それは突然別室に呼ばれてはじまった。
その人は私にいくつかの業務上の疑いをかけていた。
要約すると、私が自分の仕事に優位になるように書類の
改ざんを行っていた。つーこと。
…へぼい職場の分際で壮大な嫌疑かけてんじゃねぇよ。
私の言い分としては、ほんとにミスで書き違えただけである。
しかもそのことで仮に私が優位になるにしても、微々たる物
もしくわ皆無。

なにそれ…。

たしかに書類上ミスは犯していたので素直に謝ったが、
私の中で静かに怒りがこみ上げてきた。


人に意味のわからん疑いをかけ頭ごなしに犯人扱いをし、
さっぱり心あたりがない事に関しては「なんのことですか?」
っと聞き返すと、『自分の心に聞いてみなよ』
と言い放った奴。

俄然なんのことかわからない。



私は少し迷惑な凡ミスを確かにする。
オーダーされていないメニューを堂々とテーブルに
運ぶような。割引キャンペーンは先月終わってるのに
今月も平然と割り引くような。
しかしそれを「なんでしてるのだ!!」と責められても
誠意をもって「間違えました」と謝るしかない。
まっ、多少次元は違うが、そんなニュアンスのミスを
犯罪者かの如く責められた。
しかしながらめげずに記憶をたどり、その時の状況説明を繰り返す私。 
先月か先々月のことだって言うじゃないか。
そんとき言えよ。
こいつ、ほんと普段からだらしがない、適当。
自分が上から怒られそうになったら慌ててこのような行動を
起こす。

「ご説明しても納得いただけないようですし、
 ご迷惑おかけしたので責任をとって辞めます」

実は転職しようと思っていたので、たいした痛手ではなかった。
するっと、言ってみた。



そんなことを言ってるんじゃない、事実を確認したいんだ。
と言うそいつ。

だから私も気がつかないうちにミスをしていたので、
なぜそうなったのかこれ以上説明がつきません。
そういう嫌疑のもとで私を呼び出し、疑いを問いただし、
しかも私の説明で納得いかないと言うのなら、

どないせぇーっっちゅうねん!!!!あぁ~!?!!!!


もう帰る時間を一時間半も過ぎていたので、とにかく
今日一日考えます、と言い席をたった私は、
そいつに聞いた。

「結局のところ、私にどうしろと言いたいのですか?」

奴は携帯をちら見して言った。


「とりあえず通常通り勤務して。」



近日中に仕事やめます。
あいつのいない空間ならなんの仕事でもいいわ。

mixiから記事をブログにそのままUP。
腹立つなぁ。

どっかまだUPできるとこないかなぁ。

AD

わたしの安定剤になって、もう十数年が経つ。


目の前の予期せぬ厳しい現状を打開するべく、まずは戦ってみる。

色々なことを考え、案じ、正面から立ち向かおうとするあたしの腰は


いつも引けている。


そうこうしているうちに、なんだか問題も考えも飽和してしまい

結局何一つ解決しないまま、  時間は過ぎていく。



…ようになって、もう十数年が経つ。


そして私は言う。




しょうがない。







…ほんましょうもない。



しょうがないと言うことで、何度も逃げてきたのも事実だが

救われてきたのも事実である。

この先も、明日からも、あたしに見える全ての世界から消えたくなっても

悲しみを背負いきれず、ダメになってしまっても、

最後の最後にこの言葉を自分に言い聞かせるのだろうか。


この言葉を超える、あたしの安定剤は今はないかも。



先週からひいていた風邪はまだ完治せず(ノ_・。)

お腹は壊すわ、鼻水は止まらないわ、のどが痛くて話にならないわで

仕事を休みたいところだったんですが…  いい感じの嫌味を職場で言われたので

悔しいから働いてます。




…あのアホ男ムカつくプンプン





今年の札幌は相変わらず雪が少なくて淋しいけど、生きやすいです。




AD

息子語録

明日は一週間ぶりの休日。

ゆっくり休みたいところだが、平日しかこなせない用事がわんさか溜まっている。

疲れも癒えぬまま前進あるのみ。


いつものように夜眠る前に息子にトイレを促した。

出てきた息子に、「いっぱいおしっこでた?」と聞くと、















「うん。まんじゅうくらい出た」


















…うん?


  






なんすかそれ!?

(((゜д゜;))) こっ、こわっ((゚m゚;)

      




まぁ…  いいか(;´▽`A``

おねしょさえしてくれなければ、

まんじゅうくらいでも。。。。(ー公ー)

















AD

知る喜び

 色々ありますよね。

 勉強やら恋愛やら食であったり趣味であったり。

 今日から3日間、大人の事情により(なに?)お休みです。せっかくの平日休暇なので、

 平日しか済ますことのできない用事を(それもなに?)
 朝からあっちこっちでやっつけてきました。

 

 で、本日最後の用事が『生命保険』の見直しでした。

 この生活感いいねぇ。30歳の香りがプンプンしますねぇ。
 まぁ、大切なことだからね。
 
 40種類の生保を扱う中立なプランナーさんに、2時間半、わかるまで説明や他社比較 

 実際の給付状況などなど、様々な話を聞いてみた。


 …いやぁ、すごいね保険業界。多種多様すぎ。

 これは資料請求だけで決めるなんて無理。知らないこと多すぎるもん。

 掛け捨てってなに?給付対象外って?外資系が熱い?死亡保険はいくらいるの?

