藤林璃九の日々

SRチョウウンとRチョウリョウを募集しています。

詳しくは3月28日の記事まで。


テーマ:

今日は超ご機嫌な璃九。

なぜならオークションに出品していたSRソンケンが、なんと9,750円で売れたからです!!

オークションに出す際に手伝ってもらった人達への礼金を考えると、実に9000円が璃九の手にw

しばらく三国志大戦の資金に困る事が無いですw


さて、そんなルンルン気分で今日も行ってきました。

実は前日、SRソンケンを使った呉単でやってみたんですが、これがもうボロボロw

呉って強いって言われていますけど、扱うの難しいですねぇ~。

まぁ、蜀単を普段使っているから、そう感じるだけなのかもしれませんが。

そんなこんなで、二度と蜀単を裏切らないと誓った璃九でした。


1戦目

璃九:SRバチョウ SRリュウビ Rキョウイ Rジョショ

相手:SRシュウユ Rソンケン(パパ) Rソンサク  C?(新カード)


新カードの計略を知りえませんでしたが、それよりも怖いのはSRシュウユ。

フィールドは横に森がずらっと配置された嫌な地形。

っと、ここである事に気がつく璃九。

弓はシュウユのみ・・・・・・?

ザ・端攻め実行!!

案の定、相手は開いている道の方に伏兵を構えていたようで、逆から攻城を狙う璃九の作戦は

見事に決まり、キョウイの攻城に成功。

ソンケンが攻城に来ていましたが、これはジョショとバチョウの二人で止めて撃破。

あえて弓兵を増やす事などはせず、伏兵を探しにいかない。

そして中盤。

相手のソンケンがまたもや攻城しに来ます。

当然、伏兵を構えているでしょうからこれをジョショで止めます。

すると予想通り、後ろに構えていたシュウユに当る。

ここで相手「天啓の幻」を発動。

しかし、かかったのはソンケンのみ。

しめたと思いつつ、バチョウで「白銀の獅子」発動。

武力差関係なく、一撃で葬り去り、周りにいたソンサク、?、シュウユを撃破しまくります。

相手は溜まらず、兵法再起。

ここで勝負をつけるべく、全員で攻城に向かいます。

当然止められますが、兵法増援と、ジョショの落雷を駆使して大分有利に。

バチョウを焼かれないように気をつけながら、ここで半分まで削る。

相手は「最期の業炎」でリュウビとジョショを焼きますが、復活付きと武力3を殺されても痛くないです。

その後、「白銀の獅子」でわざと「最期の業炎」を誘い、残った3部隊で敵の攻城を防ぎ、時間切れ。

どうやら業炎デッキに対する立ち回りを理解できてきたようです。


二戦目

相手:Rリョフ Uコウジュン Uホウトク Cコシャジ


知力低っ!!

最初に思ったのがこれでした。

これならば、落雷で全てが丸く収まりますw

しかし序盤、さすがに高武力だけあってなかなか死んでくれない。

コウジュンがジョショを踏んでくれて撤退に追い込み、リュウビで城門攻城に成功。

しかし、相手のコシャジもこちらの城門に入れ、武力差で若干負けています。

ここで一旦、お互いに退いて体勢を立て直す。

こちらは最初から落雷以外に使う気がなかったのですが、運悪く二体に入れても一体にしか落ちないという

アクシデント発生!!

これはまずいと思いつつ、暴発で「劉備の大徳」が出ちゃいます。

全員入ったから良かったですが、ここで士気6も使いたくなかった・・・・・・orz

なんとか攻城を押さえると、今度は相手のリョフが「飛将降臨」でコシャジ斬り。

武力15(?)にはさすがに大徳中のバチョウでも太刀打ちできませんが、兵力差と効果時間で何とか

食い止め、ここで再びお互いに睨み合いへ突入。

ここで負けている璃九は、逆転を目指して全軍突撃。

狙うはリョフに落雷!!

・・・・・・またホウ徳に3発かよっ!!

相手は「卑屈な急襲」でコシャジの武力を上げますが、何とかそれを掻い潜り、攻城開始。

・・・・・・「飛将降臨」キターー!! って、武力33!? 雷落ちましたーー!!

即行で挑発→迎撃を実行しますが、乱戦で瞬殺去れるキョウイ。

何とか攻城を2発入れて逆転に成功します。

そして復活したリュウビで即行攻めへ。

リョフを迎撃で倒し、再起を使ってくるところでバチョウの白銀発動。

増援も駆使して、殲滅し、リュウビで3回城門攻城→落城。

落城って、気持ちいですよね?w


3戦目

相手:SRチョウリョウ SRバチョウ Rガクシン Rジュンイク Uサイブンキ


最近流行りつつある(?)飛天デッキです。

しかし、こちらには神速潰しのキョウイがいる。

よもや舞うなんてことはしないだろう・・・・・・いや、そう思っていたんですけどねw

序盤、高城力のない相手に対して端攻めでリードを奪おうとするも、そこにはバチョウ&チョウリョウが!!

