2010-10-10 21:42:52

「晩秋」監督&タンウェイ インタビュー記事

テーマ:記事

大人たちだけ分かるメローの世界




<行く秋>キム・テヨン監督


<行く秋>はキム・テヨン監督の初めてのメロー映画だ。 米国で会った韓国男と中国女が送る一日はだいぶ静かで寂しい。 <女子高怪談2:二番目の話> <家族の誕生>などの前作が繊細に調整されたせりふと演技に組まれたリズムの映画だったら、<行く秋>は彼らが置かれた都市と彼らの顔を静まって眺める。

<行く秋>はイ・マニ監督の原作に続きすでにキム・スヨンの<行く秋>きてキム・ギヨンの<肉体の約束>で製作された話だ。 キム・テヨン監督が原作で取ったのと詰め込んだことに対して、そして彼が会ったタンウェイとヒョン・ビンに対して尋ねた。


- <行く秋>は初めてのメロー映画で、グローバル プロジェクトなのに加え有名な原作のリメークだ。 負担になっていないのではないか?


=知らなくて始めた。 1人の女性が監獄から出た。 一人の男に会った。 そして監獄に帰った。 二才文章の感じに大きく引かれたようだ。 だが、本来シナリオを使って見たら負担が活気だよ。 ただし私にもおもしろい旅行のような映画になりそうだった。


-キム・スヨンの<行く秋>きてキム・ギヨン監督の<肉体の約束>等既存作品らと違うべきだとの悩みが多かっただろう。


=かえってどのようにすれば似ているかを悩んだようだ。 その脈をどのように継続しなければならないかがカギだった。 全体的設定上今の<行く秋>はその作品らと余りにも違った映画にならなければならないから。


-結果で見た時は全く違う映画で見てもかまわないようだ。 ただし、ヒョン・ビンのイメージがイ・マニ監督の男のようだという意見がある。


= <休日>の、シン・ソンイルのような感じがある。 私もそれほど古典的な男を作ってみようとした。 原作と続くほどの場面を考えたのもある。 原作の汽車エピソードらがあまりにも良くて似た感じの他のエピソードを作ろうとした。 キム・ヘジャ先生の<行く秋>では寝ている男に新聞を覆ってくれるが、この時キメ細かい姉の感じがある。 ところで劇中の子私のキャラクター上そのような好意を施すのがぎこちなく見えた。


-タンウェイが演技した子私は感覚がないように見える女だよ。


=周辺の人々を押し出す女だったらと思った。 タンウェイはもう少し暖かくなければならなかったり、怒ったりしなければならなくないかとしたが私は彼女に人に対する期待がないことを望んだ。 おもしろいのは実際のタンウェイが全くそうではないということであった。 非常に社交的で明るくて、元気な人だ。 タンウェイは子出て行って少しでも力を持つことを望んだ。 彼女の風がとても大きいから無表情に延期(煙、演技)をしてもあらわれそうだったよ。


-ロケーション地域でシアトルを選択した理由は何だったか。


=費と霧のために選択したところだ。 シアトルはコーヒーで有名で、カット神戸人が自殺したところなのではないか。 6ヶ月ずっと日差しが照らしてまた6ヶ月の間雨が降る所だ。 実際にハンティングを行った時は天気が良い時なのでちょっと慌てた。(笑い)ところで他の人話を聞くから、冬になれば自殺率が高まるといったよ。


-言語の差を持って作った対話場面が興味深かった。


=韓国で上映する時は、タンウェイが中国語で話す場面で字幕を最初から抜いてみようかと思った。 子私の理由があらわれる部分だが、相手のフンや観客まで知らないようにしてみたかった。 誰が誰を分かるというのが何かという質問が話題であったようだ。 相手のすべての過去を皆知るといって関係が深くなるのはないとみる。


