藤林璃九の日々

SRチョウウンとRチョウリョウを募集しています。

詳しくは3月28日の記事まで。


テーマ:

GWの間は結構忙しかった&やる気が出なかった(氏)で更新さぼっちゃいました。

まぁ、おかげで溜まっていた疲労はすっかり拭い去れたので、本日よりしっかり更新していこうと思います。


回復デッキをやっていて思ったんですが、やはり反計がないときついですね。

加えて、自分は全体号令がないデッキは扱いきれないようです。

実際、今まで車輪号令、桃園の誓い、後方指揮、劉備の大徳と、号令デッキばかり使ってましたし。

故に、これらを考慮した上でデッキ変更しました。


SR董卓 R華雄 UC典韋 R荀彧 UC程昱


はい、超房デッキですね。


自分でも良く理解しているつもりです。

でも、でもでも、現状に対応するにはこれか、もしくは田豊反計、新呉バラ、大軍師デッキくらいしか・・・・・・。

華陀ワラとかやってみたいですけど、持っていなかったりしますし・・・・・・。

で、結局この形に落ち着いたわけです。

う~ん、房デッキを使うのには少し抵抗がありますが、しかし勝ちたいのも事実。

・・・・・・こんな状況に陥れたSSQって事でw(ぉ


印象に残った試合(VS新呉バラ)


璃九:上記のデッキ

相手:R孫堅 R孫策 R周喩 SR呉夫人 R呉国太


ひゃ~、房デッキVS房デッキ、キタコレw

序盤は柵潰しと伏兵探し。

しかし、荀彧がすぐに撤退してしまい、いきなりヤバ気な雰囲気w

しかし、伏兵を孫堅に当て、そのまま練突で撃破。

孫策は典韋のワイパーで抑え、呉夫人は董卓で応戦。

華雄が攻城へ行き、見事壁攻城成功。

典韋が撃破され、程昱、董卓、華雄で帰ります。

と、ここで復活した孫堅と呉夫人&孫策が来る。

荀彧&程昱が場にいない間を狙われ、「天啓の幻」発動。

こちらそれを計略無しで止めようとして、荀彧が横弓、董卓と華雄が連突。

程昱は城門を狙った孫堅の足止め。

これで程昱の犠牲だけで孫堅の城門攻城のみに止め、一気に逆転の体制に。

相手の三体が撤退後、荀彧と董卓を先頭に進軍開始。

運良く荀彧でシュウユを見つけ、そのまま「暴虐なる覇道」を発動。

しっかり荀彧で周喩を見つめ、そのまま撃破。

ここで相手、再起の法発動。

その際に「火計」を打たれますが、きっちり反計。

これで押せ押せの状態。

体力がやばくなると兵法「増援の法」。

そのまま8割近く削ると、一旦帰ります。

そして再度出撃し、もう一度「暴虐なる覇道」で押し、「反計」で計略を封じて落城勝ちです。

やっぱり火計が流行っているときは玄妙反計が重宝しますね。

しかし、初めてのデッキでここまで圧勝できるとは、さすが房デッキ・・・・・・。

まぁ、2になるまでこれで行こうと思ってるんですけどね(氏

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

3品以上ならば「名将」の称号がもらえると聞いて、俄然やる気が出てきた璃九です。

ちなみにそれを聞いたとき、後一生で3品へ上がれるところまで来ていました。

絶対に落とせない一戦の行方は果たして・・・・・・?


璃九:SR馬超 UC張飛 C胡車児 C蔡ヨウ UC甘皇后

相手:SR太史慈 R孫堅 R陳宮 R呉国太 ?


初めて当たったSR太史慈。

果たしてその実力はいかに・・・・・・?

