藤林璃九の日々

SRチョウウンとRチョウリョウを募集しています。

詳しくは3月28日の記事まで。


テーマ:

やらないと言ってからの方がやってませんか、自分(爆

こんにちは、璃九です。

今日は本当にやりまくって、一気に2000円近くやってしまいました。

・・・・・・今月はこれくらいにしておきましょうw

恐らく、来月は本当に出来ないと思いますから。

なんせ、期末テストに「電撃大賞」・・・・・・やることは溜まっています。

本当にこんなことしてていいのだろうかという思いが常に付き纏っています。


印象に残った試合(回線切り)


璃九   :SRリュウビ Rバチョウ Rコウチュウ Rホウトウ Cチョウショウ

●●(伏字):SRシンコウゴウ Rジョコウ  Rガクシン  Rジュンイク  UCシュウソウ  Cケイドウエイ

        Cチョウリョウ 


前Verでは絶滅種とされていた悲哀デッキです。

ジョコウが入っているあたり珍しいですね。

序盤は伏兵をチョウリョウにあて、連突とコウチュの弓で駆使していきます。

そのうち、序盤戦は引き分けに終了。

しかし、ジュンイクの反計が怖かったので、リュウビの復活後、回復の侭らないまま進軍。

相手はやはりジュンイクを出し、刹那「悲哀の舞」発動。

「一騎当千」で一気に片付けようと思いましたが、士気差を生むためにあえて計略は封印。

変わりに兵法「増援の法」で対処し、チョウショウと場超をシンコウゴウへ向かわせ撃破。

そのままリュウビで1度城門を、バチョウで二度城壁を叩き、大幅リード。

バチョウだけを残し、他は一旦帰城します。

バチョウが撃破された後、しばらくして相手またもや「悲哀の舞」。

こちらはバチョウ抜きの「劉備の大徳」で対処。

ホウトウが城門へ行き、チョウショウが突撃。

リュウビはそこら辺の雑魚を対処です。

ある程度敵が減ってから、コウチュウの弓でシンコウゴウを撃破。

その後、ホウトウの城門一発が入り、ほぼ勝ち確定に。

相手はジョコウで「神速戦法」をして、コウチュウを撃破しますが、既にカウントは03。

勝ったと思った瞬間・・・・・・





「通信障害が発生しました」

ちょっとマテゴラァ!!!

負けそうになったからって回線切りかよ!?

最悪の気分で勝敗が決しました。

相手の名前は「●●」です。

みなさん、コイツにはご注意を


(※回線切りではなかったかもしれませんので、↑の文章を撤回します。

 お騒がせして済みませんでした。)


昇格戦だったのに、いきなりCom戦に変わって武勇上がらず・・・・・・orz



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

やらないとか言って、ちゃっかりやっちゃってる璃九です(氏
今日は始めてサブICという物を作ってみました。

新ICの君主名は「翠星石」。

・・・・・・「え?」と思ったそこの人、突っ込むのは禁止ですw

とにかく、ちょっとした時間があれば、しばらくこのICでやっていこうと思います。


印象に残った試合(房カード№1リョキ)


翠星石:SRリュウビ SRホウトウ Rコウチュウ Rギエン Cチョウショウ

  相手:SRリョキ Rバチョウ Rコウチュウ Rホウトウ Cコウセイ


キタコレ!

今流行りの西涼軍ですよ。

何故か蜀軍が混ざっていますが、ここらへんはこだわりなのでしょうか?

デッキも微妙ですし・・・・・・(爆

しかし、そんな微妙さを吹っ飛ばすほどの威力を誇るリョキさんがいます。

さて、その破壊力はいかに!?

序盤、ホウトウをバチョウに当てる事に成功。

そのまま撃破に持ち込み、一気に攻勢へ転換。

ギエン撤退で、相手を殲滅させます。

ここで相手、早くも再起の法。

チョウショウで櫓を壊してから、こちらも帰還。

こちらのギエンが復活してから、再び攻めに出る璃九。

相手もそれに応じ、総力戦へ突入。

ここで判断を誤り、「連環のススメ」ではなく「劉備の大徳」を発動。←乱戦という状況に惑わされた

相手の武将を各個撃破していきますが、当然相手も応戦してきます。

リョキ「愚か者が、消えよッッ!!」

キターーーー!!

・・・・・・え、何この強さ!? 

