今日のふじこ

兵庫県西脇市鹿野町にある藤井酒販のスタッフ“ふじこ”の日記です。

㈱藤井酒販 

西脇市鹿野町914-5 0795-22-4322 日曜定休

パソコンwww.fujii-s.com



テーマ:


image



山名酒造 搾りたて 720ml


今冬の一番手!

兵庫県産の酒米の中でも

1%にも満たない栽培面積の

「兵庫北錦」

蔵人が手塩にかけて栽培し醸す

とてもとても貴重な酒



image



鮮烈な若さば魅力

キレのある辛口に仕上がっている

搾りたて


数量限定入荷しています




image



ふじこは

毎年このラベルが楽しみなんです


奥丹波の昔ながらの景色が

やさしいタッチで描かれ

見ているだけでホッとするんです



神戸生まれ神戸育ちの両親と

核家族で育った私には

「田舎」がなく

田舎のおばあちゃんち というのに

ずっと憧れていました




image



今でこそ新しくなった公民館も

ふじこが嫁いだ20年前は

木造の古い建物で


冬はちょっと寒いけど

木の温もりとやさしさは

経験がないのに

なぜか懐かしく感じられて


今もまだ

古い公民館に入りたくなったりする




image



過疎地の町は

世帯数があっても子供がいない

息子たちの同級生も

それぞれ4人いるだけ



若い夫婦が

便利な都会に出て帰らず

町で子育てをしている理由も

理解できなくない


コンビニがコンビニエンスじゃないもんね



image



でもふじこは

不便な町だからこそできることがあって

便利な都会にはないものかもって思うから


この地域で育つ少ない子供たちを

よその子もどこの子も

わが子のように大切に見守る

過疎地の母たちの

こういう姿を

すごくいいなあ ってうれしくなって

写真を撮ってしまったりする



お弁当買ったら手っ取り早いのに



image



これまた少ない人数で

鍋4種類も手作りする田舎のおかんたちは


偉大やーって思う




image



そんなたくさんの愛の中で育つ子供たちは

安心して学べたり

好きをカタチにしたり



image


好奇心旺盛やったり



image


自由やったりするから




image


過疎地もええやんかって


本気で思っている





image



すべては

関わり合い

助け合っていることを


教えてくれるふるさと


ふじこにとってももう

ふるさと。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


image


無地のカーキの播州織

中身は芋焼酎の富乃宝山です


リボンは播州織の原糸

サイジング工程前の糊付けされてないものです

上質で柔らかくて

アメリカンコッカー(ふじこの好きな犬種)の

毛並みみたいです・・・って

この説明伝わります??笑



image


色が強く出て

メッセージを手書きしにくく

これまであまり出番のなかった杉原紙も

無地の地味柄播州織となら

なんだかしっくり!


ええやん


ええやーん


いつもの自画自賛




image


胃袋が満腹を認識しなくなっている

我が家のアウトドア派次男14歳


ふじこが長男を駅まで送り届け

自宅に戻るタイミングで

最近

毎朝この道を散歩している




image


自宅からずいぶん行った地点で

抱いていた犬を

やっと降ろす


どっちの散歩か微妙



image


幼い頃

彼の手を引いて

よくここを一緒に歩いた

反抗期に反抗しない14歳の後ろ姿を

そんなことを思い出しながら

ふじこはしばらく眺めている


反抗しないんじゃなくて

反抗出来なくなってしまった彼を

心配というより

ただ 愛おしくて

この何気ない風景を

ずっと見ていたくなる




ふじこの人差し指と中指を

そっと握り


 「もうだいじょうぶやで」 


そう言ったあの日から

彼が私を守ろうとしていることに

実は毎日気付いている





image



いつも通りの日常に戻ったら

14歳の息子と手をつなぐことは

もうないけど


母の心は四六時中

あなたの手を取り

あなたを抱きつつんでいます




image


満腹が分からなくて

どんどん母を追い越し大きくなるあなたを

命あるかぎり

全力でつつみます



そやから


反抗してもええんやでー







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


image


マス久本店さんの「本気シリーズ」


詰め合わせギフトも

ご要望に応じて

どんなふうにも詰めます!つつみます!


