藤林璃九の日々

SRチョウウンとRチョウリョウを募集しています。

詳しくは3月28日の記事まで。


テーマ:

前回、桃園から大徳に変えようかなぁ、見たいな事を言っていましたが、結局変える事にww

弱点がない分、大徳の方が面白く、長く遊べるという理由からです。

璃九の友達の一部は、カードをお金儲けに利用しているのですが、

璃九自身は純粋にプレイを楽しみたいのです。

その根性は、ダブったカードをも売らないくらいです。(ぇ


本日も行って来ましたが、なんだか最近、小学生を多く見かけるようになりました(汗

四人くらいでたむろっているのですが、何故にこんなに金のかかるゲームを小学生が出来る・・・・・・?

と、一番近くの小学生がなにやら手に持っています・・・・・・って、1000円札の束っ!?

少なくとも5枚くらいはあるように見えたんですが・・・・・・恐るべし、小学生。


さてさて、その小学生達が退いた後のデッキで早速プレイ。

デッキは前回と同じく、


SRリュウビ SRチョウウン Rコウチュウ Rジョショ  の大徳デッキ。


今日はコイツを本格的に使ってやる&璃九のPスキルを上げる目的。

結果から言うと、8戦中4勝3敗1引き分けの、全く武勇が上がっていない戦績。

六品の中間止まりです・・・・・・orz

で、印象に残った戦いを紹介。


相手:魏軍オールスター (改)


序盤はリュウビで迎撃を狙い、コウチュウで援護しつつ、チョウウンは連続突撃。

全くジョショを戦闘に加えさせることなく、序盤戦を制します。

兵力回復(コウチュウ以外(w))の為、一旦武将を自城に戻し、

士気が12溜まったところで一気に本領発揮。

相手も全回復(?)したところで「特攻戦法」&「魏軍の大攻勢」などで突っ込んできますが、

「劉備の大徳」&伏兵で場を制し、そのまま攻城。

ある程度削ったところで退避&兵力回復。

相変わらず、コウチュウは場に残っています。

そしてもう一度「劉備の大徳」。

相手は「後方指揮」で武力を上げてきますが、こっちの武力には敵わず、リュウビ一体を囮に殲滅。

そして、そのまま落城。


何回かチョウウンやリュウビは死にましたが、この二人は復活もちなので、すぐに復活。

やはり、復活持ち二体は、こちらにとっても強みです。

場に一体も味方武将が出ていない状況が、ほとんどないんですからww


強かったのがこちら↓


相手:SRバチョウ SRホウトウ SRリュウビ Rコウチュウ 


友達M「此処、此処に注目ね~」

指を指す友達M。

そこに目をやると、なんと14連勝中との文字が!?