ちょ、おまっww

そんなこんなで、チョウショウとコウチュウ以外撤退。

即時に「再起の法」発動。

効果切れを狙ってチョウショウとコウチュウで応戦。

コウセイの一発でなんとか凌ぎます。

ここでホウトウが復活するのを待ち、しばらく硬直状態へ。

そして最後の攻防。

相手がある程度固まってきたところを狙ってススメロック!!

思ったよりも範囲が狭くて、四体入れるのも一苦労でした。

後はコウチュウに任せて、皆で突っ込む。

そのまま落城です。

しかし、なんちゅー爆発力ですかww

リョキが房カードと呼ばれる由縁がよく分かります・・・・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

考えた挙句、題名は各武将のセリフでいこうと思います。

・・・・・・って、今までと同じくらい分かり難いですね(汗

まぁ、あくまで三国志大戦風にいこうと思いますので、しばらくはこのスタイルでいこうと思います。


で!

皆さん既に聞いてると思いますが、「三国志大戦2」なるものが稼動するとか何とかで。

詳しくは、こちら を見てください。


(゜∀゜)ニヤニヤ

( Д )゜ ゜  ッッッ!?


さて、この動画から分かることを挙げると、


・新カード追加

・武将の絵柄、能力値変更

・新地形追加

・象兵追加


くらいですか?

象兵ってのがかなり気になるんですが・・・・・・噂されているのは、攻城兵の上位互換だとか。

オレンジのオーラを纏っているので、何らかの特殊能力を持っているようですね。


あとは、各武将について。


猛獲 武6 象兵 南蛮王の大号令(士気5)自身中心横

祝融 武7 象兵 巨象猛進(士気3)自身

阿会喃 武3 騎兵 強化戦法(士気4)自身

??(3文字、董荼那?) 武3 弓兵

??(2文字) 武7 歩兵

馬岱 武力? 質実剛健(士気3)(強化戦法の上位互換であるとかなんとか・・・・・・)


公孫サン 武力5 知力5 白馬陣(士気4)自身中心横


また、絵柄が変わるのは

SRソウソウ SRオウイ UCチョウヒ UC(SR?)カンネイ Rシュウユ SRリョフ


以下、微妙な人

SRソンケン(弟?父?) SRリュウビ


カンウが暴れまわっていたので、恐らくRカンウに関しては能力値変更ですかね?


稼動開始は5月から6月とのこと。

まぁ、間違いはないかと思いますけど、確証はもてませんので、ご注意を。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

突然ですが、4月10日まで三国志大戦を一時引退します。

題名にも書きましたが、理由は様々です。

VerUpがあまりにも酷い、勉強時間が削られる、今年の「電撃大賞」の〆切が近づいている・・・・・・etc

ということで、お金を溜めるという項目も兼ねて、しばらく大戦は止めます。

あ、でも、もし「店内大戦してください」などと言う声をかけてくだされば、事前に了承している場合、

快く引き受けたいと思います。


さて、大戦をしばらくやらない以上、ここの更新もとてつもなく遅くなる&面白くなくなることでしょう。

しかし、完全に引退と言うわけではありませんので、恐らくちょくちょくと大戦関連についての情報は載せていきます。

ネタが尽きるのも時間の問題ですけどねw(爆


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はそんなにやるつもりがなかったのに、ガッツリとプレイしてきちゃいました。

しかし、戦績はとても思わしくありません。

1勝3敗。

後2敗で5品に降格という、結構精神的に辛い状況。

恐らく、デッキを変えた事が原因なのでしょうが、こればかりは慣れるまで時間が掛かってしまいます。

サブIC作ろうかなぁ、と考えたりもしてます。

しかし、作ったところで、また10級からというのが気に食わないですねぇ。

せめて6品くらいから始めてみたいですw


印象に残った試合(VS桃園デッキ)


璃九:SRリュウビ Rバチョウ Rコウチュウ Rホウトウ Cチョウショウ

相手:SRチョウウン UCチョウヒ Rリュウビ Rホウトウ Cチョウショウ


デッキパワーはこちらの方が上。

しかし、配置を間違えてこちら守り気味になります。

それが災いして、伏兵は掘られるわ、リュウビは瞬殺されるわ・・・・・・。

とりあえず、SRチョウウンに城門2発入れられ、いきなり不利になります。

次の攻防では、こちらが先に「連環の計」を食らってしまい、こちらも同じ計略で返しますが、

先に効果の切れたチョウウンが火を噴きます。

こちら慌てて再起の法。

もう一度攻め立て、今度は「挑発」で場を乱そうとしますが、それも失敗して逆に「桃園の誓い」で壊滅。

何とかバチョウが頑張ってリュウビを倒し、チョウヒも同時撤退。

しかし、これでのこすはラスト一度のぶつかり合いのみ。

「リュウビの大徳」で攻めあがりますが、「挑発」されてボロボロ。

何とかバチョウが張り付きますが、「神速戦法」のチョウウンに蹴散らされ終了。

・・・・・・あ~、情けないorz

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

いきなりですが、デッキ変えます!!