運悪くバチョウとジョショ以外が撤退、相手のサイブンキが一度攻城に成功してしまいます。

しかし、神速を封じている以上、こちらに分があるのは丸見え。

逆転なんて簡単だー、とか思ってると・・・・・・

サイブンキが舞い始めた Σ(゜ Д ゜)!?

もちろん、キョウイで迎撃です、ハイ。

そのままリュウビを城門に突っ込ませ、キョウイの迎撃の嵐(サイブンキはワザと殺しませんw)。

リュウビが死ぬと、今度はキョウイが城門で、後ろでバチョウが白銀体制w

増援の法で粘り、そのまま落城勝ち。

一番笑いが絶えませんでした、この戦いw

来るやつ来るやつみんな激激って・・・・・・w


そしてこの戦いに3連勝した事により、あと2連勝で4品に昇格!!

ぴろりさんが3品に行った事により、璃九の心に炎が付いたようです。

ぴろりさん、待ってろよ~w

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

題名が思いつかないのは、単にネタ切れというわけではありません。

現在璃九は、今まで生きてきた中でもっとも興奮している状態にあります。

まずは何故こうなっているのかの説明を。


「ひぐらしのく頃に」を攻略しました!!

そして一言。


やれ!!とにかくやれ!!そして知れ!!この世にこのような作品があることを!!

以前、璃九は「知らなくてもいいことがある」と言いました。

ええ、もちろんそれはあるのかもしれません。

しかし、今回は違いました。


ひぐらしのく頃には、知るべきである!!

「ひぐらしのく頃に」には「ひぐらしのく頃に」と、その続編である「「ひぐらしのく頃に 解」があります。

璃九はそのどちらも制覇しました。

前者の方は、確かに恐怖を感じる場面がありました。

それは今までの恐怖と比べ物にならないほどでしたが、同時にこの作品には温かさも含まれていました。

そして伏線程度に散りばめられたその温かさが、後者で一気に爆発し、散乱し、乱舞し、発狂し・・・・・・

ああ、自分で何書いてるのか分からなくなってきましたw

ここから下はネタバレを含むので、攻略中の方や、ネタバレが嫌いな人は見ないように。

構わないという人は、反転してみてください。


「ひぐらしのなく頃に」のテーマ、それは「恐怖」ではありませんでした。

もちろん、意図してそれを表現しているわけですが、本当に伝えたい事はそれではなかった!!

それは「仲間」、もしくは「仲間を信じる心」。

罪滅ぼし篇では、圭一(主人公)の仲間を信じる心に感動しました。

例えば、↓の科白


圭一「間に合う!!来るんだ!!俺たちはやりなおせるんだぁあああああああ!!!!」


梨花「私はあなたと共に戦おう。もう一度戦おう、何度でも戦おう。その先の未来に至れるまで、何度でも」

魅音「早く元気になぁれ」

レナ「私を、信じて」


だああああああああああぁぁぁぁ!!!

書いていたらまた目頭が熱くなってきましたよ!!

つーか、もう普通に号泣してましたよ。

CLANNAD級に泣いていましたとも。

声上げて泣いたゲームって、これで二つ目。

しかも、声を上げた回数だけで言えばCLANNAD越えたし!!

圭一の台詞は、レナが殺人を犯したことを知り、それでも自分の仲間だと宣言し、その行為を許し、

レナが殺人に関して相談してくれなかった=自分が頼りない、そんな自分を許してくれと請い、

そしてレナが再び仲間として認められるシーン。

梨花の言葉は、圭一が過去の作品で自分のしたことを、現代になって思い出し、そしてそれを受け入れ、

そんな圭一に心を打たれて決心するシーン。

魅音は、錯乱状態に陥っている圭一を怯えることなく、治って欲しいいう思いをマジックで書こうとしたもの。
レナは、金属バットで襲い掛かる圭一に対して、防御の一つもせず、笑みを絶やすことなく、絶命するまで

圭一に語っていた台詞。

おいおいおいおいおいおいおい、冗談じゃねぇ!!