その凄さに圧倒されながら、開幕。

SRホウトウをSRリュウビで探し当て、コウチュウ同士を戦わせ、リュウビ撤退後、早めにチョウウンを自城に

引き上げさせて、張り付いたSRバチョウを撤退させます。

しかし、こちらもかなりの武将がやられています。

しばらく睨み合いが続き、やっとの事で回復した味方武将を出すと、相手も全部出してきます。

こちらはもちろん「劉備の大徳」で応戦しますが、相手はそれを使わず、SRバチョウの「白銀の獅子」。

あっという間にコウチュウが撤退させられ、こちらが側が大ピンチに。

圧倒的な武力差は、この計略で一気に逆転させられます。

何とか迎撃でSRバチョウを追い払い、そのまま乱戦でこれまた互角かと思いきや、ここで敵SRリュウビが

「劉備の大徳」を発動。

もうどうしようもありません。

そのまま全員撤退→再起発動→攻城される→殲滅→相手も再起→そのまま時間切れ。

計略のタイミングが、何と言っても相手の方が上。

Pスキルの差を、まざまざと見せ付けられました。


とまぁ、こんな具合だったのですが、一戦だけ「麻痺矢デッキ」に当たってしまい、これまた惨敗。

ほんと、「麻痺矢デッキ」だけは璃九の中で一番嫌いなデッキに位置します。

あんな防御だけのデッキのくせに・・・・・・序盤はかなりなくせに・・・・・・・ブツブツ。

・・・・・・・お願いです、対処法教えてくださいorz

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

あり合わせのお金で、ちょっとだけ出陣してきました。

今回も例の如く、桃園デッキ・・・・・・ではなく、初の「大徳デッキ」でやってみました。

SRリュウビを交換で手に入れたのは良いものの、それを使う機会が今までなったので、

まぁ、今回は遊び半分で出陣だぁ~、みたいな乗りで使ってみました。

デッキの構成は↓


SRリュウビ SRチョウウン Rコウチュウ Rジョショ


復活二体&伏兵一体を強みに、序盤戦を制します。

まぁ、大体はRコウチュウの弓が決め手となるんですがww

すきあらば『劉備の大徳』、脳筋相手(例:Rバチョウ)には『落雷』。

今まで桃園一筋だったんで、初めての大徳にどきどきしながら開戦。


璃九:↑のデッキ

相手:SRチョウリョウ SRホウトク Rカクカ Rガクシン UCテイイク (神速デッキ)


璃九「これじゃあ、桃園で圧勝じゃんッ!!」

いきなり嘆きの璃九。

しかし、テイイクをさっさとチョウウンで掘り当て、適当にコウチュウで相手の兵力をそぎ落とし、

リュウビは復活を強みに突っ込むと、序盤戦を難なく制す事に成功。

相手、チョウリョウの復活後、城門前に配置するという、明らかに神速の大号令を狙う戦法。

そこはジョショのピンポイント落雷で撃破後、全軍突撃。

相手、 慌ててカクカで後方指揮×2しますが、その頃には相手はほとんど死に掛け状態。

あっさり全滅させるとあ、相手はたまらず「再起の法」発動。

こちら、城に三体(コウチュウ以外)を貼り付け、出てきたところを狙って「劉備の大徳」。

相手は対抗して「神速の大号令」。

しかし、相手はたかだか総合武力+12な訳で、こっちは総合武力+20な訳で・・・・・・。

結果、連続突撃の嵐も難なくクリア。

そこでタイムアウト。

中々「大徳デッキ」も使えるではないですか♪


2戦目

相手:SRリュウビ Rバチョウ Rキョウイ UCバリョウ Cチョウショウ


相手の方が『大徳デッキ』としては構成が良いという、不利な状況。

序盤戦はRジョショが踏まれる事なく、制します。

Rバチョウが一人出てきたところを、伏兵のままジョショが『落雷』。

そのまま全軍特攻しようとしたら、相手のチョウショウがいつの間にか

自城に張り付いているではありませんか!?

慌ててコウチュウをぶつけようとしますが、キョウイの挑発によって一発攻城を許してしまいます。

この後、「神速戦法」や「劉備の大徳」で武力を上げていきますが、

キョウイが挑発を駆使して、なかなか攻城できず、結果、少しの差で負けてしまいます。

一回だけ『守護の豪雷』を打たれましたが、あれはかなり痛いです・・・・・・。


出たカードはUC×2でしたが、そんな事よりも璃九は別のことで悩んでいます。

どうやら璃九は、桃園よりも大徳の方があっているようです。

あ、いや、ダメージ計略を気にせずに突っ込ませられるというメリットがあるって言うか、

今までダメージ計略に気を配っていた分、ずいぶんPスキルが上がったかなって・・・・・・・。

多分、桃園デッキには多大なPスキルが必要なんだと思います。(そりゃそうだ

で、そんな弱点丸出しデッキよりも、同じリュウビ使っているんなら、大徳の方が璃九に

合っているのかもしれません。(璃九は劉備ファンです

う~ん、今後は恐らく気分によって、デッキを変えていくと思います。

しかし、大徳強いなぁ・・・・・・。いっそメインにしてしまおうか・・・・・・・。(ボソっ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

行って参りましたよ、大会!!

