谷田病院事務部長ブログ 藤井将志『いい病院をひとつでも多く』

熊本の甲佐町という片田舎にある小さな谷田病院ですが、キラッと輝く病院を目ざします。
国内外の医療業界でイノヴェーティブなことを良い仲間と楽しくやりたい人!募集中です。


テーマ:
谷田病院ではより地域に密着し、出ていくために
新たに出前講座を始めました!

他の病院でもよくあるのですが、地域のいろいろな集まりで
健康や医療などについて講師を依頼してもらいます

院内のスタッフなら誰でも対応していきますので、リクエストください!

{5F685C7C-F3B8-4938-8E39-F324148917DE}

初めての依頼は早川の公民館でした
講義の前に看護師が血圧測定


{6C769BD0-4852-4905-9D9D-4962695E63AA}


講義は腰痛とひざ痛について
理学療法士が話してくれました

とってもいい雰囲気です
やっぱり患者さん向けじゃないっていうのも
意味があることですね


依頼があれば病院に電話やメールで連絡ください

melodic@mpd.biglobe.ne.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前、当院の勉強会に高知県の近森病院の臨床栄養部長の宮澤靖先生にお越しいただき、
栄養管理のあり方について指導を受けました

今回、熊本でご用があると聞きつけ、またぜひ立ち寄ってもらいたいと無理を言って
こんな田舎の病院に来ていただきました

半日しかなかったのですが、症例検討から、回診、外来患者へのコンサルト、栄養士業務の効率化に関する指導、リハビリセラピストのプレゼンに対する指導
と盛りだくさんに対応していただきました

{2AFE2E58-B9A4-41F2-9463-1E9EB503D33A}


回診前の検討の様子


{A5CFF575-3725-49B7-8803-3FCEB783C037}


今月から出前講座を始めるので、一番バッターは理学療法士でした


こうして、名だたる人たちが谷田病院に訪れてくれて、親身に指導してもらえることは
本当にありがたいです
少しずつ、医療、介護の質を高めていけたらと思っています


現在、谷田病院で募集中の職種

・医師(訪問診療(月1~常勤)、精神科・認知症(月1~週1)
・社会福祉士(あと1名)
・看護師(あと1名)
・介護職(あと1名)
・調理スタッフ、栄養士(あと2名)
・病院経営職(あと1名)
・薬剤師(あと1名)
http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


メールでも問い合わせ受け付けてます
fujii@yatsuda-kai.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
谷田病院では数年前から認知症について力を入れており
偶然にも認定看護師が今年から着任したので
診療報酬改定で認知症ケア加算1を取得しています
この規模の病院では珍しいのではないかなぁと思っています

でもまだまだ完璧とは言えず、同じ熊本県内で届出している済生会熊本病院にお邪魔して
認知症ケア加算のカンファレンスと回診に同行させていただきました

急性期の場合は、まだ認知症の治療やケアの前に、せん妄の対応が必要とのこと
その状態を脱しないと、認知症の正確な対応は難しいとアドバイスもらいました
実際にせん妄の具体的な対処法も指導いただき、まさに目からウロコでした

先週は認知症とうつ病を一色単に対応してはダメだとアドバイスをいただいてます
これまでせん妄、うつ病、認知症を明確に分けて適切な対応ができてませんでした
8月からは認定看護師が全入院患者をスクリーニングして、
それぞれの適切な対応をしていけるように運用を見直します

{1954C21A-BE23-4949-9129-8608311E68D1}


早速、翌日の認知症ケアチームのカンファレンスで指導いただいたことを実践
来週あたりには全体に視察内容の報告会を計画します


谷田病院の認知症の取り組み
・オレンジナース、オレンジドクター2人ずつ
・認知症サポート医師1人
・認知症院内デイは毎日開催
・認知症ケアチームの活動と認知症ケア加算1
・認知症認定看護師1人
・認知症カフェの毎月開催


今後は認定看護師の専門外来、
認知症に詳しい医師の定期コンサル、
全職員認知症サポーター以上の資格、
なんてことをやっていきたいです


ちなみに、谷田病院の強みとしていきたい分野は
・認知症 の他に
・糖尿病
・退院支援と在宅医療
があります






現在、谷田病院で募集中の職種

・医師(訪問診療(月1~常勤)、精神科・認知症(月1~週1)

・社会福祉士(あと1名)

・看護師(あと1名)

・介護職(あと1名)
・調理スタッフ、栄養士(あと2名)
・病院経営職(あと1名)
・薬剤師(あと1名)
http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php
メールでも問い合わせ受け付けてます
fujii@yatsuda-kai.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
谷田病院の入院患者の数割は急性期からのポストアキュートで
急性期病院の中でも済生会熊本病院からの患者さんが多いです

そんな関係であるので、昨年、済生会熊本病院から谷田病院に転院した患者さんが
その後どうなったのか、という情報を突合する調査を済生会熊本病院が主導して実施してくれました

昨年のうち結果は聞いていたのですが、幹部だけでなく、
他の職員にもモチベーションアップに繋がる内容でしたので
ぜひ院内で勉強会をしてもらいたいと、依頼してました
地震で流れていたのですが、ようやく実施できました!