こんな感動、与えてくれる機会なんてそうそうありませんよ。

ひぐらしをやっていて、今日、本当に心の底から良かったと思いました。

そして、最後のシーン。

レナが錯乱状態末期に陥っているときに対峙する圭一。

レナの手には鎌、圭一の手には金属バット。

圭一「あの時の決着をつけようぜ」

あの時、というのは以前部活で引き分けとなった水鉄砲戦。

それを今度は凶器を用いて、学校の屋根の上で、クラスメイト全員と警察隊が見守る中、

彼らはダンスを始めます。

鳴り響く金属音。

そこには一切の手加減がない。

互いに一撃を受ければ、重傷は免れない状況。

にもかかわらず、圭一とレナは笑いあう。

「最高に楽しい!!」

「もし、お互いが約束を果たせなくなっても、また会えるよね!!」

「その時は、普通に笑い、普通に遊び、普通に恋をしよう」

錯乱状態にあったレナは徐々に正気を取り戻し、そして最後の一撃。

圭一のバットを弾き飛ばし、レナが鎌を振り落とすというところでその動作が止まる。

「嫌・・・・・・だよ・・・・・・」

それは、開始の時には全くなかった感情。

そして圭一は観衆に向かって告げる。

「惨劇は終わった」


ひぐらし最高・・・・・・・。

これ以上のゲームは、もはや出まい。

CLANNADとどうレベル、いや、もしかしたら超えたのかもしれない。

そして今、このブログ、この文章を呼んでくれた人にもう一度言う。


やれ!!そして体感しろ!!恐怖に屈するな!!

惨劇に、挑め!!


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は孫堅さんとデプト2で待ち合わせをしていた日でした。

かなり遅くなったのにも関わらず、なんといて下さった!!

孫堅さん、遅くなってすみませんでした&待っていてくれてありがとうございます!!

今日も少し混んでいたのですが、店員さんに「店内大戦したいんですけど」と言って、二人同時に出来るよう

配慮してくださいました。

ついに店内大戦が出来る・・・・・・そんな思いを秘めたまま、プレイ!!


璃九:SRバチョウ SRリュウビ SRホウトウ Rキョウイ

孫堅:Rバチョウ Rコウチュウ Rキョウイ Uカンコウゴウ Rホウトウ


序盤はお互いに伏兵の探り合い。

孫堅さんのカンコウゴウが伏兵を掘って来ると呼んでいたのにもかかわらず、ミスってその通りにorz

しかし、こちらもリュウビでホウトウを探すこちに成功。

こちらのバチョウ&キョウイで相手のバチョウとキョウイを相手にし、見事バチョウ撃破に成功。

リュウビはホウトウとの乱戦中にコウチュウの弓でやられ、撤退。

ホウトウもある程度戦ったので帰ろうとした矢先、キョウイが「挑発」でこちらのバチョウを迎撃!!

これでバチョウとキョウイが撤退し、ホウトウだけが生き残る。

すると孫堅さんはコウチュウを城門へ向けてくる!?

その頃、復活付きの効果で早めに復活したリュウビと、ホウトウが兵力MAX状態で待機。

さぁ、来るなら来い!!

・・・・・・「零距離戦法」かっ!?

流石に武力16を相手にしては、手動車輪でもキツイ。

ホウトウで粘りましたが、一発城門に入れられてしまいます。

しかし、根気よく手動車輪を続け、バチョウも復活して何とかその1発で撃破。

さて、リードを奪われはしましたが、士気は圧倒的に有利だと判断した璃九。

ここで決めると決意して、まだ相手が状態不完全なときに攻め入る。

こちらの兵力もMAXではありませんでしたが、兵法増援を強みに突撃!!

相手のバチョウやキョウイが出てくるや否や「劉備の大徳」発動。

リュウビで槍マウントを取り、バチョウ&ホウトウで攻城開始。

武力11の手動車輪は驚異的で、瞬殺しまくりw

効果が切れる頃、孫堅さんはコウチュウの「零距離戦法」で対抗してきます。

そして切れた・・・・・・「劉備の大徳」連続使用。

これで一気に流れを引き寄せ、キョウイも攻城を開始。

逆転に成功し、大きくリードを取る。

孫堅さんは再起の法でこの難局を何とか乗り越えようとする。

ここで璃九は兵法増援の法を使うが、一瞬遅れてキョウイが撤退。

つづいてホウトウが撤退。

しかし、その間にリュウビが城門に1発入れ、後1発で十分落とせるくらいまで削る。

そして終盤、お互いに連環を狙っているのがバレバレの模様w

しかし、ほぼ同時に連環を使用し、1発だけ入れられましたが、何とかそのまま時間切れで勝利。


いやー、孫堅さんが蜀単を遣ってくるとは思いませんでした。

おかげでホウトウがあまり役に立たないかも、とか思っていましたが、うまく勝ててよかったです。

気になったところは、序盤に士気を使いすぎなところ。

蜀単の勝負はあくまで中盤からなので、序盤に無理に向上する必要はないかなぁ、と思いました。

ともあれ、とても面白い試合をさせていただきました。

機会があれば、またやりたいものです。


さて、その後のCOM船も終わり、カードの排出開始。

もちろん1枚だけですが。

排出されたカードを取ろうと手を伸ばすと、何故か隣に座っていたぴろりさんが取るw

しかし、その瞬間

ぴろり「これ絶対、SR!!」

璃九は、また言ってるよ・・・・・・、みたいな感じに思っていて、

璃九「じゃあ、未開封にしてよ」

と、半ば呆れた風に言う。

しかし、出てきたのは見知らぬ顔。

あれ、新カードか・・・・・・?