開店10時、直後に走ってエントリー。

いや、何故かゲーセンの前に人がかなりいたので、無茶苦茶焦りました。

だって50人近くいるんですよ? 定員32人だから、走らなきゃ間に合わないじゃないか!

・・・・・・とか思っていると、何故かほとんどの客は三国志大戦ではない方に。

普通にエントリーできました。

そして抽選。

璃九の抽選番号は3番。Aブロックです。

友達S、M1もAブロック。友達KはBブロック。友達M2、NはCブロック。友達RはDブロック。

璃九は4番の人と当たるわけで、いきなり初戦でした。


相手:雲散デッキ

璃九:例の桃園デッキ


友達RとM1も雲散デッキを使うとの事でしたので、これにはビックリしました。

桃園消されたらヤバイな・・・・・・とか思いながら、開幕。

リュウビとキョウイの乱れ突きが上手く決まり、序盤戦は制します。

そして中盤、チングンを倒してから桃園で何発か攻城→全滅→再起。

しばらく計略無しの戦いが続きます。

そして残り20カウントで、璃九の右手が指パッチンを連発していました。

なんと士気ゲージを見てみると12フルに溜まっているではありませんか!!

璃九「決まったああああッッ!!」

流石に声を上げましたよ。

桃園&一騎当千で最強バチョウ完成!!

チングンは慌てて雲散の計×2を使ってきますが、バチョウにはそんなもの効きません!!

バチョウ一体でほとんど相手の武将は全滅。

此処で全軍突撃、攻城→時間切れ。

一度も攻城を許すことなく勝ってしまいました♪


しばらく璃九の試合はなかったので、他の試合を見る事に。

璃九が気になっていたのは、何と言っても 友達S 対 友達M1。


それでは覚えている範囲で紹介してみたいと思います。


友達S:悲哀デッキ

友達M1:雲散デッキ


先に言っておきます。この戦い、明らかに5品と6品の戦いじゃありませんでした!!

序盤は友達Sが有利に進めるのですが、序盤戦が終わってすぐ、友達M1が若干逆転。

友達S、悲哀の舞を発動させるも、友達M1が神速戦法で無理矢理、シンコウゴウを撃破。

そのまま時間が過ぎ、結果僅差で友達M1の勝ち。

凄かったのは、友達M1が見せた迎撃寸止め戦法!!

カコウエンが突っ込むのをシュウソウ(他)で迎撃する直前、友達M1はカコウエンを止め、オーラ解除。

そのまま乱戦でシュウソウを殺すという、高等テクニック。

ホント、寸止めですよ!? もう一瞬遅れていたら、間違いなく迎撃を喰らっていました。

友達M1、覚醒か・・・・・・?


この後も順調に、璃九の仲間は勝ち(友達N、M2以外w)、そして2回戦。


璃九:↑のデッキ

相手:反逆ワラワラデッキ(勝手に命名)


相手のデッキは6人のワラワラモドキだったのですが、何と言っても強いのは、

RギエンとCモウタツの「反逆の狼煙」。

人数が多いので、相手は躊躇いもなく上を連発。

それを撃破しても、こっちは大痛手で回復待ち。

やっと回復したと思ったら、ピンポイント落雷でリュウビを殺され、桃園を封じられます。

そのまま攻城→落城(負け)。

いやー、こんなデッキを見たのは初めてでしたが、考えれば考えるほど、恐ろしいデッキです。

今、結構メジャー&強いデッキが流行っていますが、まさかこんな隠れデッキが存在したとは・・・・・・。


残っていた璃九の仲間も、2回戦で全滅。

いやはや、大会はレベルが違いますよ。

なんか一人、覇王の人もいましたし。


そのまま帰ったので、優勝者は分かりませんが、貴重な体験でした。

そして璃九の確信したことが一つ。

やはり璃九の今使っている登園デッキは、桃園の中でも一番強い!!

