谷田病院事務部長ブログ 藤井将志『いい病院をひとつでも多く』

熊本の甲佐町という片田舎にある小さな谷田病院ですが、キラッと輝く病院を目ざします。
国内外の医療業界でイノヴェーティブなことを良い仲間と楽しくやりたい人!募集中です。

NEW !
テーマ:
谷田病院があるのは、上益城郡という地域なのですが
となりに下益城郡という地域もあります
谷田病院がある甲佐町は上益城郡の端っこなので、患者さんとしては下益城郡にある美里町からもたくさん来ています
医療圏としては上益城郡&下益城郡に重なってます

さて、今回はこの下益城郡の医師会からのお声がけで在宅医療に関する取り組みに顔を出させていただきました
なんで、病院の事務方に在宅医療で声がかかるのかって?

昨年始めた取り組みで、それこそ上益城郡の医師会で在宅医療に関する診療報酬について
勉強会をやらせていただきました
その後も定期的に集まって、休日にフォローし合える体制作りや
在宅診療支援病院、診療所の強化型の届け出を共同でやったりと発展してきてます

そんなことを聞きつけてくださり、下益城郡からもお声がけいただきました
まずは初回でしたので、ざっくばらんなフリートークでした

振り返ると在宅診療については、10年前にこの業界に足を踏み入れてから
いろいろな形に携わらせてもらいました
東京で田園調布のクリニックでは、都心型の訪問診察に
沖縄では急性期病院に在宅診療をやる地域ケア科の立ち上げに関わらせてもらいました
そして今は熊本で地域医療を進める過程の1つで在宅診療を谷田病院でやっています

今回の会議でも出た疑問点で、在宅診療で24時間対応にすると
その医師は頻回に電話がかかってきて寝ていられないんじゃないか
みたいな話です
そこには実際に熊本市で在宅診療をやられている医師も複数参加されていたのですが
そんなことはない、とおっしゃっていました
私の実感でもそうです

実際には訪問看護と共に在宅診療をしないと回りません
というか、病棟での医療を考えれば当然で、
医師の回診はありますが、日常のケアは看護師さんと介護職員です
在宅になったら、いきなり全て医師、なんていうのは不可能です
なので、訪問看護は必須です

そうなるとまずは訪問看護に連絡が入ります
病棟のナースコールが当直医につながっているところなどありませんよね
そこで、看護師さんが対応すればほとんどのケースで問題なくなります
事前予測もできるので、何かあれば事前に訪問看護に指示をしておくこともできます
そうそう医師に電話がかかることはありません

電話をかかて、さらに緊急往診までするケースとなると数はかなり少なくなります
ほぼ拘束されている、というイメージとは真逆でしょう

当院のように病棟ももっている場合、病院に当直医も看護師もいます
こうした体制も活用すれば、さらに負担感は減るでしょう

私も在宅診療やっている医師と夜飲んでることも多々あります
それでもやっていける、というのが現実ではないでしょうか

なんでもかんでも医師がやらないといけない、ではなく、
質の高い訪問看護と組んでやっていけば、持続可能な体制が作れるでしょう

厚労省のもくろみで、これから増える慢性期医療の半分くらいを在宅診療に
という流れは確実です
まだまだ在宅診療を担う人材は少ないようです
広がらないと医療そのものが続かなくなりかねません

ちなみに谷田病院では昨年、訪問診察の体制を強化しています
それ専門でやっていただける医師を招聘して、広げることができる体制をつくりました
患者数も少しずつ増えていますし、また新たな話が舞い込んできています
準備していたところに、ぐっと患者さんが増える
というのはまさに好循環です
ギリギリだと疲弊していきますからね…



現在、谷田病院で募集中の職種

在宅医療に興味のある医療者も募集しています

 

・医師(内科常勤医、新患外来非常勤医)

・看護師(1名)

・介護職(2名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

・マネジメント職(事務職員・4月〜1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今週はこれから事務長になる方が
谷田病院で一週間の研修に来てくれています