今のデッキを扱うのは、やはり無理がある感が最近纏わりついてきたんです。

デッキパワーも低めですし、VerUpすれば、ますますデッキパワーが大事になってきますから。

ということで、現時点で思考中のデッキを公開します。


SRリュウビ Rコウチュウ Rバチョウ Rホウトウ Cチョウショウ


Rコウチュウの部分はNRカンウやUCチョウヒでも良いんですが、兵種バランスを考えるとこんな風に。

このデッキに変えた事による利点は、主に二つ。

一つ目は、デッキパワーがあがった事。

デッキパワーとは、各武将の武力を二乗し、それらを全て足してから、武将数で書けた数字の事です。

例えば↑のデッキの場合


(6×6+8×8+8×8+1×1+1×1)×5=830


この数字が800を越えると、だいたいデッキパワーのあるデッキという事になります。

ちなみに、今までのデッキでは765しかありませんでした。

平均値は750程度。

つまり、このデッキに変えるとデッキパワーが飛躍的に上がり、戦闘面で楽になります。

二つ目は「連環のススメ」→「連環の計」になったこと。

VerUpによって、ススメはかなりの弱体化を食らってしまいました。

しかし、連環の計の方はまだ比較的軽傷。

相手武将を多く入れやすいという部分もあって、自分的には使い易いかなーと思っています。


とまぁ、こんな具合なんですがどうでしょう?

悩んでいる事といえば、コスト2武将の選択肢。

SRリュウビは必須として、残り二体の候補は

Rバチョウ Rコウチュウ Rチョウウン NRカンウ UCチョウヒ

の五虎将でしょう。

騎馬は二体欲しいので、Rバチョウも固定にしてしまうと、残りは一体。

自分としては、RコウチュウかUCチョウヒかで悩んでいるんですよねぇ~。

どちらの方がいいんでしょう・・・・・・?

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ノイデッキ、車輪デッキ、魏4、流星名君・・・・・・etc

あまり当たった事のないデッキばかりです。

そんなデッキが3品にはウジャウジャ。

攻め方と守り方がよく分からないので、結構危ない戦いしてます。

とりあえず、ノイデッキと流星については対策を考えましたが、魏4が・・・・・・。

あのデッキパワーに勝つにはどうすればいいのだろうか・・・・・・?


印象に残った試合(VS流星名君)


璃九:SRリュウビ Rコウチュウ SRホウトウ Rギエン Cチョウショウ

相手:SRソンケン Rタイシジ Uショウキョウ Uテイフ Rゴコクタイ


流行っているという流星名君との初対戦。

柵が四つと、固い防御を思わせます。

序盤、チョウショウとギエンで弓を集めリュウビで攻城へ向かうも、向きを変えられてあえなく失敗。

ならば今度は挑発で、タイシジとゴコクタイを引っ張る。

そのままタイシジにホウトウを当て、撃破。

ゴコクタイを乱戦で撃破後、再び挑発で相手を乱し、連突。

これで邪魔者が居なくなり、今度は柵つぶしに掛かる。

流石に4枚は時間が掛かり、全てを壊したところでギエンを攻城に向かわせると、相手は「守成の名君」。

城門に入れてもほとんど削れない。

ここで相手、「流星将来」。

体勢を立て直す為に、一旦ここで自城に退きます。

リュウビとチョウショウが復活したところで、一気に攻めに転換。

中央ラインから「劉備の大徳」で攻め上がろうとするが、相手兵法「連環の法」。

たどり着いてすぐに切れるも、もう一度「劉備の大徳」。

総合武力の低い当てはどんどん死んでいく。

ここでまたもや相手「守成の名君」。

何度も攻城に成功するも、やはり減らない。

もう既に城二つ分は落としたんじゃないかと思うくらい攻城した頃、相手またもや「流星将来」。

ここでギエンとチョウショウが撤退、迷わず「再起の法」。

速攻で攻めあがり、後1発で逆転というところで時間切れ。


「守成の名君」の効果が長く、全員に掛かってしまったのは反省点。

挑発を使い、「守成の名君」を使われる前に撃破後、攻城という手段をとるべきでした。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。