その証拠に、璃九以外に一人、桃園デッキを使っていた人がいたのですが、その人の編成が何と

璃九と全く一緒なんですよ。

しかもその人、例の覇王の人相手に結構頑張っていたし(まぁ、負けましたがww

やはり、2品までこのデッキでいこうと思います。

いや、こうなったら史上初の桃園覇王を目指そうかな・・・・・・?(絶対無理!!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

まずは今日の戦況の報告の前に、一つ言っておきたいことがあります。

え~、プレイングスキルも、まぁまぁ育ってきた(それでもまだまだですがw)璃九は、6月19日、


「アミューズメント キュー」で開かれる、三国志大戦大会に出場します!!


事前情報によると、定員は32人で、全てトーナメントとか。

友達曰く、すぐに定員に達しそうな勢いなので、開店10時前に集合→即エントリー、みたいな予定です。

ちなみに、主催地であるキューは、JR奈良近くに存在するので、奈良に住んでいる方とかはどうでしょうか?

璃九の友達(友達K)は、京都から来ますがww

大会相手に桃園は無謀ではないか、という気もしますが、璃九は2品までこのデッキでいくと

心に誓ったので、大会も例の如く「桃園デッキ」でいく事にしました。

・・・・・・1回戦敗退がオチになりそうですがww

ちなみに、友達は「神速デッキ」や「悲哀デッキ」、「雲散デッキ」など、やはりメジャーなものを使用。

デッキの編成を後悔すると流石にまずいので伏せておきますが、とりあえず、璃九の友達の中で一番強い

「悲哀デッキ」使いの友達Sには要注意です。

1回戦で当たると、多分璃九なんかでは負けますww


さて、やっとこさ本日の戦況を報告できるところまで来ました。

今日の試合の印象は、なんと言っても「桃園デッキ」の天敵、「落雷デッキ」に当たり続けた事。

流石に降雨→落雷→泣斬馬謖→落雷 というコンボはびっくりしました。

まぁ、倒しましたがww

愛してるよ、一騎当千の馬超様~♪


あと、璃九は「麻痺矢デッキ」と当たると異常にテンションが下がります。

初戦の相手がそれだったので、思わず項垂れました。

う~ん、桃園と挑発を上手く組み合わせれれば何とかなるのだろうか?

それとも桃園の士気を、神速戦法に回した方が・・・・・・?

誰か璃九のデッキで、対麻痺矢戦術を考えて教えてください。


本日の収穫↓

SR劉備&R黄忠(SRホウトクと交換) Rリクソン(ダブり)


念願のSR劉備をゲトーっしたので、2品までいったら「大徳デッキ」に変えてみようかとも思っています。

いや、それ以前に2品までいけるかどうか・・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、友達におごらせておごってもらって、出陣してきました。

例の如く「桃園デッキ」で。

うん、さすが最強の桃園といわれているだけの事はあります、このデッキ。

まだ完璧に使いこなせてはいませんが、それこそ100%の状態で戦えば、

「どうやって勝つんだ・・・・・・?」ってなくらいww(言い過ぎ


1戦目。

璃九:SRチョウウン Rバチョウ Rキョウイ Rリュウビ

相手:「悲哀デッキ」


上品で流行っていると聞く悲哀でえすが、ぶっちゃけあんまり強くなかったです。

と言うか、使っている人が弱かったのかな?