東京でいくつもの医療機関をもっている法人で
新たに病院を作り、そこの事務長になる方です

谷田病院は規模的に小さく、大組織のマネジメントとはやり方が違います
しかし、それでもいいので、ということでお越しくださいました

当院のやり方をたたき台にして、もっとどうするべきか、
という視点で伝えさせてもらっています
私なりの職員とのコミュニケーションなんかも、まだまだ手探りですが包み隠さず見てもらっています

こうして外から人に見られることは
自分らにとっても刺激になるのでウェルカム!です


{BB08B92B-21C6-4207-9E56-02FFBCADF961}


と、思っていた矢先に、先日インフルエンザにかかってしまい
人生初の点滴をしました
点滴の方が少しは早く症状が改善するだろうと…

結局、同行研修も途中からはスタッフにお任せをすることに
本当に申し訳ないです…






現在、谷田病院で募集中の職種

病院経営を学びたい方募集しています

 

・医師(内科常勤医、新患外来)

・看護師(1名)

・介護職(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

・マネジメント職(事務職員・4月〜1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとブログをサボってました
というのも、昨年やってきたことをまとめたレポートについて
いろいろな方から好評をいただき、たくさんの連絡をいただいたので
それへの対応で隙間時間が使われておりました


さて、本題、
掃除は自分らですべきかどうか、どう思いますか?
きっと病院の多くはアウトソースして掃除は職員がしていないところがほとんどなのではないでしょうか
谷田病院も基本的には外注していますし、その方針は変えていません

ただ、掃除という行為を職員から全く無くしてしまうのはどうかな、
と思っています

コミが落ちていても、それを拾うのは自分らじゃない、
と思ってもらっては寂しいなと

いつも綺麗なディズニーランドなんかは、全職員がお掃除係も担っていると言われます
なので、どこもかしこも綺麗なのですね

ことの発端は、今職員が掃除しているところも一部あり
そこも外注できないか、という話が持ち上がったからです

私も基本的にはできる業務に特化して、効率的に仕事をすることに賛成です
が、掃除という基本的なことについて、全く視点がなくなるのは良くないなと…

そこで、ルーチンなものは外注する範囲を広げつつ、
全職員が病院周辺や駐車場なんかのごみ拾いをするようにしたいと考えてます
毎月やりますが、一個人としては年に最低一度の参加にします
まあ、このくらいはしてもいいかな…

四月から始めようと思いますが、まずは率先垂範ということで、
所属長が昨年12月から毎月やろう!ということで今月は2回目でした

実は言い出しっぺの私が先月の初回を忘れてしまって
打ち合わせをしていたら時間が過ぎていました
みんなから白い目で見られて、今月は絶対に忘れられません

{CFC3FB99-B3E1-4BF2-99FE-6968AACA7E50}

みんなで病院周囲のごみ拾いです

なんかいいことした気分でした





現在、谷田病院で募集中の職種

 

・医師(内科常勤医、精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))

・看護師(1名)

・介護職(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

・マネジメント職(事務職員・4月〜1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
業界ではWAMと呼ばれてますが、独立行政法人医療福祉機構という
医療機関や福祉介護施設に融資などを行なっている組織があります

そこの社員向け研修ができないかとお声がけいただきました

数年前にWAMが発行している広報誌で、DPCに関する経営改善について
執筆させていただいたのがきっかけで
昨年は地域包括ケアシステムを具体的にどうやって構築していくのか
というテーマでも書かせていただきました

こうした接点があったので、今回、中小病院の経営改善の成功例、失敗例という内容で
お話をさせていただきました

いろいろな部署があるようなのですが、メインは融資担当者とのこと
融資先で経営的に困っているところが、どんな方法で対応するといいのか
といった視点からお伝えさせていただきました

まだ谷田病院が自慢できるほどの経営状態かと言われると
そうではありませんが、逆に渦中の人間だからこそ伝えられることもあるのかな

{8DD9887D-8256-492B-88F8-DCA82615533B}


講義前の風景です


少しでもWAMの融資担当者などの支援で、
日本各地で地域に必要とされる医療機関が良い病院になることを期待して!