 終期?定期?女性疾病?子供保険より貸付定期制度?


 まだまだまだ、「おおおおおぉぉぉっ!!」「えぇぇぇぇぇっっ?」

 て、ことばっかり。


 今までは掛け捨ての家族保険と夫の死亡保険と私の死亡保険の三つ。学資はなし。

 保険内容をみたプランナーさんは「あらら…」。

 しかしながら保険代は高い!とのこと。 こちらからいくつかの条件や付けたい保障をあげて

 それにあったプランニングを、しっかり提案してもらいました。すごいなぁ。


 結果、

 家族型医療保険・定期死亡保険・女性特約保険・ガン保険

 そして掛け捨てじゃない、払い戻し金型定期保険(学資代わり)

 これだけ加入して、今までの保険にちょっとプラスするだけでフル装備。

 子供の成長や状況にあわせて変更もできるので、かなり納得しました。


 すげぇー、って感じでひたすら説明を聞いてました。

 保険選びのポイントは、「一社に決めない」だそうです。

 組み合わせをうまくして、いざと言う時に安心しましょうとのことでした。


 プランナーさんの話だと、ファミリーも独身の方も自動車保険で有名な「チュー○ッヒ」がお勧めでした。

 ここ、他社比較の際同じ保障内容・もしくは良いのに…かなりお安いです。

 こっそりお勧め。


 そんなこんなで、来年はどんとこいって感じよ。

 


人気blogランキングも、もしやの時も、どうぞよろしく。


私  「はぁ。 それは大変でしたね。」

男  「いや、けじめだから」

私  「浮気ですか?女の人を泣かせちゃだめですよ」

男  「そう思う。でも浮気じゃなくてね」

私  「本気ですか?男のそのラインの引き方がいまいちわかりませんね」

男  「わからないか…○○さんは天然?それとも計算高いの?」

私  「なんですかその質問。失礼ですね」

   

  思わず、私は笑う。

男  「誤解がないように説明するけど…」



要するに、私のことが好きらしい。

こっちがダメならあっちがある、ということができない性分らしく

6年付き合っていた彼女と別れたと言う。


恋と愛の出会いには色々な形がある。

好きで好きで好きで、どうしようもない想い。

まわりなんか、全く関係が無かった恋。

願っても、祈っても、悲観にしかならない愛

もうあの人に二度と逢えないんだと泣いた傷。

笑うしかないくらい、愛してる。

あと少しで三十路を迎える私も、いくつかの恋愛をしてきたが

わかったことが1つある。


何を差し置いても、「縁」 なんだと。

どんなに過ごした時間が長くとも、どんなに分かり合えてても

「縁」がなければ終わってしまう。

この人のここが好きここが嫌い、から少し大人になって

「この人とは縁がある」

と、思った自分の右脳を信じる。 ことにしている。


今の所、私は結婚している。

はじめましてに近い男の人を好きになったり、受け入れる余裕もスペースも残っていない。

正直、人に好意を持ってもらって迷惑に思ったのは初めてだ。


「めんどくさい…」 

その人の話を聞きながら、素直に思った。


男は話をやめない。

 

「あなたがタイプかと言われれば、それはちょっと違うんだけど、 最初に交わした会話で                   

 たぶん自分は○○さんを好きになるんじゃないかって不安になったんだよ、実はさぁ。 

 結婚しようと思ってたからねぇ、付き合っていた彼女とは」


  

憶えていない。最初の会話?


通勤は何?と、私に聞いたらしい。


「電車です。今日あらためて乗ってみたら、昔好きだった人が住んでいたマンションが

ちょうどある駅から見えるんですよ。そこの前を通ると、もう何年も昔のことなのに胸がチクチクするんですよねぇ…」


  初対面で確かにそんなことを言った気がする。

  で、それが何か。


彼は聞く。

なんでチクチクするの?


「人生ではじめて、愛してるって私に言ってくれた人だったからです」

 

 …どうなんだろう。確かに言ったけど、その時はホントに胸がきゅんとなっていて

誰かにそのことを言いたかっただけなのに。

そして、その会話でどうして彼女と別れるまでに至ったのか。


それから、私の顔を見るたびに「今日は何を考えてるのだろう」と、

気になりだしたらしい。



「らしい」ばっかり。



「…そんな感じで、あぁ、君を好きなんだな、と、

 思いました。○○さんの状況や立場を考えずにこういうことを言うのは

 どうかと自分でも思うけれど、人生の選択肢に入れてもらえるのなら

 早いほうがいいと思った。申し訳ない。」


なるほどねぇ…なんて言ってる場合じゃない。

どうやらめんどくさいことになっているらしい。


私はその人に言いました。


「人生の選択肢は二つでいいんです。しかも私、なかなか選びませんから」


「今の返事も、なかなかいいね」


その人は笑うでもない表情でそう言った。

よくわからない。

どうなのこれ?

どうなるんだ、どうしたいんだ。


その日から私の胃はキリキリ痛み出した。もうかれこれ、この出来事から1ヶ月が過ぎる。

その人は「返事は先でいいんだ」と、毎日言っている。

私は、その人を好きにはならない。かっこいいのかもしれない。

ちょっと前なら喜んで付き合っていたかも。絶対に。


ただ、

「縁」があるとは思えない。


  つづく。

  …かしら。



人気blogランキングも、あなたとの縁も、どうぞよろしく。