桃園で相手の武力をあげる前に瞬殺。シンコウゴウもあっさり逝き。

そのまま攻城&落城。しかし、残念だったのは、むこうのUCテンイの「漢の意地」の不具合で、

通信エラーになった事。

武勇が上がらない・・・・・・orz


2戦目(忘れた)


3戦目

璃九:↑と同じ

相手:SRソウソウ SRホウトク SRリュウビ Rカンウ Rソンケン(父) UCコウガイ


・・・・・・・・・・・・( ゜ Д ゜)・・・・・・・・・・・・。

その場、全員「はいいいいいいいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃッッ!?」 


合計コスト、13.5。合計武力はなんと43・・・・・・。

噂には聞いていましたが、出ましたよ、武力43・・・・・・。しかも最強の伏兵混じってる・・・・・・。

どうしてこれが「曹操軍」なんだか・・・・・・。

やる前からある意味テンションが上がりまくっていました。

そして開戦。

序盤戦は絶対に勝てないと悟った璃九。(と言うか、勝てるのならやってみて欲しいww

全員撤退で即「再起の法」。

何とかRソンケンの攻城だけで踏みとどまり、全員を撤退させます。

そこで全員の復活&回復を待ち、士気が溜まったところで例の如く「桃園の誓い」。

相手は何故か、「劉備の大徳」。

そこでボコボコにやっつけた璃九は、そのまま全員攻城。SRチョウウンは一発入れて自城に戻す。

他、キョウイだけ生き残って、撤退。

しかし、此処まで来れば後はこちらのもの。

チョウウンの「神速戦法」で牽制しつつ、他の武将が援護。

これで時間切れ&勝利。

終わった後、友達と「化け物みたいなデッキだった・・・・・・」と議論していました。

っていうか、桃園や天啓じゃなかったら、このデッキに勝つの無理ですよッ!?

SEGAさんも、無茶してくれます・・・・・・。


結局、全部CPU戦になっちゃった璃九。

毎回毎回、5品の降格戦は心臓に悪いです・・・・・・orz

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、弟(火牙司)の第二出陣に同行してきました。

火牙司のデッキ↓


Rジョコウ Rカコウエン UCシバイ UCウキン Cギュウキン


言っておきますが、璃九は一切カードを貸していません&誰からもカードを貰っていません。

火牙司の引きが有り得なく良いので、羨ましいです。

さらには、璃九が厳しい指導を隣でしながら、火牙司は「討伐成功」。

一気に八級→五級。

そして気になる引きは・・・・・・・Rジョコウ。

ダブりとはいえ、まだ二回しかやっていないのにR枚数合計4枚・・・・・・。

ちなみに、まだ使った金額は1400円だけ。

・・・・・・この璃九との違いは何?

璃九の弟の後の台でやりましたが、全部C&UC。しかもダブり多し・・・・・・。

やけくそになった璃九は、今度は交換に向かいます。

以前、SRシュウユ&Rカコウトン&RショカツリョウがSRリョフ&Rキョウイになったので、桃園も完成し、

リョフがいらないので交換に持ち出すと、

相手が出してきた中にSRホウトクがあったので、試しに聞いてみると・・・・・・。

「あ、じゃあ、リョフでお願いします」

・・・・・・マジ!?

ちなみに、レート表はこちら 。(直リン駄目だったら即外しますので、報告お願いします)

これによるとリョフとホウトクは同じですが、現在リョフのレートが徐々に低下中途の事で、

いずれはホウトクが上にいくとの事・・・・・・。

・・・・・・ホントに? マジで?

即トレードOKし、何度も頭を下げる璃九。

怪しく思われなかっただろうか・・・・・・?


とにかく、今日は兄弟共にウハウハでしたww

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

えっと、↓に「新生・桃園デッキ」とかありますが、気になさらずにw(爆

その前にまず、最近の璃九の収穫を書かねばなりますまい。


最近(今月くらい?)の収穫↓

Rシバイ Rチョウウン Rバチョウ Rジョショ  SRシュウユ SRチョウウン


・・・・・・なんか、運が向いてきました!!

交換で手に入れたものもありますが、とりあえずSRチョウウンはSRチョウリョウと交換。

SRチョウリョウの方が自力ゲットです、はい。

今まで友達がSR引くの見てて、何度涙を飲んだ事やら・・・・・・。

しかし!! 今回デッキ改造してやばく強くなってしまったのです!! 