こうした院外での話は少しずつ受けていこうと思っています
まだまだ具体的なことを実践しているので、その時々のタイムリーなコンテンツを
お伝えできればと思います




現在、谷田病院で募集中の職種

病院の経営改善がやりたい事務職員募集中です。ノウハウ全てお伝えします

 

・医師(内科常勤医、精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))

・看護師(1名)

・介護職(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

・マネジメント職(事務職員・4月〜1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
同じ熊本の施設でおとなの学校という名前の介護施設が熊本市内にあります
昨年、月刊保険診療という雑誌の取材で取り組みを伺いました

学校形式でレクレーションを提供するのですが
これがとても興味深いのです
回想法がベースにあり、介護度が高い患者さんもかなりな割合で反応します

詳細は近々発行される月刊保険診療をお楽しみに!

そこで、谷田病院にもプレ講義に来てもらい、スタッフにも見てもらいました
デイケア、デイサービスはもちろん、病棟の患者さん向けにやっている
認知症院内デイでも実施してもらいました

{94A9633C-C002-4B0D-BFA1-F27B5B4C348C}

これは認知症院内デイの風景です

入院患者なので介護度はかなり高い方もいるのですが
普段は見れないような反応が見られて、とても興味深かったです

スタッフにも見学してもらったのですが、終始笑いが起こるような場面もあり
いつもの診療現場とはちょっと違う空間が広がりました

{E48291DC-9203-4BCC-A67C-4F64679CB8A9}

こちらはデイケアでの一コマ

授業のやり取りでいろいろな話も聞けるので
それを汲んでデイケアの卒業の目標にするのもありかなと思います

今年初めてのお客さんでしたが、良い感じでした

導入するかどうかを、皆んなの意見を聞いて検討していきます


現在、谷田病院で募集中の職種

来年度採用も募集しています

 

・医師(内科常勤医、精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))

・看護師(1名)

・介護職(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

・マネジメント職(事務職員・4月〜1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます

今年の初投稿です
 
年末年始〜成人式休みまで、宇都宮に帰省して、熊本で年越して、
友人が熊本まで遊びにきてくれて、と楽しい時間を過ごせました
 
ちょっと仕事から離れて、いろいろと考える時間も作れました
2017年もまた面白いことにチャレンジしたくてワクワクしています
 
{48B1D1E8-97C5-4247-BC44-81A5F2823A50}

初詣は阿蘇神社でした

友達が撮った写真を勝手に掲載

photo by Mami

 

昨年実施したことをレポートにまとめてみました

http://bit.ly/2j62ezR

 

もし良かったら見てください

 

以下、もくじ

 

1.    2016年診療報酬改定への対応    2
2.    いろいろな補助金の活用    
3.    障がい者事業施設との連携    
4.    診療所との連携    
5.    事務部でマネジメント職採用を開始    
6.    職員が喜んで貰える仕組み    
7.    看護部長の退任&新看護部長の着任    
8.    医師の招聘    
9.    リクルーティング活動    
10.    さまざまな新制度に関する対応    
11.    認知症に関するプロジェクト支援    
12.    院内研修の充実    
13.    職員の出向について    
14.    システム保守契約の見直し    
15.    コピー機の一斉見直し    
16.    滅菌業務の完全外注化    
17.    銀行との金利交渉    
18.    熊本地震への対応    
19.    毎日の朝礼実施    
20.    院外での講演活動    
21.    自動車保険・地震保険の見直し    
22.    在宅酸素業者の切替    
23.    会議の統廃合と運用の見直し    
24.    転院・退院前後の訪問体制の強化    
25.    リハビリに関する助言と運用の見直し    
26.    谷田病院BSC始動    
27.    ES(従業員満足)CS(患者さん満足)向上基金    
28.    糖尿病の地域医療機関向け勉強会    
29.    谷田病院で健康茶販売    
30.    ゆかいな仲間たち飲み会    
31.    調理業務の直営切替    
32.    地域への出前講座    
33.    他病院の経営改善依頼    
 

