりません
ドキッとする内容でした


外部から講師がくると恒例の懇親会も実施
2時間くらいかけて、さらに突っ込んだ話しを少人数でしました
こちらもだいぶ盛り上がり、新たな展開もできるかも?しれません



現在、谷田病院で募集中の職種

セラピストの新卒採用もします。詳細は谷田病院のホームページで

 

・医師(精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))
・社会福祉士(1名)

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・言語聴覚士(1名)
・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(3名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の谷田病院のBSCに、患者さんの日常生活の場に出向いた職員が全体の50%以上

という目標を掲げています
 
そのための取り組みをいろいろとしていますが、
その一つが、退院後に医療職が在宅の場などに訪問することも進めています
 
これまでも、連携室や退院支援看護師は行っていたのですが、
それだけでなくて、コメディカルや病棟看護師も行こう!
と、号令がかかってます
 
診療報酬改定で、退院後訪問指導料が設けられた、というのもありますが
対象に限らず、必要だなって思ったら行ってもらう、
必要な職種だったら対象外でも行くようにしています
 
ちなみに、セラピストや管理栄養士、薬剤師は対象にすべきだど思います
 
そうそう、こうした行動を求める職員はなにも医療職に限りません
事務部門も例外ではないです 
 
なので、自分も行かねば、と思い、特養に看護師さんが行くときについて行きました
 
{60D89EFA-FEAA-4B8F-8D7D-3812D7B766CF}

 
ユニットの個室で看護師さんが対応してます
その後、食事の様子などを確認しました
 
病棟と勝手が違うので、こうした環境を知っているのはいいことですね
 
また別に、病棟看護師さんもきてくれていて、
関連施設なのに、こうして隅々まで来たのは初めてと言ってました
 
特養にどのくらいスタッフがいるのか、どんな環境なのか、薬はあるのか、食事はどんなふうに食べているのか、
など、現地に行くと一目瞭然です
行かないと、想像でしかありません
 
 
訪問時の内容はもう少しレベルアップしたいな、と思いましたが
まずは全職員が足を運び、在宅での生活に思いを巡らせられるようになることは
何より重要だと感じました
 
{2B4802ED-BF9C-4B9F-AF50-0E8385D04A54}

 
利用者さんに面会したあとは、施設の看護師さんと情報共有です
 
処方内容の変更など、気になることもありましたが、
そうしたことも、来てみて、こうして話してみないと分かりません
 
 
 

現在、谷田病院で募集中の職種

訪問看護希望の看護師さん多いのですが、当院は病棟や外来でも訪問視察に関われますよ

 

・医師(精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))
・社会福祉士(1名)

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・言語聴覚士(1名)
・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(3名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
地元の甲佐高校生のインターンシップが3日間ありました

看護師志望と、セラピスト志望の4名です
医療職に就く人は高校のうちに進路選択が必要なのですごいなと思います

私なんかは大学4年まで決めていませんでしたから
高校の時の情報や価値観で将来の仕事を決めてしまうのですから
もちろん職業変更はできますが、やはりいちど道を選ぶと
なかなかゼロベースでの変更はできないものです

ということで、看護師やセラピスト志望でも、
病院内に他にもいろいろな職種があることを知ってもらう機会も作ってます
部署の見学やランチ会で話を聞いてもらったり

セラピストといっても、PT,OT,ST の違いも知ってもらわないとなりません
それも入学時点で選択とのこと、大変だ…

{044ECD2A-9090-43C0-AC87-283AD43B50DF}

初日の院内見学の様子

案内してるのは入職5ヶ月の事務職員
病院の魅力が伝えられるか、チャレンジです


{2DB14E19-222E-40BF-99EF-255A554F559E}

放射線科にも立ち寄って、レントゲンやCTなんかを
間近で説明してもらいました

{BC004B58-40ED-4A49-B012-07392FC8E88E}

最終日はインターンシップ修了式を実施
あいにく院長が訪問診察中でしたので
副看護部長に修了証の授与をしていただきました

今後の職業選択に少しでも参考になれば幸いです!