今回のデッキ↓

Rリュウビ Rバチョウ Rキョウイ(借り) SRチョウウン


・・・・・・え”!? また四人っ!?

ええ、四人です。実際、この科白は友達Sに言われたものです。

ですが、これで7戦5勝2敗。一回目は慣れていなかったので、しょうがないとして・・・・・・。

自分でもこの成績に驚いています。

凄いときなんか、桃園を発動させなくても勝てちゃいます(落城勝ち

作戦としては、まずSRチョウウンが伏兵探し。

何故にチョウウン? といわれるかもしれませんが、万が一死んだときの為、復活ついているチョウウンは

便利なんです。

まぁ、実際は殺されそうになったら足の速いチョウウンが回復に戻りやすいという理由もあるんですがww

総合武力が27なんで、そうそう序盤戦を落とす事はありません。

中盤にかけては、ダメージ計略相手に「一騎当千」、弓相手に「神速戦法」&「挑発」。

パワーで勝てると思えば「桃園の誓い」。攻城時はやっぱり「挑発」。

これで相手にプレッシャーをかけられるほどのダメージ(30パーセントくらい?)を与えておきます。

その際、こちらも何回か攻城されますが、大体バチョウが守りについているので、

ダメージとしてはこちらが勝ります。

そして終盤、積極的に「一騎当千」&「桃園の誓い」を狙っていき、あっさり落城。

攻城の祭は、終盤以外一体は守りについています。

大体はバチョウが、稀にチョウウン。槍は攻城力が高いのでww


・・・・・・・どうでしょう? 実際、このデッキは上品の方が使っていらっしゃるという事なので、

試しにやってみたんですが、璃九の型に完璧に合っています。

四人しか扱わないから、周りにもかなり注意を払えますし。

一度、「神速戦法」と「桃園の誓い」を重ねがけする機会があったんですが、

その時のチョウウンの怖さといったら・・・・・・。


移動速度:速い 武力:21


城門に張り付いた瞬間、慌てて相手が出てきてもほぼ瞬殺。

さすが、SRです。SRの強さ&凄さをあらためて知った璃九でした。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「四人で桃園はきつい!!」「せめて5人に!」

こんな声が璃九の周りから幾重にも重なって聞こえていますww

と、いうことで、デッキを改変してみました。


Rリュウビ Rバチョウ Rチョウウン Rホウトウ UCバタイ


合計武力25、合計知力30。

友達Mからは「号令デッキは、武力の低さを、号令でカバーする」と言われ、少し武力を下げてみました。

半面、蜀一色になったり、知力が増えたり・・・・・・。

とりあえず、このデッキ、4人のときよりも桃園がフルに活用でるようになったので、結構良い線いってます。

基本戦術としては、ダメージ計略を「一騎当千」のバチョウで撃破後、桃園で突っ込む・・・・・・。

序盤は伏兵2体発動後、リュウビとチョウウンで乱れ突きしつつ、

後ろからバチョウとバタイの従兄弟コンビで連続突撃。

上手くいけば、一発も攻城されずに落城できます。


それでは、最近の戦いで印象に残っているものを紹介していきます。


相手:似非覇王デッキ(カク&ホウトク→カコウトン&?)

伏兵の量は2体に減っていましたが、それでも強いと有名な似非覇王デッキ。

開始早々、リュウビで伏兵2体を発見。即昇天ですww

しかし、バチョウやらチョウウンやらで牽制し、何とか序盤戦はこちらのものに。

中盤からは、お互い号令のぶつかり合い。テイイクに反計使われる前に桃園を発動し、

一気に突っ込んでいきます。

するとどうでしょう? 相手も対抗して「覇王の求心」。

・・・・・・だから? あっさり全滅させて、攻城。相手は再起を使ってくるも、すぐに出してきた&まだ桃園が

切れていなかったので、普通に落城。

面白いように楽勝ですww


相手:SRコウゲツエイ入りの・・・・・・微妙デッキ。

この戦い、語るのが嫌になります・・・・・・orz

伏兵が上手く発動せず、武力が5も欠けている状態で全軍特攻され、あっさり落城。

・・・・・・だってこれしか書く事ないんですよ、ホントっ!!