そして次の瞬間、言葉を失いました。

ぴろり「え~と・・・・・・わが屍を越えていけ・・・・・・?」

っっっっっっっっっっっっっっっっっっ!?

何ですとーーーーーーーーーーっ!?

出てきたのはSR孫堅!!

これは孫堅さんと戦ったからなのか!!w

とにかく、これらで今日一日、超ご機嫌な日となったのでしたw

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

蜀の使用率ランキングが2位になりましたね。

蜀使いとしては嬉しいところですが、どうも新カードが出るまでのつなぎとして使用している人が多数。

当然、そんな人に負けられるわけがないです。

前にも書きましたが、璃九は「~が強くなったから」という、理由でそのカードを使っている人が嫌いです。

漢なら、一つのデッキに絞らんかい!!ってな感じで。


そして今日も、やはり蜀単でプレイする璃九。


1戦目

璃九:SRバチョウ SRリュウビ SRホウトウ Rキョウイ

相手:Rデンユウ Rタイシジ Uテイフ Uリュウビ Cテイホウ 


新カードデッキ。

しかし、計略内容は全て頭の中に入っていたので、その点については心配する必要なしでした。

ただ、今回のデッキは槍三体騎馬一体。

このデッキ相性悪さにどこまで戦えるか、ドキドキしながら開幕。

序盤戦、真ん中の柵を壊すも、なんとホウトウ以外全員撤退。

ホウトウもデンユウに当たり、弓の嵐で即撤退。

この時点で、既に諦めモードw

デンユウに城門攻城を許し、リードを奪われてしまう。

相手は帰っていくが、次の攻防線は新計略「隙無き攻防」で武力を上げられ、リュウビとホウトウが撤退。

何とか体勢を立て直そうと、苦し紛れの白銀発動。

テイフを倒すも、士気の払い戻しでテイホウの「麻痺矢戦法」であっさり撤退。

ジリジリとラインを上げられ、挑発&白銀で対処しようとするも、全く歯が立たない。

というか、相手の士気が減らない状況で、一方的にやられていく璃九の武将達。

増援の法を使用するも、結局壊滅させられ,あっさり落ちました。

デッキ相性もあったでしょうが、デンユウの「隙無き攻防」はかなり強いです。

あれをされたら、相手を壊滅させるか、逃げるかのどちらしかありません。

中途半端は一番ダメ。

しっかりと思い知らされました。


二戦目

璃九:SRバチョウ SRリュウビ Rキョウイ Rジョショ

相手:Rソンケン(父) Rシュウタイ Rタイシジ Rシュウユ


デッキを変えて再挑戦。

いきなり天啓デッキと当たるw

しかし、天啓は弱体化されたのでここは踏ん張りどころ!、と意気込んで開幕。

序盤、シュウユをリュウビで掘り当て、さらにシュウタイにジョショを当てる事に成功。

乱戦→ラッシュで撃破。

シュウユもジョショとバチョウの連突で撃破し、ソンケンはキョウイで迎撃、退かせます。

しかし、タイシジの弓が強く、兵力が残り少なかった事もあってリュウビ以外撤退。

相手はタイシジを城門に持ってきますが、回復したリュウビが迎え撃つ。

と、ここで相手「天衣無縫」を発動。

流石に武力差がありすぎて撤退。

城門に一発入れられてしまいます。

しかし、復活したキョウイで乱れ突きし、なんとか撃破。

回復待ちで、バチョウ&ジョショが復活したところで突撃開始。

タイシジ&シュウタイを乱れ突きと白銀で対処し、ここで攻城→逆転に成功。

シュウユは出てくるとほとんど同タイミングで「赤壁の大火」発動。

キョウイとバチョウが焼かれます。

ジョショを何とか逃がしますが、その間にソンケンがやってきて城門に一発、ここでまたもや立場逆転。

しかし、ここからが本番。

ソンケンをリュウビで撃破後、相手は再起。

こちらは回復を地道に待って、全員復活後、全軍突撃。

こちらの士気は相手より圧倒的有利。

攻城に向かってきたシュウユを「白銀の獅子」で撃破。

城門に突っ込み、さらに「劉備の大徳」。

全体強化された璃九軍が、リュウビ以外張り突き、ここでまたもや逆転に成功。

相手は「天衣無縫」で対処してきますが、リュウビが上手く迎撃を2回して即撃破。

増援のほうで粘り、「闘志を爆発させるのだ!」で、落城勝ち。

