藤林璃九の日々

SRチョウウンとRチョウリョウを募集しています。

詳しくは3月28日の記事まで。


テーマ:

お久しぶりです。

まずは一言、言わなければならないことがあります。

つい先日まで言っていた小説、結局間に合わずに見送る事になってしまいました。

応援してくださった皆様には、大変申し訳なく思っています。

来年こそは・・・・・・っ、と言いたいところですが、今年からは受験に向けての勉強開始になりそうで、ちょっと出せるかどうかは分かりません。

ただ、今回かなり悔しかったので、今日日マジで小説家(ライトノベル作家)になるために勉強中です。

とりあえず、それだけです。


さて、甘皇后デッキが流行っているという噂を聞いたのですが、今だ当たらない・・・・・・。

やっぱり扱いが難しいからか? と思っていると・・・・・・


印象に残った試合(VS回復デッキ)


璃九:SR馬超 UC張飛 C胡車児 C蔡ヨウ UC甘皇后

相手:SR馬超 UC張飛 C文聘 R荀彧 UC甘皇后


キターーww 

しかも自分と同じでオリジナルの回復デッキです。

こういう改良(?)が加えられているデッキを見ると無性に嬉しくなったりするんですよね。

しかし、勝負はそんな私情とは無縁です。

序盤、張飛と胡車児を攻城に向かわせ、それを迎えうつ相手馬超。

残りをこちらの攻城へ向かわす相手ですが、所詮雑魚ばかり。

柵もあって、馬超、蔡ヨウ、甘皇后で迎えうちます。

ここで相手「連環の法」。

さらに相手の張飛が上手い具合に突撃を妨害し、甘皇后&荀彧に壁攻城を一発をもらってしまいます。

こちらも胡車児の城門一発を入れますが、それでもまだ足りません。

ここで序盤戦終了。

中盤、早速「回復の舞」を発動し、攻めの体勢に入りますが、柵を壊されていたので「白銀の獅子」で蹴散らされてしまいます。

後、またもや相手は「白銀の獅子」。

これで馬超に城門を入れられ、さらに差をつけられてしまいます。

しかし、ここからがこちらの本領発揮。

持ち前のデッキパワーを活かし、計略無しの戦闘に持ち込みます。

馬超を迎撃して撃破後、再び「回復の舞」で攻め上がります。

再び「白銀の獅子」で対抗してきますが、攻城へ向かわした馬超と子車児がつぶされるのを見計らって「再起の法」発動。

即座に出撃し、こちらの圧倒的優位な展開へ持ち込みます。

相手は張飛と馬超で迎えてきますが、回復の舞の威力は偉大!!

あっさりと撃破し、そのまま落城勝ちですw

ちなみに、この後の戦いも回復デッキ(荀銀STOデッキ)でしたが、こちらもきっちりと勝たせていただきました。

その前の一戦も回復→封印の計の連発で見事勝利を収めていたので、そろそろ慣れてきたのかもしれません。>回復デッキ

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

fujibayashi-rikuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。