事務職員のインターンシップとかも来ないかなぁ



現在、谷田病院で募集中の職種

来年度の新卒面談も各職種で進めてます。ご希望の方はご連絡ください

 

・医師(精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))
・社会福祉士(1名)

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・言語聴覚士(1名)
・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の診療報酬改定で認知症ケア加算が新設されました

 
上位資格の認知症ケア加算Ⅰの要件で最もハードルが高いのは認知症の認定看護師の有無でしょう
 
現時点で全国で810人しかおりません
ちなみに医師の要件の認知症サポート医は4000人です
 
当院では本当に偶然に今年の2月から認知症の認定看護師が勤務してくれてます
 
認知症については、谷田病院にくるまではあまり意識をしておりませんでした
たぶん急性期病院にいるとそんな感覚なんだろうと思います
 
しかし、ここに来て、認知症の重要性やあまりにも対象者が多いことに驚いてます
Common diseases のようなもので、高齢化に伴い主病名+認知症というのが
当たり前の時代になってきています
 
認知症の対応方法を間違えると余計に悪化したり
せん妄との区別と適切な対応をしないと、
せん妄をさらに引き起こすような治療をしていたりと
まさに知らなきゃ損!みたいなことだらけです
 
と、大切さは分かったのですが、認定看護師がいないと認知症ケア加算Ⅰが取れない
西日本では神戸までしか教育機関がないとのこと
 
まぁ、うちはいるからいいや、とも思っていたのですが
熊本保健科学大学の先生で懇意にしていただいている方から依頼があり
認知症の認定看護師コースを新設したい
そのためには認定看護師が協力してくれないとならないとのこと
 
当時、熊本県には8人しかいなく、アプローチしたけど全滅
そこで、谷田病院でなんとかならないかと
 
結論としては来年度の前半に谷田病院の認定看護師が
熊本保健科学大学に出向して講師をすることになりました
 
もちろん、その間は加算取り下げですが、それでも意義があることだろう
と、院長が決断してくれました!感謝
 
看護協会からも正式に許可が出たようで、
こうして公開情報になりました
きっと人気だろうな…認知症
 
診療報酬的には感染症に次いで、2番目に稼げる?加算になったのではないかなと
きっとがん看護を抜きましたね。入院基本料加算ですから。。。
 
当初定員15人枠のところを20人に増やしたとか
ご興味あるところは申し込みされてください
 
 
 
 

現在、谷田病院で募集中の職種

認定看護師は、認知症、糖尿病、皮膚排泄、呼吸ケアを募集中!

変則的な勤務でもありがたいです

 

・医師(精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))
・社会福祉士(1名)

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・言語聴覚士(1名)
・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

090-9135-3327

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この間の土曜日に小倉第一病院の院長
中村秀敏先生のお話を聞きました

熊本県広報実務者会議が主催した勉強会です
私も世話人という役割をさせていただきており
といっても、なかなか何にもできず側で見ているだけになっておりすみません…

今年広島で行われた広報実務者会議でご講演されていて
内容がとても参考になりました
なので、ぜひ熊本にご招待したい!と思い実現した企画です

中村先生は熊本大学ご出身でこころよく引き受けてくださりました

{217429DF-1B74-4D6C-8685-65D23571DE1C}


・キャラクター→ハッピーちゃん、の活用について
・メディアリリースの活用について
・掲載誌の再活用について
・ソーシャルメディアでの情報発信について

などなど、本当に盛りだくさんな取り組みをご紹介いただきました
今回もいろいろなインスピレーションが湧いてきました

早速、谷田病院でも取り組んでいかなければ!

そうそう、今回の会場は未来会議室というコワーキングスペースでやりました
かっこいい施設で、そのことだけでもアイデアが湧いてくる感じです
 
来年はこの場所を使って就職相談会を開催することを計画中です

{11F27152-0E1B-4863-9DFE-84BDCBC0C232}

広報の会の山崎さん
元広告代理店勤務の、広報のスペシャリストです
行動力もある方です
今はにしくまもと病院で活躍されてます


まだ2年目ですが、こういう院外活動にも声をかけてもらえて感謝です



現在、谷田病院で募集中の職種

病院広報に興味のある方はご連絡ください

医療職兼イラストレーターとかも!