この時点でかなり調子が良い事に気がつき、既に三連勝モードに突入。


三戦目

相手:SRチョウリョウ SRホウトク Rカコウトン Rカクカ


憎き神速デッキ。

しかし、今回こちらには神速潰しのキョウイがいる。

デッキ相性が良い事に気分を良くし、開戦。

序盤、リュウビとコンビを組んでチョウリョウ撃破に努めていると、運悪くカクカがバチョウにあたり、

残りミリ兵力に!!

そのまま乱戦でやられてしまいますが、こちらもジョショをホウトクに当てる事に成功。

撤退で、これで勝負は五分五分。

乱れ突きなどで若干有利に立ち、全滅させたところでこちらも回復しに戻る。

そして中盤、カコウトンとチョウリョウが攻城に来る。

リュウビとバチョウで対処しようとするが、ここで相手「隻眼の睨み」発動。

これを待っていました!!

喰らった瞬間に「白銀の獅子」発動。

これで武力差が関係なくなり、攻城に来ていたほう徳とカコウトンを撃破。

カクカとチョウリョウはバチョウ以外で対処し、壊滅させる。

相手、ここで再起の法を使うが、構わず璃九はキョウイを残して他で突っ込む。

城門にバチョウ、城壁にジョショを張り付かせ、リュウビは槍マウント体勢。

相手が出てくる一瞬前、「劉備の大徳」で武力上げ。

相手はまたもや「隻眼の睨み」で武力を下げてきますが、手動車輪の強みでボコボコにする璃九。

ここで半分くらい削り、バチョウを帰らして他を生贄にささげるw

相手の状況もボロボロだったので、ここはお互い回復待ち。

そして終盤、チョウリョウ一体に向かって「落雷」発動!!

神速を封じて、相手に「後方指揮」を使わします。

そしてここからはこちらの城前での攻防。

兵法増援を駆使し、最後は「白銀の獅子」で殲滅、何とか逃げ切りました。


4戦目

相手:SRチョウウン SRホウトウ Rキョウイ Rコウチュウ


璃九のデッキと似ているが、全体号令が無いといち早く気づけたのが吉でした。

という事は、ごり押し、もしくは白銀で殲滅可能という事です。

意気揚々と開幕。

序盤は相手にコウチュウがいる分、若干不利と感じながらも伏兵を探しにかかる。

すると運良くリュウビで当たり、撤退。

ジョショはキョウイに当て、乱戦で撃破。

その後、ホウトウを撃破しましたが、ジョショ以外全滅したので一旦帰る事に。

しかし復活付きのリュウビを警戒してか、無傷のコウチュウだけが弓マウントの位置へ来ます。

チャンスと思い、ジョショで連突を実行。

しかし、ミスって撤退orz

その後、完全回復したチョウウンが突っ込んできますが、キョウイを出して挑発。

するとコウチュウも「零距離戦法」を発動。

乱戦で負けますが、復活したバチョウで二人を撃破。

その後、白銀を使って応戦したり、神速などを小出しされて、

残り30カウントまでお互い一切ダメージ無しの状態に。

ここで勝負を決めると決断した璃九は、「連環のススメ」をジョショとバチョウに喰らってもらいます。

そしてそのままの状態へ攻城へ向かう。

残りを手動車輪&「劉備の大徳」で殲滅にかかりますが、やはり二体ではキツイものがあります。

しかし、なんとか攻城を阻止し、バチョウの手助けをしに(ジョショは撤退中)向かいます。

ここで璃九は増援の法を発動。

回復したバチョウで一発攻城し、後は防御に回ります。

終盤、相手も逆転を狙ってススメをキョウイ&バチョウにかける。

しかし、その前に「落雷」でコウチュウとチョウウンにダメージを与え、コウチュウ撃破。

後は攻城を挑発で止め、見事時間切れで勝利!!


久々に討伐成功!!

しかし、出てきたカードは旧ばっかりでしまも全部CかUC・・・・・・。

せめて新カードが欲しかった・・・・・・orz

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新カードの情報を募るという事ですが、必要がなくなりました。

こちら です。

今日1日でこれを作るとは、凄いですねぇ・・・・・・。

とりあえず、これで計略に対する無知という問題は解決の方向に向かっていけると思います。

あとは、どう対処するか。

皆さん、新カードに負けないようなプレイングスキルを磨きましょう!!