{7D9A4E37-B1D9-4915-ACBE-ADE7ECCB657E}


これまで在院日数を無理に延ばさず、必要なリハビリに限って提供してきたので
そうしたことがデータとして現れていて、自信に繋がったのではないかと思います

プレゼンテーションをしてくれたのは事務職員で、本当にデキる事務方が多いなと思います
良いきっかけなので、その後、地元のカフェバーで谷田病院の事務方数名を交えて飲み会
事務方同士でいい刺激になったのではないかなぁ、と思います

うちも負けずにいい人材をたくさん輩出していけるようになりたいです



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
業界誌なので、一般的には分かりませんが
日経ヘルスケアなどを発行する、日経BPの記者さんで、
業者では有名な、庄子育子さんが谷田病院の取材に来てくれました!

ミーハーな私にとっては、こんな有名人が来てくれること自体、とてもワクワク

取材の目的は退院調整加算Ⅰの取り組みについて
ブログを検索して谷田病院にたどり着いてくれたみたいです!

・後方施設との毎月定例会議
・急性期病院への具体的な連携依頼
・退院支援専門看護師の配置
・退院前訪問の実施
・連携室の調整力
・病診連携の取り組み

なんかをお話しさせていただきました!
加算を意図せず1年前から動いていたら評価がついたのでよかったです!

認知症ケア加算Ⅰも、そんな感じです


取材のあとは庄子さんをお誘いして熊本市内で、院長オススメの洋食を楽しみました
記者という職業もすごい体験をいろいろされているのですね
新鮮な話をたくさん聞けました



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
在宅酸素の取引業者が4社ほどありました
多いのか少ないのか分かりませんが
もう少し絞ってまとめた方がいいかな、
なんて考えてました

谷田病院では機器や材料の切り替えで
複数の業者さんによるデモ→選定ということはやってきませんでした
今回初めて、在宅酸素でやってみました

4社のプレゼンテーション
それぞれの会社の性格や考え方が分かりよかったです

また。院内に向けても、こうしたやり方で選定していくという
姿勢が見せられてよかったかなと

{636DB0BE-EED1-40D3-AD59-74F311B30047}

さらに、これを主導してくれたのが入職4ヶ月の新人さん
もちろん、医療業界は初めてです
これまでの準備も、当日の運営もよかったです
さらに数百万円の削減も効果として得られそうです

自分が新人4ヶ月ではこんな成果は出せなかったです(T_T)

彼は昨年からトライしている、谷田病院のマネジメント職採用で入職した方です

マネジメント職では、数年でローテーションして短期間に病院事務の全セクションを経験してもらい、
毎年一月は事務部外を経験してもらいます
さらに毎月Off-JTで働きかたについて等をディスカッション、
事務部長に同行するOJT研修をします

短期間に病院と介護を含めたヘルスケア経営のプロフェッショナルを育成したいと思います

震災の影響で事務部が1名欠員になる予定なので、採用を計画してます
ご希望の方はご連絡ください



現在、谷田病院で募集中の職種

・医師(訪問診療(週1~常勤)、精神科・認知症(月1~週1)
・看護師(あと1名)
・介護職(あと1名)
・調理スタッフ、栄養士(あと1名)
・病院経営職(あと1名)
・薬剤師(あと1名)
http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php
メールでも問い合わせ受け付けてます
fujii@yatsuda-kai.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎月第一月曜日の夕方は谷田病院の院内勉強会の日です
今日はホームホスピスわれもこうを運営されている
竹熊千晶先生に講師をお願いしました

以前見学に行ったのですが、古民家を改修して終末期の医療、介護を提供している素敵な空間でした

まさにそこにあるのは家=ホーム、です

一人称でも二人称でもなく、第三者→三人称でもなく、2.5人称の関係を提供する
すごくいいな、と思います

まぁ、誰にとってもいいのか、と言えば違うのでしょうが、
私は結構すきな空間、考え方です

{061B6346-2803-4640-82F3-5A5CF37A709D}


谷田病院でホームホスピスを展開するかもこれから検討していきます

そういう拠点があると、いろいろと発展的なのは確かなのですが
例えば、学生や研修医向けの宿としても使えたり
地域の方のたまり場的な使い方もできたり
甲佐町に広がる田畑も絡めると、農業なんかも絡められます