序盤、張飛と胡車児を盾に攻めあがり、柵を潰そうとする璃九。

しかし、今日はプレイングがグダグダで、蔡ヨウとバチョウが迎撃のオンパレード。

あっさりと柵を無傷で帰らざるを得ない状況に。

中盤にはこちら「回復の舞」で弓をほとんど無効化していきますが、相手「破滅的な献身」→「乱れ打ち」のコンボが炸裂。

溜まらず再起の法で立て直しますが、その間に甘皇后が倒され、SR太史慈の城門一発貰い受けます。

「白銀の獅子」で対抗後、すかさず攻めに回る璃九軍。

しかし、相手も再起の法で、またもや「破滅的な献身」。

この時点で城ゲージはこちらが勝っていたのですが、それにきづかづに殲滅させられてしまい、そのまま向上され続けて落城負け。

・・・・・・3品への道のりは遠いですorz



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は孫堅さんと店内大戦してきました。

その前日、コメントを見てビックリw

なんといつの間にか2品になっているとのこと!w

実際に見ると、やはり2品の文字が・・・・・・・w

これは気を引き締めていかなければ・・・・・・。


璃九     :SR馬超 UC張飛 C胡車児 C蔡ヨウ UC甘皇后

偏差値80∞:SR張遼 SRホウ徳 SR董卓 SR呂姫


気を引き締めていこうと思ったんですがね!!

配置時間残り00で蔡ヨウを動かしてしまい、柵が消えてしまうというポカミスをやらかしてしまいましたorz

デッキからして、柵無しで踊るのは自殺行為。

故に、必然的に封印白銀デッキにはや代わりです。

序盤、デッキパワーを生かしてガンガンに攻めに出るこちら。

しかし、さすが2品と言うべきか、孫堅さんの連続突撃の嵐が炸裂。

どうにか引き分けに持ち込み、序盤攻城を諦めます。

そして部隊が整ったところでいざ進軍開始!!

こちらは初めから舞う気がないので甘皇后もきっちり戦闘要員ですw

蔡ヨウと馬超を後ろにちらつかせ、出てきたところをきっちり封印。

封印したのは呂姫と董卓。

そして孫堅さんはここで「神速の大号令」。

これは予定通りで、「大車輪戦法」でカウンター体制。

馬超、蔡ヨウ、胡車児と落ちますが、甘皇后の壁攻城が一発入り、リードを奪います。

このままチョウヒも城門行くか!?と思いきや、上手く迎撃を防がれながら(?)チョウヒとカンコウゴウも落とされ、たまらずこちら再起の法。

士気差はほぼ0。

兵法を使ってしまったものの、上々です。

そして最後の攻防。

先ほどと同じ千歩で責めあがる璃九ですが、流石に二度同じ失敗を繰り返さない孫堅さん。

董卓を封印したところでr「天下無双・改」が炸裂!!

他を囮にして「白銀の獅子」で対抗しようとしますが、ここで「神速の大攻勢」。

連突では分が悪く、あっさり全滅orz

そのまま攻城を喰らい続け、落城負けです。

正直、柵があれば・・・・・・という気持ちが拭いきれません。

「回復の舞」を発動→「封印の計」を董卓&呂姫に→「神速の大号令」を喰らう、というプロセスを踏めば・・・・・・。

ああああああぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・orz


その後、一緒に頂上対決を解析したりして時間を潰していました。

孫堅さんはカウント数やテクニックをきっちり把握している分、やはり自分より上手いなーと実感しましたね。

武力79のR呂布を見せていただいた時は、思わず噴き出していましたw


私信>孫堅さん

200円のタダ券やRカードを譲っていただいたり、あらゆるテクニック、気をつけるべき点を教えていただいて、もう感謝の嵐です。

この場でもう一度、お礼を言わせていただきます。

ありがとうございました!!




AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

お久しぶりです。

まずは一言、言わなければならないことがあります。

つい先日まで言っていた小説、結局間に合わずに見送る事になってしまいました。

応援してくださった皆様には、大変申し訳なく思っています。

来年こそは・・・・・・っ、と言いたいところですが、今年からは受験に向けての勉強開始になりそうで、ちょっと出せるかどうかは分かりません。

ただ、今回かなり悔しかったので、今日日マジで小説家(ライトノベル作家)になるために勉強中です。

とりあえず、それだけです。


さて、甘皇后デッキが流行っているという噂を聞いたのですが、今だ当たらない・・・・・・。

やっぱり扱いが難しいからか? と思っていると・・・・・・


印象に残った試合(VS回復デッキ)