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついに来ました、バージョンアップ。

蜀にとっては辛い時代ですが、なってしまったものは仕方がないです。

それよりも、この現状を打破すべく、どうやって戦略を立てるか。

ここで一番辛いのは、新カードの計略を把握できていない事。

例えば、Uジュンイク。

彼の計略は

「自陣全体に弱体化の計」といったものです。

それを知らずに突っ込んでいき、痛い目を見たという話を聞きました。

と、いうことで、皆さんがよく知る「三国志大戦 覇王への道 」でカードリストが公開されるまで、

見た、もしくは聞いたカードの計略内容を詳しく載せていこうと思います。

もちろん、璃九一人には限界があります。

故に、差し支えなければこのブログを見てくれている方々にも協力を仰ぎたいのです。

コメントの方で載せてくれれば、のちにまとめて記事として更新します。

新カードに対する早期対策の発案の為、ご助力のほど、お願いします。


さて、バージョンアップ初日、デプト2はいつもとは比べ物にならないほど、人がわんさかわんさか・・・・・・。

そんな中、順番を待ちに待って一回だけやってきました。


璃九:SRバチョウ SRリュウビ Rコウチュウ Rジョショ

相手:SRチョウリョウ Rカコウトン Uソウジン Rガクシン Rジュンイク


コウチュウ→キョウイにしようかとも思いましたが、結局変えないでいたら早速裏目にorz

しかも、兵法レベル上げのため、再起ではなく今回は増援の法(Lv.1)

不利なのは不利ですが、そんな事では蜀単などやってられるかッ!!

いざ、開戦。

序盤、伏兵を強みにリュウビを盾、バチョウをアタッカー、コウチュウが援護という、

いたって普通の戦法をとる璃九。

序盤戦はお互いに消耗戦となり、どちらも攻城で傷に終わります。

そして中盤、復活月のリュウビはなんたって死ぬことが怖くない。

ジョショが撤退中だったので、それ以外で攻城に向かう。

相手方は、カコウトン以外を配置。

反計はバチョウを動かし、ジュンイクが動いているか否かを確認後、「白銀の獅子」を選択。

しかし、恐らく一瞬前に変えられたのでしょう、反計されて一気に不利に。

リュウビの迎撃で粘るも、コウチュウ以外が撤退してしまいます。

ここでジョショが戦線に加わり、ここも引き分けに終わります。

そして全員復活後、ついに相手方が動き出す。

「神速の大号令」で撹乱を狙ってきました。

こちらも「劉備の大徳」で武力を底上げ、粘ります。

そして、なんと撃退に成功。

ジョショという生贄だけで攻城に向かいますが、相手は再起の法で防御体制。

それを承知で突っ込み、出てきたところを「白銀の獅子」で撃退・・・・・・と思ったら、

兵力差でバサバサ倒れていくリュウビとコウチュウorz

白銀はガクシンとジュンイクに当っただけで、他を逃がしてしまいます。

ラスト20カウント。

そして今度は相手が責めて来る番です。

「神速の大号令」で一気に突っ込んできて、攻城に来きます。

しかし、リュウビの迎撃が上手く決まり、カコウトンを撃破。

チョウリョウも大ダメージでジュンイクとともに引き上げ。

残るはソウジン&ガクシン。

ソウジンはバチョウ、ガクシンはコウチュウに分断させますが、いかんせん兵力差が激しい。

ここで増援の法発動。

何とか守りきり、コウチュウを攻城に向かわせますが、チョウリョウに止められて時間切れ。

引き分けでなんと6品に降格orz

・・・・・・次勝手やるーっ!!


そして、公式動画です。

エルズリーVS鬼爆神

品が低いせいか、他の動画に比べて見ごたえはありませんでした。

しかし、蜀単回復デッキにはちょっと感動しましたね。

デッキ相性が悪かったわりに、良くやったと思います。


それでは、新カードの程、よろしくお願いします。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

え~やっとの事で試験の地獄から開放されました。

この開放感、溜まりませ~ん!!

試験終了後、いつものメンバー(劉妖さん、火鼠さんetc)がハイテンションモードで大戦へ直行。

ええ、今までのストレスを発散させるためにも、思う存分やったつもりです。


<店内大戦>

1戦目

璃九:SRバチョウ SRリュウビ SRホウトウ Rコウチュウ

殿さん:SRチョウリョウ Rキョチョ Rカコウトン Rジュンイク


念願の殿さんとの対戦がついに実現しました。

結構急な申し込みだったのに引き受けて下さって、すみませんでした&ありがとうございました。


序盤、ホウトウをなかなか踏みに来てくれないので焦れて攻めに行く璃九。

すると思いっきり返り討ちにw

頼りのコウチュウも、カコウトンとの一騎打ちで簡単に撃破されてしまうorz

相手もダメージを受けて帰っていきましたが、なんとカコウトンだけが無傷で城門に!?