伏兵を一番端っこに配置するのはやめた方が良いようです。 


さてさて、↑のデッキはほぼ完成体なんですが、バチョウとバタイをチョウヒとリョウカに変える

っていう手もあるんですが・・・・・・どっちの方が良いでしょう?

まぁ、伏兵2体あるぶん、前者の方が良いと思うんでえすけどね。


最近の収穫↓

Rバチョウ(Rジュンイクと交換) Rチョウウン(Rリョモウと交換) Rジョショ その他諸々・・・・・・


まぁ、金額には良い線いってると思います。

これからはカードよりも、プレイングスキルを上げていこうと思います。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日(6月2日)、友達に2000円奢らせてやってまいりました。

9回やって、戦績は6勝3敗の勝ち越し。これだけれ璃九はウハウハなのです。

ちなみに、全国で流れてましたww 負けリプレイがね!! 勝ったの載せてよ!! 勝ったの!!

と、いうことで、全国リプレイについて詳しく載せてみようと思います。


1回目(大激戦)


相手、SRチョウウン 等の、騎馬主体デッキ。

こちら、例の如く Rチョウヒ・コウチュウ・カコウトン・リュウビ の桃園デッキ。

伏兵がなかったので、序盤は恐らくこちらが有利だったと思います。

しかし中盤、チョウウンの神速でボコボコにされ、何回か攻城されて、残り約10パーセントくらいに!!

これはヤバイと思い、復活したチョウヒで「火事場の馬鹿力」。

・・・・・・武力26!?

「リョフ超えたーーーッ!!」等と、友達と騒いでました。

それを連続で使い、今度はこちらがボコボコにしていきます。

相手にダメージ計略を使わせる時間を与えずに、即撃破の連続&連続攻城。

これで互角になったと思いきや、向こうがまたもや神速を使い、対抗してチョウヒの計略を使おうにも、

士気が足りず、一回城門攻城で落城。

この戦いの敗因は、なんと言っても「火事場の馬鹿力」の使いどころの間違い(←調子乗って使いすぎ)と、

ダメージ計略撃破の仕方。即撃破とはいえ、武力3相手に主力を2体も行かせたのは間違いでした。


2回目(大金星)


相手、Rシュウユ 等の 弓主体デッキ。

こちら、上と同じ。

開始直後、伏兵探し&柵つぶしに掛かる璃九。

すると、柵に当たった途端、Rシュウユの伏兵発動。その直後、カコウトンと一騎打ち。

結果は引き分け。

その後、どちらも重傷を負って自城に戻ります。

そして復活後、またもやカコウトンとRシュウユの一騎打ち。

この一騎打ち、シュウユに「隻眼の睨み」をかけていたにもかかわらず、負けてしまいました・・・・・・orz

どれだけ一騎打ち弱いんだよ、自分っ!!

形成逆転を狙い、必殺「桃園の誓い」を発動。

ある程度、敵を倒したところで火計を放たれ、リュウビとコウチュウが逝きます。

しかし、今度はチョウヒとカコウトンが復活。そのまま何度か攻城して逆転&時間切れ。

これぞ試合に負けて勝負を制す!!

・・・・・・・勝負にも勝ちたかったです・・・・・・。


そして今回、初めてSRを手に入れましたッ!!


本日の収穫↓

SRシュウユ 等


・・・・・・今まで溜まっていた分、もっと良いの来てもいいと思います・・・・・・。

ま、贅沢は言わないでおきましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。