璃九:SR馬超 UC張飛 C胡車児 C蔡ヨウ UC甘皇后

相手:SR馬超 UC張飛 C文聘 R荀彧 UC甘皇后


キターーww 

しかも自分と同じでオリジナルの回復デッキです。

こういう改良(?)が加えられているデッキを見ると無性に嬉しくなったりするんですよね。

しかし、勝負はそんな私情とは無縁です。

序盤、張飛と胡車児を攻城に向かわせ、それを迎えうつ相手馬超。

残りをこちらの攻城へ向かわす相手ですが、所詮雑魚ばかり。

柵もあって、馬超、蔡ヨウ、甘皇后で迎えうちます。

ここで相手「連環の法」。

さらに相手の張飛が上手い具合に突撃を妨害し、甘皇后&荀彧に壁攻城を一発をもらってしまいます。

こちらも胡車児の城門一発を入れますが、それでもまだ足りません。

ここで序盤戦終了。

中盤、早速「回復の舞」を発動し、攻めの体勢に入りますが、柵を壊されていたので「白銀の獅子」で蹴散らされてしまいます。

後、またもや相手は「白銀の獅子」。

これで馬超に城門を入れられ、さらに差をつけられてしまいます。

しかし、ここからがこちらの本領発揮。

持ち前のデッキパワーを活かし、計略無しの戦闘に持ち込みます。

馬超を迎撃して撃破後、再び「回復の舞」で攻め上がります。

再び「白銀の獅子」で対抗してきますが、攻城へ向かわした馬超と子車児がつぶされるのを見計らって「再起の法」発動。

即座に出撃し、こちらの圧倒的優位な展開へ持ち込みます。

相手は張飛と馬超で迎えてきますが、回復の舞の威力は偉大!!

あっさりと撃破し、そのまま落城勝ちですw

ちなみに、この後の戦いも回復デッキ(荀銀STOデッキ)でしたが、こちらもきっちりと勝たせていただきました。

その前の一戦も回復→封印の計の連発で見事勝利を収めていたので、そろそろ慣れてきたのかもしれません。>回復デッキ

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

うがーーーーー!!(ストレス発散

やっぱり家に閉じこもってるのはイクないと思うんです!

ということで、行って参りました(ぉ

朝の10時半からw(激爆


本日はついに新デッキの試運転。

前々から使ってみたかったデッキ、回復デッキです♪

筍銀STO覇王(大軍師)が優勝したのを切欠に、その使用に踏み切ってみました。

果たしてどのような具合なのか、回復デッキ・・・・・・。


印象に残った試合(VS初志完徹5デッキ)

璃九:SR馬超 R趙雲 C胡車児 C蔡ヨウ U甘皇后

相手:NR馬超 R華雄 SR呂姫 C候成 C蔡ヨウ


とはいえまんまパクリは嫌なので、璃九流にアレンジしてみました。>回復デッキ

相手はかの有名な全突デッキ。

果たしてどのような結果になるのか!?

序盤、甘皇后と胡車児を端攻め。

残りは真ん中で戦闘開始。

上手い具合に甘皇后の攻城が決まり、胡車児の方も蔡ヨウを撃破して攻城成功。

かなりのリードをもらった璃九ですが、柵を壊され呂姫に城門一発貰ってしまいます。

柵を壊されると途端に苦しくなるといわれているこのデッキ。

しかし、相手の主力がいなくなった頃合を見計らって「回復の舞」発動。

・・・・・・死なねーーーーーー!!(嬉

いやいやいやいや、これは強いw

相手が超絶強化してこない限り死にませんよ、これ?

とはいえ、相手も馬鹿じゃない。

「天下無双・改」・・・・・・と思いきや、「悪鬼の暴剣」。

これで趙雲、蔡ヨウが撤退しますが、即再起を叩いて相手の攻めをそこで終わらせます。

見れば相手の城ゲージはもう残り僅かw

しかし、焦りは禁物。

相手のとの士気差は歴然としています。

警戒しつつ、進軍開始。

もちろん相手は黙っていない。

「天下無双・改」でこちらの主力を潰しにかかります。

慌てて戻る馬超と胡車児と蔡ヨウ。

趙雲を犠牲にして、いざ防戦。

ここで甘皇后が撤退し、城ゲージを半分にまで減らされます。

しかし、「天下無双・改」の効果が終了後、こちらも「白銀の獅子」で対抗!!