本気の想い

みんなに届けー





image


本日のお客様


生後2か月

豆柴のこむぎちゃんわんわん


ママに抱っこされて

初めてのお出かけ


かわいすぎますドキドキ




image


8歳から20歳まで

メスの柴犬と暮らしたふじこにとって

ワンコの中でも柴ちゃんは特別


はじめましてのこむぎちゃんに

勝手におもかげを重ね

店前で号泣という面倒くささ


それだけ

ふじこの幼少期において

彼女の存在は大きかった





image


何も語らないこの子たちからもらうものが

毎日毎日いっぱいあって


気付かんうちにこの子たちが

ふじこの心を洗ってくれてて


おかげで心に垢が溜まらん


8歳からずっと

私の心は

そうやって

小さな語らぬ命に

洗われてきたんやと思う




image


毎日同じ空なんかないって

気付かせてくれて


ありがとうな しっぽフリフリ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


image


不動の人気

みかんのお酒「あらごしみかん」


梅の宿さんから

感謝状が届きました!


もちろん手書きじゃないけど

こういうのっていいなー




image



おんなじ名前やん


この名前の人

ええ人多いねんなー ラブ




ふじこが藤井酒販に入社して15年

ずーっと感じてたこと


メーカー(蔵元)

問屋さん

うち


この順番に商品が届くという

昔ながらの流通スタイルだと

作り手(蔵元)とうちの接点て

ほぼ皆無


作り手の事情を知らんと

うちは商品を販売してええのんか?





image


そんなこと言ってる暇あったら

もっと仕事しろーーって


怒られるかな?

ねえ モエちゃん



image


でもね

この色になる前の景色や

この先季節が進んだあとの景色を

知りたいって

ふじこは思うねん


そのときの気持ちを

そのときの景色を

業種がちがっても

業務にどうしても必要やなくても

ふじこは

シェアしたいって思うねん




image



つつむが

ヨガマット入れに変身したよって

画像送られてきたら

うれしくて何回も見てしまうし

ふじこさんのこと考えながら縫って楽しかったよって

メッセージ付きやったら

ひゃーーー!!って言いながら

開いた口開いたまんまにしてしまう


それくらい

めちゃくちゃ

うれしいから





image


ふじこは

みんなで生きてるって思うねん


役割がちがっても

ビジネスでもプライベートでも

万物は一体やんって

思うねん四つ葉




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


image


播磨染工さんで

「糸染」を見学させていただいたあと

その次の工程

「織」 の部分の一番最初


サイジングを施す会社をご紹介いただきました



image


播磨染工の社長さんと

同級生の社長さんが経営される

加美サイジングさん


さいじんぐ て なに ?




image


タテ糸にだけ糊をつける工程のことだそうです


これ見えます?

糸ですよ糸!

糸が綺麗に並んでるんですアップ



image


タテ糸にだけ糊を付けるのは

次の織の工程で

糸が絡まることなくスムーズに織るため


糊付け

脱水

乾燥 され


ビーム と呼ばれる巨大な

車輪みたいなやつに巻かれていきます




image


もっかい言います


糸ですよ糸!