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
医師の適正人数の問題が議論されています

私はどんなことも競争がある方がいい世界になるという立場なので
そもそも枠を決めて、国家ライセンス数を制限するのはどうかと思います

実際にどのくらい必要か、なんて、これまで他の資格で失敗だらけでしょう
弁護士やら、会計士やら、仕事がない、みたいな状況になってるし

そんなら数のことより、どうやって育成するか、を切磋琢磨した方がいいです
もちろん、育て方についても議論されていて、それはそれで良かったと思います
一度資格とったら終わり、なんてあり得ない世界でしたから

人材市場には少し余るくらいダブつかせて、競争をする環境を作るといいのだと思います
優秀な人はもちろん評価されるし、普通な人はそこそこで評価される
合わない人はマッチングする場所を探す

そうそう、最近の人材市場の変化ですが、
准看護師と介護職の給与が逆転しているところが出てきています
政府が処遇改善を介護職にしかしていないので、介護職の給料はどんどん上がる
でも、准看護師や他の職種は通常の昇給止まりです

リハビリセラピストなんかもこのまま増えると、
実際は介護職と同じことしかさせてもらえない
なんてところがでてきているみたい
摂食機能療法という名のもとの、食事介助や
個別リハと言いながらエビデンスにつながらない介助だとか
転職者でこうしたこと嘆きを面談で聞くことがあります

管理栄養士なんてまさにそんな感じで、給食を外注するところが多くて
その外注先の企業に就職するんだけど、やることはいつまで経っても調理業務
良くて献立止まり
ベッドサイドは病院の管理栄養士の仕事で手が出せない
なんて状況になっています

まぁ、資格ホルダーが増えていくと、ゆくゆくはそういう世界になるんだろうな
つまり、資格持っていても、その後にどんなキャリアの築き方をするかによって
もしくは働く場所によって、やれる仕事が変わってくる

でもこうしたことって、学生のうちには分かりにくいことです
やっぱりネームバリューのあるところや、アクセスがいいところに行きたくなりますからね






現在、谷田病院で募集中の職種

うちではちゃんと専門職には専門のことをやっていただいてます

 

・医師(内科常勤医、精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))

・作業療法士(来年度2名)

・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

・経営マネジメント職(事務職員・1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週、ご縁があって、昨年4月から谷田病院の事務長になり
1年9ヶ月が経ち、その間に取り組んできたことの一部を
講義という形でお伝えする機会をいただきました

がむしゃらにやってますが、なかなか振り返ってまとめる機会はないので
こうした機会をいただけてよかったと思ってます

・会議などの意思決定の流れを見直したこと

から始まり

人については
・各職種の採用に向けた取り組み
・学ぶ組織にするための仕掛け
について、お伝えしました

物については
・コスト削減をやってきた事例
を、材料や消耗品、保守料や保険料など、いろいろ盛り込みました

・収益増について
も、たくさんあるのですが、やはり施設基準の見直しが大きいです

金について
・銀行との交渉
について話をしました
この経験は民間病院に来たからこそ得られたものです

まだまだ、具体的に話せなかったことや、伝えきれていないことは山のようにあります

でも、やってきたことはどんどん忘れていっちゃうんだろうな…

講演だけでなく、執筆でもだいぶいろいろなテーマで書かせていただいておりますが
それでも、こうしてまとめてみると、原稿にもしてない取り組みや

なかなか原稿で跡に残る形だと伝えにくいこともあります

定期的にシェアする方法はないかなぁ…


そうそう、もう一つ、テクニカルなことですが
講義スライドに今悩んでることを追加してみたのですが
そうすると会場にいる経験豊富な先輩方からアドバイスをいただけました
なんか、講師しにきたのに、アドバイスまでいただけて、とても良かったです
これからこの手法を使おう





現在、谷田病院で募集中の職種

何でも自由にチャレンジ!したい方募集中です

 