あっという間に全滅させ、一旦お互いに仕切りなおし。

終盤、先ほどと同じことを繰り返さないために先に「封印の計」で「全軍突撃」と「天下無双・改」を防ぎますが、撤退→再起で無効化されるorz

その後、再び「天下無双・改」で蹴散らされる璃九軍。

何とか甘皇后、胡車児、馬超を戻らせ、再び城に張り付かれたところで「白銀の獅子」。

これで相手は候成のみ。

趙雲の「精神統一」で瞬殺し、蔡ヨウで落城勝ち。

いやー、なかなかに強いですよ、このデッキ。

扱うのはとても難しいですが(今日の戦績:2勝2敗)、メインデッキに昇格決定!!

今までありがとう蜀単デッキ!!

そしてこれからよろしく、回復デッキ!!


いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

SRチョウウンとRチョウリョウを交換してくれる人募集します!!


放出候補は


SRバチョウ SRホウトウ SRショカツリョウ SRカクカ SRチョウカク


Rは全てと考えてください。 


これならOK!という方は、この記事のコメントに放出と希望を書いてください。

なお、手渡し必須です。

璃九は奈良在住で、ホームがアミューズメントデプトです。

近鉄奈良、もしくはJR奈良付近での手渡しが一番の希望ですが、「ここでもいいですか?」という書き込みがあれば検討します。

それではよろしくお願いします。

・・・・・・って、このブログを呼んでくれている人ってそんなに数いないから、可能性は低いんじゃ・・・・・・(自爆



交換相手が見つかったので、締め切らせていただきます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

本当にギリギリまで三国志大戦やっているあたり、自分もハマってるなーと。

友人達は最近やめていく傾向にありますが、多分璃九はしばらく続けるんだろうなーと考えたりします。

まぁ、1年間同じゲームにハマッタだけでもかなり凄いことですがねw


印象に残った試合(VS似非○○デッキ)


璃九:SRリュウビ Rバチョウ Rコウチュウ Rホウトウ Cチョウショウ

相手:Rチョウリョウ Uリュウビ Uチョウコウ Cシンパイ Cサイヨウ Cギゾク


戦い終わってから気づいたんですけどね>似非○○デッキ

しかし、このデッキは扱うの難しそうですが、かなり強いデッキだということが分かる一戦になりました。

序盤、チョウショウとバチョウで柵を潰しにかかり、その際コウチュウで槍部隊を牽制。

当然相手は柵潰しを阻止しに来ます。

サイヨウ&チョウリョウとの突撃の繰り返しの後、こちらはチョウショウを犠牲に撃破に成功。

その頃、チョウコウを上手く誘導してホウトウに当てこれまた撃破。

相手リュウビは城に帰っていきますが、ギゾクが残り、騎馬にダメージを与えようと必死。

コウチュウで撃破後、全員で柵つぶし。

ここで一旦退くか迷いましたが、結局攻めることに。

攻防の末、バチョウの城壁攻城が成功。

帰って体制を整えます。

次の攻防では、相手が「人馬一体」を多用し、コウチュウが瞬殺。

こちらは士気温存のため、何も使わずじっとカウンターを狙います。

そして、ギゾクの一発を受けて相手が帰っていく際、ついに反撃開始。

「劉備の大徳」を全員にかけ、対する相手はまたもや「人馬一体」。

「挑発」で逃がさないようにしてから、一気にたたみかけます。

当然武力面で圧倒的優位だったので、普通に攻城できる・・・・・と思っていたら、相手「外壁崩落」orz

リュウビ、ホウトウ、バチョウと撤退し、溜まらず再起の法を使用。

この時点で士気はこちらが4ほど優位。

カウント24。

正直、もらった!!と思ったんですよ。

しかし、詰めが甘かったです。

こちらの体制が整ったところで再度出撃。

「劉備の大徳」を使うタイミングを見計らっていたら「ほっほ~、まだまだじゃ」とか言う声がああああぁぁッ!!