もう生地みたいですよね

糸が糊でくっついてるんですよ


美しいーラブラブ



image


ふじこが

加美サイジングさんで一番見たかったもの

それは この

糊付け工程後に出る端っこの


これキラキラ





image


綺麗でしょーーキラキラ


糸やけど糸じゃない

布になる前の糸が繋がったやつ


男気があって働き者の社長さんが

「何に使うん?」 と

笑いながらふじこに訊ねられました


いっぱい使い道あります!




image


播州織は分業制で

生産工程が細かく分けられている

それだけ

手間も暇もめちゃくちゃかかってるってこと


播磨染工さんでも

加美サイジングさんでも

作業の中心は機械

だけど

職人さんでないと出来ないことや

伝統を受け継いだ技術がなせる技が

この工程を支えてるんねんな




image


次の工程で

「織りやすい」よう

想いを込めて糊付けされるねんな



image


それぞれの工程のプロが

それぞれが持つ最高の技術を駆使し

手塩にかけて生み育て

次の工程へと

愛情も一緒に引き継いでいく


そして立派な生地になり

日本中世界中へ羽ばたいていく播州織は


たくさんの時間と努力と熱意と愛で

できている



だから

ふじこは

播州織に魅かれるんやなあ。














 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


image


染色工場で

美しいブルーに染められた

播州織の原糸


一言で「青色」といっても

本当にたくさんの青があります

その

本当にたくさんの青色の糸を生む

染色工場 「播磨染工」 さんへ

見学に行かせていただきました



image


最初の工程は

糸から糸へ

まき直すところから


この工程専門の工場もあるくらい

先染織物である播州織誕生には

大切なプロセス



image


糸染のひとつ「チーズ染色」の工程を見せていただきました

空洞の芯に巻き直された原糸を

釜の中に入れ

60度の染色液を染み込ませる方法


ムラなく染められるように

芯が網状になってるんだそうです


なるほど!



image


釜はこんな感じ


image


ずらーーっと並ぶ釜から

高圧の蒸気がぶおーーーっDASH!


こうやって

手間暇かけられて

綺麗な色が付けられるのか~!!






image


綿糸ならどんな糸でも染め上げるという

播磨染工さん

作られた色たちの

種類の多さにびっくりです


豊富な経験と熟練の技

伝統を守りながらも挑戦を続けてはる

その姿勢と実力に

ただただ感動アップ




image


木材も染めれるよ


社長さんが見せてくださった

そろばんの玉


カラフルで可愛い


ふじこも早速

つつむに使わせてもらいました



image


見えますか?


ね!カワイイでしょーーラブラブ


そろばんやでそろばん



image


お土産にいただいた糸


美しいです


播州織がなぜ

こんなに上品で

上質で

美しいのか

それは

布になるまでに

たくさんの

本当にたくさんの

人の手と時間と想いが

織り込まれているから




糸を知り

糸から染める

播州織の原点が見れてよかったです




















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


image


秘蔵酒 天使の誘惑


熟成を重ね

年月を刻んだ焼酎

長期熟成だけが出せる

まろやかさと深みが人気の1本です




image


レトロ瓶もふじこの好きなところ


天使の誘惑にしかない独創性が魅力です




image


神戸居留地にあるレストラン

VILLA BLANCHE


ここで行われた

第3回美姿勢パーティに出席してきました



image


ユミ先生のハッピーなお話から始まって

めったに入ることのないチャペルで

ウォーキングレッスン



image


その後はレストランでフレンチコースナイフとフォーク


同じテーブルの皆さんとは

ついさっき一緒にレッスンを受けたので

1人で参加している人の集まりなのに

なんだか前からお友達みたいに

会話も笑いも弾む弾む上げ上げ



image


参加者全員で集合写真カメラ


皆さんおしゃれで

とにかく前向き

そんでもって

みんなみんなめちゃめちゃ


元気!!



遠くは鹿児島、北海道、静岡からも


その行動力見習いたいっすー




image


お隣の席になったエステサロンオーナーさん

ふじこも一人でどこでも行くけど

彼女もガッツリ一人で参加

オシャレで存在感たっぷりの見た目と

丁寧で柔らかい話し方のギャップが

ふじこのツボ宝石赤


とってもカワイイ人やった


また会いたいな




image


ユミ式整美体操主宰

日本美姿勢協会を立ち上げたユミ先生は

淡いブルーのドレスにノーアクセ

シンプルなのに輝き半端ない

とにかく美しい!目立つ!!

