Dr.Kのブログ

今日のサプライズ、日常の出来事、芸能ネタ等、
基本的には、おぉ~まかな性格ゆえ、
直感でサプライズ!!!


テーマ:


「天下りあっせんの全面禁止」を掲げる民主党政権誕生が

確実視される中、官僚OBの駆け込み天下りが目立っている。

 


駆け込み天下りが相次ぐ背景

●月給100万円のオイシイ生活

 

官僚OBの天下りが後を絶たない。


天下り禁止を公約に掲げる民主党政権になったら、万事休す。


天下りの最終便に乗り遅れるなとばかりに、恥も外聞もない


“駆け込み”が続いている。

 

28日付で国交省元事務次官の峰久幸義氏(60)が就任したのは、

同省所管の独立行政法人「住宅金融支援機構」の副理事長だ。


このポストは旧建設官僚の指定席。


副理事長の俸給は、月額97万9000円

 


8月1日付で独立行政法人「日本貿易保険」理事長に就任する

特許庁前長官の鈴木隆史氏(60)は


月額112万8600円。


渡り鳥人生のスタートとしては悪くない金額だろう。



彼らはこの先、幾度も渡りを繰り返して高給を得ることになる

 


総務省が27日に公表した「独立行政法人の役職員の給与等の

水準(平成20年度)」を見ると驚く。



常勤役員の平均報酬は理事長などの「法人の長」で


1860万5000円


理事でも1549万5000円だ。



俸給のほかにボーナスに相当する期末手当(年2回)や特別地域

手当などが支払われるので、実際の年間報酬が膨らむのである。

 


天下り問題に詳しいジャーナリストの堤和馬氏がこう言う。



「天下り人生はおしなべて15年前後になります。

この間に、3回から5回天下りを繰り返し、事務次官など官僚トップ

経験者は3億円ほどの退職金を手にします」

 


彼らにしてみれば、一度天下ってしまえば勝ち。


それ以降は役所のあっせんではない、と言い逃れできるからだ



駆け込み天下りのふざけた背景がここにある。


民主党政権でなんとか「ストップ」させたい・・・


ホントにできる?


会社経営20年、会社を破綻させないための究極の極意、
破産宣告しないで済む方法を全部教えます
 
http://fuji2283.web.fc2.com/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Dr.Kさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。