普通にホウトウ以外の全員にかけられましたorz

その後の戦闘はデッキパワーで押し戻され、終了。

固めすぎと警戒の無さが敗因ですね、はい。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

学期末試験終了ーーーーーーーーー!!


いやー、しんどかったww

初めて徹夜というものをやってみましたが、やっている最中はどうってことないです。

ただ、後になるにつれて徐々に眠気&疲れが出てきます。

未だ、古文単語が頭を回っている状態です・・・・・。

テストなからましかばとおぼえしか・・・・・・orz


そんなこんなで、勉強地獄から本日開放されたわけですが、そんな日はやっぱり三国志大戦でしょう!!

・・・・・・え、プチ引退はどうしたのかって?

激しく気にしない方向で(爆


印象に残った試合(VS大徳デッキ)


璃九:SRリュウビ Rバチョウ Rコウチュウ Rホウトウ Cチョウショウ

相手:SRリュウビ SRホウトウ SRソンショウコウ NRチョウウン Rジョショ


2・1.5・1.5・1.5・1.5という、珍しい編成の相手。

フィールドが右半分岩場のあそこだったので、コウチュウの分有利でしょうか?

序盤はやはりコウチュウの弓で牽制。

ソンショウコウで対抗してきますが、ひとまず気にせずにまずはチョウウンを撃破。

そのままリュウビでジョショを発見。

乱戦で死んでしまうリュウビですが、残りは健全で追い返す事に成功。

・・・・・・と思ったら、相手は「落雷」でバチョウとチョウショウを潰しにかかってくるw

ここで復活したリュウビと相手リュウビと一騎打ち発生!!


無双 激 失敗 激 無双

△ ○ △ × ○

 

瀕死のコウチュウで遠距離&チョウショウとリュウビでなんとか追い返し、士気6分有利になります。

さて、バチョウが復活してから早速進撃します。

もちろんこちらは「劉備の大徳」で攻めあがる気満々。

するとまたもや相手「落雷」発動。

しかし、固めていたのでピン落ちはありません。

リュウビ、チョウショウ、バチョウに一本ずつ落ち、その後チョウショウがホウトウを踏んで撤退。

バチョウを退かせ、一気に「劉備の大徳」。

ここでこちらのホウトウが相手のリュウビに当たり、一気に有利に。

攻めあがり、攻めあがって、回復した馬超をも参戦させ、一気に5割持っていきます。

相手がリュウビを出してきたその時、またもや一騎打ち発生!!


無双 無双 激 無双 無双

○ ○ ○ △ ○


これはこちらにとってかなりラッキー。

相手は普通に乱戦で対応しますが、やはり無理があって全員撃破。

その後相手、「再起の法」。

リードもしていたので、攻城よりも生存を選択する璃九。

すると相手、全員で進撃。

こちらはバチョウの「一騎当千」で一気に蹴散らそうとすると、相手は「蜀への援軍」で回復。

なんとかソンショウコウとホウトウを倒すも、瀕死コウチュウ&リュウビとともに死にます。

ここでこちらも「再起の法」。

普通に士気を使わずに追い返し、右と勝利をもぎ取りました♪

おそらく、士気差によるプレッシャーが相手にはあったのでしょう。

結構無茶な進撃が多かったような気がします。

これもMaximer'sアシミニ覇王の日記のおかげですww

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

やらないと言ってからの方がやってませんか、自分(爆

こんにちは、璃九です。

今日は本当にやりまくって、一気に2000円近くやってしまいました。

・・・・・・今月はこれくらいにしておきましょうw

恐らく、来月は本当に出来ないと思いますから。

なんせ、期末テストに「電撃大賞」・・・・・・やることは溜まっています。

本当にこんなことしてていいのだろうかという思いが常に付き纏っています。


印象に残った試合(回線切り)