女優さんてこんなんやろな~て感じ


14年前に知り合った日から

毎年毎年美しさに磨きがかかる

THE・年齢不詳。



私はユミ先生から

どれだけの勇気と

素晴らしい出会いをもらってきたやろう



数え切れん




image



実は

髪をアップにするのは

ちょっと怖かった

傷が見えないか不安で



でも

そんなん

もうええわ!

見えたっていい

それもふじこの個性やし

人間 熟成されるまでには

そら

色々ありますやんかためいき




image


そんなふうに思える場所

思わせてもらえる人たち

きっと

ユミ先生自身がそうやから

そんな素敵な熟成女子が集まるねんな





image


ほんまに来てよかった


22年ぶりに

プロカメラマンの旧友に再会できたという

最高のオマケ付きやったし

彼女にいっぱい撮影してもらったし

しゃべれてまた元気なったし



素敵な場所には

自分で行かなあかん

行くって決めたら行ける

誰にも何にも遠慮なんかいらん

許しももらわんでいい

行かない理由も作らんでいい

素敵な熟成女子たちは

いつでも両手を広げて待ってくれている





ほら


さあ!


踏み出してー!



(ふじこの誘惑?笑)













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


image



富久錦 生もと純米 播州古式


播州の酒米と播州の軟水で

純米酒にこだわり続ける蔵

播州古式で醸す

深く複雑な味わいが魅力です



image



入荷は720ml 4合サイズです


ぬる燗がおすすめ上げ上げ




image



兵庫県の景観形成重要建造物である

西脇小学校


映画「火垂るの墓」や「人間失格」の

撮影が行われた

現在も子供たちが通っている小学校




image



建替えの意見があったけれど

市民の強い保存補修の意向で

現存となり

西脇市の歴史文化の象徴として

市民の誇りとなっている建物


ここで行われた


北はりま大学の「にしわき学校」



image



西脇の街の人が先生になって

この校舎で「学校ごっこ」をする企画キラキラ




image



西脇シティプロモーションで出会った

主催の彼女の想いと行動力に胸を打たれて

出会ってすぐ

お手伝いをさせて!と

申し出たふじこに



image



彼女がくれた役割は

4年2組の司会進行係


渡ってきた舟には乗る

そう決めてるふじこやけど

これにはまいった

だって

2組の2時間目の授業は

47都道府県に自らのブランドの商品を卸し

海外からも発注を受けまくっている

西脇近隣の人間が知らない人はいない

有名デザイナー玉木新雌(タマキニイメ)さん


やったから




image



話すのは苦手という彼女は

とてもナチュラルで

笑顔のチャーミングな女性やった

ふじこの目をちゃんと見て

一生懸命質問に答えてくれた


タマキニイメさんのファンで

募集後すぐに満席になった教室には

あたたかい空気が流れ

笑いも起きてた


心配することなんかなかった

自然体で飾らない彼女の人柄から

教わった気がした



image



1+1=2


だけが答えじゃない

いろんな2があっていい


好きなことを好きなようにしたらいい





image


古式チャイム?


