大きな地図で見る
2016-01-27 11:36:05

冬の乾燥が肌に悪いわけ

テーマ:皮膚疾患
こんにちは。
よねなが治療院の米永です。

寒さの増す冬は、気温の低下や乾燥により皮膚疾患の症状が悪化する傾向にあります。


例えば、気温の低下はしもやけやレイノー症状など抹消循環障害の症状を起こし、乾燥は乾燥性湿疹や皮膚そう痒症など皮膚の保水力が低下し、肌にガサガサ・ブツブツができたり痒みを引き起こします。


このような季節性の因子は、アトピー性皮膚炎やその他の炎症性皮膚炎の悪化を招くケースが多いです。

気温の低下や乾燥は肌のバリヤ機能である皮脂や角質層を弱めます。皮膚表面の皮脂膜や角質層の細胞間脂質が少なくなると細胞の水分保持が難しくなり、皮膚が乾燥し細菌が侵入しやすくなり刺激感やかゆみが増します(肌のバリヤ機能の低下は食生活や睡眠の乱れなどでも起きます)


アトピー性皮膚炎や炎症性皮膚疾患で皮膚の状態が思わしくない人の肌は細胞間脂質の主要成分であるセラミドが正常値よりも少ないと言われています(状態にもよるが通常値の約半分くらいと言われています)


これらの症状に対して表面からの対処法は体に冷えを入れないことや保湿が大切になってきますが、皮膚は内蔵の鏡とも言われますので、内臓機能の改善や食生活の見直しも重要になります。

身体の余計な活性酸素を取り除くためにビタミンA、C、Eを、皮膚粘膜を強くするにはビタミンC、ビタミンB6などのB群、亜鉛、マグネシウムなどが活躍してくれます。
ただし、症状に対して必要な栄養素だけをとっても必ずしも機能してくれないのが身体の難しいところです。体に必要な栄養素は極力食事からまんべんなく取り入れることが大切だと私は思っています。


症状や状態は人それぞれです。症状改善のためによい生活習慣を行っていたとしてもすぐに効果が現れるとは限りません。

できることをやっていると良い兆しは見えてきます。



よねなが治療院

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

よねなが治療院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■こんにちは?

どーも☆久しぶりに色んな記事を見て回っていました☆人のブログを見てると楽しいですね♪大変参考になりました♪まだまだアメブロ歴は浅いですが今後ともよろしくお願いします(。・ω・)ノ゙

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。