璃九   :SRリュウビ Rバチョウ Rコウチュウ Rホウトウ Cチョウショウ

●●(伏字):SRシンコウゴウ Rジョコウ  Rガクシン  Rジュンイク  UCシュウソウ  Cケイドウエイ

        Cチョウリョウ 


前Verでは絶滅種とされていた悲哀デッキです。

ジョコウが入っているあたり珍しいですね。

序盤は伏兵をチョウリョウにあて、連突とコウチュの弓で駆使していきます。

そのうち、序盤戦は引き分けに終了。

しかし、ジュンイクの反計が怖かったので、リュウビの復活後、回復の侭らないまま進軍。

相手はやはりジュンイクを出し、刹那「悲哀の舞」発動。

「一騎当千」で一気に片付けようと思いましたが、士気差を生むためにあえて計略は封印。

変わりに兵法「増援の法」で対処し、チョウショウと場超をシンコウゴウへ向かわせ撃破。

そのままリュウビで1度城門を、バチョウで二度城壁を叩き、大幅リード。

バチョウだけを残し、他は一旦帰城します。

バチョウが撃破された後、しばらくして相手またもや「悲哀の舞」。

こちらはバチョウ抜きの「劉備の大徳」で対処。

ホウトウが城門へ行き、チョウショウが突撃。

リュウビはそこら辺の雑魚を対処です。

ある程度敵が減ってから、コウチュウの弓でシンコウゴウを撃破。

その後、ホウトウの城門一発が入り、ほぼ勝ち確定に。

相手はジョコウで「神速戦法」をして、コウチュウを撃破しますが、既にカウントは03。

勝ったと思った瞬間・・・・・・





「通信障害が発生しました」

ちょっとマテゴラァ!!!

負けそうになったからって回線切りかよ!?

最悪の気分で勝敗が決しました。

相手の名前は「●●」です。

みなさん、コイツにはご注意を


(※回線切りではなかったかもしれませんので、↑の文章を撤回します。

 お騒がせして済みませんでした。)


昇格戦だったのに、いきなりCom戦に変わって武勇上がらず・・・・・・orz



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

やらないとか言って、ちゃっかりやっちゃってる璃九です(氏
今日は始めてサブICという物を作ってみました。

新ICの君主名は「翠星石」。

・・・・・・「え?」と思ったそこの人、突っ込むのは禁止ですw

とにかく、ちょっとした時間があれば、しばらくこのICでやっていこうと思います。


印象に残った試合(房カード№1リョキ)


翠星石:SRリュウビ SRホウトウ Rコウチュウ Rギエン Cチョウショウ

  相手:SRリョキ Rバチョウ Rコウチュウ Rホウトウ Cコウセイ


キタコレ!

今流行りの西涼軍ですよ。

何故か蜀軍が混ざっていますが、ここらへんはこだわりなのでしょうか?

デッキも微妙ですし・・・・・・(爆

しかし、そんな微妙さを吹っ飛ばすほどの威力を誇るリョキさんがいます。

さて、その破壊力はいかに!?

序盤、ホウトウをバチョウに当てる事に成功。

そのまま撃破に持ち込み、一気に攻勢へ転換。

ギエン撤退で、相手を殲滅させます。

ここで相手、早くも再起の法。

チョウショウで櫓を壊してから、こちらも帰還。

こちらのギエンが復活してから、再び攻めに出る璃九。

相手もそれに応じ、総力戦へ突入。

ここで判断を誤り、「連環のススメ」ではなく「劉備の大徳」を発動。←乱戦という状況に惑わされた

相手の武将を各個撃破していきますが、当然相手も応戦してきます。

リョキ「愚か者が、消えよッッ!!」

キターーーー!!

・・・・・・え、何この強さ!? 

ちょ、おまっww

そんなこんなで、チョウショウとコウチュウ以外撤退。

即時に「再起の法」発動。

効果切れを狙ってチョウショウとコウチュウで応戦。

コウセイの一発でなんとか凌ぎます。

ここでホウトウが復活するのを待ち、しばらく硬直状態へ。

そして最後の攻防。

相手がある程度固まってきたところを狙ってススメロック!!

思ったよりも範囲が狭くて、四体入れるのも一苦労でした。

後はコウチュウに任せて、皆で突っ込む。

そのまま落城です。

しかし、なんちゅー爆発力ですかww

リョキが房カードと呼ばれる由縁がよく分かります・・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。