念願のレトロなチャイムを鳴らすことができた彼女が

信じていることを

この先も信じてやってほしい



image


土曜も西脇市のために働く

デキル男な市役所チームには

その個性と実力を遠慮なく発揮して

公務員のイメージひっくり返してほしい



image


若手もがんばってること

市民の人たちに知ってほしい



西脇アツイねん


西脇の人がオモシロイねん



ふじこが見たものを

伝えていくぞ。














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


image


宝山の蔵 西酒造さんがつくる

唯一の麦焼酎

「一粒の麦」


先日三田市から

ふじこに会うためだけに

西脇市にやって来て

「これカッコイイ!!」 と

一粒の麦をジャケ買いし

ノンストップで近況報告をし終えると

そのあとどこにも寄らずに

三田へ帰って行った


昔から群を抜いてキャラが光っている

ふじこの美しい幼馴染


あらためて

私の周りには

息子たちを含め

個性的な人柄の良い人ばっかりやって

しみじみ思う





image



インドア派長男中3の時

文化祭で展示されていた

フェルト絵本


中身は非常にシンプルで

まるで小学校低学年の児童が制作したような

簡易すぎる作り


それを逆手に取って

正当化するかのように書かれた説明書きに

当時11歳だったアウトドア派次男と

大笑いしたのを覚えている


彼の最大の長所は

自分の非を絶対に認めないところ。





image



努力しているようには

母には見えないけれど


なんとかなってきたし

なんとかなっていくんやろうな

ということは

彼の母になって18年で

やっと分かってきたから


物語の内容が

読む人によって変わるってことなら

それも面白いんちゃうのんって

いうことにする

ということにもうできる



そんな受験生との日々を

想像力を大切にして

過ごしていくことにする




image



天行健なり

てんこうけんなり



自然の運行なんやと思えばいい


駅で降ろした帰り道

自宅裏の山にモヤっとかかる霧を見て

そう思った




全部オッケー

みんなオッケー

ウサギもカメもどっちも ok









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


image



柚子のお酒はいろいろありますが

口に含んだとき

生の柚子の味わいを

きちんと感じられるものって

そうないと思っています


高知県の山奥で

無農薬で育った柚子は

丸ごと絞っても苦みがなく

皮までもすりおろして使用されています


本気柚子酒は

作り手の人たちの本気の想いと出会いで

できています



image



退院して一月半が過ぎた頃

音楽仲間にすべて準備してもらって立てたステージ


ふじこのたった一曲の演奏に

音響から搬入まで

たくさんの人が関わってくれた



image



サプライズは

されるよりする方が得意で

ほんまもんのサプライズの経験は少ないふじこに

人生でこれ以上ないやろ!な

プロジェクター使用のBIGサプライズが訪れたときは


もう

訳が分からんくらい

パニックなるくらい

泣けた




image



ここに来れただけで

生きてるありがたさを感じまくって

逆に明日死んだりして?って恐かったくらい


それやのに




image



みんなが次々

スライドに登場するもんやから



image



涙止めようにも止める間なくて


脚のつま先から

洪水みたいに涙が押し寄せて出た


image



いつも忙しかったり

それぞれ大変やったりする人までもが

こうして撮影に応じてくれたんかとか

考えだしたらまた

頭に要らんもんできそうやないかってくらい

流れていくスライドショーに

頭も胸も溢れかえりそうになって観た





image



子供のとき以来あんな大声出して泣いたん


すっきりした 笑


家でも病院でも

メソメソ泣いてたから余計

すっきりした 笑





image



なぜ11月になった今

このことを

ブログに書こうと思ったかというと


このサプライズ含め全てがふじこにとって

あまりにも

ありがたくて

しあわせすぎて

文章にする自信が全くなかったからで




image



ふじこの周りの人たちが

あまりにも

すごくて

素敵すぎてかっこよくて

簡単には

書けへんかったからで





image



そやけどやっぱり

ふじこは

この先の人生を

この人たちのように生きたいと


やっと秋が来て涼しくなって

自分に起きた現実を

クールダウンして見つめられたら

それをめっちゃ思って


その決意ができたんかもしれん




image



心の中だけに置いておくつもりでいた

一生お守りみたいに

そっと持ち続けてるつもりやった

大切すぎた出来事




image


それから数日間

何回も何回も

スマホで

PCで

再生しては涙ちょちょぎれ


最近やっとのことで

飽きてきたふじこを

この時点で

書き留めておきたかったし

みんなとこれからも

一緒にできることをしたいって思ったから



遊此娑婆世界 ゆうししゃばせかい



大人になってだいぶん経つけど

大人やってもこの先も




本気で遊ぼうぜー。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。