 

・医師(精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))
・社会福祉士(1名)

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・言語聴覚士(1名)
・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

090-9135-3327

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご縁があってにしくまもと病院が主催する地域向けの勉強会で
在宅の診療報酬に関する講義をすることになりました

似たような内容で半年前に谷田病院がある地域で開催しており
その話を聞きつけて?つながっていった出来事です

ただし今回は30分しか時間がなかったのでシュミレーションなどは割愛して
在宅のに関する診療報酬の基礎を伝えることを目的としました

・入院医療から在宅医療へ移行を進めるため誘導的な点数が作ってついていること
・ただし 安易な 在宅医療が広がっていることを制限するため施設系の在宅などを中心に点数が下げられてきていること
・重症な患者さんや緊急往診や 看取りをしっかりとしているし医療機関への点数が高くなっていること

などを伝えました

谷田病院にとって
今回の診療報酬改定で月一回の訪問でも在総管が算定出来るようになり増収が図れました

これまでは月2回訪問していないと算定できなかったため
要件が見直されたことはとてもいいことだと思います
必要がないのに月に2回訪問して高い点数を取っていたところは少なからずあると思います


谷田病院では地域包括ケアを進めていく上で在宅医療を強化しています
このため近くの診療所5つと在宅医療で協力ができるように取り組みを始めています

こうしたことは講演で充分に伝えられませんでしたが
面白い取り組みになりそうです

院外での勉強会では講演会は実施しても
その後より具体的な実行を支援するところまでなかなかたどり着けません
この点がちょっと残念だなと思うことです

昨日も何名かにしくまもと病院周辺の診療所の先生たちが来てくれていました
しかしそうした人たちとより具体的な議論にまで発展しません

当然ですがそこから先は病院の人たちが進めていくことになります
現場好きの私としてはそこから先が一番面白いところです

いま始めているマネジメント職の人たちが
こうしたサポートまでできるようになるといいなぁ…
あともう少し時間がかかりそうです




にしくまもと病院のFB



現在、谷田病院で募集中の職種

地域に根ざした在宅医療を目指す職員募集中です

 

・医師(精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))
・社会福祉士(1名)

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・言語聴覚士(1名)
・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

090-9135-3327




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
谷田病院の今年のテーマ
・地域により一歩近づこう

と、谷田病院の強み分野である
・糖尿病の予防と治療

のかけあわせで、今日は糖尿病教室の医療スタッフが
初めて甲佐町の産業文化祭に出て、甲佐町の保健師さんたちと一緒に血糖測定をしました

{30CBA09A-95BA-45E3-86D8-43B98836AC1A}


天気が良かったので来場者たくさん
もう少し谷田病院をアピールするツールを用意すればよかったです…

保健師さんと協力して町内の糖尿病に関する値を良くしようと策略を練ってきました

そのターゲットのうち、特定健診も受けてなく、医療機関にも通ってない人たちには
こうした祭りで見つけ出すのも1つの手かな、ということで初めて取り組んでみました

まだ結果集計はしてないので分かりませんが、ターゲット層にアプローチできたのか…
集計結果が気になります

休みの日に手伝ってくれた皆さん、ありがとうございます





現在、谷田病院で募集中の職種

糖尿病ができる方、やりたい方募集中です。認定看護師さんもかも!

 

・医師(精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))
・社会福祉士(1名)

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・言語聴覚士(1名)
・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

090-9135-3327


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
診療報酬改定が4月にありましたが
その後、届出が終わってもちゃんと算定までフローができてないと
実際の収益にはつながりません

地震でドタバタしてたので、ようやく振り返りができました

・訪問診察の月1回でも算定化になった
・認知症ケア加算I

は思ったより増収につながりました

いちばん減収要因の
・医療療養の医療区分の見直し

については、患者層の入れ替えがハイペースで進み
当初は年間1000万円越えの減収予測でしたが
連携室などの頑張りで減収せずに済みそうです

・退院支援加算I
・退院後訪問指導料

は思ったより件数が伸びてないのでテコ入れが必要そうです


ちょうど同じタイミングで株式会社ウォームハーツの長面川さより氏をお呼びして
院内勉強会も実施できました

まだまだ漏れていた加算や指導料の指摘があり
その辺も含めて対応していかないとなりません

{2DB6C78F-EBE0-47E2-9D41-DBAEBD5D81F8}


こうした全国レベルの先生に指導いただけるのはありがたいです




現在、谷田病院で募集中の職種

医事課のプロを目指したい方、連絡ください

 

・医師(精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))
・社会福祉士(1名)

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・言語聴覚士(1名)
・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

090-9135-3327


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。