ホウトウを向かわせようにも、距離がある!!

そのまま二発くらいましたが、瞬間、やっと伏兵発動で撃破。

この頃、やっとこちらも体勢を立て直せそうな予感。

さぁ、ここからはいかに相手の裏をかくかにかかります。

何せ蜀単で序盤にリードを広げられたのですから、こちらも必死ですw

さあ、お互い総軍勢で対決。

反計を警戒しながら、キョチョとタメハリ中に「白銀の獅子」発動。

さぁ、反計は・・・・・・良かった、来ない!!

そのまま乱戦でキョチョを潰しますが、思いのほか時間がかかってしまい、

チョウリョウに一発突撃して切れる。

すると相手はカコウトンで「隻眼の睨み」。

全員が入ってしまい、ほとんどが役立たず同然になってしまう。

必死に抵抗しますが、さらに「挑発」でバチョウが死に、ここは全員撤退に終わったと思います(何

結局、攻城出来ずに中盤戦も終わります。

後は玉砕覚悟で攻撃あるのみ!!

この時点で、計略は「劉備の大徳」に大決定。

恐らく殿さんは、先ほどの「白銀の獅子」の事があるので、恐らくこっちを狙っていると思っていました。

そしてその予感は見事的中。

一気にごり押し体勢に入る璃九。

するととのさんはまたもや「隻眼の睨み」。

武力+1ですが、さらに璃九はすかさず「白銀の獅子」。

これも成功して、一気にこちらのペースに。

しかし、カコウトンの「隻眼の睨み」が効いて、コウチュウいがい全員撤退という不測の事態。

これはまずいと思いつつ、最後の賭け、「零距離戦法」で城門に突っ込む!!

すると巻き起こる土煙。

嫌な予感がしましたが、出てきたのはやはりキョチョ!!

ヤバイ、引っ張られる!! と思い、必死にモニターを凝視する璃九。

攻城ゲージが溜まったと思った瞬間、やはり「挑発」・・・・・・いや、城門攻城成功っ!!

これが決定打となり、攻城してきたジュンイクは再起で復活したホウトウなどで潰し、時間切れ。


感想(私信)

・・・・・・ぎ、ギリギリの戦いありがとうございました・・・・・・ガクっorz

それにしても、殿さんは計略の使い方が上手かったと思います。

「隻眼の睨み」も「挑発」も、きっちりキー武将に入れられ、一時はどうなる事かとw

「反計」は怖かったですが、上手く避けられてよかったです。

また機会があれば、やりたいものです♪


二戦目

璃九:↑のデッキ

劉妖さん:SRバチョウ Uチョウヒ SRホウトウ Rシバキ Cケイドウエイ


実は劉妖さんと店内大戦するのはこれで2回目。

前回は教え→白銀を潰せたのは良かったのですが、自分がミスって攻城1発分で負け。

さてさて、その雪辱を晴らすため、いざ開戦!!

・・・・・・と言いたいところなんですが、実はこの試合を今現在あんまり覚えていないのです(激爆

思い出したらまた書きますが、とりあえず、劉妖さんごめんなさいね。

ちなみに、結果は劉妖さんの勝ち。

また攻城1発分で負けましたorz

「連環のススメ」のタイミングが絶妙で、あれさえなければ勝っていたのにと思うところが多い試合でした。


そうそう、またまた動画が配信されていました♪

大崎決勝戦 どりばーVS GREED

・・・・・・璃九の方が低品なんで、言えたもんじゃないんですけど、同じ蜀単として、この試合は・・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、内輪で店内大戦をPLAYするのが流行っています。