・医師(内科常勤医、精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

・マネジメント職(事務職員・1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

谷田病院の強みの一つが糖尿病です

副院長の佐藤佳宏先生が糖尿病専門医ということもあり
糖尿病の患者さんは結構おります
 
毎月開いている糖尿病教室は今年で11年目です
毎月必ず調理実習もコンテンツにあり30人前後が集まってくれてます
 
年に一度は参加者が集まり丸一日かけて観光をするイベントもあります
 
こうした取り組みの延長で、町の保健師さんからこの地域の糖尿病の数字を改善したい
という相談がありました
後期高齢者が管轄となっており、特定健診の受診率向上、血糖値のコントロールなどが
成果として評価されるようです
 
ただ、こうした対象者にむやみやたらに住民講演会みたいなことをしても
なかなか数字改善がありません
そこでターゲットを絞って、具体的なアプローチをかけることを事前に相談
 
今回は
・医療機関の通院か健診のどちらかにきている人
が対象で
 
内訳としては
・医療機関もしくは健診で把握できている人
・医療機関にきているけど健診には行ってない人
・内科の医療機関でないので医療機関にきてるけど血糖測定できていない人
 
にターゲットを絞って検討会を開きました
 
保健師さんから町の状況報告があり、谷田病院に非常勤で来てくれている
熊本大学代謝内科の近藤龍也先生に糖尿病患者に対する初期アプローチについて
伝えていただき、最後にフリーディスカッションで連携のあり方について議論しました
 
 
・医療機関もしくは健診で把握できている人
については、共通の台帳管理をすることで、町と医療機関が漏れなくスムーズに連携を
していくことを町から提案いただき、まずは始めてみることになりました
 
 
問題は他の対象です
・医療機関にきているけど健診には行ってない人
については、時間がなくてあまり議論ができませんでした
町では対象者が分かりますが、医療機関ではとの人が健診をしていないのか分からず
積極的なアプローチができません
町からリストをいただけるといいのですが、個人情報だとかの議論が済んでいません
こまったな
 
 
・内科の医療機関でないので医療機関にきてるけど血糖測定できていない人
についても、今回歯科の先生にも来ていただき、少し議論できたのですが
具体策にたどり着かず…歯科診療所や整形など血液検査を定期的にしないところで
どう内科の医療機関につなぐか、が課題です
歯科で血糖測定しても診療報酬はないらしく、いっそのこと簡易血糖測定機を
谷田病院から提供してそれらしき人にその場で測定してもらう
というのもありかなと思ってます
 
もう少し詰めて議論して、次に進めたいです
 
 
とにかく、今回は初回でしたが、医科歯科&保健師が集まる機会は
これまでになかったようで、ひとまず良い機会だったかなと
定例会する必要があるかは要検討ですが、一歩前進したことは間違いありません
 
こうした複数組織が連携するのも、甲佐町という人口1万人ちょっとの町だと
とてもやりやすいです。そもそもみんな知り合い、みたいな関係ができています 
 
そうは言っても、今回の会の開催については事前に10ある町内外の医療機関に足を運んで
主旨を説明し、参加の協力を仰ぎました
参加いただき感謝です
 
 
{676F784B-3DA6-4F4E-BC13-CA897A3B233F}
 
 

現在、谷田病院で募集中の職種

糖尿病に興味があり、地に足付いた取り組みがやりたい人、どんな資格でも募集中です

 

・医師(内科常勤医、精神科・認知症(月1~週1)、新患外来(第2,4土曜午前))

・理学療法士(来年度1名)

・作業療法士(来年度2名)

・看護師(1名)
・調理スタッフ、栄養士(1名)
・薬剤師(1名)

・マネジメント職(事務職員・1名)

http://www.yatsuda-kai.jp/officials/recruit.php


お気軽にお問い合わせください
fujii@yatsuda-kai.jp

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

当院の院長もずっと参加している会で

これからの福祉と医療を実践する会

という勉強会があります

 

次回が来週の12月16日なのですが

私が講演をさせていただけることになりました

 

まだまだ、2年弱と、事務長経験は少ないですが

この間にいろいろと取り組んできたことを

包み隠さずお伝えできたらと思います

 

もしご興味とお時間がありましたら

ぜひご参加ください

 

http://www.jissen.info/

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。