9章の途中より


エルフ島の中央のワープゲートまで話を進めたので、今回は北部を目指します。


っと、その前に交渉による、優良アイテムの購入ですが・・・  失敗しました。


交渉について、スキルポイントを振りこみながら、wikiで調べたのですが、レベルが52にもなると、交渉で最高ランクの装備を得るためには交渉レベル90以上必要のようです。


余っていた16ポイントを注ぎ込みましたが、交渉レベルは59で全く足りません。


交渉レベル1であっても、オールスキル装備が出るようなので、根気よく探せばいいのかもしれませんが、今日中にゴールドクリアがしたいと思う今、それは却下。


交渉でウハウハしたい場合、序盤からポイントを振って行かないといけないようです。


ってことで、装備のアップグレードを保留して、エルフ島の北部を目指しましたが・・・


死、死、死、死・・・・


中央のワープゲートから、北部のセーブポイントまでたどり着けません。

道中で雑魚と戦っていると、いつのまにか死んでしまいます。

しばらくの間、どういうことか、わからなかったのですが、3,4回死んだところで、ウィルオウィスプのせいと判明。


近い視点で遊んでいたために、やつらの遠距離攻撃が目に入りませんでした。

観察していると、3発被弾したら死亡。

魔法攻撃なので、多分必中なのでしょう、やつらは、数体まとまっているので、一斉攻撃で殺されていたようです。


原因がわかったので、視点をある程度引いた状態にして、ウィルオウィスプを優先的に倒す方針に変更しました。

ダメージ食らったら、即座に回復。で、なんとか先に進めました。


この面のボスは石の塊みたいなやつです。

エレメンタルなんでしょうかね?


こいつも、そんなに強い印象がなかったので、とりあえずチャレンジしましたが、瀕死級ダメージを連発されて、耐え切れずに、1回だけ死亡。

再チャレンジで撃破できました。


やはり、取り立てて強いということはありませんね。


10章開始


ついに最期の島に渡って来ました。

ここを駆け抜ければゴールドクリア!


まずは、ノバフレアがスタン付けれるのを思い出して、ポイントが余っていたのでMOD強化してみる。


これで、敵はスタンして、ずっと俺のターン発動!


などと、甘いこと考えて、少し先に進んでみる。


死・・・ あれ?

もっかい行ってみるもあえなく死亡。


雑魚が出すダメージを見てみたら、1900ダメージ。

9章で苦労したウィルオウィスプの実に2倍のダメージでした。


こんなのが、瞬時に2発繰り出されたら、そりゃ瞬殺でしょうよ。


徹底的なレベルの差を思い知らされて、今日中にクリアするのを断念。

期待のノバフレアも、全く役に立ちませんでした。


次回は、レベリングしないとですね。


装備について


装備について、全く書いていませんでした。

とは言え細かく書いたら情報が多くて大変ですので、ざっくりと。


まず、なんといっても胴装備。これの選定が重要です。


選定のポイントは胸の露出度!


なるべくビキニっぽいのを選びます。(笑)


某オブリビオンのごとく、○○MODなんぞないのが残念ですねぇ。


他の部分に関しては、特にこだわりがないので、それなりに揃ってきたセット装備をつけました。


エンディジアンとニオカステの剣舞セット、それぞれ3コずつで、セットボーナスをつけてます。


武器は☆3のティンウォラの呪棍(全コンバットアーツ+5)とルーメンの愁い(瀕死確率と経験値+)です。


こんな説明じゃ、あまりわからないかもだけど、ざっくりそんな感じ。


CAの使い勝手について


連続攻撃はリチャージ3.7秒になっていますが、ヒット毎リチャージ0.4秒のリング装備のお陰で普通に連発できています。


バトルスタンスはバフなのでいいとして。


問題は、ダッシュと聖なる守護です。


ダッシュの効果時間は32秒、再使用迄の時間は41秒。つまり、9秒間使えない時間があります。

聖なる守護も同様で、効果時間27秒、再使用迄の時間は37秒と10秒間の空白が。


聖なる守護を常時かかりっぱなしに出来ると死亡率が減りそうですが、スキルポイントをいろいろ分散している現在、なかなか厳しいですねぇ。

AD