璃九が戦ったのは、このブログにちょくちょく顔を出してくれている火鼠さんと、最近大戦を始めた戯音さん。


1戦目

璃九:SRバチョウ SRリュウビ Rコウチュウ Rジョショ

火鼠:SRバチョウ SRチョウリョウ Rジュンイク Rガクシン Cゴイ


さて、火鼠さんのデッキには反計が入っていますが、こちらは強力な計略ぞろい。

反計は簡単にはさせないぞ、と思いながら開幕。

序盤、バチョウとリュウビで相手の攻撃を誘い、同じ位置に配置済みのジョショを当てる作戦の璃九。

上手くガクシンとバチョウを連れることに成功。

そしてジョショはガクシンに当り、バチョウを退かせる。

そのころ、何やらコウチュウが攻撃を受けている富にマップで確認したので、ジョショを援軍に向かせる。

まぁ、武力8のコウチュウが簡単に殺られる分けないだろうと思っていたら、何と相手はチョウリョウw

ジュンイクやバチョウ、ゴイを相手に夢中になっていたリュウビとバチョウは気づくのに遅れて、二人撤退。

そのまま城門に一発入れられる。

リュウビは復活を強みにジュンイクとゴイ、バチョウを道連れ。

こちらのバチョウは突撃してチョウリョウを殺る。

ここでお互い、回復待ち。

しばらく待つと、撤退中の武将がほぼ同時に復活。

さすが復活持ち、早い早いw

さて、ここからが本番。

相手はジュンイクを既に出し、反計を定めている様子。

こちらが全軍出すと、相手もワラワラと・・・・・・。

ここで璃九はジョショの「落雷」を選択。

絶対に白銀、それでなくても大徳と思っていたが、きっちり反計されてしまう。

一旦退くそぶりを見せて、突っ込んできたチョウリョウとバチョウをリュウビで迎撃。

そして弓、連突で瀕死状態に持ち込む。

帰っていく相手を見て、攻め時と判断する璃九。

全軍を発信させ、ごり押しに切り替えの璃九。

反計持ちのジュンイクが殺される前にと自城に戻った瞬間、璃九は大徳を使用。

ここでジュンイクが止めに来るが、既に時遅しで、ジュンイクを瞬殺。

チョウリョウ、バチョウも出てくるが、まだ兵力が完全でないので、計略を使わせる前に撃破。

ここで火鼠さんが兵法再起。

この間、ジョショ、バチョウの城壁が1発ずつ、リュウビが城門に1発と、逆転に成功する。

そのまま張り付き、撤退させられると今度はこちらが再起の法。

さて、後は蜀単の王道パターン、守りきり。

コウチュウを先に出し、さて、突っ込んでくる相手にもう一度落雷!!

相手は知力高め、それに2回も連続で使ってこないだろうと思っていたのですが、これも反計。

しかし、またもやリュウビの迎撃成功で、先頭を有利に・・・・・・と思ったら、ゴイの「援軍」発動。

しかし、既にガクシンは撤退中。

殲滅のために、こちらは「白銀の獅子」発動。

これは反計されず、殲滅に成功。

このまま時間切れで勝利ww


感想

いやー、神速の大号令の大号令を使われないで良かったです。

槍兵が一体はやはりキツイと思いました。


二戦目

璃九:SRバチョウ SRリュウビ Rコウチュウ SRホウトウ

戯音:SRチョウリョウ Rカコウトン Uソウジン Uテイイク Cチングン


序盤はこちらの伏兵がある分、積極的に攻めてこられない分有利。

チングンもあまり攻めてこなかったので、ますます有利。

リュウビとバチョウのコンビでカコウトンとソウジンを迎え撃つ。

コウチュウはチョウリョウを相手。

あまり効かないのは目に見えていたが、伏兵を構えていたので全然気にしないw

しかも、しばらくするとバチョウがテイイクを踏んで撤退してしまう。

同時に、チョウリョウにホウトウを当てて退かせる。

リュウビとコウチュウでカコウトンとソウジンを相手し、ソウジン撃破、カコウトン瀕死に追い込む。

そして残された三体で攻めに転じる。

その間に、バチョウも復活。

しかし、生き残ったチョウリョウに回復され、出てきてホウトウを撤退させられる。

なおも逃げようとするチョウリョウ、しかし、そこは弓の頼もしいところ。

あっさり殺ってくれましたw

リュウビは城門に張り付き、コウチュウもその後ろに構える。

ここでバチョウを出して、援軍に向かわせる。

すると、半分ほど回復したカコウトンが出てきて「隻眼の睨み」をコウチュウとバチョウに。

その瞬間、こちらは「白銀の獅子」。

・・・・・・カコウトン瞬殺w

攻城を邪魔していたテイイクも瞬殺w

城門に劉備の攻城が入り、大きくリード。

ここでチングンが「雲散の計」発動。

白銀が見事に消されてしまいますが、二体倒しましたし、そのままチングン撃破も出来たので問題なし。

相手はたまらず再起の法。

バチョウとコウチュウを引き、リュウビは城門に残したままもう一度攻城。

すぐにソウジンに殺されるが、復活持ちは伊達じゃない。

回復に戻り、再び相手が出してきたときには既に復活済み。

迎え撃つため、こちらも全軍発進→「劉備の大徳」。

この瞬間、チョウリョウとバチョウの一騎打ち。


失敗 無双 無双 無双 無双

× ○ ○ ○ △


きっちり勝たせていただき、おまけに「神速の大号令」封印。

そのまま全軍突っ込んでいき、チングンがまた雲散してくるがそのまま攻城し続け落城。


感想

やはり戯音さんはまだ1級だったので、所々に動きに無駄を感じましたね。

しかし、1級にしてはまだ上手い方だったと思います。

まぁ、これからの努力次第でさらに上達するなと感じました。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。