-先に製作された他の<行く秋>とは違い二人の男女は情事を交わさない。 だが、悩みはしてみたようだ。


=どんな観客らは背信を感じるようだ。 (笑い)とるつもりもあった。 だが、子私に積極的な表現自体を消した以上その地点まで推し進めるのが合わなく見えた。 結果的に15才以上観覧可映画のようになったが、どんな面では30才以上観覧可であるようだ。 情事シーンでない他の風景に関心がある観客らならば<行く秋>で彼らの感情を自ら探そうとするようだ



元記事は  こちら


----------------------------------------------


風止まらないですよ



キム・テヨン監督の<行く秋>出演したタンウェイ


映画<行く秋>には二種類珍しい風景が含まれている。 雨が降って霧にぬれたシアトルの風景、そしてタンウェイの衰残した顔だ。

彼女が演技した子私は殺人罪で服役中の囚人だ。 お母さんの葬儀を行うためにしばらく家に戻った彼女に世の中は自由の楽しみを簡単に出してくれない。 この時、一人の男が現れて特別な一日をプレゼントする。

夫婦であるように食べ物を食べて、恋人であるように遊園地を探して、及ぼしたように飛んでみたり。 しかし子私の表情は全身の感覚をなくしたように変わることがない。 その代わりタンウェイは自身の顔にうらさびしい風を起こす。 魅惑的だ。


“苦痛とぶつからなければならない女が自分だけの方式で目(雪)を大きく開いて勝ち抜く状況が感動的だった。

”タンウェイが<行く秋>で見たものは‘希望’だった。 “絶望終わりに希望を探せば、その前に来ることはきらびやかな日光”ことと言う信じる。

だが<行く秋>の子私は単純な楽しみさえ簡単に表わすことができない。 演出を引き受けたキム・テヨン監督と意見調節が必要だった部分でもあった。

“私の演技力や年輪上無表情の中で感情を表わす延期(煙、演技)が難しかったが、私は子私にもう少し多くの動きと表情の変化がなければならないと考えた。

だが、キム・テヨン監督は若干の微笑さえ隠さなければならないといった。

表情を空けろとの彼の話のままに演技したし、今日初めて映画を見た。 今や彼の話が何か分かる。

”タンウェイの顔の他に<行く秋>で注目しなければならないことは彼女の声だ。

<行く秋>は言語の障壁を持った男女が分ける興味深い対話の映画だ。

男が知っている中国語は‘午後’(良い)と‘ファ’(悪い)だけだ。 彼に子私は自身の過去を全部打ち明ける。

この時タンウェイが持った中低音の声は静かだが激烈な感情を表わす。 “恐らく子私はその時この男に感謝したようだ。 彼が与えたプレゼントに対する感動、それに対する信頼を感じて演技した。 もしかしたら子出て行っていよいよ希望を探す瞬間だったことだ。”


延期(煙、演技)方式だけでなく韓国の監督と俳優と会ったのも風変わりな経験だった。

相手役フンを演技したヒョン・ビンとの調和は劇中の子出てきてフンが互いに近付く過程と違うことがなかった。 “<行く秋>は文化的差により感情的な表現も違うという点を知ることになった映画だ。 ヒョン・ビンとの呼吸もゆっくり合わせるほかはなかった。

彼と目(雪)、口、手そして足まで使って対話した。 それでも時間が流れるほどこの俳優とともにする延期(煙、演技)が深くなるという感じを得た。

”現在のさまざまな次期作を撮影中である彼女は“今でも子私を考えればこらえることができない程ジーンとする”とした。

“<行く秋>を通じて出たもう一度成長したようだ。 私の心臓は今でも走っている。”タンウェイの顔に再び風が吹いた。


元記事は  こちら

AD

さっちんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■makoppy^^

おひさしびぶりーふだわね
ホントに、忙しそうだね
KARAのダンスは出来るようになったの~?

モリスタイルでずいぶんと雰囲気がかわるのさ!

1 ■おひさぁ~

ちょっと、、忙しくてごめんよぉ~

スクロールして、ビニ君みたよぉ~

かっこいい!!!

ブーツインだしね('-^*)/

若くなって~痩せた?

久しぶりに爽やかぁ~な笑顔で。。。

のってるね!ビニクン

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。