あとはビジネス的に回せるようにして、持続可能なモデルにしなければなりません



現在、谷田病院で募集中の職種

・医師(訪問診療(週1~常勤)、精神科・認知症(月1~週1)
・看護師(あと1名)
・介護職(あと1名)
・調理スタッフ、栄養士(あと1名)
・病院経営職(あと1名)
・薬剤師(あと1名)
http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php
メールでも問い合わせ受け付けてます
fujii@yatsuda-kai.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
谷田病院で力を入れている分野のひとつに認知症があります
これだけ高齢者が増えてきているなか、認知症は特別な病気ではなくcommon diseases であることは広がりつつあります

今年の診療報酬改定でも認知症ケア加算が新設されて厚労相もバックアップ中です

本当に偶然ですが、谷田病院でも昨年度に認知症の認定看護師が活躍してくれてます
なので7月からは認知症ケア加算のⅠが届出できそうです
本当は4月から届出したかったのですが、まだ認定看護師も着任したばかりだったので、
ダメですと厚生局から差し戻されてしまいました

その後、熊本地震でもたついてましたが、しっかりと毎週カンファレンスもやって
再度届出をします

99床の病院規模で認知症ケア加算Ⅰが届出できるところは全国でも稀ではないでしょうか

そのチームが中心となり今月は毎週、認知症に関する勉強会を開催
私も出席して少しずつ知識アップしています

{CC135716-FB22-46F3-94D1-EC743691B629}


薬剤師さんから薬物療法のはなし




現在、谷田病院で募集中の職種

・医師(訪問診療(週1~常勤)、精神科・認知症(月1~週1)
・看護師(あと1名)
・介護職(あと1名)
・調理スタッフ、栄養士(あと1名)
・病院経営職(あと1名)
・薬剤師(あと1名)
http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php
メールでも問い合わせ受け付けてます
fujii@yatsuda-kai.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は谷田病院で地震の復興コンサートを開きました
関連施設の松樹苑や甲佐リハでも演奏してもらい大感激です

ピアリンバというマリンバとピアノのグループで
隣町の御船町にある平成音楽大学を卒業した二人が演奏にきてくれました

余震も続いてますし、大雨も降るしと
心が落ち着かない出来事だらけななか
患者さんや職員に少しでも癒しが提供できたら嬉しいです

{00E39B77-73A1-4007-9713-EE80EF195070}


通所リハでやってもらった様子

{4D4CE947-FCE6-4F74-B6C7-C030076B2C98}


やっぱり感性に訴える力はすごいですね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
上益城の診療所を中心に10施設くらいが集まり在宅医療を考える会が始まりました数名の地域の先生たちがこれまでも集まって話し合いをしていたようですが今回はちゃんとした会として開催しました

そこで、まずは在宅医療に関する診療報酬について知りたい、ということで、講師の依頼をされました!こうして、まだこの地に来て1年しか経ちませんが、地元の先生たちからお声がけいただけるのはとてもありがたいです

これまでの在宅医療に関する診療報酬の変遷から、今回の改定で議論になったポイントとその改定結果、あとはシミュレーションを入れました

その後は先生たちでディスカッションどうやっていくのか、施設基準は何を出すのか

在宅医療


今回の改定で月1回の在宅患者さんにも在医総管が取れるようになりました
これまで患者さんの状態に合わせて限定的に行っていたところはプラスになります
谷田病院でもこうした患者さんがたくさんいたので増収になります


話は変わりますが、

以前、厚労省の方と話をしましたが、
入院の患者さんが在宅にシフトするなら医療費は下がるのですが
外来で済む患者さんが在宅になったら医療費増えちゃうんですよね
この辺は今後も厳しくみられるだろうな…

自論は、患者さんの症状に応じて慢性期医療は全て同じ点数にして、
看護配置などストラクチャー部分のみ加算にすればいいのでは、
と思ってます。大胆ですが

つまり、医療療養も介護療養も老健も特養も在宅も、
同じ症状ならぜーんぶ同じ点数です
そうすると単純に患者さんや家族の置かれてる状況や要望で選択肢が変わる
どうかな…



勉強会の後は、声をかけてくださった先生と地元の焼き鳥屋で飲み会歩いて帰れるところで輪が広がるのは嬉しいです




現在、谷田病院で募集中の職種

・医師(訪問診療(週1~常勤)、精神科・認知症(月1~週1)
 おかげさまでリハビリ科の医師は見つかりました
・看護師(あと1名)
 認定看護師さんの面談予定です
・介護職(あと1名)
・調理スタッフ、栄養士(あと1名)
 調理師さんも1名入職予定。1名の面談予定です
・病院経営職(あと1名) 新規です
http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。